わが友ホロゴン・わが夢タンバール

<   2011年 02月 ( 95 )   > この月の画像一覧

214.04 ホロゴンデイ63「2011年2月13日 現代都市神戸に80歳のオールドカメラ見参!」4 時の鏡

   [Rara Avis東京展まであと3日。2月16日ホロゴンデイ212.19をご覧ください]


c0168172_21364079.jpg



義兄の絵を壁にかけ、スポットライト2個で照らして、
つくづく眺めてみました。

私も数日間ブルージュに滞在したことがあります。
義兄はこの町が大好きで、もう幾度行ったことでしょうか?
10度ではきかないでしょう。
だから、絵にしみじみとした愛情が染み渡っています。

なんで、売れなかっただろう?
絵がちょっと大きすぎることもあるでしょう。
でも、いちばん大きな原因は「華」がないこと、そうじゃないかな?
義兄だって、売りたい絵は売りたいという風情で展示しています。
一番華麗な絵たちはメインギャラリーの正面にずらり顔見せをしています。
スポットライトの当て方も効果的で、それぞれに赤が必ず効いています。
お互いに引き立てあっています。
セカンドクラスだけど、売れる絵にも、ちゃんと地味なお付きを付けて、
額縁効果で引き立てています。

私の絵(そう、もう私の絵なのです)は、階上のサブギャラリーの奥の壁に、
一人ポツンとやや暗めのスポットライトにさびしげに浮かび上がっていました。

アクセントとなる赤はどこにもありません。
赤があると、たしかに絵がきらりと輝き、部屋が明るくなるでしょう。
でも、私が気に入ったのは、この「華」がないこと故だった!
自分の書斎に収まった絵は、激しく自己主張せず、
それでいて、無視できない存在感を漂わせて、
そこにあります。

この絵も「時の鏡」なのです。
のぞきこむとき、ある日あるときのブルージュの町に居るのです。
フェルメールは、古今未曾有の名作「デルフトの眺望」で、
同じことを自分の町のためにしました。
この絵とともに、フェルメールの時代のデルフトが永遠に生きるのです。
義兄の絵は、居ながらにして、
私の大好きなブルージュの町の空気を吸うことを可能にしてくれました。

赤は、絵を引き立てますが、その部分に注意を引きつけるという難点があります。
この絵は赤がないので、心おきなくブルージュの風を頬に感じることができます。

私の部屋が大きく広がりました。

[後書き]
私は、写真を記事にアップするとき、レベル補正で濃度を整えるだけ。
スキャン時も含めて、アンシャープマスクもかけず、細工もしません。
でも、プラズマート70mmF2.7の写りは光彩陸離という感じ。
by Hologon158 | 2011-02-28 22:46 | ホロゴンデイ | Comments(0)

214.02 ホロゴンデイ63「2011年2月13日 現代都市神戸に80歳のオールドカメラ見参!」2 美男でござる!

    [Rara Avis展大阪展終了、次は東京展。2月16日ホロゴンデイ212.19をご覧ください]


c0168172_18162160.jpg



フィルムスキャンして、前回の写真が画面上に出現したとき、
私は、目を疑いました。

これが81年前のレンズで撮った写真?

ビルの谷間の小さなお店のプレゼンテーション。
プラズマート70mmF2.7を開放にして、
最短撮影距離近くで撮った記憶があります。

どなたかが「プラズマート70mmF2.7は開放でも暴れない」と書いておられました。
その通りですね。
暴れないどころか、この品のよさはどうでしょう?

あんまり驚いたので、普段しないことをしてしまいました。
A4にプリントしたのです。
まさしく目も醒めるような、素敵なプリントが出現しました。

私はこれまでずっと信じてきました。
フェイスの良いカメラ、レンズはよく写る!
念のためつけ加えておきますが、人間は別ですよ。
人間の場合、フェイスが良くても、馬鹿は馬鹿。

ローランドI型の写真を初めて見たとき、
これは写る、そう直感しました。
プラズマート70mmF2.7の設計者がルドルフ博士と知って、
これは絶対に写る、そう確信しました。

ちなみに、この世で一番美しいフェイスのレンズは?

もちろん、ホロゴン!

