わが友ホロゴン・わが夢タンバール

714.03 ホロゴン外傅219「2017年9月25日バルター50mmf2.3の奈良町は?」3-完-後門の狐 



1月20日土曜日、
新大阪ココプラザで、劉継紅先生の二胡レッスンでした。

先生、私を見て開口一番、
「やせましたね、
ちょっとほっそりしてる!」
ここ3ヶ月の苦労が身にしみています。
レッスンでさらにやせました。

二胡という楽器、誰かが、世界で一番難しい、と言いました。
小手先でちょいちょい、とは行きません。
全身が協同動作となるように、
各部位をさまざまに動かさなければならない。
ヴァイオリン奏者だと、なまじヴァイオリンに似ているために、
ヴァイオリン奏法が邪魔して、二胡の音にならない。

右手は弓を左右に水平に動かしますが、
これもさまざまに螺旋を描いたり、回転したり。
その間、左手は弦を押さえつつ、その肩は背後にふんわりと旋回し、
肩胛骨は肩胛骨で、さまざまに回転させなければなりません。
そして、腰もお尻も旋回させなければなりません。
しかも、これら全身が適切に連動しなければ、
美しい音など出ません。

でも、日本人は体を柔軟に動かすことなど経験したことがない民族。
日本人は、江戸時代など、背筋を伸ばして正座し、
小揺るぎもしない、なんて、姿勢の正しさを身上としてきました。
二胡演奏家に一番向かない生活だったかも知れません。
私なども、江戸時代さながらに硬直した姿勢で生きて来ました。
とてもおいそれと二胡にふさわしい動きなどできません。

二胡演奏家の陳少林先生がしみじみと曰く、
「二胡を教えはじめて何年かは、
生徒さんはほんとに二胡がうまくなりたいと考えて受講している、
そう思ってました。
でも、何年か経つと、そうではないことに気づきました。
曲がりなりにも、そこそこに弾けるようになって、
自分の弾きたい曲を楽しく弾ければよい、というだけ」

私も、揚琴は本気できちんと弾けるようになりたい、
そう志して、本格的な修行というつもりで勉強してきました。
でも、二胡は、いわば妻のお相伴で始めたものですし、
常々、猛烈に難しいことは知っていたので、
まさしくどんなに下手でもなんとか好きな曲を弾ければ、という程度。

でも、劉継紅先生は違います。
そもそも日本に二胡を教えたいとお考えになって来日された方で、
類まれなる心身エネルギーの持ち主。
丸々2年間、まるで見込みのない私に向かって、
精力的に正式の二胡演奏のための訓練を行ってこられました。
徒労なんですけどねえ。

私が今受けているのは、もう一人の生徒さんと共同レッスン。
その女性がおっしゃってました。
「太極拳を習っています。
劉継紅先生のおっしゃることはほとんど太極拳と一緒なんですよ」
道理で、私より遙かに柔軟にこなして行かれるわけだ!

妻からは、以前に宣告されています。
「あなたはもうじき個人授業に戻ることになるよ。
二人の生徒のレベルが違いすぎ。
もうすぐあなたがついていけなくなる。
でも、あなたと組み合わせて共同レッスンを受ける初心者なんて、
当分現れないだろうから」
やれやれ。
風前の灯火、というところですね。

ちなみに、多くの人気の高い指導者の教育法はかなり違います。
いわば、欠陥には目をつぶり、良いところを伸ばそうと努める。
自己責任の原則で、やりたい曲をどんどん教えてあげる。
そして、褒め殺し!
みすみす「井の中の蛙」を製産する方法です。
ああ、そんな先生に付くのもバカらしい。
「前門の狼、後門の狐」状態。

やれやれ。


# by hologon158 | 2018-01-21 23:56 | ホロゴン画帖 | Comments(0)

714.02 ホロゴン外傅219「2017年9月25日バルター50mmf2.3の奈良町は?」2 単なるメモ


今回の写真の多くは、奈良町十輪院近く、
私のお気に入りの喫茶店、
「チャポロ」(おうち雑貨カフェ)の店内風景。

この店内ロボグラフィをご主人のお許しを得て、よく撮ります。
今回の写真の中に、「ピエタ」像の写真(画集の一頁)があります。
私はこの「ピエタ」像がどこにあるものか、知りません。
楚々とした風情があって、表情、傾きがとてもやさしく、
かなりの名作なんだろうと思います。
その写真を観ているうちに、はっと気づきました。
私のロボグラフィと美術写真とは全然違う!

私はキリスト教の造形美術はまったく不案内ですが、
もし知っていたら、さっと気づくでしょう、
「ああ、あの教会のピエタだ!」
写真家はそのような導き、認識、想起を起こすように、
あるがままの姿を写真に写し取ろうとします。

ロボグラフィは違います。
そのような導き、認識、想起を起こさないで、
そのものが私の感じる別の異形を自分の記憶に止める、
これがロボグラフィの目標です。
ロボグラフィたちは、その場にあって、その瞬間だけ、
私に向かって、独特の表情、眼差しで挨拶をするのです。

試しに、もしお時間が余っていれば、
「ホロゴン ロボグラフィ」でグーグル画像検索して下さい。
数百枚の暗い写真が並びますが、ほとんどが私のロボグラフィ。
どこで撮ったか、なんてことはほとんど意味を成しません。
私とその場との出会いを現す写真、
私がその場、そのロボグラフィたちにどう感じたかを、
私だけが想起できる記録写真、それが私のロボグラフィ。
私以外の人にはほとんどなんの意味もないメモ。
道理で誰も関心を持たないわけです。




c0168172_22122686.jpg
c0168172_22123247.jpg
c0168172_22124229.jpg
c0168172_22125182.jpg
c0168172_22125722.jpg
c0168172_22130311.jpg
c0168172_22130958.jpg
c0168172_22132152.jpg
c0168172_22132717.jpg
c0168172_22133332.jpg
c0168172_22133990.jpg
c0168172_22134538.jpg
c0168172_22135211.jpg
c0168172_22140041.jpg
c0168172_22140729.jpg
c0168172_22141384.jpg
c0168172_22142394.jpg
c0168172_22142943.jpg
c0168172_22143588.jpg
c0168172_22145200.jpg
c0168172_22145898.jpg
c0168172_22150479.jpg
c0168172_22151064.jpg
c0168172_22151134.jpg
c0168172_22151869.jpg
c0168172_22152598.jpg
c0168172_22153117.jpg
c0168172_22154019.jpg
c0168172_22154719.jpg
c0168172_22155495.jpg
c0168172_22160153.jpg
c0168172_22160776.jpg
c0168172_22161662.jpg
c0168172_22162262.jpg
c0168172_22162969.jpg
c0168172_22163742.jpg
c0168172_22164440.jpg
c0168172_22165095.jpg
c0168172_22170354.jpg
c0168172_22171062.jpg
c0168172_22171985.jpg





# by hologon158 | 2018-01-18 22:19 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

714.01 ホロゴン外傅219「2017年9月25日バルター50mmf2.3の奈良町は?」1 落ち穂拾い



2018年1月になって、まだ昨年9月の撮影分を掲載しています。
供給過剰の冷蔵庫のような状態。
でも、私としては、可愛いレンズたちの手前、
置いてけぼりするわけにもいきません。
律儀にとぼとぼ可愛いレンズたちの足取りをたどる、
これしかありませんね。

ボシュロムのバルター50mmf2.3、
使う度に感じるのはいつも一緒、
このレンズ、律儀だなあ!
なにか突出した特徴を備えることがレンズの身上であり、
使い手の願いであるとすれば、このレンズ、
たとえば、同時代のスピードパンクロに一歩も二歩も譲ります。
でも、しみじみとした味わいをじんわり感じたい人には、
バルター50mmf2.3は最右翼かも知れません。

そんなバルター50mmf2.3の使いどころに、
路傍の落ち穂拾い一点張りのロボグラフィを持ってくる、
これは正しい選択じゃないかな、そう私は考えます。

ロボグラフィなんて、写真のジャンルではありません。
私のただの造語。
誰にも目に留めてもらわないまま、
路上、路端で塵芥と化す運命にあるがらくたたちに、
なにかしら共感を感じるのはなぜでしょうね?
とにかく写真を始めてから、私はそうでした。

「神は細部に宿る」
という言葉があります。
私はこの言葉が好きです。
ネットで意味を探索してみますと、
ピクシブ百科事典では、
「本当に素晴らしい技術やこだわりとは、一見して分かりにくい」
私が思うに、
「ものにせよ、人にせよ、組織にせよ、オーガニズムにせよ、
細部がしっかりと仕上げられてこそ、全体が活きてくる」
こんな感じでしょうか?

