わが友ホロゴン・わが夢タンバール

<   2013年 07月 ( 58 )   > この月の画像一覧

453.04 ホロゴンデイ106「2018年8月28日 ホロゴンが大阪中津の夏を吹き飛ばした」4 ああ、美しい


どうして人間は美しいものに心を奪われるのでしょうか?
いつも不思議に思います。

生きるために絶対に必要なファクターではありません。
でも、これなしでは生きることができない。

人間だけが美を感じるのではないようです。
昔読んだので、自分では確かめたわけではありませんが、
鳥のツカツクリだったでしょうか、
雄は、雌を迎え入れるための家を作り、その床に花を置くのだそうです。

ボルネオの熱帯樹林では、テナガザルが巨樹の天辺に上って、
日の出を迎えながら、「アー」と声を揃え、
森をどよもすほどの合唱がドレミファソと上昇していくのだそうです。

さまざまな魚や鳥や哺乳動物も産卵期に美しく変色します。
これも雌たちを招き寄せるために進化した、
美的感覚を刺激する仕掛けなのでしょうか?

我が家の累代の雄猫たちは、人間の女性の美を見分けます。

    同族だけでなく、人間についても美人に惹かれて行動するのです。
    まだ幼かった長男銀太は、ドイツから来た美少女に恋をして、
    プレゼントを3日続けて捧げました。

    ただし、美少女の味覚も猫族と同じだと勘違いして、
    ゴキブリ、バッタ、カミキリを捧げたのはまずかった。
    見事失恋してしまいました。
    でも、銀太の勘違いは人間もよくやるタイプの失敗ですね。

とは何か?
分かりませんね。

美という独立のリアルな存在があるわけではありません。
宇宙のなかにあるすべてのものたちの特殊な組み合わせ、
特殊なイメージが私に与える印象です。
プラトンが述べたようなイデアです。

    ものたちの特殊な、いわば二度と起こらない巡り合わせが、
    私に「ああ、美しい」と嘆息させます。
    次の瞬間、そのイメージは去っているかもしれません。

見る者がいない限り、美というイデアは生まれないかもしれません。
見る者と見られるものとが一体となったっとき、
見る者の心に浮かび上がる形象、印象が美なのでしょう。

    プラトンは、イデアは永遠界から来ると考えました。
    この世の存在としては説明できない、
    逆に、この世の存在を説明できる、
    この世の存在ではないにもかかわらず、
    この世の存在に不可欠なファクターがイデア。

美もそんなイデアなのです。

路地裏のロボグラフィにだって美が宿ることがある。
そんな美と向かいあって生きることができる、
こんな風に考えると、うれしくなってきませんか?

物心ついた頃から母親につれられて、
かなりたくさんの洋画を映画館で楽しみました。

    モノクローム映画のヒロインの登場シーン、
    ヒロインたちの美しかったこと、
    
大学に進んでさっそく手に入れたのがカメラだったのも、
映画の影響が大きかったと言えそうです。

    美しいもののイメージを自分の手で写真に定着できる、
    こんなことができるなんて、信じられないほどの幸せでした。
    そんな幸せな気持ちを今に至るまで持ち続けることができるのです。
    さまざまな芸術の美を味わうのも幸せです。
    でも、自分の美を見える形にする、
    これ以上の幸せはありませんね。




c0168172_2014058.jpg
c0168172_201356.jpg
c0168172_2012940.jpg
c0168172_2012483.jpg
c0168172_2004213.jpg
c0168172_2001635.jpg
c0168172_2004932.jpg
c0168172_2002661.jpg

by hologon158 | 2013-07-31 20:04 | ホロゴンデイ | Comments(0)

453.03 ホロゴンデイ106「2018年8月28日 ホロゴンが大阪中津の夏を吹き飛ばした」3 気楽な勝負



土曜日の心斎橋撮影の続き。
午後15時49分近鉄難波駅発急行で帰途に着きました。

旅に出ていた妻が留守中に帰宅しています。
子供たち(猫ですが)もきっと喜んでいるでしょう。

    本日の収穫は552枚でした。
    それがマクロスイター50mmf1.8尽くし、ワクワクしています。

写真家なら、一日の撮影が終わって帰途に着くとき、
たいてい夜中でしょうけど、どんな気持ちなのでしょうね?

