わが友ホロゴン・わが夢タンバール

<   2012年 08月 ( 116 )   > この月の画像一覧

371.21 ホロゴン外傳92「2012年8月18日 京都河原町あたりをキノプラズマートもそっと」21 お見事!



   大阪維新の会、新党党首は橋下氏 不出馬、異例の市長兼任
   (http://www.47news.jp/CN/201208/CN2012083101001355.html)

この記事を読んで、吹き出してしまいました。
この人、どこまで権謀術数を使って国政への道を切り開くつもりなのでしょう。
これじゃまるで、ジュリアン・ソレルじゃありませんか?

橋下あっての維新の会です。
橋下が抜ければ、もぬけの殻です。
国民の間に橋下への期待が異常に高まっています。
維新の会だからの期待ではありません。
橋下個人への期待。
それなのに、衆議院選挙に出馬しない?

おそらくこうなのです。

   府知事、市長、衆議院議員と、ホップステップジャンプじゃ、
   府知事、市長の座はただの腰掛け、ただの踏み段だった、
   あまりにも大阪人をバカにしているじゃないか!
   性根入れて、大阪市の改革に取り組まんかい!
   まともな大阪人だったら、腹に据えかねる仕打ちです。

   でも、橋下にとっては、これは人生でたった一度のチャンスです。
   自民党、民主党ともに完全な瓦解状態で、
   国政は完全に空洞化してしまったという、願ってもない突破口です。

惜しむらくは、時期尚早でした。
   まだ維新の会の政党化への一歩を踏み出したばかり。
   政治家への育成などまるでできていない。
   それでも、全国で何百人と立候補させなければならない。
   それなのに、あら不思議ですね。
   一体それだけの優秀な人材がどこに隠れていたのだ?
   などと、誰も問う人は居ません。

橋下だって、そんなこと、分かっています。

   もし衆議院選挙でかなりの議員を獲得して、
   政界のキャスティングボードを握ったとしても、
   御大将が大阪にいて、国会には雑兵ばかりじゃ、
   国政の中枢を握ることなど夢の又夢。
   そして、国政未経験の雑兵たちが海千山千の先輩たちに鼻面を引きずり回されて、
   維新の会が独自にリーダーシップを取ることなど絶対に不可能です。
   そうすると、維新の会はあっという間にばれてしまいます。
   維新の会って、素新の会(素人新人の集まり)であり、
   国民の期待に応える実力、能力など持ち合わせていない!
   もう二度と選挙に勝利することはできなくなります。

そこで、橋下は、狸オヤジよろしく、素知らぬ顔で、
まず、空々しくアドバルーンを揚げたのです。

   「私は大阪が大事なので、出馬しませんよ」

   当然、維新の会の連中から、出馬コールがわき起こります。
   ご本人がわき起こらせるのですが。
   今から連携する党からも、出馬コールが起こります。
   これも、ご本人がわき起こらせます。
   ついでに、世論調査で、国民からも失望感、出馬の期待が寄せられます。

そう、狙いは明らかですね。

   「天の岩戸」効果を狙っているのです。

   「いやいや、私はあくまで大阪市のために責任を果たしたい」
   「でも、そうしたいのに、国民が許してくれない。
   国家のために働いてくれ、そんな声が高まって、
   私はとても苦しい決断を迫られております」などとうそぶいて、
   ここで、ぐっと決断の表情で、きっぱりと、       
   「仕方がありません、それほどまでにおっしゃるのなら、
   男、橋下、日本のために人肌脱がせていただきましょう!」 

タジカラオノミコト(世論)が天の岩戸を引き開けると、
ハシモトオオミカミの燦然たる光が日本全土を照らしたのであった。
満を持しての真打ち登場で、橋下への国民の期待はいやが上にも高まる、
そう踏んでの、一歩後退のジェスチャーなのです。   

    お見事! 

夕食時、妻に言いました、
   「橋下市長、自分は立候補しないと言ってるらしいよ」
妻は、政治の話をするのが嫌いな人間ですが、言下に、
   「なに言ってるのよ、絶対に出てくるわよ」

こんな臭い芝居、して欲しくないですね。
なぜって、それに騙される人が一杯いるんですから........