街、ストリート、路地がこの実例を提供してくれます。
目に見えない片隅を大切にケアしているストリートは、
歩いていても、気持ちがよいものです。
生活感が隅々に行き届いているからこそ、街路が活きてくるのです。
そんな隅々に焦点を当てるのがロボグラフィ、というわけです。




c0168172_21323885.jpg
c0168172_21324683.jpg
c0168172_21325273.jpg
c0168172_21325823.jpg
c0168172_21330562.jpg
c0168172_21331115.jpg
c0168172_21331821.jpg
c0168172_21332695.jpg
c0168172_21333554.jpg
c0168172_21334322.jpg
c0168172_21334954.jpg
c0168172_21340350.jpg
c0168172_21340931.jpg
c0168172_21341510.jpg
c0168172_21342117.jpg
c0168172_21342785.jpg
c0168172_21343371.jpg
c0168172_21345058.jpg
c0168172_21354450.jpg
c0168172_21355114.jpg
c0168172_21355841.jpg
c0168172_21360407.jpg
c0168172_21361000.jpg
c0168172_21361708.jpg
c0168172_21362483.jpg
c0168172_21363068.jpg
c0168172_21363627.jpg
c0168172_21364110.jpg
c0168172_21364721.jpg
c0168172_21365401.jpg
c0168172_21370057.jpg
c0168172_21370785.jpg
c0168172_21372183.jpg
c0168172_21372963.jpg
c0168172_21373562.jpg




# by hologon158 | 2018-01-17 21:39 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

713.05 ホロゴン外傅218「2017年9月5日エクター50㎜F1.9で高畑町一巡」5-完-私の美


よく想像してみることがあります。
この宇宙の今、この瞬間に、全宇宙に、
地球のような文明社会が幾つ栄えているんだろうか?

全宇宙に共通する「今」があるかどうかもしりませんが、
仮にあるとして、
おそらく何億、何十億、あるいは何百億の単位で数えられる!
私はそう信じています。

以前は、地球は奇跡的、例外的な惑星であるという説が有力でした。
人類は奇跡中の奇跡、というわけです。
でも、奇跡を信じるよりも、「ゴキブリの論理」を信じる方が簡単かつ確実です。
「ゴキブリが一匹見つかれば、あなたの家には三十匹はいるはず」

近頃、人類のものならず人工物があちこちの惑星に見つかり、
月面や火星にも人工物が続々発見されています。
近場でもそうなら、無限数に近い宇宙全体の中に限りなく生命が、文明が存在する、
そう考えるのが極めて自然です。

昔、人類の諸文明の諸宗教は、この地球の自分たちこそ、
宇宙を統べる神、あるいは神々のみそなわすただ一つの存在である、
そう信じていました。
でも、それはとんだ勘違いだと分かってしまいました。
人類なる存在は、宇宙創造後何十億年も経過した後に、
宇宙に存在する数限りない星の一つに進化して、たった数万年!
幸か不幸か、地球上のほとんどの生物種を押しのけて、
地球上の種の世界に君臨する種となりました。
でも、恐るべき環境破壊を繰り返したにもかかわらず、
地球を自分たちの生存にふさわしい環境にすることもできず、
地球上に発生するさまざまな天災地変に翻弄されるばかりで、
地球そのものを支配できる可能性などまったくない有様。

でも、私が書きたいことは、ちょっと別。
全宇宙にそれぞれに繁栄を極めている諸文明ごとに、
全然別の美、別の美の基準、別の美的感覚が育っているでしょう。
まさに、所変われば品変わる、です。
人間でさえ、時代、文明、文化、環境が変わるだけで、
まったく異種独特の美的感覚、美的基準が育つのですから。

そうした異世界の美を、芸術を味わってみたい、
そうは思いませんね。
どうやら、私はそこまで好奇心の強い人間ではないようです。
私が味わいたいのは、
私が心から喜べ、心から心を奪われる美だけ。

ところが、私が味わいたい美も、
時により、気分により、異種さまざまなものが浮かび上がります。
私が美しいと感じるものには、
人が美しいと感じないものだってあります。
人が美しいと感じるものを、私がそう感じないこともあります。
まるで「美」とは変幻自在の形相のようです。

手近で言えば、私がブログに掲載する写真のほとんどが、
私にとっては「私の美のカタログ」。
でも、たいていの方は、どこが美しい?
ちっとも美しいとは思えない、そうおっしゃるでしょう。
これは不思議でもなんでもありません。
1万人が居れば、1万の異なる美があるとさえ言ってよいでしょう。

今回も、エクター50㎜F1.9が私にさまざまの美を見つけてくれました。
どうやら私は混沌とした形の乱舞に美を感じることが多いようです。
今回の写真たちは、エクターが見つけてくれた美。
地味で、平凡な形の連続と、人の目には映るでしょう。
そんなものでも私には美しい、
そう感じることが私の生き甲斐、生きる糧、そう言えそうです。


こんな風に書くことで、
私は、自分が独創的だと言いたいわけではありません。
むしろ逆。
誰だって、そうなのだ、そう言いたいのです。
だからこそ、写真について言えば、
写真家として、人に感銘を与える写真作品を作ることは、
大変に難しいことなのでしょう。

だから、ブログって、私にとって大きな存在価値があるのです。
人が美と思えないようなものを堂々と陳列できて、
誰も文句を言わないスペースって、他にあまりないのでは?




c0168172_16514851.jpg
c0168172_16515559.jpg
c0168172_16520058.jpg
c0168172_16520773.jpg
c0168172_16521313.jpg
c0168172_16521922.jpg
c0168172_16522527.jpg
c0168172_16523334.jpg
c0168172_16523871.jpg
c0168172_16524528.jpg
c0168172_16525090.jpg
c0168172_16525771.jpg
c0168172_16530556.jpg
c0168172_16531069.jpg
c0168172_16534543.jpg
c0168172_16535257.jpg
c0168172_16535881.jpg
c0168172_16540530.jpg
c0168172_16541031.jpg
c0168172_16541728.jpg
c0168172_16543341.jpg
c0168172_16543979.jpg
c0168172_16545322.jpg
c0168172_16545882.jpg
c0168172_16550439.jpg
c0168172_16551187.jpg
c0168172_16551708.jpg
c0168172_16552354.jpg






# by hologon158 | 2018-01-16 17:01 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

713.04 ホロゴン外傅218「2017年9月5日エクター50㎜F1.9で高畑町一巡」4 生きる意味


前回、古今亭志ん朝が63歳で世を去ったことを惜しむ文章を書きました。
年齢と人生の重みとの関係を思わず考えてみました。
ネットで有名人の訃報に接することがかなりあります。
一番気になるのは、たいてい私より年下。
有名人には多忙、過労に起因する疾病もあるでしょう。
さまざまな精神的労苦からの疲弊もあるでしょう。
有名人に限らず、20代、30代の夭折もたまにあるようです。

そこで、一つの疑問が浮かびあがります。
寿命を全うしない短命は、早すぎる死なのか?
ちょっと考えてみましょう。

「早すぎる」というのは、どういう意味なのでしょう?
自然的な寿命に照らして、という意味ではありませんね。
物故者の才能の十分な開花を待たずに、
あるいは、その人の生活圏の中でその人に課せられた使命を
十分全うしないで、という意味ですね。

そんな風に考えると、実のところ、
どんな人間も、早すぎる死を迎える運命にあるとも言えそうです。
私なども、才能は別になにもありませんが、
家庭の中で果たすべき責務はどんな年齢になってもなくならないでしょうから。

もっとも長生きをしたからと言って、
人生の価値を高めているというわけでもないでしょう。
そもそも人間にとって、生きたと言えるに値する人生を送らなければならない、
という使命があるわけでもありませんね。
遺伝子にそんな使命がそれぞれ組み込まれているわけではありません。
人間の社会が進むにつれて生まれてきた価値の一つ。
でも、人間に、生きるに値すると自他いずれかが、もしくは、
自他共に認める人生を送るべき使命が備わっているわけでもありませんね。

たとえば、古今亭志ん朝がさらに長生きをして、
父志ん生ほどの寿命を保ったら、どんな落語家になったか?
私たちが考えるのは自由ですが、
志ん朝さんに言わせれば、そんなの余計なお世話だ、
ってことになるでしょう。
彼が自分の人生をどう考えながら世を去ったか、
こんなことは誰にも分からないのですから。
むしろ、やるべきこと、やりたいことは十二分にやり尽くしたと、
満たされた気持ちで世を去ったかも知れませんし、
そちらの可能性の方が高い感じがします。

人間国宝になれなかったって?
あの世に持っていけない名誉を受けて、
なんの足しになるんだい?
へっ、笑わせやがる!

