わが友ホロゴン・わが夢タンバール

<   2013年 02月 ( 61 )   > この月の画像一覧

419.08 ホロゴン外傳104「2013年2月23日 難波、心斎橋をスーパーアンギュロンまかり通る」8 古代


バイブルの朗読を聴いていて、とても面白いと思うことがあります。

   神の民は、現代人が美徳と考えるようなヒューマニズムや倫理とは
   無縁の世界で生きていますね。

   旧約聖書は神の民の事績を集積した史書の性格があります。
   欺瞞、裏切り、虚言、二枚舌、近親相姦、背信、殺人、なんでもあり。

聖書がいつの時代にどんな経緯で書き記され、
編纂され、成立したか、私はまったく知りませんが、
ギリシア的な徳性も、中国的な道徳もまったく影も形もありません。
枠組みとしてのお仕着せの倫理がないからでしょうか?

先祖をことさらに美化しようとするところがないのが好ましい。
そんな倫理概念が成立する前の人々の生き方が赤裸々に描かれていて、
かなり古代世界に成立したものであることは間違いがないようです。
でも、肉親愛、夫婦愛、恋愛、友情、羨望、憎悪、信頼、不信、疑惑、といった
人間的感情はたっぷりと描かれていて、
古代の人たちも生きていたんだなあと実感することができます。

よくよく考えてみますと、
紀元前数世紀以前の古代にこれだけの赤裸々な人間模様を記録した民族は、
中国人、ギリシア人、ユダヤ人、エジプト人、メソポタミアの諸民族だけ、
と言えそうです。

一種のドキュメンタリーでもあるのですが、
一番不思議なことは、人間たちに混じって、神が登場すること。

   ほとんどの古代文明で神が登場し、人間たちとコミュニケートします。
   でも、不死であり、まさに神出鬼没の超越的存在であることは共通しています。
   どうして古代人たちは神という存在を発見したのでしょうか?

   たとえば、天地創造の神話をどうして古代人は知ったのでしょうか?
   ヤコブは、天上から降りてきた何ものかとレスリングをとって負かし、
   モーセは神と親しく対話し、
   ヘラクレスは、タイタン族のアトラスに負けずに、天を支えることができました。

人間はかなり神に近い存在でもあったのです。
現代では、人間は神という存在からはるか遠い存在となってしまいました。
現代は古代よりもはるかに便利になったわけですが、
精神は無力化し、卑小化し、
古代よりもはるかにミニチュア化してしまったようです。

せめてバイブルやホメーロスから、
神と正面から向かいあって生きていた古代人たちの息吹を味わうことで、
出口なき迷路に落ち込んでしまった現代の終息感から逃れたいものです。




c0168172_21552710.jpg
c0168172_21551981.jpg
c0168172_21551221.jpg
c0168172_2155619.jpg
c0168172_2155631.jpg
c0168172_2155149.jpg
c0168172_2204029.jpg

c0168172_21592645.jpg

by Hologon158 | 2013-02-28 21:59 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

419.07 ホロゴン外傳104「2013年2月23日 難波、心斎橋をスーパーアンギュロンまかり通る」7 叫び声が



The Listener's Bibleはもちろん創世記から聞き始めましたが、
音楽を聴いているようで、ワクワクします。

出エジプト記まで来て、ふと疑問が湧きました。

新共同訳の聖書によれば、こんな文章です。

    「それから長い年月がたち、エジプト王は死んだ。
    その間イスラエルの人々は労働のゆえにうめき、叫んだ。
    労働のゆえに助けを求める彼らの叫び声は神に届いた。
    神はその嘆きを聞き、
    アブラハム、イサク、ヤコブとの契約を思い起こされた。
    神はイスラエルの人々を顧み、御心に留められた」

実のところ、世界中の民がノアの子孫なのですが、
なぜか神はアブラハムの直系だけを神の民とされたようです。
ところが、イスラエルの人々の叫び声が神に届くには、
かなり時間がかかったようなのです。
イスラエルの人々は430年間もエジプトに住んでいたのです。
その間、神はイスラエルの人々のことを気にかけていなかった。

    なぜなら、叫び声を聞いて「契約を思い起こし」、
    彼らのことを「顧み、御心に留められた」のですから。

じゃ、なにをしておられたのでしょう?