    やっぱりワクワクするのでしょうか?
    するのでしょうね。
    そうでないと、きっと挫折してしまうでしょうから。

でも、私のような素人と違って、シャッターを切った途端に、
自分の作品として使えるかどうか、
作品としてどの程度の高さにあるか、
出来映えをチェックしなくても、分かってしまうでしょう。

とはいえ、作品としての要求基準がとても高いので、
写真家の才能をもってしても、
そのハードルを超える作品をゲットするのは難しいかもしれません。
だから、ときにはがっくりしながら帰る日もあることでしょう。

でも、フィルム現像したり、パソコンに取り込んだりして、
いざ、写真をチェックしてみると、
ガッチャ、なんてしたり顔で喜んでいた写真が、
意外にも詰まらなかったと分かってがっかりしたりするのですが、
一方では、ついでに撮っていた写真が強烈なインパクトで迫ったり、
という意表外のハプニングがあって、
こんなときこそ、神様のプレゼントなんだと、
無上の喜びに浸ることもあって、写真家冥利に尽きる思いなのでしょう。

このようなハプニングがほとんどなくて、
いつも順調なのが、ロボグラフィ。

    出来事、ハプニングのスナップショットではなくて、
    人であれ、場所であれ、ものであれ、
    あるがままの姿を単に写真に収めるのですから、
    まず失敗なし。

クラシックレンズたちは、そんなあるがままのイメージに、
時代色をちょっぴり味付けしてくれます。

    このあたりの味付けの結果、どんな風にイメージが変容するか、
    これが私のロボグラフィの勝負所なのですが、
    なにも大向こう向けに勝負するわけではありません。
    あくまでも私が路傍のものたちに送るエールに過ぎません。

これも一種の勝負とすれば、
まことに気楽な勝負ですね。




c0168172_21344027.jpg
c0168172_21341652.jpg
c0168172_213496.jpg
c0168172_2134450.jpg
c0168172_21341085.jpg
c0168172_2134433.jpg
c0168172_21334636.jpg
c0168172_21335325.jpg

by Hologon158 | 2013-07-30 21:36 | ホロゴンデイ | Comments(0)

453.02 ホロゴンデイ106「2018年8月28日 ホロゴンが大阪中津の夏を吹き飛ばした」2 共同歩調を



一昨日の続き。

だんだんと撮影時間が短縮され、
休憩時間が増大する傾向にありますね。
50分歩いて、アメリカ村南端の定番の
古い喫茶店ケニアに転がり込みました。
かき氷がありますが、汗だくで冷房の利いた喫茶店に入って、
からだが冷えた頃にいただく山盛りのかき氷、
考えるだけで、ひんやり涼しくなり、アイスコーヒーで我慢することにしました。

    撮影枚数は460枚。

十数枚、チェックして決断しました。
この春来、体を二度壊したりして遠ざかっていたレンズ改造を
宮崎さんにお願いすることにしましょう。

まだ20本ばかり残っています。
ゆっくりと改造していただきますが、まずはメインの2本。

    コンタレックス・プラナー50mmF2
    東独ツァイスのフレクトゴン35mmF2.3

前者は、絞りを変更するためには、いちいちマウントから外す必要があるのですが、
なんとか改造できると宮崎さんがおっしゃっていますので、
曇りの日にだけ撮る開放専科レンズにするつもり。    

