わが友ホロゴン・わが夢タンバール

<   2012年 01月 ( 95 )   > この月の画像一覧

295.15 ホロゴンニュース「2012年1月をスーパーアンギュロン21mmf4で締めくくる」



c0168172_2254776.jpg




今日は、出勤にスーパーアンギュロン21mmf4を持ち出しました。
f3.5よりも一回り小さく軽いレンズで、
使い回しははるかに勝っています。
丸形フードをセットしてライカIfに付けると、
小型でスマートなホロゴンウルトラワイドという感じ。
リコーGXR+A12に付けると、

左手の中にすっぽり収まり、f3.5ほど目立ちません。
道具性という点では、かなり高得点。

撮影の方は、二日目だけに、かなりなれてきました。
昨日に懲りて、21mmでフォーカスを気にするのはやめました。
被写界深度で撮ります。

昨日の試写では、スーパーアンギュロン21mmf3.5を
できるだけ開放にして撮りました。
そのせいかも知れませんし、
まだカメラの扱いになれていなかったせいかも知れません。

液晶画面に呼び出してみると、f4の方がぐっと締まりのよい映像。
線の細さは銀塩ライカでの撮影結果そのままですが、
とても元気のよい画像になっています。
ますますリコーGXR+A12が気に入りました。

ただし、f4の画像を見ていて気になることが一つ。
リコー独特の元気のよい画像を見せる液晶画面のせいでしょうか?
シャープネスを最低レベルに落としているにもかかわらず、
まだ銀塩よりかなりシャープなのです。

帰宅して、マックでチェックしてから腹を立てるべきなのですが、
やっぱり腹が立ってきます。
ライカM9でもそうですが、
なんで、シャープネスの設定レベルを、銀塩相当の、
つまりレンズのオリジナルのシャープネスに
近い描写になるようにしないのですか?

今なお頑固に銀塩フィルムを使い続ける人たちのことを考えてみてください。
なぜ銀塩フィルムなのか?
昔ながらの、ちょっと粒子が見える程度の粒状性を見せる写真に
強烈な魅力を感じるのではありませんか?

どうも、現代のカメラ会社は、そんな銀塩フィルムの伝統を理解していない。
超微粒子、超高精密、超高生彩、これが理想と考えている。
レンズ技術者も、あらゆる収差を取り去ってこそ
完璧なレンズだと信じきっている。

でも、考えてみてください。
私たちは、超現代都市とロボットたちを撮るのではないのです。
いまだに生活感あふれる街の生きた人間、
生命感あふれるネーチャーを撮るのです。
なんの欠点もない美人、あなたお好きですか?
欠点があればこそ、美点が光るのです。
それが人間。

写真だって、同じ。
なめらかに輝かしく完璧に撮られて写真を見ても、
デジタルテレビの化粧美女を見るようなもので、
つるつるで、面白くもなんともない。
by Hologon158 | 2012-01-31 22:08 | ホロゴンニュース | Comments(0)

295.14 ホロゴン外傳27「2012年1月14日新年の東大寺界隈をぐるりまだ巡視」14 好きでたまらない



今冬厳寒、まさに我が懐のごとし

我が家の長男(猫ですが)銀太が、
あまりの寒さに耐えかねて、手製の炬燵を発明して以来、
銀太が炬燵を作るかどうかが、気温のバロメータになっています。

奈良でもこんなに寒いのでは、
北国の寒さはいかばかりでしょうか?
想像を絶しますね。

雪国にお住まいのブロガーの皆さんの驚きは、
それなのに、撮影ペースが落ちない!

私が依然属していた写真クラブは、風景写真家が主体でしたが、
雪を主題とする写真を撮りに出かけない限り、
春まで休眠状態になるのが通例でした。

ブロガーの特徴は、
写真が好きで好きでたまらない、
どんな状態でも、写真から心が離れないということ。

本当の写真ずきかどうかは、次の一点で分かります。

  一緒に呑んだとき、話題がどこに集中するか?
  写真やカメラのことか?
  それ以外か?