「Trust me!」
「ママからお小遣いもらってたなんて、チラナカッタノ」の鳩山さんと言い、
「知事になる前は、聖人君子ではなかったので」の橋下さんと言い、
日本って、こんな臭い田舎芝居が通用するほど、幼稚化してしまったのでしょうか?



c0168172_2203776.jpg
c0168172_2205287.jpg
c0168172_2204660.jpg
c0168172_2201625.jpg
c0168172_2202853.jpg
c0168172_220179.jpg
c0168172_2201612.jpg
c0168172_220982.jpg

by Hologon158 | 2012-08-31 22:06 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

371.20 ホロゴン外傳92「2012年8月18日 京都河原町あたりをキノプラズマートもそっと」20 私は私の主人



今日昼食どきに書いた一文。

炎熱の一日になりそうです。
雲一つないと言いたいところですが、
山際に2つ、3つ雲が顔を出しているだけで、
全天快晴の真夏日です。
iPoneは32度と表示していますが、私の周辺は34度はあるでしょう。

私の職場は3階ですが、エレベーターがありません。
古い4階建てのビルなので、廊下には冷房はありません。
こんな暑い日には辛いところですが、それほどでもない。
最初は、「オー、マイゴッド!」でしたが、
すぐに慣れました。
いつものやり方で、こう考えたのです。
しめた、これでちょっとした運動ができる。
階段を1段おきに上ります。
すぐ平気になりました。
今日のように暑い日でも、この階段を見ると、闘志が湧きます。

どこに行っても、階段はたいてい1段おきに上ります。
1段ずつ上がるのと、エネルギー量は変わらないのではないでしょうか?
秘訣は、膝をぐっと持ちあげること。

歩くときも同様です。

   5分後に爆発する時限爆弾を仕掛けたビルから立ち去るテロリストの要領。
   背筋を伸ばし、できるだけ足を伸ばして、
   大股早足でぐいぐいと歩くことにしています。
   ゆっくり歩いたのでは運動にならないとどこかで読んだせいです。
   「狭い日本をそんなに急いでどこに行く?」
   そう言われかねないほどのスピードがお勧めです。
   しばらく歩くと、ますます快調になって、気分は爽快になります。

撮影するときはちょっと遅めになります。
でも、前方にターゲットなしと見渡せたときは、
急に「そうだ、今からデートだ」と言わんばかりに、
軽やかな早足にフェイズアップします。

あくまでも気分です、気分。
とにかく、気分は大切ですね。
撮影で少し疲労感を覚えることはあっても、
足が疲れたという気持ちになることはありません。

ずっと立ちづくめでも、疲れませんね。
揚琴を5年続けている内にかなり背筋が鍛えられました。
すると、姿勢もよくなりました。
姿勢がいいと、立ちづくめでも疲れませんね。
百貨店の店員さんたちの姿勢がいいのは、そのせいでしょう。

さて、話が随分逸れましたが、
炎暑にはどう対処したらよいのか?

私の方法はこうです。

   炎暑であれ、雨天であれ、どんな天候であれ、
   こうして戸外を健康で歩けること以上に幸せなことがあろうか?
   そう考えましょう。
   すると、幸せになって、大概のことは我慢できますね。

基本的に、こう考えています。

   外界は私を支配できない。
   他人は私を支配できない。
   私は私の主人だ。
   だから、私の気分は私が決める。

猛烈に唯我独尊的ですが、私はけっして傲慢な人間ではありません。
子供も動物も私を警戒しないことで、それがわかります。

そのうえ、今のところは、絶好調です。
こんな人間はあまり居ないことを知っています。
そして、そんな絶好調はいつまでも続かないことも知っています。
因果は巡る火の車です。
いつか利子を払い、全額返済しなければならない日が来ます。

   でも、それまでは毎日なににも煩わされず、
   やりたいことをし遂げることにしましょう。




c0168172_214196.jpg
c0168172_2134961.jpg
c0168172_2134853.jpg
c0168172_2133573.jpg
c0168172_2133426.jpg
c0168172_213496.jpg
c0168172_2132173.jpg
c0168172_213895.jpg

by Hologon158 | 2012-08-31 21:08 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