よくよく考えてみますと、
人間の人生を比較できるなんてことはありませんね。
人はそれぞれに他の人間と比べることのできない、
そして、比べる必要のない人生を送っている、
そう考えるべきです。

生涯の収支決算なんてありえません。
そんなことは誰にもできません。
なぜなら、神ならぬ身である私たちは、
自分以外の人間の人生を、評価できるほどの資料、眼力、鑑定眼など、
誰一人持っていないからです。

一例を挙げましょう。
古代アテーナイのソクラテスの行動、思考、人生を
プラトンとクセノフォンが書き残さなかったら、
誰もソクラテスのことなど知るよしもなかったのです。
ひいては、私たち人間が一人一人、その存在、人生により、
人類の思考の深化、文化に貢献しているかもしれません。
だとすると、知られているデータだけで人間を比較し、
その人の人生の価値、意味を値踏みするなんて、
無意味、有害ではないでしょうか?

そもそも死というのは初手から不条理なものです。
どなたもそうでしょうけど、
さまざまなジャンルでさまざまなすばらしい人たちの業績や人生に接して、
日々励ましてもらうのが私たちの人生ですね。
私など、グレン・グールドやマルタ・アルゲリチやジャクリーヌ・デュプレ
といった偉大な音楽家の演奏を数知れず聴いて、
励まされ、刺激を与えられてきたことか?
絵画、映画、映書物等を通じて、
数知れぬ偉大な人々の存在が私の人生に生きる意味を
計り知れず与えてくれてことか?
そうして得られたエネルギーを自分の身近な人たちとともに生きる指針、
エネルギー源、意味を生み出す一助になっています。

でも、そのような恩人たちの大半がこの世にはいない!
つまり、これまでの歴史、現代、そして未来への希望が一体となった
時空の広大なエリアこそ、私たちが生きる世界なのです。
そのように考えると、わくわくするではありませんか?
もしかすると、いかなる存在も忘れられることはない、
意識のレベルで気づくことだけが記憶ではない、
生きる基盤を提供してくれるのは、過去の世界全体なのだ、
私たちもすでに自分の前半生で貢献しつつあるのだ、
そう考えたいものですね。

このように考えますと、はかなく夭折した天才たちの貢献を、
しぶとく長生きした天才たちの貢献と比較することなどできない、
大切なことは貢献の質にある、そう考えることができそうですね。




c0168172_22434494.jpg
c0168172_22435061.jpg
c0168172_22435680.jpg
c0168172_22440138.jpg
c0168172_22440664.jpg
c0168172_22441331.jpg
c0168172_22443430.jpg
c0168172_22444666.jpg
c0168172_22445259.jpg
c0168172_22445854.jpg
c0168172_22450468.jpg
c0168172_22455542.jpg
c0168172_22460676.jpg
c0168172_22461152.jpg
c0168172_22461697.jpg
c0168172_22462307.jpg
c0168172_22471008.jpg
c0168172_22471854.jpg
c0168172_22475710.jpg
c0168172_22480348.jpg
c0168172_22494045.jpg
c0168172_22494193.jpg
c0168172_22502012.jpg
c0168172_22502690.jpg
c0168172_22503227.jpg
c0168172_22503810.jpg
c0168172_22504331.jpg
c0168172_22504991.jpg
c0168172_22505480.jpg







# by hologon158 | 2018-01-13 23:40 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

713.03 ホロゴン外傅218「2017年9月5日エクター50㎜F1.9で高畑町一巡」3 古今亭志ん朝


近頃、Youtubeで落語を楽しんできました。
まず、立川志の輔が気に入って、かなり聞きました。
威勢の良い胴間声で、ポンポンとキップのよい語りを聞かせてくれます。
この人の語りの後では、
他の落語家の語りがなんだかカッタルい感じがしてしまいます。

でも、古今亭志ん生の語りを聞くと、
たっぷりとった間合いがなんとも粋で、味わいが深く、しびれます。
このような巨人の前では、志の輔が小僧っ子に見えるのですから、
芸の奥深さは果てしがないようです。

思い出しました。
そう言えば、志ん生の2番目の息子の志ん朝って、
キップの良い声だった!
そこで、Youtubeで探してみました。
聞いてみて、仰天!
ああ、この人は天才だった!
今、そこで語りが生まれてくるように自然で、エネルギー一杯。

ネットで調べてみました。
2001年に63歳で世を去っていました。
なぜか受賞歴も乏しく、人間国宝にならず仕舞だった!
悲しいですね。
私は落語のことなどまったく無知なのですが、
また、落語界のことなどまったく無知なのですが、
円生、志ん生の世代に続く後代の落語の中では、
人間国宝の落語家たちも含めて、
この人の至芸に及ぶ人はあまり居ないのじゃないかな?
そんな気さえします。

夭折とは言いがたいでしょうけど、
志ん朝がいかに天才であったと言っても、
完全に熟するときを待たずに世を去ったことが悔しい、
そんな感じがします。
ちょっと49歳で世を去ったグールドを思い出させます。



c0168172_23364168.jpg
c0168172_23371956.jpg
c0168172_23372833.jpg
c0168172_23373391.jpg
c0168172_23373856.jpg
c0168172_23374330.jpg
c0168172_23375895.jpg
c0168172_23380380.jpg
c0168172_23381020.jpg
c0168172_23381619.jpg
c0168172_23382044.jpg
c0168172_23383053.jpg
c0168172_23383562.jpg
c0168172_23384045.jpg
c0168172_23384646.jpg
c0168172_23394090.jpg
c0168172_23394550.jpg
c0168172_23395161.jpg
c0168172_23395639.jpg
c0168172_23400240.jpg
c0168172_23400718.jpg
c0168172_23401354.jpg
c0168172_23402295.jpg
c0168172_23411298.jpg
c0168172_23411745.jpg
c0168172_23412382.jpg
c0168172_23412944.jpg
c0168172_23413496.jpg
c0168172_23414065.jpg
c0168172_23414695.jpg
c0168172_23415159.jpg





# by hologon158 | 2018-01-11 23:46 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

713.02 ホロゴン外傅218「2017年9月5日エクター50㎜F1.9で高畑町一巡」2 ピッピ御難


時代は変わるものですね。
実は久しぶりに中山獣医科に受診しました。
20数年ご厄介になっている、奈良ではトップクラスの医院です。 
長男のピッピ(猫ですが)が突然動きが鈍くなったのです。
食欲はあり、便秘でもなく、尿も出ていて、
体調はさほど問題はなさそう。
どうやら2歳半の孫娘が大好きでいつも寄り添う位置に寝そべるのですが、
孫娘それを良いことに遠慮なくまたがって遊びます。
12キロを超えているのですから、かなり重いので、
どこか痛めたのじゃないかな、と心配になったのです。
まだ4歳なのですから、身体を痛めてもらっては困ります。
これまでは病気一つしたことがないのですから、心配。

駐車場は満杯。
待合室には患者の保護者たちが数組。
年の暮れはいつも盛況なのですが、それほどでもない。
人間の病院の患者は老人だらけですが、
こちらの方は以前より患者さんが減少しているようです。
医療費がバカにならないからでしょう。
ペットの場合、医療保険をかけている人は少ないので、
医療費はバカにならないのですが、
家族の誰もそんなことは気にかけません。
子供たちはかけがえのない一家の宝なのですから。

私は車を運転しないので、タクシーを使いました。
数年ぶりです。
ひさしぶりに使ったボックスにピッピを押し込むのが大変。
これまでの兄姉たちとは段違いに大きい。
待合室には数組の先客はおおかた診察が済んだと見えて、
数分で「5号診察室」に呼ばれました。

まず体重測定。
「7.2kg!
ちょっと重すぎですよ」
次に、血液検査。
10分あたりして結果が出ました。
「どこも悪くありません。
強いて言えば、太りすぎです。
ダイエットさせてください」
ホッとしました。
これまでの兄姉たちとは比較にならないほどの重量級。
今日から、ダイエットです!