フレクトゴンは、私が長い間全レンズ中、
もっとも信頼に値するレンズとして愛用してきたレンズです。

    まさに黄金の中庸を地でゆく稀有のレンズ。

    このレンズを使ったことのある人なら、
    私の言葉の意味が分かっていただけるでしょう。

どちらもライカには大きすぎるレンズですが、
背に腹は代えられない、
おっと違った、
Mマウントに他マウントは代えられませんね。

ライカM9のパラメータを全部最低にして使っている人間が
私以外においでになるかどうか、知りません。
でも、こうして最低にして使い続けてきて、
クラシックレンズの味わいをデジタルライカで再現したければ、
これ以外の設定はないと、ますます確信しつつあります。

理由は簡単。
パラメータを最低にしてもなお、銀塩よりもはるかに高精細だから。

疑問

    RAWで撮ったら、現像段階で銀塩そっくりに戻す設定ができるのでしょうか?
    知りたいですね。

たいていの方は、銀塩では絶対に不可能だったレベルでの超精密画像を
デジタルがやすやすと実現してくれることに心を奪われるようです。
でも、はっきり言って、これって、整形手術みたいなものではないでしょうか?

まあ、私の意見に賛成する方は少ないでしょうけど、
私は、銀塩でしか使えないホロゴン15mmf8と違和感なく平行使用できる形として、
できるだけ銀塩フィルムのレベルで共同歩調をとりたいという気持ちです。

午後3時10分出発




c0168172_21423150.jpg
c0168172_21423444.jpg
c0168172_21422111.jpg
c0168172_21412422.jpg
c0168172_21414834.jpg
c0168172_21414217.jpg
c0168172_2141459.jpg
c0168172_2140528.jpg

by Hologon158 | 2013-07-29 21:51 | ホロゴンデイ | Comments(0)

453.01 ホロゴンデイ106「2018年8月28日 ホロゴンが大阪中津の夏を吹き飛ばした」1 5年前に戻る


約5年前に戻りましょう。

    時は2018年8月、
    場所は大阪中津、
    カメラはホロゴンウルトラワイド、

私にとっては、三拍子揃ったという感じ。

    ホロゴン15mmF8はどんな季節天候にも合いますが、
    やはり夏がベスト。
    大阪には沢山の下町がありますが、
    中津はベスト10には入るでしょう。
    もちろんホロゴンウルトラワイドは私のベストカメラ。

ホロゴンはすべて銀塩フィルムのスキャン分。
ニコンCoolScan9000EDでスキャンしています。
デジタルが続いた後、銀塩というのも、楽しい対比となりそうです。




c0168172_1927842.jpg
c0168172_1927766.jpg
c0168172_19265482.jpg
c0168172_19264946.jpg
c0168172_1926458.jpg
c0168172_19261675.jpg
c0168172_19261174.jpg
c0168172_19262672.jpg

by Hologon158 | 2013-07-29 19:28 | ホロゴンデイ | Comments(0)

452.02 ホロゴン画帖153「十京帖 いたづらのながめせしまにパンタッカー」



今回は、画帖を2つ作りました。
画帖第2部は、雨の夕暮れの京都三条から四条。

折角ですから、ふさわしい和歌を探してみました。
あるものですね。

    たづね見る花のところもかはりけり
    身はいたづらのながめせしまに
                    藤原定家

もう二度と見ることのない京の宵風景。
運命しだいでは、私だって、
京にもう二度と足を踏み入れることがないかも知れません。

    一足、一足、
    1日、1日、
    二度と戻らない辺土をあてどもなく歩いているのかも知れません。

一瞬一瞬を大切にしたいものですね。




c0168172_16421818.jpg
c0168172_1642773.jpg
c0168172_16421447.jpg

c0168172_1642032.jpg
c0168172_16424792.jpg
c0168172_16414364.jpg
c0168172_16422915.jpg
c0168172_16413028.jpg
c0168172_16421025.jpg
c0168172_16421290.jpg
c0168172_1641767.jpg
c0168172_16405111.jpg
c0168172_16413261.jpg
c0168172_16404266.jpg
c0168172_16413690.jpg
c0168172_16403053.jpg
c0168172_1641746.jpg
c0168172_1641321.jpg
c0168172_1640439.jpg
c0168172_16402829.jpg
c0168172_16392217.jpg
c0168172_1639649.jpg
c0168172_16385337.jpg
c0168172_16384729.jpg
c0168172_16385522.jpg
c0168172_16391687.jpg
c0168172_16381799.jpg

by Hologon158 | 2013-07-28 16:47 | ホロゴン画帖 | Comments(0)