371.19 ホロゴン外傳92「2012年8月18日 京都河原町あたりをキノプラズマートもそっと」19 ただ一燈を頼め



佐藤一斎の「言志晩録」にこんな言葉があります。

    一燈を提げて暗夜を行く
    暗夜を憂うることなかれ
    ただ一燈を頼め

こんな言葉を読むと、ぞくっとしてしまいますね。

私たちの人生って、暗夜を行くようなものです。
どんな人も一人でぼとぼと歩みを進めなければなりません。
私たちはそんな闇夜を歩き続けるために、
一燈を用意する必要があります。

どんな一燈か?
私が読んだ本の注釈者は「志」であるとしています。
もちろんそうなのでしょう。
でも、人生で出会う難関の性質はさまざまです。
「志」を未来に設定した目標に限定しないで、
人間の本質的な生き方という意味で使いたいものです。

そうすると、志とは、こんなものではないでしょうか?

    志は、自分自身の確立です。
    自分自身とはなにか?
    自分で考え抜き、自分で決断する力。
    その決断を守り抜き、あくまでも目標を達成しようとする意思。
    その結果がなんであれ、自分のものとして引き受ける覚悟。
    どんなに失望、落胆の状態に陥っても、
    また這い上っていこうとする不屈の精神。

これらの心の動きの総体が自分自身ではないでしょうか?




c0168172_21232344.jpg
c0168172_21231317.jpg
c0168172_2123855.jpg
c0168172_2123287.jpg
c0168172_21225597.jpg
c0168172_21224688.jpg
c0168172_21223712.jpg
c0168172_21221357.jpg

by Hologon158 | 2012-08-31 00:14 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

371.18 ホロゴン外傳92「2012年8月18日 京都河原町あたりをキノプラズマートもそっと」18 仮想世界



エキサイト・ニュースで面白い記事を見つけました。

①2012年6月1日 11時03分

    レディー・ガガ、フォロワー数が2,500万突破!前人未到の大記録!

    人気歌手レディー・ガガのツイッターフォロワー数が前人未到の2,500万を突破し、
    ガガが31日に「わたしは今日、本当に世界で最もラッキーな女の子の気分よ」
    と記念ツイートをした。

②2012年8月30日 16時30分

    ガガ、twitterフォロワーの72パーセントがフェイク!?
    (http://www.excite.co.jp/News/music/20120830/
     Aol_music_lady-gagas-twitter-spam-followers-fake.html)

    ツイッターで2000万人以上のフォロワーを集め、
    ソーシャル・ネットワーキングの歴史を塗り替えた
    レディ・ガガのイメージを覆す事実が浮上している。
    彼女のフォロワーのうちの72パーセントが実はニセモノではないか
    という報告があがってきたのだ。
    ソーシャルメディアを管理する会社 "StatusPeople" の新しいツール、
    その名も「Fake Follower Check」の使用により発覚したこの事実。
    このツールはフォロワーをチェックし、
    適切なものであるかを判断するのだが、
    ガガのフォロワーは、「ニセモノ」が34パーセント、
    「アクティブではない(使われていない)」が38パーセント、
    そして残る28パーセントが「本物」であったという。

要するに、「前人未到の2500万と突破した」と豪語しても、
実はたったの700万だったというわけです。
私はこのガガというタレントを知りません。
完全に興味の外にあるので。
でも、この記事にはぜんぜん驚きません。
以前から書いてきました、
インターネットには欺瞞と見せかけが充満している、と。

たとえば、価格.comというサイトがあります。
ユーザーたちが使用感をコメントしています。
でも、その大半はどう見ても、企業間の中傷と防御のやり取り。

インターネットに掲載されるニュースを含めて、
すべての記事をまず疑ってかかる必要が本当はありそうです。

つまり、今回の記事についても、
ツイッターフォロワー数についてはおそらくカウントが明示されているので、
①の記事の数値はひとまず正しいのでしょう。
でも、②の記事は実はライバルからの攻撃のがせネタ記事かも知れません。
だから、ニセモノのパーセンテージは嘘の可能性だってありますが、
ガガのサポーターがフォロワー数を押し上げるための企業努力をしたことは
まず疑いのないところでしょう。