以前の写真クラブの皆さんはほとんど全員落第。
実は、私の友人たちもぎりぎりすれすれというところ。
私は、許されるなら、写真の話一本で十分。
新潟ブロガーの皆さんも及第、
写真ブログの皆さんの多くが及第という感じですね。

みんな、写真が好きでたまらない。
こうでなくちゃねえ......



c0168172_21403314.jpg

c0168172_21402684.jpg

c0168172_21401839.jpg

c0168172_2140835.jpg

c0168172_21395925.jpg

c0168172_21395466.jpg

c0168172_2139445.jpg

c0168172_21393787.jpg

by Hologon158 | 2012-01-31 21:42 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

295.13 ホロゴン外傳27「2012年1月14日新年の東大寺界隈をぐるりまだ巡視」13 激戦区



喫茶店を出て、奈良町に向かって歩き始めて、
3枚撮ると、リコーGXR/A12の電池が切れました。
早すぎます。

やむなくカメラ交替。

    アンジェニュー25mmF1.4付きオリンパスE-PL1。

こちらはリコーGXR/A12よりも遙かに使いやすい。
慣れているせいもありますが、
シンプルなのがいい。

でも、アンジェニュー25mmF1.4はヘリコイド不全。
Cマウントアダプターにしっかりと締め込むと、
そのおかげで、アンジェニューのヘリコイド、絞りリングも
締め込まれてしまうようなのです。
やむなくCマウントアダプターのスクリューをヘリコイド代わり。

ところが、近づきすぎますと、レンズがポロリ。
やはりオーバーホールに出さないとダメのようです。

結局、午後4時20分まで撮影して、

    リコーGXR/A12で209枚、
    アンジェニュー25mmF1.4で224枚、
    合計433枚、銀塩フィルム換算12本。
    平均的な撮影量でした。

帰宅して、早速、マックのハードディスクに収納。

こんなとき、最初のファイルを開くのは、ドキドキものですね。
結果はいかに?

    リコーGXR/A12の画像は、確かに画質に余裕があり、
    スーパーアンギュロンらしい力感もちゃんと感じられます。
    どうやら購入した甲斐があったようです。

これから当分、リコーGXRの試写が続きそうです。
今週最初の出勤日には、
スーパーアンギュロン21mmf4を付けて出ることにしましょう。

f3.5よりもかなり線の細い、だけど、ビビッドな描写をくれます。
カリスマ性は劣るけれども、表現力はまさるとも劣らない、
そう言えるのではないでしょうか?
そう言えば、ビオゴン21mmF4.5だって、そうです。
つまり、35㎜、28㎜に劣らず、21㎜も激戦区なのです。

リコーGXR/A12を戦場にして、
我が家の21㎜たちもこれから激戦を繰り広げることでしょう。



c0168172_23555758.jpg

c0168172_23554963.jpg

c0168172_2355397.jpg

by Hologon158 | 2012-01-31 00:07 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

295.12 ホロゴン外傳27「2012年1月14日新年の東大寺界隈をぐるりまだ巡視」12 「営業中」



我が家から奈良町に向かって歩き始めました。
天候は晴れ時々曇りという感じ。
まず、スーパーアンギュロン21mmf3.5を使いましょう。

シャープはゼロにして、彩度とコントラストは標準の5から4に。
できるだけ銀塩に近づけたい。

すいすい撮れたと言いたいところですが、
実は難渋を極めたと言った方が正確。
おおむね被写界深度で撮りましたが、
ときには最近接でフォーカスしたいところです。
ところが、フォーカスアシストの拡大表示が暗くて、
まるで薄ぼんやり、よく見えません。
画面の明るさを最大にしているのに、
画面の切れが悪い。
これじゃソニー、オリンパスに負けますね。