あなたはどうですか?
by Hologon158 | 2011-02-28 18:18 | ホロゴンデイ | Comments(0)

214.01 ホロゴンデイ63「2011年2月13日 現代都市神戸に80歳のオールドカメラ見参!」1 ローランドI型!

    [Rara Avis展大阪展終了、次は東京展。2月16日ホロゴンデイ212.19をご覧ください]


さて、新シリーズは、神戸。

今年の2月13日、畏友のRAさんと二人で神戸を歩いてきました。
一年半ぶり。
大震災の後、神戸の町が瓦礫の中から美しく生まれ変わったことは、
もちろんよいことなのでしょうが、
ロボグラフィストとしては、
神戸の町を満たしていた無数のロボグラフィの消滅を意味していました。
だから、大震災後、ほとんど数回しか訪れていません。

今回は義兄の絵画展に行く必要があり、
それじゃローランドⅠ型を試写しよう、と出かけたわけです。

ローランドI型は1931年製ですから、81歳。
ホロゴンウルトラワイドは1958年製ですから、53歳。
とくに、ローランドI型、
一体撮れるか、撮れないか、どう撮れるか?
まったく未知数。

3本半撮りましたが、その後のニコンのフィルムスキャナーの故障で、
ようやく先週、スキャン完了。
その結果をお知らせすることにいたしましょう。
まず、なにも説明しないで、ごらんいただきましょう。


c0168172_16375786.jpg

by Hologon158 | 2011-02-28 16:48 | ホロゴンデイ | Comments(0)

213.00 ホロゴン画帖63「十浜帖 長浜に冬の雨降り、秀吉の往時を偲ぶ」


    [Rara Avis展大阪展終了、次は東京展。2月16日ホロゴンデイ212.19をご覧ください]


雨の長浜から、20枚、選んで見ました。

並べてみると、暗いですねえ。

でも、一人ぼそぼそと
ホロゴン一本で撮影を続ける私の心は輝いていました。
雨に濡れた路面ですが、
ときには、飛びこみ自殺型撮影法もトライしました。

私のたった1つの外出用シューズは、
数年かかってようやく足になじんでくれたのですから、
靴底はほとんどペッタンコとはいえ、手放せません。

手に入れた当時は、まったく足に合いませんでした。
それがぴったりと合うようになったのです。
よく軍隊で配給される靴、まったくサイズ無視なのに、
いつか足の方が靴に合うようになったと言われますが、
私の体験では、これは真実ですね。

可哀想に、私の足も苦労してきたのです。
お陰様で、今では、1日歩いても、まったく疲れません。

私もホロゴンに合わせて、変わったのかも知れませんね。

長浜は、雨でしたが、
町は、明るい雰囲気でした。


c0168172_084669.jpg
c0168172_083724.jpg
c0168172_082821.jpg
c0168172_08193.jpg
c0168172_081141.jpg
c0168172_08194.jpg
c0168172_0752100.jpg
c0168172_074237.jpg
c0168172_073592.jpg
c0168172_072633.jpg
c0168172_071710.jpg
c0168172_064670.jpg
c0168172_062881.jpg
c0168172_062027.jpg
c0168172_061160.jpg
c0168172_06419.jpg
c0168172_05566.jpg
c0168172_054893.jpg
c0168172_054111.jpg

by Hologon158 | 2011-02-28 00:12 | ホロゴン画帖 | Comments(0)

212.59 ホロゴンデイ63「2010年1月23日 秀吉の故地、滋賀長浜は雨だった」59-完- 意外効果


    [Rara Avis展大阪展終了、次は東京展。2月16日ホロゴンデイ212.19をご覧ください]


新体術の甲野善紀さんが、こんなことを書いていました。
剣道を始めることで、新体術が格段に飛躍した。

そんなものかもしれません。
人間の心や体は未知のネットワークに組み込まれて、
相互作用、影響を受けているようです。

よくこんな風に言います、
「昨日※をしたのが悪かった。おかげで不眠になった」
でも、人間は、※以外のすべてのファクターが固定していて、
そこに※が割り込む、というような単純なものではありません。
また、自分では意識できないさまざまなレベルで普段に影響を受容して、
それらのインプットはその都度さまざまな波及効果を生みだしているはずです。
ですから、なにかをしようとするとき、
aをすればb、c、d、eと進展していくとは限らない。

aからzに到達しようとしても、
a,f,h,c,z,r,n,eと、ランダムに飛躍して、
eからzにジャンプ、なんてことが起こるかもしれません。

人間は、というより、すべての存在は、
私たちが実感しているよりも、はるかに大きな存在であり、
はるかに広大な世界の中で生きているのです。

私たちにできることは、
一つ一つの行動を意味と効果を意識して行うのではなく、
ひたすら心を澄まし、気持ちを高め、体を調整して、
今目の前にあることを正しく遂行する、
これだけなのかも知れません。