この事情は、実のところ、テレビ、新聞でも同様かも知れません。
日本のジャーナリズムにはしっかりとした裏付けをとらない習慣があるからです。

要するに、この世の中、嘘、ごまかしだらけ、ということなのでしょう。




c0168172_193353.jpg
c0168172_1932961.jpg
c0168172_1932766.jpg
c0168172_193149.jpg
c0168172_1931151.jpg
c0168172_1924888.jpg
c0168172_193218.jpg
c0168172_1925193.jpg

by Hologon158 | 2012-08-30 19:05 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

371.17 ホロゴン外傳92「2012年8月18日 京都河原町あたりをキノプラズマートもそっと」17 表現しない場



前回書いた言葉を読んだ方がもしお出でになれば、
不思議に思われたかも知れませんね。

なにか良いことで有名になることは悪いことではない、
そうお考えの方が多いかもしれません。
私はそうは思いません。

名声は人に重荷を負わせます。
それがどんな種類の名声であれ、変わりはありません。
人の評判を気にするようになると、
自分のためだけに生きることができなくなります。

心は無限なので、どんなことも受け入れることができる、
そんな方は問題がありません。

    私は思いっきり自分の人生をエンジョイしたい。
    そんな人間には、人の評判は、
    視野を遮る障壁となり、
    歩く道を遮る障害物になります。

ブログは本来は表現の場であり、作品です。
だから、皆さん、とても注意深く文章を選択されています。
政治のことは書かない。
意見を異にする人がいる可能性のある記事は書かない。
プライベートなことは書かない。

なぜか?
ブログに対して攻撃を招きかねないからです。

このブログは日記であり、写真ストック。

    要するに、人に向かって表現しない場。
    私にとってだけ、言論の自由が保障されるプライベートな空間。

平気で政治を話題にし、我慢ができないときは激しく批判し、
おそらく日本人の半分以上は嫌っている中国や韓国のことも書きます。
写真も、人に見せるようなものでないものを陸続と掲載します。

読みたくない、見たくない、そう遠慮無く感じていただければよいのです。
お互い平和に住み分けることができます。

    あなたはご自分のお気に入りのブログを渉猟し、
    私はひっそり人知れず自分の桃源郷を築き上げることができます。

お分かりいただけたでしょうか?




c0168172_18231896.jpg
c0168172_1823131.jpg
c0168172_1823691.jpg
c0168172_1823036.jpg
c0168172_18225143.jpg
c0168172_18224582.jpg
c0168172_18222346.jpg
c0168172_1822334.jpg

by Hologon158 | 2012-08-30 18:25 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

371.16 ホロゴン外傳92「2012年8月18日 京都河原町あたりをキノプラズマートもそっと」16 逆手にとって



なんでも見せ方次第ですね。

ルーブル美術館のような巨大なギャラリーを廻りますと、
びっしりと連なる名作名作名作に、次第に感覚が鈍磨します。
フォルテッシモだけの演奏のようなものです。

画商デュビーンは、アメリカの富豪にヨーロッパの名画を売りまくった人ですが、
見事な仕掛けを考案しました。

    暗くした部屋に置いたイーゼルに一枚だけ置いて、
    スポットライトを当て、浮かび上がらせます。
    顧客を別室に案内する通りすがりにさりげなく見せたそうです。
    神秘的に浮かびあがる名画。
    富豪たまらず、
        「あれはなんだ?」
    デュビーン、静かに、富豪のライバルの名を口にします、
        「ああ、あれは※のために用意した絵ですよ。
        あなたには早すぎます。
        それに、高すぎて、あなたには買えない」
    もう、これで勝負あった!
    富豪は、デュビーンの言い値で買い取った絵を抱えて、
    意気揚々とご帰還あいなったそうです。

写真だってそうです。

    もしあなたがブログで、自分の写真を印象づけようと思ったら、
    一日一枚に限ります。

記事だって、人がブログの記事を読むとしたら、1回が限度です。
2回以上は誰も読まない。
人生は貴重なのです。

私はそれが分かっているから、こうして一日幾つも記事を並べ、
写真をバンとぶちまけています。

    誰も読まないように、
    誰も私の写真を記憶しないように。




c0168172_16583473.jpg
c0168172_16582412.jpg
c0168172_1658763.jpg
c0168172_16581237.jpg
c0168172_16581030.jpg
c0168172_165843.jpg
c0168172_16575849.jpg
c0168172_16574818.jpg

by Hologon158 | 2012-08-30 17:16 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

371.15 ホロゴン外傳92「2012年8月18日 京都河原町あたりをキノプラズマートもそっと」15 バイバイ!