午後1時すぎに出発。
午後2時15分、破石町(わりいしちょう)の新しい喫茶店で、
おぜんざいをいただきました。

ここで、レンズをキノプラズマート25mmf1.5bに交換。
すでに電池は終わりかけています。
終われば、オリンパスを使います。
このあたり、油断はありませんね。

午後2時40分出発。
出発前に、女主人にまた言わずもがなの忠告。

この店、外から中がまるで見えないのです。
「外からお店を見ると、締め切った感じなので、
入りにくいんですよ」
すると、女主人、
「よく、そう言われるんですよ」
「せめて、このガラス扉だけでも、
外から中が見えるようになっていたらいいんですが」
ところが、このガラス戸、二枚貼り合わせで、
中に薄い葦簀が埋め込まれているので、
オープンにできないのです。
「せめて、「営業中」の表示をもっと大きくしたら?」
外に出てみると、メニュー看板の側に小さな表示だけ。
扉の前に大きな表示をした方がよさそう、
という結論になりました。
余計なお世話ですね。



c0168172_22253195.jpg

c0168172_22252371.jpg

c0168172_22251554.jpg

c0168172_2225884.jpg

c0168172_2225043.jpg

c0168172_22245113.jpg

c0168172_22244412.jpg

by Hologon158 | 2012-01-30 22:31 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

295.11 ホロゴン外傳27「2012年1月14日新年の東大寺界隈をぐるりまだ巡視」11 早速試写!



嬉しいような、困ったようなことが起こりました。

実は1週間ほど前、マップカメラに予約を入れたのです。

   リコーGXRマウントA12

ライカMマウントレンズ用ユニットです。

以前から、2種類のレンズたちのためにカメラを探していました。

A ライカM9でけられるレンズたち

   キノプラズマート25mmf1.5b
   スピードパンクロ35mmF2
   キネタール37.5mmF1.8

いずれも私の愛してやまないレンズたち。

B ライカM9では、どうも画質があやしいレンズたち

   スーパーアンギュロン21mmf3.4
   スーパーアンギュロン21mmf4

エプソンRD-1がまず候補にあがりました。
画質がとてもよい感じ。
カメラの作りも魅力的。
でも、撮影画像のチェックの方法がなんともまどろっかしい。
カメラが大きいのも難点。

そこに、急浮上したのがリコーGXR。
カメラ自体は変わり映えしない感じで、鈍重。
でも、シャープネスを10段階調整できると知り、
あっという間に、本命に!

でも、デジタルカメラインフレ気味の近ごろ、
今すぐ手に入れるのもなあ、と、やや躊躇していたのです。
でも、どうせ数ヶ月かかるだろうから、予約だけ入れておこう、
こう決断して、A12の予約を入れました。
なんのことはない、わずか数日おいて、昨日到着。

やむなく、ボディと予備の電池2個を追加注文したのが昨日。
今朝、ボディが到着してしまいました。

早速スーパーアンギュロン21mmf3.4を付けてみると、
いい!
レンズとボディのバランス、保ち心地も悪くないし、
シャープネスを殺した画像もかなり銀塩風です。

今日はさいわい執務休業日、早速試写!
付属の電池は80%ほどなので、今、チャージ中。
その間に、マチュアルをさらって、実戦準備。

午後、ちょっと歩いてきましょう。



c0168172_20385127.jpg

c0168172_20383694.jpg

c0168172_20382842.jpg

c0168172_20382182.jpg

c0168172_20381598.jpg

by Hologon158 | 2012-01-30 20:42 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

295.10 ホロゴン外傳27「2012年1月14日新年の東大寺界隈をぐるりまだ巡視」10 引き分け



c0168172_11362485.jpg

c0168172_11361467.jpg




今回、キノプラズマート25mmf1.5は、
メインのマクロスイターのサブに撮ったのですが、
一番の関心事は、2本のレンズの描写の違い。

興味深いものは、2本のレンズで撮りました。
№294.21がマクロスイター。

カメラの違い、露出の違いもありますが、
マクロスイターは濃厚で厚みがあり、
キノプラズマートは、いつもどおり、清澄。

もちろん化け物の顔に見えたのですが、
マクロスイターの方が化け物の雰囲気が濃厚。
キノプラズマートはさらりとしています。
でも、キノプラズマートはぼけ具合が怪しい。

この勝負、引き分けでしょうか?
by Hologon158 | 2012-01-30 11:47 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

295.09 ホロゴン外傳27「2012年1月14日新年の東大寺界隈をぐるりまだ巡視」9 「船中八策」?