    イスラエルの人々のことよりも気にかかる仕事をしていた、
    そうではないでしょうか?

それはなんでしょう?

    神は偏在され、時空を超越する存在なのでしょうけど、
    宇宙は時空間の進化によって生々流転しています。
    一瞬にして存在し、一瞬にして消滅するわけではありません。
    神は、その宇宙の生成を創造しておられるわけです。
    宇宙はなにからなにまで一切合切神の創造されたものです。

    したがって、神は宇宙の外におられます。
    とすると、この宇宙の他にも宇宙があり、
    どうやらその宇宙をさらに包み込む神の存在する宇宙もある、
    そうではないでしょうか?
    とすると、どうやら地球の出来事から心を逸らせてしまうほど、
    神は忙しいらしい。

出エジプト記を聴き続けると、忙しいのも道理だと分かります。

    モーセはファラオに、イスラエルの人々を率いて出国する許可を求めます。
    でもファラオは聞き入れません。
    神は、ファラオを説得するためのさまざまな奇蹟をモーセに起こさせます。
    でも、一方では、ファラオの心を頑なにさせて、拒否させ続けます。
    おかげで、エジプトの民には6回もの災厄が降りかかり、塗炭の苦しみ。

    神がファラオ(この人もノアの子孫)にただ「いいよ」と言わせれば、
    なにもこんなに沢山の災厄をエジプトに下す手間などいらないのです。
    神の存在と全知全能を人々に知らしめるため?

    それなら、神が全天を満たす巨大な顔となって顕現され、
        「わたしが神である。
        モーセは私の使いである。
        モーセの言うとおりにしなさい」
    こう言えば、誰もが神の存在を知り、畏敬し、従うはずなのに。
    どうやら、神は、自分の選んだ使徒を通じて、
    間接的に人間を説得する方法をとってお出でになるようです。

その方法はあまり有効でなかったようです。

    この地球上の全人類がユダヤ教もしくはキリスト教に帰依するどころか、
    今や神の存在を無視した弱肉強食の世界に向かって進みつつあります。
    地上に「神の国」が生まれる可能性はますます小さくなっています。

もしかすると、今起こっていることは、
神の言葉を無視する全世界の人間に向かって下す、
エジプトの民に降りかかった6つの災いと同種の災いなのでしょうか?




c0168172_11345984.jpg
c0168172_11345317.jpg
c0168172_11344298.jpg
c0168172_11382865.jpg
c0168172_11343431.jpg
c0168172_11342918.jpg
c0168172_11343076.jpg
c0168172_11341830.jpg

by Hologon158 | 2013-02-28 11:39 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

419.06 ホロゴン外傳104「2013年2月23日 難波、心斎橋をスーパーアンギュロンまかり通る」6  Bible



Audible.comで一番お安い買い物は?
どうやらBibleのようですね。
幾種類もの朗読が並んでいます。

「欽定訳聖書』(King James Bible)もあります。
79時間もの長大な朗読。
Eric Martinが立った一人で朗読しています。
ご苦労様。
これがなんとまあ、$9.95!

グレゴリー・ペック朗読の新約聖書もあります。
素晴らしい低音がとても魅力的です。
でも、サンプルに耳を澄ましてみて、購入はやめました。
音圧が高くて、響きに金属的なきしみが混じる声なので、
しばらく聞いていると疲れるのです。

オーソン・ウェルズはさらに深い低音なのですが、
コントラバスのような快い響きで、聴き疲れがしません。
シドニー・シェルダンの「ゲームの達人」朗読テープを
長い間楽しみました。
カセットテープが廃れて、いつしか捨ててしまいました。
惜しいですね。
調べてみたら、ああ、CD化されていますが、56,700円!
あきらめます。