月曜日、奈良西大寺まで近鉄電車に乗りました。
私は車両後部の5人掛けのシートに座りました。
前を見て、ちょっとびっくりしました。

    6歳ばかりの男の子から4人男の子で、
    一番下が2歳ほどの女の子。
    若い女性の両側にずらりと5人も並んで座っています。
    2番目が双子らしい。
    つまり、兄弟だとすれば、年子が4年続いたことになります。

西大寺駅で下車するとき、たまらず尋ねてみました、

    「あの、ちょっとお尋ねしますけど、
     みなさん、あなたのお子さん?」

若いお母さん、にっこり笑って、

    「そうです」

    「凄いですね。
    近ごろお目にかかったことがありませんね。
    みんな、かわいいですね」

一番下の女の子を初めとして、みんなでにっこり笑って、

    「バイバイ!」

子宝と言いますが、
この素直で明るい子供たちのご両親は大金持ちというわけです。

昔は4人、5人の子は当たり前でした。
第二次世界大戦の男性人口の激減を補って、
戦後日本復興の礎となったのは、この子どもたちでした。

子供が激減して老人社会となった日本に経済立ち直りの緒がありません。
この子どもたちは、今一番大切にすべき日本の資産なのです。





c0168172_15291763.jpg
c0168172_15285114.jpg
c0168172_1529440.jpg
c0168172_15284212.jpg
c0168172_152836100.jpg
c0168172_1528461.jpg
c0168172_15282152.jpg
c0168172_15281879.jpg

by Hologon158 | 2012-08-30 15:31 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

371.14 ホロゴン外傳92「2012年8月18日 京都河原町あたりをキノプラズマートもそっと」14 パレアナ



今、iPodで聞いている英語朗読は、なんと児童もの。

   エレナ・ホグマン・ポーターの「パレアナ」

「赤毛のアン」「小公子」「小公女」「秘密の花園」など、
私が愛聴する完全朗読本の少年少女文学は一杯あります。
一生読み続け、聴き続けてきました。
あなたはいかがですか?

かなり処分しましたが、まだ書棚には数十冊並んでいます。
心をリフレッシュするには、これが一番。
子供の気持ちに戻ることで、リスタートできる感じなのです。

私にとって、ベスト3は、

   1 飛ぶ教室
   2 小公子
   3 赤毛のアン

気高い精神が描かれています。
いつも、自分もこうしてはおられない、がんばらなくちゃ!
そんな気持にさせてもらいます。
そして、なによりも、苦しい状況をどうやって突破できるか?
その方法と心組みを教えてもらえます。

「パレアナ」も同種の名作です。
少女パレアナの「喜びゲーム」は、赤毛のアンと同種ですが、

   どんなに嫌なことにも、喜べるものが必ず見つかる!
   この信念。

けっして負の感情を持たず、消極的にならず、
積極果敢に事態を乗り越えるやり方です。
どんな人でも、どんな状況でも使えます。
私は、終始使ってきました。

人生には衝撃的な打撃も幾度も襲ってきます。
たしかに当初はショックで、なかなか立ち直れそうにない。
でも、私の場合はどんなショックも2、3日で乗り越えてきました。

   1 人生全体のスパンの中では、それほどのことではない。
   2 いやな出来事も、よい出来事へのステップかも知れない。

10年ほどのスパンでものを観るべきなのです。
10年経てば、その出来事はどんな風に思い出されるか?
たいていの出来事はかけらも覚えていないでしょう。
そんな出来事は記憶に値する出来事ではなくて、ただのステップ。

高齢になればなるほど、いやな出来事の方が多くなるものです。
つまり、今からこそ、喜びゲームは大切な武器になるのです。




c0168172_14315168.jpg
c0168172_143214.jpg
c0168172_1431561.jpg
c0168172_14315080.jpg
c0168172_14314155.jpg
c0168172_14313483.jpg
c0168172_14312843.jpg
c0168172_1431239.jpg

by Hologon158 | 2012-08-30 14:33 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