こんな記事を読みました。

   大阪維新の会代表の橋下徹・大阪市長は29日、
   税制や社会保障、外交など国政に関する基本的政策づくりを進め、
   幕末の志士・坂本龍馬の新国家構想になぞらえ、
   現代版「船中八策」として策定する考えを示した。

自分が龍馬だというのですか?
どんな根拠で?

衆議院選挙の立候補者を募集しているそうですね。
自民党にも民主党にも絶望した浮動層が、
橋下市長のイメージ戦略に乗せられて、新党に期待し、
単独での政権戦略の目途を失った既成政党がそれに合流して、
新政権という道筋もほの見えてきました。

でも、総花で実現不能なマニフェストで国民を乗せた
民主党の惨状を国民はしっかり見据えるべきです。

民主党は、極めて未熟とはいえ、
一応政党政治の試練を経てきた政治家たちを登用できました。
でも、見識もビジョンも実力も欠くことが即時露呈している惨状。

今政権が保たれているのは、野党も同様の惨状の中、
拙劣戦略で、逆に民主党政権を支えてしまっているため。

橋下市長は、自分自身政治家としての経験見識もない上に、
周囲にまったくのど素人たちを集めて、
単なる人気だけに乗って政権に参加しようというのです。

人材が民主党よりもさらに払底の陣容で何をしようというのか?
見識もビジョンも実力もなにもないスタッフに何ができるのか?
どんな惨状が待っているか?
国民をどんな混乱に陥れるか?

日本が陥る惨状は想像を絶するものとなりそうです。

橋下市長や、同様に政治家としての見識など皆無の石原知事は、
まるで自分たちのことが見えていない。
それなのに、日本の未来の舵取りをしようというのです。
ヒトラーが台頭した当時のドイツを思い出し、
怖ろしくなってきました。

無謀というより、犯罪的。

こうなれば、国民の方が、彼らに代わり、
しっかりと未来を見据えて、良識を発揮し、
断固、宣告すべきです。

   「ノー!」



c0168172_0235614.jpg

c0168172_019591.jpg

by Hologon158 | 2012-01-30 00:24 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

295.08 ホロゴン外傳27「2012年1月14日新年の東大寺界隈をぐるりまだ巡視」8 嬉しい言葉



c0168172_21481816.jpg




昨日、DAさんから嬉しい言葉をもらいました。
彼は、銀塩一辺倒の人間なのです。
それなのに、こう言ってくれたのです、

    「ブログを見てたら、
    オリンパスやソニーのデジタルカメラで撮った写真、
    ぜんぜんデジタルに見えませんよ。
    銀塩を変わらない。
    あんな風に撮れるのなら、デジタル手に入れてもいいな、
    という気持ちになりそうです」

デジタルカメラ派の皆さんには心外な言葉でしょう。

    なにを言ってるんだ、
    デジタルの方がずっと良いんだから!
    話が逆じゃないか!

画質、シャープネス、精密度など、さまざまなファクターが、
デジタルが銀塩をはるかに凌ぐことは否定しません。
でも、30年余銀塩で通してきた人間にとっては、
この「凌ぐ」ということそのものに問題があります。

    凌ぎすぎなのです。
    だから、写真を見ても、それらの凄さばかりが眼について、
    肝心の写真そのものを楽しめないのです。

いや、なにを言っているんだ、
ちゃんと楽しめるよ!
デジタル派はそうおっしゃるでしょう。

そうでしょう、そうでしょう。

この世はあげてデジタル派の勝利を祝い、
プロもみんなデジタルカメラを駆使する時代です。
でも、「私は」楽しめないのです。

ですから、デジタルでも、オールドレンズばかり使います。
すると、あら不思議、
自分で見ても、銀塩とあまり変わらない画像になります。
これだから、私も今、よろこんでデジタルカメラを使います。
新設計のレンズは今後も使わないでしょう。
by Hologon158 | 2012-01-29 21:50 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