甲野善紀さんが体験されたことは、
剣道というまったく異質な武術を体得することで、
まったく新しいレベルで心身を研ぎ澄ますことができ、
新体術固有の場面で必要とされるのに、
新体術の修練の中では我がものとできなかったある心身の構え、動きを
我がものとできたということなのかも知れません。

でも、それは意識したり理解したりして、そうなったわけではありません。
思いがけない効果として、なのです。
つまり、なにかをしたいとき、なにが役に立つか、分からないのです。
自分の頭ですべてを考え決めるということは、
自分が認識し理解できる、とても限定されたファクターだけで、
物事を進めることを意味します。
つまり、当て外れ、的外れの危険もあるのです。

もっと時の流れに身を任せて、来るものは拒まずという態度で、
新しいことを体験してみることで、
いわば、意外効果をなぜかもらって、
全然別のジャンルの自分のライフワークが、
意外な進展を見せてくれるのかも知れませんね。


c0168172_22244773.jpg

c0168172_22243818.jpg



[後書き]
その名のとおり、長々と続いた長浜シリーズもようやく終わり。
明日一番は、恒例の「ホロゴン画帖」シリーズ。
続いて、私にとっては本邦初公開、
伝説の6×4.5判ローランドI型、
プラズマート70mmF2.7の描写を楽しんでいただきましょう。
ぶっ飛びますよ!
by Hologon158 | 2011-02-27 22:29 | ホロゴンデイ | Comments(0)

212.58 ホロゴンデイ63「2010年1月23日 秀吉の故地、滋賀長浜は雨だった」58 ようこそ!

    [Rara Avis展大阪展終了、次は東京展。2月16日ホロゴンデイ212.19をご覧ください]


今日は、嬉しいことがありました。

義兄の画家が、約束通り、彼の絵を送り届けてくれたのです。

どこに置こうか?
居間にはすでに彼の絵が2枚かけられています。
玄関に、とも考えましたが、
掛けてみると、立派すぎます。
やはり、私がプレゼントしてもらったのですから、
自分の部屋に置くことにしました。

南側の壁は、
写真展に使ったフレームに入れた写真を8枚掲示できる、
いわばプライベートギャラリー。
でも、この釘を全部抜いて、絵をかけるためのフックをセット。
義兄の「水に映る影Ⅰ」(ベルギー、ブルージュ)を掛けました。

横52㎝×高さ36㎝のかなり大きな絵が、
横75㎝×高さ60㎝の立派なゴールドの額縁に納められています。
天井のレールにスポットライトが4つ設置してあります。
そのうち、2つを揚琴用にし、残り2つで絵を照らしました。

ブルージュの運河にかかる跳ね橋、
その向こうにブルージュの町並みがあり、
その町並みの背後に教会の尖塔がそびえ、
高さと奥行きを作り出しています。
構図も空気感も色彩も存在感も間然するところのない水彩画。

堂々たる名作!

部屋がギャラリーに一変しました。
これから、この絵と長いお付き合いをさせていただきます。
ようこそ、我が家へ!


c0168172_21395764.jpg

c0168172_21395010.jpg

by Hologon158 | 2011-02-27 21:43 | ホロゴンデイ | Comments(0)

212.57 ホロゴンデイ63「2010年1月23日 秀吉の故地、滋賀長浜は雨だった」57 至高の境地


    [Rara Avis展大阪展終了、次は東京展。2月16日ホロゴンデイ212.19をご覧ください]


c0168172_17492790.jpg



現代のような、万人が写真を楽しむ時代に、
写真アートの世界を追求する写真家たちは、
いったい何を、どう撮ったらよいのか?