452.00 ホロゴン画帖152「十滋帖 ささなみや志賀の都にパンタッカー」




c0168172_15413622.jpg
c0168172_15413049.jpg
c0168172_154274.jpg
c0168172_15413244.jpg
c0168172_15412666.jpg
c0168172_15412095.jpg
c0168172_15411579.jpg
c0168172_15413224.jpg
c0168172_15404337.jpg
c0168172_15412949.jpg
c0168172_15413069.jpg
c0168172_15412455.jpg
c0168172_15411844.jpg
c0168172_15411331.jpg
c0168172_1540812.jpg
c0168172_15405216.jpg
c0168172_15395360.jpg
c0168172_15394619.jpg
c0168172_15402556.jpg
c0168172_15394964.jpg
c0168172_15394223.jpg
c0168172_15392387.jpg
c0168172_1540012.jpg
c0168172_1539968.jpg
c0168172_1539591.jpg
c0168172_15385043.jpg
c0168172_15393632.jpg
c0168172_15384782.jpg
c0168172_15382430.jpg
c0168172_15392798.jpg
c0168172_15381151.jpg






ささなみや志賀の都は荒れにしを昔ながら山桜かな

平忠度のこの歌に、おそらく2重の意味があります。

   壬申の乱によって荒れ果てたまま棄てられた古都を惜しんだだけではなく、
   栄華を極めた平氏一門の滅び行く運命をも歌い込んだものでしょう。

今、いにしえの志賀の都の後である大津市には、
古都を偲ばせるよすがはないと言っても過言ではありません。
でも、神の目から見れば、1500年の時間など無きにひとしく、
ダブって見えることでしょう。

レンズによっては、なぜかその写真を見ていると、
レンズがそんな古層を掘り出すわけではありませんが、
歴史の襞からいにしえの香がくゆり立つようなものがあります。

そんな気分になれるのも、
古代レンズが持つ歴史性のおかげと思いたいところですが、
むしろ、真相はただの思いこみなのでしょう。
まあ、いいでしょう。

とにかくそんな思いこみをさせてくれるレンズがある、
これは間違いのないところです。

   パンタッカー50mmF2.3はそんなスペシャルレンズ。
by Hologon158 | 2013-07-28 15:44 | ホロゴン画帖 | Comments(0)

451.30 ホロゴン外傳116 「2013年7月13日 パンタッカーが滋賀の都をうろついた」30-完-せめてお名前を



昨日の続き。

午後1時25分、
心斎橋アメリカ村北端付近のフレッシュネスバーガーに入りました。
アメリカ村に来る度にこの店に入ります。
アメリカンレトロの店ですが、
とにかくゆったりと休憩できます。

収穫は318枚と、大車輪とはとてもいえないスピードですが、
マクロスイター50mmf1.8の清冽な開放描写を求めて、
ひたすら開放で撮っています。

撮影直後、液晶でのチェックはいたしません。
理由は2つ。

    見ても、よく見えない。
    とんでもないものを撮っているので、

シャッターを切ったら、さっと立ち去るのがベスト。

    「せめてお名前を.....」
    「名乗るほどの者ではござんせん。
    ごめんなすって.....」
    この調子ですね。

アメリカ村は退潮の一途をたどっています。
人の心と秋の空、と言いますが、
ファッションタウンはどんどんと移ってゆきます。
いつまでも若者の心をとらえることができない。

それにしても、いつもおかしいと思うのは、
昔はアメリカ村にハイアマチュアの写真家たちが溢れていたのです。
カメラを持って、鋭い目を走らせる、そんな御仁に出会うことは
ほとんどなくなってしまいました。
今、その人たちはどこに行ったのでしょうね?