聖書の方は色々物色して、20日、手に入れました。

    The Listener's Bible: English Standard Version
    Max McLean朗読

どうやら朗読の専門家で、バイブル朗読のスペシャリスト。
この朗読はどうやらラジオ朗読をまとめたもののようです。
嬉しくなってしまうような、心地よいバリトンなのです。
まったく聴き疲れがしません。
興味のある方はお試しになってください。
お好みのバイブル朗読が必ず見つかるはずです。




c0168172_11174327.jpg
c0168172_11173887.jpg
c0168172_11172655.jpg
c0168172_11172133.jpg
c0168172_11172260.jpg
c0168172_11165721.jpg
c0168172_11164464.jpg

by Hologon158 | 2013-02-28 11:19 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

419.05 ホロゴン外傳104「2013年2月23日 難波、心斎橋をスーパーアンギュロンまかり通る」5 不公平



写真って、面白いですね。

でも、かなり軽く見られている向きもありますね。

    カメラを使って、ただシャッターを押しさえすれば、
    なにか撮ってくれる。
    なにも意識していないときに限って、傑作が撮れたりする。
    要するに、努力なしでもなにかが撮れるなんて、
    そんなものに一生心を奪われるなんて、
    そうおっしゃる方もときどきおいでになります。

だから、面白いのです。

人生そのものだって、そうじゃありませんか?
自分のどんな人生になるか、誰にも予測できません。

なんの努力をしないでも、最高に幸せな生涯をおくれるかもしれません。
努力に努力を重ね、しっかりとした人生の志も立てずに、
漫然と日々を送って、とても美しく老い、人物も立派、
そんな人物がいるかと思えば、
高邁な理想の実現を目指して、刻苦勉励して艱難辛苦を乗り越えて、
結局は失意と転落の人生に終わる人だっています。

人生って、不公平なものです。
写真も、丁度同じだけ、不公平なものです。
写真も人生だから、当然です。
だからこそ、面白いのです。

写真で失意を覚えるのは、高い目標を立てるから。
この目標が高ければ高いほど、
それをクリアーしたときの歓び、満足は計り知れないのですから、
トライしてみる価値はあります。
でも、リスクも大きい。

しかし、そんな目標、志を立てなくても、
写真は豊かな歓びを与えてくれるものです。
今、こうしてスーパーアンギュロンシリーズを重ねているのですが、
「大阪の下町の実相を暴く」なんて目標がないから、
意外なものに出会えます。

目標や志は一面では、視野を狭くします。
フィルターが何枚も重なって、撮りたいものしか撮らないことに。
フィルターをできるだけ取っ払って、
人生が与えてくれるものをありったけ頂く、
この姿勢に徹したいものです。




c0168172_152724.jpg
c0168172_152858.jpg
c0168172_151559.jpg
c0168172_15102.jpg
c0168172_1552.jpg
c0168172_15584.jpg
c0168172_145258.jpg
c0168172_144684.jpg
 
by Hologon158 | 2013-02-28 01:09 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

419.04 ホロゴン外傳104「2013年2月23日 難波、心斎橋をスーパーアンギュロンまかり通る」4 無言の演技



昨夜というか、今朝の午前1時40分、
韓流ドラマ「マイスィートソウル」を見終わりました。

韓国のドラマのレベルの高さを思い知らされる名作でした。

    ヒロインの広告会社の社員が、
    年下の映画志望の大学生と恋をし、
    次に、得意先の社長と愛し合うようになる顛末を、
    至極淡々と描いたメロドラマですが、
    これが最初から最後まで手抜きのない正真正銘の人間ドラマ。

かなりの韓流ドラマがそうなのですが、
まず、脚本がすばらしい。
小津映画の影響が見られると感じたのは、私だけでしょうか?
登場人物の個性を沁み出させる簡潔で的をえたせりふが、
ドラマの流れに小気味のよいテンポを生み出し、飽きさせません。
月並みなセリフなど一つもありません。