難しいでしょうね。
でも、私はそうしたハードルは、写真家たちへの挑戦であり
ハードルが高ければ高いほど、
写真アートの可能性は高みに向かって開かれる、
そう信じています。

でも、おかしなものです。
これまでの大写真家たちの境地は、
そうした不便な機材での撮影であったにもかかわらず、
至高の境地を示しています。
カルティエ=ブレッソン、木村伊兵衛やジャンルー・シーフ、
私の大好きな写真家達の写真集をときどき開いてみます。

現代の写真家たちは、彼らはもう過去の歴史であり、
その写真は古い、自分たちの写真は彼らを超克した、
そう確信しているかも知れません。
ハイアマチュアの方にも、自分の超シャープな作品群を前に、
彼らのはボケ写真だよと、うそぶいている方もいるかも知れません。

そうなのか、そうでないのか、私にはどうでもよいことです。
私に言えることは、
私は、現代の写真家たちは数人の例外を除いて、
私の精神をちっともかき立ててくれないこと、
カルティエ=ブレッソンたちは、幾度見ても、
その度に、私の心を喜びと崇敬で満たしてくれること、
これだけです。

これで十分。

バッハとモーツァルトで十分、
現代音楽など聴きたくもない、
芸術の役割は、私たちの心を澄ませ、精神を高めてくれることだ、
そう考える人間にはちょうど似合っていますね。
by Hologon158 | 2011-02-27 17:51 | ホロゴンデイ | Comments(0)

212.56 ホロゴンデイ63「2010年1月23日 秀吉の故地、滋賀長浜は雨だった」56 ものたちがいっぱい


    [Rara Avis展大阪展終了、次は東京展。2月16日ホロゴンデイ212.19をご覧ください]


京都で撮影しながら、ある記事のことを思い出しました。
日経文化欄の岡本太郎の記事。

彼は48歳のとき、沖縄に初めていきました。
「ここにはまるで別な天体であるかのような透明な空間の広がりと、
キラキラした時間の流れがある」
そして、神を拝む場である御(うたき)には、鳥居も社もなく、
ただ空間と木々と自然石があるだけという状態を見て、
「なにもないこと」のめまいを覚えて、驚嘆したとのことです。

岡本太郎のような芸術家が初めての世界に接したときに、
どんなに豊かな印象を残したことでしょうか?
岡本太郎は、カメラ2台を肩からぶっちがいに吊って、
写真を撮りまくったとも以前読みました。
彼の写真たちは、並の写真家にが及びもつかないほどに、
エネルギーにあふれています。

私は、彼のように芸術家ではなく、ただの素人ですが、
この記事を読んだとき、考えました。
なにもないこともすごいけど、
これは、稀に出会う機会であってほしい。
やっぱり、なにかがある方が、ぼくにはいい。

私の猟場である関西のどの町に行っても、
まさにちょうどそのことを感じます。
ロボグラフィが充満して、あふれだしている。
だから、幸せになれます。
すごみはいらない。
幸福感だけでいい。

釣りに「入れ食い」という言葉があるそうです。
釣り糸を入れたとたんに、魚が食いつく。
写真の場合は、「向け撮れ」ですね。
そっちにカメラを向けて、シャッターを押せば、とにかく撮れます。
京都でもそうでした。
ものたちがわいわいがやがやと声をかけてきます。
私は、そちらに向けて、とにかくシャッターを押すだけ。
どこの路傍でも、ものたちが歌ってくれます。

なにもないことではなく、
「ものたちがいっぱい」であることに感動します。
その気持ちさえ感じ取れれば、
私は、写真が撮れようが撮れまいがいいのです。
そんなものたちをそれにふさわしく撮ろう、
などという考えもぜんぜんありません。
それは、写真家にお任せしておきます。

私の写真もときには写真風に構図が決まっているように見えます。
でも、これは長年の習慣にすぎません。
そちらを向けて、水平垂直に構えれば、
なんかそれらしいものが撮れるものです。
ただ、それだけ。

ですから、ものしか写っていません。
人から見れば、
ただ、それだけ。
でも、このもの、私と一度は見つめあった仲なのです。
私には、あなたに言えない大切な思い出がある、というわけです。



c0168172_15305371.jpg

c0168172_15303956.jpg

c0168172_15311447.jpg

by Hologon158 | 2011-02-27 15:33 | ホロゴンデイ | Comments(0)