これまで我が家に居た猫たちのほとんど全員が負傷疾病の連続でした。
獣医さんに200万円ほどは間違いなく支払っています。
私の出費には厳しい監査を怠らない妻も、
子供たちの治療費は惜しげもなく財布をはたきます。
それほどに大切な子宝なのです。

受診前はなぜか体が重く、どこか疲れたように座り込んでいたピッピ、
異常なしの診断結果が分かったのでしょうか?
帰宅すると、ボックスからピョンと飛び出て、
身ごなしの軽やかなこと!




c0168172_23202526.jpg
c0168172_23210030.jpg

c0168172_23211153.jpg
c0168172_23212530.jpg
c0168172_23213140.jpg
c0168172_23213741.jpg
c0168172_23214468.jpg
c0168172_23215035.jpg
c0168172_23215513.jpg
c0168172_23220635.jpg
c0168172_23221263.jpg
c0168172_23221905.jpg
c0168172_23222616.jpg
c0168172_23223164.jpg
c0168172_23223893.jpg
c0168172_23224434.jpg
c0168172_23225096.jpg
c0168172_23225976.jpg
c0168172_23230719.jpg
c0168172_23231511.jpg
c0168172_23232237.jpg
c0168172_23233897.jpg
c0168172_23234406.jpg
c0168172_23234934.jpg
c0168172_23235664.jpg
c0168172_23240208.jpg
c0168172_23240987.jpg
c0168172_23245390.jpg
c0168172_23250053.jpg
c0168172_23250762.jpg
c0168172_23251523.jpg
c0168172_23252102.jpg
c0168172_23252995.jpg





# by hologon158 | 2018-01-08 23:28 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

713.01 ホロゴン外傅218「2017年9月5日エクター50㎜F1.9で高畑町一巡」1 エクトラ


エクトラ

なかなか魅力的な名前ですね。
ギリシア悲劇のヒロイン、エレクトラとも似た語感で、
女性の名を感じさせるところがあります。
コダックの製作したレンジファインダーカメラの雄。

触ったことがおありですか?
私は一度だけ触りました。
レンズ共々メカニカルな、ロボットを連想させる、
メカニズムの塊という感触と重さ。
魅力的なカメラです。

でも、不思議に、使いたいという気持ちを起こさせませんでした。
存在感がありすぎたのです。
欧米人の巨大な手の平になら、ふんわりとフィットしそう。
でも、手の小さな私にはあまりにもゴツ過ぎて、
手の中で駆使できる限界を遙かに超えていました。
コンタレックススーパーもそれなりに量感みなぎるカメラでした。
でも、どこか機能的な使い勝手のよい形でした。
ところが、エクトラは金属塊という感じだったのです。

でも、そのレンズたちはコダックレンズの頂点という、
雰囲気が備わっていて、エクトラがごめんだけど、
エクターレンズたちは使いたいと、食指が動きました。
幸運にも35㎜と50㎜の2本ともeBayで格安で手に入りました。
35㎜を先に手に入れ、その雄渾な描写にしびれました。

50㎜F1.9はエクトラの標準レンズです。
レンズ遍歴の掉尾に近い時期に私のもとにやってきました。
宮崎さんにライカMマウントに改造していただいたのに、
その後、私はすっかり忘れてしまったようです。
ほとんど使いもせず、ブログにも掲載しませんでした。
つまり、本ブログでは初登場のレンズです。
どうしてもっと使って来なかったか、と、
かなり悔やんでいます。



c0168172_21420202.jpg
c0168172_21420845.jpg
c0168172_21421431.jpg
c0168172_21422044.jpg
c0168172_21422503.jpg
c0168172_21423142.jpg
c0168172_21423667.jpg
c0168172_21424362.jpg
c0168172_21424801.jpg
c0168172_21425490.jpg
c0168172_21425936.jpg
c0168172_21430426.jpg
c0168172_21430992.jpg
c0168172_21431500.jpg
c0168172_21432107.jpg
c0168172_21433885.jpg
c0168172_21434370.jpg
c0168172_21434910.jpg
c0168172_21435461.jpg
c0168172_21440092.jpg
c0168172_21440659.jpg
c0168172_21441390.jpg
c0168172_21441993.jpg
c0168172_21442583.jpg
c0168172_21443647.jpg
c0168172_21444357.jpg
c0168172_21444961.jpg
c0168172_21445481.jpg
c0168172_21450012.jpg
c0168172_21450778.jpg




# by hologon158 | 2018-01-05 21:46 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

712.06 ホロゴン外傅217「2017年9月21日ズマール50㎜F2中崎町巡り」6 家事と落語と



昨年11月から、家事一切をほとんど担当する毎日が続いています。
いきおい自分の趣味、楽しみの日課はほとんどできません。
撮影も1回出た切り。

そこで分かったことが一つ。
家事って、大変ですねえ!
これが在職中だったら、倒れていたでしょう。

でも、引退してみると、分かりました、
毎日、なにをするのも人生なのだ!
なにもかもが、実存主義で言う「アンガージュマン」なのです。

そして、人間に貴賤上下の区別がないのと同様、
人生においてすることにも貴賤上下の区別などない!
区別があるのか、いかにして取り組むか?
姿勢が問題。
そのように考えて来ると、
家事も趣味もその意味では変らない、そう気づきました。

とすると、いかにして家事に習熟するか?
これが問題です。
幸いにして、私は在職中から、在宅で仕事をすることも多くて、
週少なくとも2回の夕食作り、毎日の食器洗い等、
家事もかなり分担するようになっていましたから、
すでにかなりの熟練者です。
こうなると、積極的に取り組み、工夫し、修練を積むことが課題。
つまり、家事も創造的な仕事なんだ、そう思えるような工夫が必要。

家事それぞれにそんな工夫があれこれと分かってきます。
習熟すると、まさに流れるように作業することもできます。
あなた、タマネギのみじん切りやリンゴ、大根の皮むき、できますか?
リンゴの場合、包丁を動かさず、リンゴを動かすことで、
薄い皮を切らずに最後までむくことができますか?
こんなことができるようになると、楽しいものです。

でも、中には片手間で出来ることもかなりあります。
食器洗い、洗濯、掃除、布団の上げ下ろし等。
そこで、ウォークマンやiPodで音楽を聴きはじめ、
以前から聴いて来た英語の愛読書の朗読も聴き、
日本の文豪たちの朗読も楽しみ始めていたのですが、
ひょんなことで新たな分野を発見しました。
落語。
古今亭志ん生師匠にまず参ってしまいました。

さまざまな落語家の古典を聴いているうちに、
iPhoneのYouTubeでも音楽、朗読を聴くようになりました。
常用する切っ掛けはiPhoneの補助電源を見つけたことから。

  Yoaidoo 3000mAh バッテリー内蔵ケース iPhone6/6S/7 4.7インチ用
  ケース型バッテリー 大容量 超軽量 急速充電 内蔵磁性
  125%バッテリー容量追加(ブラック)
  販売: Yoaidoo
  ¥ 2,099

たった2000円で、iPhone6を2個携帯するのと同様の効果!
こうなると、常時、iPod代わりに使える!
YouTubeには、CD音質でバッハ、モーツァルト等の音楽が無数にあります。
さらに、朗読ファイルも!
そして、落語も!

そこで、1人、お気に入りの落語家を見つけました
立川志の輔。
語り口、スピード感、意外性、緊迫感、話題の面白さ、
あらゆる点で、これほどの人を私は知りません。
そんな志の輔の朗読ファイルもYouTubeで一杯見つかります。
ちょっと退屈だなあ、と思うような家事をするときは、
iPhoneのYouTubeで立川志の輔たちの朗読、落語を聞くことで、
その家事に専心することができます。
お試し下さい。

なんですって?
そんな楽しい落語を聞きながら家事をしたら、
どちらかがおろそかになってしまう?
あなた、どうかしてますよ。
聖徳太子じゃないのですから、
確かに幾つも同時に処理することは難しい。
でも、なにか難しい仕事をするときでも、
一つのことに専念しながら、いや、待てよ、
これに関連したなにかがあったなあ、
どうもこのひっかかりを見つけることで、
すっぱり疑問が溶けるのじゃないだろうか?