そして、役者たちが全員すばらしい演技力。
とくにヒロインとその二人の親友の三人組、
ヒロインが愛する得意先の会社の若い社長、
彼らが主人公なのですが、
気合いがこもって、まったくゆるみのない名演でした。

ヒロインは偶然に母の逢い引きを目撃してしまいます。
母は長年横暴でコミュニケーションの努力をまったくしない夫に
結婚当初から我慢に我慢を重ねてきたのですが、
50を過ぎて老境に入ろうとして、ついに離婚を決意します。
安定した家庭と思っていたヒロインには突然襲いかかる家庭の危機。
得意先の社長との交際を始める前のことですが、
彼とふと語り合う機会に、こう尋ねるシーンが秀逸。

    「自分には起こらないと思っていたことが、突然、
    自分に襲いかかるという経験をなさったことがありますか?」
    すると、社長は見る見る顔を暗くして、
    途方に暮れたような暗いまなざしとなり、ようやく答えます、
    「あります」
    (実は、本当に死ぬほどに忘れたい暗くつらい過去が彼にはあるのです)
    ヒロインはこう尋ねます、
    「そんな出来事はいつか解決して忘れてしまうことができるのでしょうか?」
    社長は長い間暗い表情をゆるめることなく、
    ヒロインを見つめ続けたあげく、ぽつりと、
    「分かりませんね」
    ヒロインも長い間社長を見つめ続けてから、
    ほんのりとほほえんで、
    「その言葉を聞いて、なんだか気持ちが少しほぐれた感じがします」
    そして、二人はしずかに見つめあいます。

まるで、小津の「東京物語」を一シーンのような静かで重厚なシーンでした。
すごいのは、心の中で次々と様々な想いが移りゆくことを、
二人の表情が、言葉の助けなしに見るものにしっかりと伝わってくることです。

ドラマの主人公になり切って、演技ではなく、本物の感情を生み出す、
それが演技の理想だとよく言われますが、
これ位難しいことはないのではないでしょうか?

    なり切ろうにも、演技のかたわら、
    さまざまに配慮すべきことがありそうです。
    周囲には一杯スタッフがひしめき、カメラが作動しているのです。
    その中で、今演じている人物になり切れと言っても、
    そんなの、常人には無理ですね。

でも、「マイスィートソウル」の主人公たちはまさになり切っています。
眼差しがどこかに泳ぐなんてことがない。
互いの人間関係に眼差しがまっすぐ向いている。
表情がとても豊かに、でも静かに変わり、
今、彼らがどんなことを考え、感じているかが手に取るように分かります。

日本人は子供の頃からお行儀よく、感情を抑制するよう教えられます。
おかげで、表情がかなり乏しい民族になってしまいました。
感情を隠して、感情と裏腹の言葉を出すことを礼儀とわきまえています。
国際社会では信用されにくい行動。
これがドラマや映画の演技にかなり大きな制約を与える感じがします。

欧米人はもとより、韓国人や中国人は感情を隠さず、ストレートに反応を示します。
いつも内心をはっきりと表に出し、表情がダイナミックです。
「マイスィートソウル」のようなドラマでは、
そうした国民性がプラスに働くようです。

静かなドラマであるからこそ、
俳優たちは大きな感情の起伏を無言の演技で醸し出せるようです。
大いに満足させていただきました。




c0168172_19091.jpg
c0168172_190476.jpg
c0168172_18595893.jpg
c0168172_18592562.jpg
c0168172_18591882.jpg
c0168172_18592046.jpg
c0168172_1859334.jpg
c0168172_18585761.jpg

by Hologon158 | 2013-02-27 19:04 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

419.03 ホロゴン外傳104「2013年2月23日 難波、心斎橋をスーパーアンギュロンまかり通る」3 不思議

YouTubeで、揚琴の調弦のビデオを見つけました。

揚琴の調弦はかなり難作業なのです。

    揚琴には150本ほどの弦が張られ、
    低音は単弦ですが、
    高音になるにつれて、2、3、4、5本の束に増えて行きます。
    この複数の弦を完全に合わせないと、濁った音になります。