十数年以上、写真雑誌に目を通すことがなくなってしまい、
写真界なるものが今でも存在しているのか、
まったく見当もつきません。
昔所属していた写真クラブから、
恒例の写真展のDMをいただくこともなくなりました。
もう完全に忘れ去られてしまった存在なのですね。

ときどき出会うのは、デジカメを後生大事に抱える年輩の人たち。
心に美への渇望を秘めておいでになるとはとても思えない風情。
カメラはすでに電気製品となってしまいました。
デジタルカメラは、銀塩カメラと比較すると、
かなり修練の必要のない、ただの道具となりつつあります。
本当の写真は苦心惨憺して撮るものです。
Easy come, easy go.
写真の将来はかなり心許ない感じがします。

壁にすてきな写真を見つけました。

    ストリートをゆくのは、
    オーバーを肩にはしょった、砕けたスタイルの男。
    ジェームズ・ディーンです。
    首にかけたカメラはおそらくローライコード。
    とても似合っていて、かっこいい。

でも、彼が写真を趣味にしていたなんてねえ?
理由なき反抗が彼の趣味だと思っていたのですけどねえ。

私の場合、「理由なきロボグラフィ」というところでしょうね。
午後1時52分、出発。




c0168172_13451623.jpg
c0168172_13455451.jpg
c0168172_13451839.jpg
c0168172_13455812.jpg
c0168172_13454060.jpg
c0168172_13453474.jpg
c0168172_13442170.jpg
c0168172_13441710.jpg
c0168172_1344170.jpg
c0168172_13434771.jpg

by Hologon158 | 2013-07-28 13:50 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

451.29 ホロゴン外傳116 「2013年7月13日 パンタッカーが滋賀の都をうろついた」29 生涯最高の



昨日の続き。

午後12時10分、インド料理店に入りました。
いつも書いていますが、私はグルメではありません。

    私にとって生涯最高の料理は、
    おなかを空かしていただく今この瞬間の料理。

幸い記憶力が私の弱点なので、かえって長所となります。
インド料理店に入っても、
過去に入ったインド料理店のことなど思い出しもしません。
5年前のあのカルカッタ料理店のナンの味を思い出しても、
今目の前にあるナンがまずくなるだけで、
人生になにも付け加えてくれません。

私にはまったく体験がないので、確かなことは言えませんが、
生涯数十人の女性との恋愛を体験してきたプレイボーイは、
美女を前にして、ひそかに、ため息をつくのでしょうか?

    「ああ、この人よりも、12年前のチャユリちゃんの方がすてきだったなあ」
    そんなはずがありませんね。
    そんな気持ちが湧いたりしたら、美女は必ず探知しちゃいますね。
    「ああ、この人こそ、生涯捜し求めてきた永遠の彼女なんだ!」
    そんな確信に満ちて、美女を見つめて、つぶやくでしょう、
    「ああ、完璧だ! こんな人がこの世にいるなんて!」

あなただって、奥様を見るたびにそう思っているんじゃありませんか?
そう、その気持ちが大切ですね。

    料理をいただくにしても、
    奥様と生きるにしても、
    ロボグラフィを撮るにしても.....

秘訣は簡単ですね。

    いい面しか見ない。
    相手に、自分が何をいい面だと思っているかを伝えること。

マクロスイター50mmf1.8は238枚撮っていました。
数十枚ざっと見てみました。

    ライカM9で使い始めた頃はけばけばしく荒々しい画像でした。
    あの写りはどこに行ったのでしょう?

昔から一貫して信じてきました、

    マクロスイター50mmf1.8こそ標準レンズの女王だ!
    王様はもちろんコンタレックスのプラナー50mmF2。

この確信がよみがえってきました。

    感度を最低に設定して、開放中心に撮っていますが、
    その描写のなんという品の良さ!