集中するとしても、そうした多重思考、複眼思考ができなけりゃ、
よい仕事はできませんよ。
あなただって、そんな体験をいろいろ重ねてきたではありませんか?
ボールに両チーム全員が群がる昔のサッカーゲームみたいじゃ、
人生、底が浅くなりますよ。




c0168172_14455105.jpg
c0168172_14455779.jpg
c0168172_14460341.jpg
c0168172_14460955.jpg
c0168172_14461522.jpg
c0168172_14462067.jpg
c0168172_14462700.jpg
c0168172_14463348.jpg
c0168172_14463981.jpg
c0168172_14464478.jpg
c0168172_14465030.jpg
c0168172_14465707.jpg
c0168172_14470470.jpg
c0168172_14471070.jpg
c0168172_14471557.jpg
c0168172_14472120.jpg
c0168172_14472887.jpg
c0168172_14473508.jpg
c0168172_14474764.jpg
c0168172_14475325.jpg
c0168172_14480019.jpg
c0168172_14480633.jpg
c0168172_14481258.jpg
c0168172_14481944.jpg
c0168172_14482672.jpg
c0168172_14483251.jpg
c0168172_14484096.jpg
c0168172_14484665.jpg
c0168172_14485305.jpg
c0168172_14490566.jpg
 




# by hologon158 | 2018-01-03 15:11 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

712.05 ホロゴン外傅217「2017年9月21日ズマール50㎜F2中崎町巡り」5  謹賀新年


あけましておめでとうございます。

昨年も公私にわたり沢山の出来事が起こりました。
社会では、日本国内国外、面白くない出来事がほとんど。
私的には、良くないこと、良いこと、様々起こりました。
とくに最後の2ヶ月は疾風怒濤!
完全に私のプライベートライフはほとんどない状態に。
お陰で、撮影はたった1回だけ。
ただ、所用で外出した道すがらの、いわば辻斬り撮影のみ。
ブログも回数がぐっと減りました。

そこで決めました。
社会の情勢が好転することなど、まったく期待できません。
でも、私的には、良いことしか起こらないぞ、
そう固く誓いました。

以前から心に誓ってきたことがあります。
美しいものしか見ない!
今年はさらにこの方針を徹底するつもり。

まあ、なにはともあれ、
本年もよろしくお願いいたします。




c0168172_14391046.jpg
c0168172_14392516.jpg
c0168172_14393053.jpg
c0168172_14393530.jpg
c0168172_14394145.jpg
c0168172_14394715.jpg
c0168172_14395344.jpg
c0168172_14400068.jpg
c0168172_14400583.jpg
c0168172_14401270.jpg
c0168172_14401866.jpg
c0168172_14402382.jpg
c0168172_14403039.jpg
c0168172_14403715.jpg
c0168172_14404300.jpg
c0168172_14405585.jpg
c0168172_14410001.jpg
c0168172_14410669.jpg
c0168172_14412572.jpg
c0168172_14413183.jpg
c0168172_14413733.jpg
c0168172_14414307.jpg
c0168172_14414870.jpg
c0168172_14415422.jpg
c0168172_14420183.jpg
c0168172_14420733.jpg
c0168172_14421377.jpg
c0168172_14422017.jpg
c0168172_14422509.jpg
c0168172_14423294.jpg
c0168172_14423832.jpg





# by hologon158 | 2018-01-01 14:44 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

712.04 ホロゴン外傅217「2017年9月21日ズマール50㎜F2中崎町巡り」4 手提げ


歴史の謎の一つのお話。
まだ就職したての頃でした。
出版史上出色の美術全集「人類の美術」(新潮社)の数冊を手に入れました。
その一つが、「アッシリア」

古代の神々、最古の英雄ギルガメシュなどの壁面浮き彫りが見つかっています。
この浮き彫りの見事なモノクロームプリントに魅せられたのですが、
彼らがほぼ一様に手にハンドバックのようなものを下げているのが不思議でした。
現在に至るまでこの疑問に対する回答を知ることはできません。
最近、Youtubeで、グラハム・ハンコックの番組だったと記憶しますが、
ギョベクリ・テペ、マヤ等の古代遺跡の多くで、
このハンドバックの浮き彫りが見つかっていることを知りました。
互いに場所も時代も遠く離れているのにもかかわらず。

手にぶら下げるのですから、片手を塞いでしまう。
まさにやっかいなお荷物です。
もっと便利な運び方はいくらでも考えられるのに、
なぜ手でぶら下げているのでしょうか?
どこにも、その説明が見つからないので、
例の通り、私一人勝手の推理をしてみました。

まず、単純な推論が成立するように思われます。
手にぶら下げてこそ大切な働きをしてくれる道具なのです。

でも、何のための働きなのでしょうか?
中には何が入っているのでしょうか?
この2つの問いは、もしかすると、1つなのかもしれません。

でも、この謎を解く鍵はほとんどない状態。
手がかりとして、どんなものがあるでしょうか?

まず、たいていの場合、手に提げていること。
でも、これを使っているシーンは見つからないこと。
原則として、なにも模様はないこと(実は装飾付きもありますが)。
持ち手がかなり太いこと。

アッシリアの壁面彫刻を見ますと、
提げているのは、ギルガメッシュや、鷹の頭を持つ神のように、
いわば神話的な存在に限られるようです。
一番典型的な例として、同じ図柄が複数見つかっているのは、
鷹の頭の神です。
まだ生きている獅子を左手に抱き上げています。
当時アッシリアにはライオンがたくさん生息していたようです。
ライオン狩のシーンは神殿の壁面彫刻の中でも屈指の傑作のようです。
矢を射当てられて、大地に体を沈めるライオンたちの姿は
異常なほどにリアルで、しかも尊厳に満ちています。

これらの彫刻で推論できることが一つ。
史上屈指の軍事国家であったアッシリアには多数の芸術家が居たが、
彼らは戦士だった!
つまり、戦士たちは平和時には神殿等のモニュメントの建設に携わったのです。
なぜ、そう推理するのか?
実に簡単です。
狩猟の現場に居て、ライオンたちを実際に狩った者しか、
これほどにリアルに瀕死のライオンを再現することはできなかったでしょう。

ところで、謎のハンドバックを手にする鳥の顔の人物は、
生きたライオンを左手で軽々と抱えているではありませんか?
ライオン狩のシーンでは、戦士たちとライオンはリアルな比率で描かれていました。
ところが、鳥顔の人物は大型の犬程度に見えるライオンをひょいと抱えています。
ライオンは噛みつかず、爪を立てず、抱かれるままになっています。
まさに人間を超える存在なのです。
その右手には例の手提げをぶらさげています。
どの文明の人物も常に手提げをぶら下げているだけ。

そうすると、最初に書いた通り、結論は一つのように思われます。
こうしてぶら下げているだけで、
この手提げはちゃんと機能していた!

ホモサピエンスを大幅にしのぐ体躯、
ライオンも軽々と抱きかかえて、しかも悪さをさせない力、
人間の理解を超える道具を常用するヒューマノイド。

これらを総合すると、こうした鳥人やギルガメッシュは、
外宇宙から飛来した異星人だったのではないでしょうか?

歴史的な補強として、
このような巨大な人間の骨格は発見されておらず、
このような巨人族も有史の伝承として、残されていないことがあげられます。

Youtubeにはたまに巨人の骨格発見記事がありますが、
コンピュータグラフィックスのガセネタである危険性が大きいので、
ひとまず置きましょう。

一方、アッシリアその他の遺跡に見つかる手提げバッグの存在、
巨人を思わせる多くの彫刻の存在、
聖書、ヴェーダ、マハーバーラタ、ギリシア神話等には、
巨人が出没していること、
さらには、人間と完全に相似形の小人族も登場すること、
これらの諸点を考えますと、
有史以前や古代には、さまざまな大きさの異星人が渡来して、
人間の文明にかなり大きな影響を与えたのかも知れない、
という可能性を無視することはできない、
そんな感じがします。

昨今、古代の考古学は空前の盛況を呈しているようです。
史学の常識を完全に逸脱する遺跡がどんどん発見されています。
沖縄与那国島の海底遺跡もそうです。
東西方向に約250m、南北方向に約150m、高さは26mの、
人工物としか言いようのない巨大な石造建築物が発見されたのです。

地質学者は当初自然に形成されたものと説明していたようです。
でも、こうした場合に、地質学者は、具体的な形成プロセスを解明したり、
自然形成を証明する類似の地形を例示すべきではないでしょうか?
「節理」でグーグル画像検索してみますと、山ほど節理の地形が見つかります。
でも、沖縄与那国島の海底のような形状の人工物まがいのものはありません。