    揚琴の弦は左脇の釘にかけられて、
    弦の右端は右のポールの穴に差し込まれ、
    このポールを時計回りに回して締め付けることで、弦を張っています。
    全部の音を、このポールを梃子で回したて、調弦します。

    中音部以下の音は、右側の調弦部の駒を左右にずらして、
    複数弦を一度に調弦します。
    最高音部は左側調弦部の駒やスライダー(駒を左右に動かす装置)をずらして、
    調弦します。

この揚琴の調弦を実演するビデオなのです。
これがまことに不思議なビデオでした。

    この奏者、左手は揚琴上に置かれたチューナーを持ったまま、
    右手の指の爪で各音の弦を順次つま弾き、
    音のずれた弦が見つかると、その右手をそのまま弦に沿ってずらして、
    右端に至り、そのポールを締め付けるという作業。

これを見た途端、文字どおりあっと驚いてしまいました。
基本的疑問が2つ浮かびました。

1 なぜ左手がチューナーを持っているのでしょう?
    揚琴のどこかに置けば、左手も作業に参加できるのに?
2 なぜ右手を弦に沿ってずらしていくのか?
    素人でも、調整すべき弦を見つけたら、ちょっと慣れれば、
    その右端のポールがどれか、ずらしていかなくても分かります。

月曜日、付虹先生のレッスンでのこと。
私がまずスケールを弾き始めると、音がかなり狂っています。
忙しくて、調弦をする時間がなかったとのこと。
私に代わって、揚琴の前に座ると、あっという間に調弦完了。

    第1、チューナーを使いません。
    ご自分の耳で、和音を利用しながら、音を確かめて行きます。
    左手の爪でつま弾き、右手に持った梃子がさっとポールに届いて、
    ちょっと回すと、もうピタリと合います。
    5分もかからずに、調弦が完了。
    弾いてみると、音が澄み、ぴたりと決まっています。

You Tubeの奏者のビデオは、専門家向きではなくて、
揚琴を手に入れたばかりの初心者向きのレッスンなのかも知れませんが、
それにしても、調弦の仕方が無意味に面倒すぎます。

ちょっと調べてみると、その奏者、専門は二胡なのです。
調弦という一番初歩のあたりで手こずっているあたり、
もしかすると、揚琴は独学なのかも知れません。

だとすると、誰が見るか分からないYou Tubeに、
こんなビデオを掲載するのはいかがなものでしょうねえ?




c0168172_21271342.jpg
c0168172_2225848.jpg

c0168172_2127289.jpg
c0168172_21265522.jpg
c0168172_21264929.jpg
c0168172_21263644.jpg
c0168172_21263188.jpg
c0168172_21263491.jpg

by Hologon158 | 2013-02-26 22:24 | Comments(0)

419.02 ホロゴン外傳104「2013年2月23日 難波、心斎橋をスーパーアンギュロンまかり通る」2 夭折か老衰か



83才になってもビブラフォンを演奏している方にお会いしたことがあります。
動作はきびきびして、頭の動きも快調でした。

    そんな年まで揚琴を学びたいものです。
        (注:「演奏したい」と書かないあたりに、
        私の謙虚な姿勢をご覧くださいね)

36歳で夭折した画家松本竣介がこうつぶやいたそうです、

    「70歳まで絵を描きたいですね」

前途の暗雲を分かっているから出た言葉なのでしょうか?