212.55 ホロゴンデイ63「2010年1月23日 秀吉の故地、滋賀長浜は雨だった」55 淸水の舞台から飛び降りない


    [Rara Avis展大阪展終了、次は東京展。2月16日ホロゴンデイ212.19をご覧ください]


c0168172_14431673.jpg



昨日は、京都駅から清水寺の下、三年坂、二年坂をぐるりと回りました。
16本分撮影しました。
いつもながらのことですが、
期待しないから、意外なものに巡り会うことができます。
こんな風に撮りたいと、あらかじめ絵を描かないから、
思う存分、ロボグラフィたちに歌を歌ってもらえます。

畏友のRAさんと二人で回りました。
もう78歳なのに、誰にも負けない健脚の私にぴたりとついて、
路地から路地へ、路地回り。
精神に足を付けたような人、すごい人です。

実は、神戸三宮を一緒に回ったRAさんに見せたくて、
ローランドⅠ型、プラズマート70mmf2.5で撮った写真のA4プリントを持参しました。
なんでもないロボグラフィですが、
私にとっては、こんな写真は撮ったことがないと、心から感じている写真。

RAさん、見るなり、
「この写真、買います!」
私、すかさず「分かりました、売りましょう、10万円!」
めでたく商談成立、こう行きたいところですが、
それじゃ、友情にヒビ、どころか、直下型地震。
はじめから差し上げるつもりで持参していただいたのですから、
もちろん差し上げました。
おそらく私の素人写真のたった一人の賛美者なのですから、
はじめから、RAさんがいやだ言っても、押しつけプレゼントをするつもりだったのですから。

本シリーズの後には、このローランドⅠ型のシリーズをアップするつもりです。
私が出会ったカメラの中でも、ホロゴンウルトラワイドに続いて、運命を感じた6×4.5判。
これから、私の写真の支柱の一つになるカメラです。
マックス・ルドルフ博士の1931年製クラインビルト・プラズマート70mmf2.5。
こんなにシックに、こんなに艶麗に写るとは夢にも思わないほどに、
見事な見事な開放描写でした。
プラズマートレンズの開放は玄妙に暴れることで伝説的ですが、
このレンズは玄妙に繊細艶麗。
開放よりもパンフォーカス描写を好む私には、
こちらの方が好ましい。
パンフォーカスと違和感なく使えるのですから。
もう一つ、仕事カメラが増えた感じ。
by Hologon158 | 2011-02-27 14:48 | ホロゴンデイ | Comments(0)

212.54 ホロゴンデイ63「2010年1月23日 秀吉の故地、滋賀長浜は雨だった」54 プロセスがすべて


    [Rara Avis展大阪展終了、次は東京展。2月16日ホロゴンデイ212.19をご覧ください]


c0168172_0592425.jpg



写真は、結果がすべてではありません。
前回の言葉を覆すようで、申し訳ありませんが、
少なくとも私にとっては、そう。

写真は、プロセスがすべてです。

どこで、
どんなものを、
どんな気持ちで、
どのカメラで、
どのレンズで、
どのフィルムで、
どんなスタンスで、
どの瞬間に、
どの方向に、
どんな位置で、
どんな絞りで、
どんなシャッター速度で、
撮るか?

一枚一枚について、瞬間にそのすべてが決まらなければなりません。
写真素人であるのは、
私の姿勢、私の写真との関わり方の問題であって、
撮り方ではありません。
私がもっているカメラのすべてが、完全なる習熟を前提としています。

慣れないと、ろくな写真が撮れません。
慣れるためには、ひたすら現場で撮影経験を重ねないと無理、
そんなクラシックカメラばかり。
なにしろ9割方、
私のカメラは露出計なんて便利なものは付いていないのですから。

そんな不便なものをどうして好むのか?
難しいからです。
困難を一山一山乗り越えるのが、人生を楽しくさせてくれるからです。

そして、これが一番、大きな理由ですが、
結果はどうでもいいから、できるのです。
別に、私があまのじゃくだからでも、世をすねているからでもありません。
自分の人生を大切にしたいからです。
良くも悪くも、一生、共に生きなければならないのは自分自身。
その自分自身に人生を生き生きとエンジョイしてもらわなければ。
by Hologon158 | 2011-02-27 01:01 | ホロゴンデイ | Comments(0)