でも、ほぼ垂直水平の段差であったり、
幅90センチの直線の溝が延々と続いていること、
近くの海底にストーンサークルと思われる列石が見つかったり、
と、もはや自然形成説は成り立たないよいうです。
しかも、世界中の大陸近くの海底に遺跡がどんどん見つかりつつあります。
地質学的にも、氷河期末期に2度、温暖化へのプロセスの中で、
極冠にたまった溶水が水深にして数十mを超える膨大な津波となって放出され、
世界の海の高さを一挙に押し上げ、
沿岸平野部が海底に没した可能性を主張する学説が提起されています。
このような奔流が与那国島の遺跡を襲ったとすると、
人類の痕跡がなにも残っていないことも、むしろ当然となります。

さらには、世界中の遺跡に、解明不能の建造物が見つかりつつあります。
大ピラミッドがまずその一例です。
古代エジプト史にも先例のない完璧な巨大ピラミッドが突然出現し、
それが超精密な精度で未来あげられ、
しかも、数千年経過した今もその精度は小揺るぎもしないのですから、
驚きです。

レバノンのバールベック神殿の千トンに及ぶ巨大礎石もそうです。
近隣の石切場から運ばれたことは分かっていますが、
その石切場から神域まではでこぼこ道。
でこぼこ道を千トンの物を運搬するクレーン車など、
現代でも存在しませんね。

第一、小さく切って組み上げても、さほど強度に変わりがないのに、
大ピラミッドにせよ、バールベックにせよ、
どうして、こんな恐ろしく巨大な素材を選んだのでしょう?
その答えは簡単です。
簡単に処理できたから。
およそ古今の人類にして、そのようなことを苦もなく言えた文明は、
ないのではないでしょうか?

話はぽんぽん飛びますが、戻りましょう。
今問題となっている手提げはなんだったのでしょうか?
まず、それが道具であったことは疑いがありません。
異星人にとって欠かすことのできない何かをしてくれる道具。
例外なく手に提げていたことがヒントになるのではないでしょうか?
体に装着していたのでは使えない機能を持つツール。
でも、この手提げを持ち上げたりして使っている例はなさそうです。
常に手に提げている。
とすると、武器ではないのかも知れないと言えそうです。

じゃ、なんだったのか?
地球人の私に分かるわけがありませんね。
宇宙人の言葉と地球の言葉の双方向性自動翻訳機とか、
走査式の思考読みとり機とか...
などと考えても始まりませんね。
異星人の道具、そう考えた途端、
地球人には完全に理解不能のツールとなってしまいますね。
たとえば、蟻さんたちが現代人類を眺めて、考えるかも知れません。
やつらがいつも手に持っている小さな道具、
あれは一体なんなんだ?
分かりっこありませんね。




c0168172_17071729.jpg
c0168172_17072406.jpg
c0168172_17073066.jpg
c0168172_17073564.jpg
c0168172_17074282.jpg
c0168172_17074891.jpg
c0168172_17080090.jpg
c0168172_17080619.jpg
c0168172_17081309.jpg
c0168172_17082053.jpg
c0168172_17082627.jpg
c0168172_17083360.jpg
c0168172_17083932.jpg
c0168172_17084777.jpg
c0168172_17085484.jpg
c0168172_17085988.jpg
c0168172_17090550.jpg
c0168172_17091431.jpg
c0168172_17092001.jpg
c0168172_17092637.jpg
c0168172_17093263.jpg
c0168172_17093821.jpg
c0168172_17094500.jpg

c0168172_17095153.jpg
c0168172_17095787.jpg
c0168172_17100346.jpg
c0168172_17101054.jpg
c0168172_17102073.jpg
c0168172_17102664.jpg
c0168172_17103275.jpg
c0168172_17103864.jpg
c0168172_17104576.jpg





# by hologon158 | 2017-12-29 17:14 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

712.03 ホロゴン外傅217「2017年9月21日ズマール50㎜F2中崎町巡り」3 Phantagraphy


従来から、写真の証拠価値はきわめて疑問視されてきました。
本質的に異質な認識作用であるだけでなく、
意識するにせよ、しないにせよ、
カメラ、レンズが状景を驚くほど歪めてしまうからです。
それだけでなく、銀塩時代においてもすでに、
現像、引き伸ばしで自由自在に加工することが可能だったからです。

有名な話があります。
戦後共産ロシアのスターリン時代、
党大会においてでしたか、
党首脳がクレムリンのベランダだったでしょうか、
ずらりと序列どおりに居並んで、
群衆に挨拶をする習慣がありました。
ある年、首脳の1人が失脚してしまいました。
すると、その挨拶のシーンの写真から、
その人物が姿を消してしまったのです。
見事に修正されたわけです。

デジタルカメラの時代になると、
その変改、加工、修正、創作の可能性はさらに拡大し、
文字通り限りなく可能となってしまいました。
現代の映画をごらんになったら、おわかりでしょう。
あらゆるジャンルのフィクションのアクションシーンで、
登場人物をコンピューターグラフィックスにはめこみ、
自由自在に作られます。
映画スターは特殊なスタジオでただアクションをするだけ。
映画が出来上がってみると、ティラノザウルスとか、宇宙人とかと、
壮絶決死の死闘を繰り広げるシーンとなって、
観客の心を奪う仕掛けになっている訳です。

こうして今や、客観的真実なるものは、
極めてあやしげなファンタジーとなり、
リアリティを正確に報告する写真なるものの存在も、
ネス湖の怪獣並みとなってしまいました。
もうPhotographyという命名は完全に荒唐無稽。
Phantagraphyあたりがよろしいのではないでしょうか?

そこで、どこからか質問。
お前の写真はどうなんだ?
Photographyなのか?
それとも、Phantagraphyなのか?

もちろん、私の写真は一枚残らず、Phantagraphyですよ。
写真をはじめてからこの方、たったの一瞬でも、
リアリティを追い求めたことはありません。
あるがままの現実ではなく、私が観たいイメージを求めて、
40年間、そして、今もなお、
ひらすら夢見心地でシャッターを押してきました。

また、どこからか質問。
なんじゃ、なんじゃ、この薄汚いやつらが「夢」なのかい?
その通り!
これらの薄汚い写真から立ち上るなにか、
それが私の夢見るファンタジーなのです。
誰にも理解してもらえるとは思っていないし、
理解してほしいとも思わない。
私1人のための写真、それが私の理想なのですから。


c0168172_22271378.jpg
c0168172_22272015.jpg
c0168172_22272660.jpg
c0168172_22273272.jpg
c0168172_22273917.jpg
c0168172_22274418.jpg
c0168172_22275085.jpg
c0168172_22275661.jpg
c0168172_22280226.jpg
c0168172_22280836.jpg
c0168172_22282433.jpg
c0168172_22281511.jpg
c0168172_22283311.jpg
c0168172_22283993.jpg
c0168172_22284606.jpg
c0168172_22285309.jpg
c0168172_22285998.jpg
c0168172_22290612.jpg
c0168172_22291437.jpg
c0168172_22292192.jpg
c0168172_22292992.jpg
c0168172_22293518.jpg
c0168172_22294116.jpg
c0168172_22294803.jpg
c0168172_22295463.jpg
c0168172_22300335.jpg
c0168172_22301068.jpg
c0168172_22301891.jpg




# by hologon158 | 2017-12-26 22:32 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

712.01 ホロゴン外傅217「2017年9月21日ズマール50㎜F2中崎町巡り」2 異質な情報



前にも書きましたが、心理学で有名な実験が一つあります。
アメリカの大学の大きな階段教室。
心理学科の学生たちが、たしか300人も出席しての講義の最中に、
プロの舞台俳優が、タイムスケジュールに合わせて、
台本通りに台詞を含む出来事のすべてを正確に演じたのです。

講師は、学生たちに再現レポートを提出させました。
結果は驚くべきものでした。
人間観察の訓練を受けていたはずの学生たちのレポートは、
ほとんど全部、驚くほど不正確で、
出演者の人数まで食い違っていたのだそうです。
受講者たちだけを取ってみると、
たった一つの客観的出来事なるものは存在しなかった、
そう結論づけるより仕方のない結果が明らかになったわけです。

私たちは、出来事は一個。
自分は関わった出来事をいつも正確に記憶している、
そう確信して生きています。
でも、本当にそうなのでしょうか?