    哀切。

夭折の天才はその短い生涯になすべきことを全部し尽くしてしまう、
という説があります。
でも、どうでしょうか?
たいていの大成した画家たちの若描きの作品があまり注目されないことを考えると、
遺作の価値をいや増しに高めたという事情はありそうですが、
若くして、常人を遙かに超える成果を上げたことに、
天才の天才たるゆえんがありそうです。
彼らは、全身全霊をあげて自分の芸術に集中し、
その努力がいのちを縮める結果につながったのかも知れません。

でも、天才でない自分のことになると、
どんなに老衰の境にさまようことになろうとも、
長生きしたいものです。

    とにかく背伸びをせず、肩肘を張らずに、
    人生を楽しむことにしましょう。
    揚琴も写真も人と競争せず、
    今、目の前にある課題を楽しむことにしましょう。




c0168172_19452690.jpg
c0168172_19451233.jpg
c0168172_1945785.jpg
c0168172_19451093.jpg
c0168172_19445681.jpg
c0168172_19445151.jpg
c0168172_19444577.jpg
c0168172_19444758.jpg

by Hologon158 | 2013-02-26 19:47 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

419.01 ホロゴン外傳104「2013年2月23日 難波、心斎橋をスーパーアンギュロンまかり通る」1 代役登場


本来はホロゴンデイの順番ですが、
今回は、ホロゴンの代役候補一番手に躍り出た新人に、
ブログでも代役をつとめてもらいましょう。

    ライカR用の交換レンズ、
    スーパーアンギュロン21mmf4R

とりあえず200枚ちょっと選んでみました。
撮影順に掲載して参りましょう。

いつもどおり、撮影意図などまったくありません。
撮影するとき、私は頭を使いません。
まして、アート的な感性なんてないので、使いません。

    ただ胸にずんと来るかどうかだけを感じます。
    感じないときはなーんにも感じていません。
    感じたら、ビンと針が振り切れます。
    人の写真を見ても、同じことです。
    曖昧なように見えますが
    感じるか、感じないか、なのですから、
    これは私にとっては疑いのない判定基準なのです。

全部文字どおりノーファインダーです。

    ライカM9に21㎜のファインダー枠はないし、
    21㎜外付けファインダーなど足手まといなので、付けません。

確か90度の画角だったと思いますが、
ホロゴン同様に、完全な目分量で撮りました。

    要するに、撮りたいものだけ撮りたいので、
    ぐっと接近して撮っています。

F8固定、約95㎝から無限遠までのパンフォーカス撮影ですが、
ホロゴン同様に、かなりの頻度で、95㎝よりもさらに接近しています。
つまり、かなりの割合で、ピンぼけなのです。

    それでも良い、
    撮りたいものだけ撮れたら、
    ピンぼけだろうが全ぼけだろうが、かまわない。
    そう心に決めているからです。




c0168172_17161868.jpg
c0168172_1716491.jpg
c0168172_17155956.jpg
c0168172_17155418.jpg
c0168172_1715481.jpg
c0168172_17154374.jpg
c0168172_17154669.jpg
c0168172_17153231.jpg

by Hologon158 | 2013-02-26 19:14 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

418.00 ホロゴン画帖135「十林帖 ゾンネタール50mmf1.1Softは猥雑空間を清純化して」



中野淳「青い絵の具の匂い 松本竣介と私」(中公文庫)
読み終わりました。

残念ながら、淡々たる出来事の記載に終始し、
著者が画家と出会った最初の頃の姿を除けば、
画家の人間性に触れるような記載に乏しく、
また、技術的な記載はかなりありますが、
画家の絵の深奥に触れるような、
画家らしいアプローチも少ない感じで、ちょっと残念。

でも、最後の松本の言葉にはぐっと来ました。

    「絵描きはいつまでも、
    初めてパレットを持ったあの感触を、
    忘れてはいけなんだよ」

私は画家でも写真家でもありませんが、
生まれて初めて持ったミノルタSR-1の感触を忘れていませんし、
それ以来使った多くのカメラ、レンズの感触も覚えています。

近ごろ、もっとも私の心に深く刻まれたレンズは、なんと言っても、

    ゾンネタール50mmf1.1

とくに、今、試写のためにお借りしたままになっている、

    ソフトバージョン

その写真の数々は、私にとっては異次元、未曾有の世界。

大阪旭区の千林商店街の写真たちから十画帖を作ろうとして、
選んでみたら、ストリートフォト的なものはほとんど抜け落ちて、
完全なロボグラフィの世界になってしまいました。