295.07 ホロゴン外傳27「2012年1月14日新年の東大寺界隈をぐるりまだ巡視」7 食べちゃいたい


今日は、妻が留守。
1階リビングには、長男の銀太と末娘の静だけがいます。

遠赤外線ストーブと床暖房だけでは足りないらしく、
あんまり寒そうなので、エアコンも入れています。
でも、まだ寒いらしい。

銀太は、私が2階の部屋から階下に下りる度に、
自製の炬燵を作り替えています。
さきほど下りると、膝掛けを下に敷いて、
その上に座布団を載せて、自分は一番下にもぐりんこんで、
床暖房の効いている絨毯にじかに寝ていました。

静は、と言いますと、
空調機の吹き出し口の真下、
1.3メートルほどの高さのオーディオラックの天辺、
レコードプレーヤーのアクリルカバーの上。

どうもこちらの方が暖かい感じなのですが、
銀太には銀太の理屈があるのでしょう。

  第1に、年をとって、あまり高いところに上りたくない。
  第2に、狭いながらも、楽しい自製炬燵!

一番あたたかいのは、そのどちらかで、
静と銀太2人、身体を寄せ合っている方法。
でも、静は、次男のグリオッパーは大好きなのに、
残念ながら、銀太おじちゃんが近寄るのはいやがります。
銀太があんまり静のことが大好きで、
「食べちゃいたい」という感じで肉迫してくるのがいやなのです。

というわけで、2人別々に棲み分けることで、
どちらも平安を保っています。

でも、全員、家族の気持ちはしっかり持っている。
猫関係も、人間関係に劣らず、なかなか難しいのです。



c0168172_18283934.jpg

c0168172_18283535.jpg

c0168172_18282514.jpg

c0168172_1828162.jpg

c0168172_1828948.jpg

c0168172_1828412.jpg

c0168172_18275794.jpg

c0168172_18274723.jpg

c0168172_1827406.jpg

by Hologon158 | 2012-01-29 18:30 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

295.06 ホロゴン外傳27「2012年1月14日新年の東大寺界隈をぐるりまだ巡視」6 ロボグラフィテスト


前回の記事で、こう書きました、
根本的に魅力的でないなにかが、私の写真に隠されている。

それが何か、私には分かっています。

    たいていの人が美しいと思わないものが混じっているからです。

困ったことに、私はそれも美しいと思うのです。
だから、撮るのです。
要するに、美の観念がかなり私の方向にずれているのでしょう。

もちろん誰にもそんなずれがあります。
でも、かなり多くの人の心にかなう、
いわば文句なしの美に沿った写真を撮れる方がいます。
わざとそうしているのではありません。
意識して、努力して、そんな風に撮れるわけがないのですから。
まさに優秀な美的感性の持ち主なのです。
こんな方の写真は大勢のファンを集めます。

私は、自分なりに、自分の美的観念のずれを検討して、
こんな風に考えています。

    私の美的観念は、もちろん平均的な美的観念を含みます。
    でも、それよりはるかにずれた、私個人の美がかなり広いようです。
    そして、人が美しいと思わないもの、
    それがロボグラフィなのですが、こんなものたちに美を認めること、
    それが喜びとなって、私のロボグラフィの大半は、
    平均的な美のエリアからかなりずれたエリアに属しているようです。
    おかげで、「なんで、こんなものを撮るんだ?」となります。

そんな、Hologon158流美の例を3枚掲載しましょう。

    ロボグラフィテスト!

虚心坦懐に次の設問に答えてください。

    「あなたは、この写真たちを見て、どう思いますか?」

3枚につき、1枚ごとに下記の回答欄の項目を選んでください。

        1 いいね
        2 可もなく不可もなく
        3 なんじゃ、これ?
        4 理解できん!
        5 汚い!



c0168172_16332680.jpg

c0168172_16331725.jpg

c0168172_1633687.jpg




では、結果を発表しましょう。

    3点の方は、私のお仲間です。これからもよろしく。
    4点または5点の方は、ときどき本ブログにおいでください。
    6点以上の方は、時間を捨てていますね。
    このブログのことをお忘れになって、
    ご自分の人生を歩んでください。
    
        ごきげんよう!
by hologon158 | 2012-01-29 16:39 | ホロゴン外傳 | Comments(0)