私が昔学んだことが正確であれば、
心理学的には、人間は認識した出来事を正確に記銘し、
その記憶はかなり長時間持続します。
でも、出来事の直後でさえ、
その記銘を正確に想起することはできないものです。

要するに、人間は生きるために必要な限りにおいて、
自分の置かれた諸条件の制約の下に、
記憶データを取捨選択して、
ランダムに認識し、記銘し、想起するだけ、なのかも知れない。
つまり、人間はロボットじゃない、ということになりそうです。

なんでこんなことを長々と書いてきたか、
と言いますと、
人間の記憶は写真とは違う、ということです。
人間は、あのときはこうこう、こんな風に起こったんだ、
と自信たっぷりに過去を報告するのですが、
実は現実とは驚くほど違っている、
そんなことが日常茶飯事。

人間の視覚は、一瞬ですべてを見渡すことなどできません。
「注意」という一点注視の体験を積み重ねて、
脳内で、出来事の体験を総合するというタイムプロセスなのです。
一瞬にして一望を記録してしまう写真とはまったく性質が違う。
つまり、実のところ、かなりあやふやな体験記憶なのですが、
一方、写真も嘘をつきます。

一番簡単な例は、レンズの焦点距離が違うと、
画像も違ってくること。
同じ場所に立って、15mmレンズと180mmレンズで撮ると、
同一の場所とは思えないほどに、視野が異なります。
同じ範囲を撮るために、撮影位置を変えて撮りますと、
前後の関係がまったく異なる2枚の写真が手に入ります。

以上の検討に立って、写真行為を考えてみますと、
私たちは写真を撮ることで、
視覚的な認識とはまったく異質な情報を得ている、
ということが言えそうです。




c0168172_17542996.jpg
c0168172_17543410.jpg
c0168172_17544080.jpg
c0168172_17544680.jpg
c0168172_17550282.jpg
c0168172_17550907.jpg
c0168172_17551671.jpg
c0168172_17552191.jpg
c0168172_17552751.jpg
c0168172_17553436.jpg
c0168172_17554030.jpg
c0168172_17554654.jpg
c0168172_17555278.jpg
c0168172_17560455.jpg
c0168172_17561112.jpg
c0168172_17562452.jpg
c0168172_17563803.jpg
c0168172_17564629.jpg
c0168172_17565849.jpg
c0168172_17570796.jpg
c0168172_17571369.jpg
c0168172_17572068.jpg
c0168172_17573240.jpg
c0168172_17573841.jpg
c0168172_17574587.jpg
c0168172_17575821.jpg
c0168172_17580558.jpg
c0168172_17581135.jpg





# by hologon158 | 2017-12-25 18:00 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

712.01 ホロゴン外傅217「2017年9月21日ズマール50㎜F2中崎町巡り」1 質感


土曜から日曜にかけて一泊で二女のご主人が来ていました。
完全に孫プリンセス2号にメロメロ。
ついでに、土曜日は、長女一家4人もやってきました。
孫3人が久しぶりに勢揃いして、もう賑やかなこと。

夕食の準備の大半、調理、リビングルームへの配膳、
片付け、洗い物の大半を私が担当。
楽しいのなんのって!!!
(これは公式発言)
くたびれたのなんのって..........!!!
(これは本音)

6歳の長男孫プリンスも従姉妹の孫プリンセス2号にメロメロ。
自分の妹の孫プリンセス1号3歳が完全な女王様で、
兄である自分に対しても支配的に振る舞うので、
そんな気配を見せない孫プリンセス2号が可愛くてたまらない。
孫プリンセス2人が粘土遊びに夢中になり、
プリンセス1号が2号にカット用の回転板を渡して、
2号が折角使っていたハサミをさっと奪いとって、
粘土をしばらくカットした後、
1号の手の届かない場所にハサミを置いたのを見て取ると、
そっとハサミを取って、2号に渡してあげたりして、
やさしい心遣いを見せます。

保育園の自分のクラスはもとより、年下の3クラスまで、
100人を超す園児たち全員の名前はもとより生年月日まで記憶して、
性格、振る舞いも把握しているのですが、
なんでそんなことまで覚えておくの?と尋ねると、
彼、即座に決然と、

  「覚えておかなくちゃいけないことは覚えるの」

どうも生まれつきの性格のようですが、ご苦労なことで。
そんな性格だけに、妹同然の従姉妹にずっと気遣いを見せ、
幼児だけで別テーブルを囲んでの夕食も滞りなく進行。
楽しい一夜となりました。

でも、お陰様でブログは、この2週間、ほとんど数日置き。
人生に起こる出来事、仕事にはすべて優先順位があります。
家族、とくに孫たちのことは最優先なので、別に不服はありません。
今日は久しぶりに余暇ができました。
早速、本ブログの記事を作成。

ソニーα7にズマール50㎜F2を付けて、大阪中崎町を巡りました。
写真家吉田正さんの写真教室が終わった後の午後でした。
ズマールのやさしい息づかいがたまらなく魅力。
この教室も、12月も二女の出産騒動で出席不能なので、行けそうになく、
どうやら3ヶ月続けてお休みを余儀なくされそうで、寂しいですね。

ブログに掲載する作業として、
ズマールの下町ロボグラフィ写真を選択している間に、
ふっと気づきました。
私が自分の写真を選択する際の選択基準の一つに気づいたのです。
当然のことですが、その第1は、

   「メタモルフォーゼがあるか?」

現実を現実そのままに撮影したければ、
古いボケレンズなんか使う必要はありません。
現代の完璧性能のレンズたちを使えばよいのです。
ついでに、オートフォーカスなので、もう当たるを幸い、
右に左にばりばりとなぎ倒しちゃえばよいのです。
スナップだってなんだって、自由自在。

でも、肉眼を超えた写りすぎの結果起こる、
極めて科学的な意味での精密描写への方向の変容はあっても、
面妖、不思議な変身なんか起こりっこありません。

オールドレンズはさまざまな欠陥、性能不足のおかげで、
リアリズムをさまざまなバリエーションでそぎ落としてくれます。
それが予測不能の変容を起こしてくれる、それが嬉しいのです。

でも、それだけが私の選択基準じゃないことに気づきました。
肉眼での認識を超えた、曰く言いがたい、繊細微妙な質感描写が、
私の期待して、予期できない独特の変容を起こしてくれる!
ロボグラフィの本質はこの独自の質感描写にある!
そう気づいたのです。
そこで、第2の基準が明らかになりました、

   「曰く言いがたい微妙な質感を出してくれるか?」

現代の理想レンズの愛好者、現代の超リアルな細密描写を愛する人には
むしろ本来の写真表現を邪魔すると感じられるような、異質な肌触り、
それが私のお好みなのだ、
ズマールはそんなメタモルフォーゼ質感を醸し出すのが得意なのだ、
そう気づいたのです。
一言で言えば、

   「そっと愛撫するような感触」

そう言わせて頂きましょう。



c0168172_15463377.jpg
c0168172_15464046.jpg
c0168172_15464628.jpg
c0168172_15465177.jpg
c0168172_15465767.jpg
c0168172_15470305.jpg
c0168172_15471551.jpg
c0168172_15472098.jpg
c0168172_15472660.jpg
c0168172_15473176.jpg
c0168172_15474260.jpg
c0168172_15475056.jpg
c0168172_15480118.jpg
c0168172_15480850.jpg
c0168172_15483486.jpg
c0168172_15484012.jpg
c0168172_15484558.jpg
c0168172_15485311.jpg
c0168172_15490622.jpg
c0168172_15491237.jpg
c0168172_15492234.jpg
c0168172_15492944.jpg
c0168172_15493577.jpg
c0168172_15495219.jpg
c0168172_15495967.jpg
c0168172_15500637.jpg
c0168172_15500747.jpg
c0168172_15501312.jpg
c0168172_15501986.jpg
c0168172_15502533.jpg
c0168172_15503151.jpg
c0168172_15503740.jpg



# by hologon158 | 2017-12-18 15:53 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

711.06 ホロゴン外傅216「2017年9月23日ビオゴン21㎜F4.5の飛鳥へ」6-完-ものを見ない


どこの家庭でもそうではないかと思うのですが、
私に対する最大の批判者は妻。

   「ろくにものを見ないで撮っている!」

私も賛成です。
私の写真の撮り方を見事に見抜いています。

遙か昔、数度参加した初心者写真教室ツアーの講師、
杉本(お名前は失念)先生は三脚必携主義。

   「ファインダーの中でぐるりと視線を回し、
   四隅が主題を邪魔していないか、支えているか、
   しっかりとチェックしなさい」

私は当時から、四隅どころか、中心もろくに見ないで、
撮っていました。
大成しないわけです。

ホロゴンウルトラワイドを伴侶とするようになってから、
ファインダーそのものを見ないで、腰あたりにホールドして、
乱写してきたのですから、まさに「ろくにものを見ない」
ビオゴン21㎜F4.5をソニーα7に付けた飛鳥でも、
超接写以外は全部ノーファインダーですから、
構図的に見えても、私の意図したものではない。
四隅どころか、どこまで撮れるかもまったく見当がつかない。
中央の主人公がどう写るのかさえ、予測不能。