最近接に迫って、バックとの距離がかなり開いたときが、
ゾンネタールのいわば正念場、そんな感じがします。
f1.1という明るさはまさに無敵ですね。




c0168172_12194171.jpg
c0168172_12193530.jpg
c0168172_12193031.jpg
c0168172_12192585.jpg
c0168172_12191981.jpg
c0168172_12191441.jpg
c0168172_12185957.jpg
c0168172_1219219.jpg
c0168172_12184697.jpg
c0168172_12184023.jpg
c0168172_12184371.jpg
c0168172_12182935.jpg
c0168172_12182324.jpg
c0168172_12181782.jpg
c0168172_12181151.jpg
c0168172_1218660.jpg
c0168172_1218120.jpg
c0168172_1218370.jpg
c0168172_12174964.jpg
c0168172_12175271.jpg
c0168172_12173833.jpg
c0168172_12174177.jpg
c0168172_12172662.jpg
c0168172_12172033.jpg
c0168172_1217960.jpg
c0168172_1217186.jpg

by Hologon158 | 2013-02-26 12:21 | ホロゴン画帖 | Comments(0)

417.26 ホロゴン外傳103「2013年1月19日 千林商店街でゾンネタールソフトが一暴れしたよ」26-完-初心に戻る



今日は月2回の揚琴レッスン日でした。
疲れました。

   「春到清江」

美しい名曲です。
演奏家が弾けば、です。
私が弾くと、もう完全なカタストロフィ。

A5の楽譜が6枚ですから、かなり長い曲です。
その最初の数十小節が一番難しい。

   左手がメロディを高らかに奏で、
   右手がそっと伴奏を添えます、本来は。
   左手が軽やかに高らかに舞い上がり、サウンドを虚空に響かせ、
   右手の伴奏はまるでツバメが地上すれすれに滑空するように、
   低空をなだらかに埋める感じになってほしいところです。

私が弾くと、両方が混濁して、メロディがまるきり浮かび上がってこない。
理由は明らかです。

   1 両手が連動している。
   2 左手が主人公を務めていない。
   3 寒くて、手首が回らないので、手で弾いている。

先生、お手上げの面もちで、

   「両手の演奏は得意じゃありませんね。
   ピアニストの方は自然に弾くんですけどねえ」

自慢じゃありませんが、私はピアニストではなく、
いかなる楽器もろくに弾けたことがない人間なのです。
そう簡単に弾けてたまりますか?

神戸で開催されたコンクール受賞者の演奏会が大阪で開催され、
フルス(中国の吹奏楽器)で授賞された方の伴奏をされました。
付虹先生の伴奏への注文が実に的確で、演奏もぴたりと合って、
感動されたそうです。

   私、
       「フルス何年おやりになっているのですか?」
   先生、
       「3年です」

   こういうのを「絶対に避けるべき質問」と言います。
   6年に入った私の立場はどうなるのですか?

今解決すべき課題ははっきりしているのです。

   1 手首奏法を身につける。
   2 テンポを常に正しく。
   3 左手と右手の連携をひとまず解散し、たがいに自由に動き回れるようにする。

問題がわかれば、解答は目前、とよく言われます。
気楽な立場、部外者の言葉ですね。

   問題がわかっても、なかなか解答にはたどりつかないものです。

この問題ははるか何年も前からわかっているのです。
ずっと課題。
それなのに、一曲一曲はなんとかクリアーしても、
完全に会得したわけではないので、
次の曲にぶつかると、また振り出しに戻っているのが現状です。

どうすればよいのか?

   出発点はわかっています。
   目的地への近道は探さない。
   初心に戻って一からやり直す、ただこれだけ。




c0168172_22281278.jpg
c0168172_22275576.jpg
c0168172_22275034.jpg
c0168172_22275436.jpg
c0168172_22273941.jpg
c0168172_22274125.jpg
c0168172_2227263.jpg

by Hologon158 | 2013-02-25 22:33 | ホロゴン外傳 | Comments(0)