371.13 ホロゴン外傳92「2012年8月18日 京都河原町あたりをキノプラズマートもそっと」13 もっとシンプル



キノプラズマートを使うようになって、私は変わりました。
あくまでも写真はきっかりと合焦していなければならない。
これが私の基本前提でした。

カルティエ=ブレッソン展を幾度も観ましたが、
最初の頃、カルティエ=ブレッソンのぶれぼけ写真に苦労しました。
どう評価してよいのか、まるで分からなかったのです。

カルティエ=ブレッソンも、基本的な前提は私と変わりません。
というより、私などとても実現できないほどの見事なピント。
そんなカルティエ=ブレッソンが言うのです、
「これは私の作品です」
なんでだろう?

カルティエ=ブレッソンのブレボケは、
中平、森山のブレボケとは違うようです。
このお二人は、写真家として登場した最初の頃だけですが、
現実を捉える方法として、ブレボケを基本としました。
ピントのあった写真は現実を写真に置き換えてしまい、
大事なものをそぎ落としている、そう考えたのです。
カルティエ=ブレッソンは、おそらく中平、森山には同意しなかったでしょう。

作品選択基準がピントとは別のレベルにあったのです。
カルティエ=ブレッソンの決定的瞬間的な作品世界は、
おそらく彼が所属したマグナムの基本理念と異質なものではなかったでしょう。
基本的にドキュメンタリーだったと考えることができそうです。
そうすると、彼の選択基準はこんなものだったのでは?

    現実世界をしっかりと捉えているか?
    その写真を観たとき、現実世界に対する認識を深めてくれるか?

冒頭に、私も変わったと書きました。
この変わり方は、カルティエ=ブレッソンに近づいたわけではありません。
もっとシンプル。

    私が出会って、やあやあ、こんにちわと挨拶した光景なのです。
    大切なのは、私の気持であって、写真の出来ではない。
    だから、その出会いが私に愛しいものであれば、
    多少ぼけていても、ぶれていても、気にしない。

というわけで、写真のブレボケを容認するとしても、
さまざまな観点があるようですね。




c0168172_12334620.jpg
c0168172_1233241.jpg
c0168172_1233186.jpg
c0168172_12332810.jpg
c0168172_12332169.jpg
c0168172_12325561.jpg
c0168172_1233673.jpg
c0168172_12325792.jpg

by Hologon158 | 2012-08-30 12:36 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

371.12 ホロゴン外傳92「2012年8月18日 京都河原町あたりをキノプラズマートもそっと」12 顔、顔、顔



私のお気に入りのブログの1つが、

    Yoshi-A の写真の楽しみ
         (http://yoshipass.exblog.jp/)

新潟ブロガー七人展の来展者のみなさんのポートレート集が楽しい。
北日本、東日本、中部日本から広くお出でになったようです。
その顔、顔、顔を拝見していて、つくづく感心しました。

    みんないいお顔です。
    そして、関西人の顔とはかなり傾向が違います。
    がっしりとたくましく、おおらかで、前向きですね。

新潟ブロガーの皆さんもそろってたくましく男前。
所変われば品変わる、と言いますが、
地域性、文化が人間性を育む土壌になっている感じがします。

写真にもそれが顕れている感じで、
新潟ブロガーの皆さん、a1photoさんも含めて、
構えがかなり大きい。

自分のブログに戻って、つくづく考えますね、

    なんてスケールが小さいんだろう!
    ちまちまと、道端の片隅を撮って、にんまり。
    ぐっと、格落ちの感じですね。

でも、化けることはできませんね。
写真を撮ると、どうしようもなく、自分をさらけ出してしまいます。
どうしようもないことなのですから、
写真を楽しむ利息と考えて、我慢することにしましょう。

というわけで、今日も、元気よく、キノプラズマートシリーズを続けます。




c0168172_1101270.jpg
c0168172_110988.jpg
c0168172_10594654.jpg
c0168172_10595844.jpg
c0168172_1059512.jpg
c0168172_10594380.jpg
c0168172_10594236.jpg
c0168172_10593721.jpg

by hologon158 | 2012-08-30 11:00 | ホロゴン外傳 | Comments(0)