これから心斎橋を回ります。
今日も絶好調!




c0168172_11504240.jpg
c0168172_11512035.jpg
c0168172_11503218.jpg
c0168172_11501812.jpg
c0168172_11511169.jpg
c0168172_11511322.jpg
c0168172_11505886.jpg
c0168172_1150649.jpg

c0168172_11501655.jpg
c0168172_11494599.jpg

c0168172_11494116.jpg
c0168172_11493630.jpg

by Hologon158 | 2013-07-28 11:54 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

451.28 ホロゴン外傳116 「2013年7月13日 パンタッカーが滋賀の都をうろついた」28 人生



昨日の続き。

午前10時10分、近鉄日本橋駅下車。
足の向くまま路地から路地へと路地周り。
93枚撮って、45分、喫茶店に入りました。

ジャムトースト、卵付きアイスコーヒーのモーニングセット600円。
ちと高いし、ぐっと少量。
大阪らしくありません。
千日前のくせに、一見の客相手に商売をしている。
けちな商売は浪速の商人らしくないという感じです。
でも、かなり入っていて、全部老人。
これはどこに行ってもそうですね。
老人国になってしまいました。

撮影の途中で、シャッター異常が発生しました。
バンと異常発生画面が登場。
大急ぎで電源を切り、もう一度オンにすると、
何事もなく撮れます。
ひやっとしました。
今日はライカM9一本で勝負しているからです。

だめになったら、書店を周り、
クラシックカメラ店を回る一日になったところでした。

大学1年生の頃は、友人と二人で中学生の学習塾を経営し、
その売り上げを全部もって、月1回、大阪梅田の旭屋書店に突入し、
選びに選んで大型紙バック2つにびっしり詰めて、
帰りの電車の中で一冊ずつ改める、
私にとっては、夢のような生活をしていたことを思い出しました。

その売り上げで、ミノルタSR-1と50mmを手も入れ、
その後、35mm、135mmレンズを手に入れたことも記憶しています。

    思えば、そのころ、すでに生涯の喜びを見つけてしまい、
    その後の人生はその喜びを中心に生きてきたのですから、
    若い頃になにをするか、しっかりと覚悟を決めて選ぶべきなのでしょうね。
    それにしても、大志をもって飛翔する、なんてことをしたくない人生。

高校生の頃でしょうか、福沢諭吉の言葉を知りました。

    「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」

なにを職業にするにしても、
生涯これで生きよう、そう心に決めたことは、
今でもはっきり覚えています。

性に合わないことながら、
職業生活についたとたんに人をリードする羽目に陥りましたが、
生涯、どんなときも、協同で一つの目標に到達するチームにもってゆき、
間違っても人を顎で使うなんてことはしたことがありません。

    今から思い返すと、仕事でもロボグラフィ精神だったようです。
    どうやらなにごとをするにしても、自分の生地でするほかはない、
    ということでしょうね。




c0168172_1152387.jpg
c0168172_1144836.jpg
c0168172_114256.jpg
c0168172_115046.jpg
c0168172_11599.jpg
c0168172_1135758.jpg
c0168172_1145895.jpg
c0168172_1143735.jpg
c0168172_1144853.jpg
c0168172_1134584.jpg
c0168172_1135234.jpg
c0168172_1141476.jpg

by Hologon158 | 2013-07-28 11:08 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

451.27 ホロゴン外傳116 「2013年7月13日 パンタッカーが滋賀の都をうろついた」27 最初の勘



今日は満を持して、ケルンのフラッグシップモデルが出馬しました。

    マクロスイター50mmf1.8

宮崎さんにライカMマウントに改造していただきましたので、
ライカM9で使えます。
3分の1マクロまでの長い長いヘリコイドが畳み込まれているので、
見かけの割にはかなり重いレンズです。

    Mマウントでフォーカスできるのはせいぜい80cmあたりまでですから、
    それよりも近接は宝の持ち腐れ。
    ライカMなら、ライブビューが使えますので、
    マクロとして使えるわけですが、それがあっても、
    ライカMは欲しいとはちらりとも思いません。
    ライカのオリジナル画質を遙かに越えるデジタル画質は御免です。
    ライカM9でさえデジタル画質を殺すのに苦労しているのですから。
    第一、高くて買えない点では、「デルフトの光景」を買えないのと同じ。
    
今でも、近接が撮れないわけではありません。
目測距離を合わせてヘリコイドを繰り出して、
F8、11に絞り込めば、なんとか撮れます。

レンズを変えると、ときには、違うものが見えてくるものです。
だから、いつも同じ場所をぐるぐる回ります。
今日は日本橋駅で下車してみましょう。
後は、足の向くまま、レンズの向くまま。

今iPodの英語朗読はトム・ クランシーの「Patriot Game」

    アイルランドのカトリック系テロ・グループの英皇太子夫妻襲撃に、
    偶然来あわせたアメリカ人ジャック・ライアンは、
    テロリストメンバーの銃を奪って、見事阻止してしまいます。
    ライアンに撃たれて逮捕されたテロリスト、ショーン・ミラーは、
    その後護送中に仲間に救出されて、
    それ以来、ライアンに対する復讐のために全力を傾注します。

    ライアンは、ミラー脱出の情報から、自分たちに危険が迫っていると直感します。
    しかし、アイルランドの反英集団、たとえば、IRAは、
    在米のアイリッシュから資金を得ている関係があって、
    けっしてアメリカではテロ行為を実行したことがありません。
    CIAは、在米アイリッシュの反感を買うようなことをしないだろうと分析します。

    でも、ライアンは安心できません。
    全米ナンバーワンの狙撃手に弟子入りして、
    銃操作に磨きをかけて、万が一に備えることにします。

その狙撃手に自分の懸念を打ち明けると、彼はこう言うのです。

    「たしかにありえないような可能性だって心に浮かぶことがあります。
    でも、覚えておいてください。
    危機の状況の中では、最初の勘はたいてい当たるということを」

これは経験の言葉ですが、知恵の言葉でもありますね。

私はこれまでかなりしくじりをしてきましたが、
共通していえることがあります。

    1 ミスはなんでもないところで起こります。
    2 その直前に必ず、頭の中でささやき声が聞こえます、
    「気をつけた方がいいぞ」
    3 ちょっと調べたら、ちょっと注意したら、避けることができるのに、
    この信号を無視してしまいます。

それでも、たいていはミスは起こりません。
しかし、たまに起こります。
そして、起こるときは、この3つのチェックをおろそかにしたときです。

いつもその度に後悔して、
これからは必ずチェックを二重にするぞ、と誓うのですが、
こんな風にミスを重ねるようにし向ける遺伝子が潜んでいるようです。
性懲りもなく、また、しくじります。

そんな私でも、ほとんどしくじらないのが写真ですね。

    私はつねに第一感でシャッターを落とします。
    気に入った場所は何枚か撮ります。
    離れがたいからです。
    でも、大した写真が撮れると期待して撮ることはありません。
    「撮りたい!」そう心が叫んだときに撮るのが一番だからです。

もっとも、今書いたことは、だから、一枚目が一番いい写真、
ということを意味するわけではありません。

    それなのに、なぜかかわいい。
    ほれ、よく言うじゃありませんか?
    「出来の悪い子ほど、かわいい」




c0168172_2271398.jpg
c0168172_227812.jpg
c0168172_227213.jpg
c0168172_227353.jpg
c0168172_2274432.jpg
c0168172_2262763.jpg
c0168172_2264036.jpg
c0168172_2262641.jpg
c0168172_2262017.jpg
c0168172_227999.jpg
c0168172_2261836.jpg
c0168172_2265138.jpg

by Hologon158 | 2013-07-27 22:11 | ホロゴン外傳 | Comments(0)