さらに、ひどいことに、
ブログに掲載する写真を選ぶまで、見直しもしていない。
ですから、ブログに掲載された写真が初見。
作者自身、とても新鮮な気持ちで眺めているわけです。
そんな状態ですから、撮影時にはまったくイメージなどない。
撮影意図もない。
私はただ「いいな!」と感じるときだけシャッターを落とす。
実に気楽です。

ホロゴン以来、私の写真人生は一変しました。
よく書いてきました、

    「私の、私による、私のためのロボグラフィ」

でも、正確には、こうですね。

   「私の、私のレンズによる、私のためのロボグラフィ」

今回のビオゴン写真を観直して、その思いをますます強めました。





c0168172_12062549.jpg
c0168172_12063195.jpg
c0168172_12063759.jpg
c0168172_12064254.jpg
c0168172_12064801.jpg
c0168172_12065438.jpg
c0168172_12065999.jpg
c0168172_12071711.jpg
c0168172_12072705.jpg
c0168172_12073251.jpg
c0168172_12073821.jpg
c0168172_12074455.jpg
c0168172_12074941.jpg
c0168172_12075515.jpg
c0168172_12080108.jpg
c0168172_12080602.jpg
c0168172_12081404.jpg
c0168172_12082064.jpg
c0168172_12082764.jpg
c0168172_12083380.jpg
c0168172_12084826.jpg
c0168172_12085519.jpg
c0168172_12090049.jpg
c0168172_12090781.jpg
c0168172_12091366.jpg
c0168172_12091896.jpg
c0168172_12092510.jpg
c0168172_12093339.jpg
c0168172_12101595.jpg
c0168172_12102219.jpg






# by hologon158 | 2017-12-15 12:13 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

711.05 ホロゴン外傅216「2017年9月23日ビオゴン21㎜F4.5の飛鳥へ」5 絶不調


前回書きましたが、
近頃疾風怒濤の中で翻弄される日々。
あれこれ起こって、我が家に釘付け状態。
今日は付虹先生の揚琴教室の発表会。
私は3曲の合奏に参加するほか、
独奏曲「櫻花」(「さくらさくら」変奏曲)を演奏予定でした。
これまで発表会での発表を休んだことはありません。
今回初めて、緊急休会。
期するところがかなりあったので、挫折感もかなりあります。

明日はレッスン日なので、発表会での課題曲を
せめて先生に聞いていただこうと思っていたのですが、
長女の長男の6歳の孫プリンセスがノロウィルス。
明日は早朝から応援することになり、
今年最後のレッスン日も受講できず。
まあ、踏んだり蹴ったりですが、
孫のためなので、喜びもあります。

でも、いつも感じることですが、
人生って、山あり谷ありで、
しかも、いつ山が来るか、谷に落ち込むか、
完全に予見不能ですね。
私たちにできることは、
ただただ運命を甘受すること、
そして、その中から最大限、人生の楽しみを拾い上げること、
これだけですね。

このあたり、私のようなノーファインダーで、
でたらめに写真を撮る人間の対処法とぴたり一致していますね。
なにが、どう撮れようとも、甘受すること。
私ができるだけ私のお気に入りの名レンズを使いたがること、
これは、運命を甘受するための支えになってくれるからです。
今は、私に与えられた恩恵をひたすら甘受し、楽しむこと、
これしかありませんね。



c0168172_23390375.jpg
c0168172_23393712.jpg
c0168172_23394424.jpg
c0168172_23395181.jpg
c0168172_23395898.jpg
c0168172_23400920.jpg
c0168172_23402278.jpg
c0168172_23401669.jpg
c0168172_23402278.jpg
c0168172_23403724.jpg

c0168172_23405922.jpg
c0168172_23410691.jpg
c0168172_23413267.jpg
c0168172_23413907.jpg
c0168172_23414570.jpg
c0168172_23415123.jpg
c0168172_23415856.jpg
c0168172_23420549.jpg
c0168172_23421835.jpg
c0168172_23422521.jpg
c0168172_23423190.jpg
c0168172_23423977.jpg
c0168172_23424580.jpg
c0168172_23425219.jpg
c0168172_23430078.jpg
c0168172_23430758.jpg
c0168172_23431477.jpg





# by hologon158 | 2017-12-10 23:53 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

711.04 ホロゴン外傅216「2017年9月23日ビオゴン21㎜F4.5の飛鳥へ」4 有為転変


12月4日月曜日
陳少林先生の揚琴レッスンでした。
来年1月に先生の和歌山教室の発表会があります。
これまで幾度か参加しました。
先生の二胡の伴奏として。

今回の曲目は「陽関三畳」
王維の名作を二胡、揚琴の音楽にしたものです。
二胡曲としても出色の傑作ですが、
これに付けられた揚琴伴奏が並外れてすばらしいのです。
二胡の調べに寄り添うにして絡み合うことで、
さらに豊かな印象を描き出してくれます。
名コンビのようなものです。
一人では絶対にできないような境地を生み出す、
それがコンビですね。

私が揚琴を始めたのも、この曲を弾きたかったから。
陳少林先生の指導でいくつも伴奏曲を学びましたが、
この曲から離れたことは一度もありません。
でも、ちゃんと弾けない。
当たり前です。
かなりテクニックを必要としますし、
第一、不動心のような、安定した精神がみなぎらないと、
お話にならない曲なのですから、
私のように安定しない精神の持ち主にはとても難しい曲。

でも、この日は巧くいきました。
私の次の生徒さんが10分前にお見えになったのです。
ちょっとおしゃべりした後、
「楊関三畳」を聞いていただくことになりました。
最初に、ピアニッシモのハーモニクスを7音の重ねるのですが、
その最初の関門からかなり微妙繊細なサウンドで響いてくれて、
最後まで間違わずになんとか弾けました。
13年か14年の期間中、今回が最高の出来でした。

ど素人であることは度外視して考えてみますと、
私は完全に伴奏者タイプです。
独奏をすると、上がりに上がってしまうのに、
伴奏だと、これまで300人ほどが最大で、
100人を超える聴衆の前で数回伴奏しましたが、
最初の最初から上がったことは一度もありません。
自分でも不思議ですが、そんなものなのでしょう。

陳少林先生の発表会の前に関門が一つありました。
12月10日の付虹先生の教室の発表会では、
独奏が1曲、伴奏が3曲です。
この独奏が鬼門中の鬼門。
日本の「さくらさくら」を揚琴独奏の変奏曲に仕立てたものです。
春爛漫の桜並木から花がハラハラと散る風情が出せるか出せないか、
これが本来の勝負どころ、見どころ。
でも、私の場合は、もっと低次元、
最後まで間違わずに弾けるか、
ただそれだけが私の目標です。
そんな桜の風情を表現するなど、夢のまた夢。

さて、どうなりますことやら........?
そう、2、3日前に書いたのですが、
その後の我が家は疾風怒濤。
ブログなんかそっちのけの日が続いています。
ちょっと異常事態が出来して、
残念ながら12月10日の発表会はお休みに。

人生って、異常事態が起こるときは、
かたまりで起こりますね。
おかげで、ブログ更新はほとんどできない有様。




c0168172_17454479.jpg
c0168172_17455375.jpg
c0168172_17455918.jpg
c0168172_17460848.jpg
c0168172_17461453.jpg
c0168172_17462039.jpg
c0168172_17462761.jpg
c0168172_17463395.jpg
c0168172_17463888.jpg
c0168172_17464699.jpg
c0168172_17465398.jpg
c0168172_17470054.jpg
c0168172_17470643.jpg
c0168172_17471258.jpg
c0168172_17472565.jpg
c0168172_17473270.jpg
c0168172_17473817.jpg
c0168172_17475255.jpg
c0168172_17475900.jpg
c0168172_17480795.jpg
c0168172_17481364.jpg
c0168172_17482091.jpg
c0168172_17482606.jpg
c0168172_17483354.jpg
c0168172_17484110.jpg
c0168172_17484897.jpg
c0168172_17485412.jpg
c0168172_17490204.jpg
c0168172_17490957.jpg
c0168172_17491584.jpg
c0168172_17492400.jpg
c0168172_17493288.jpg
c0168172_17494133.jpg
c0168172_17494811.jpg







# by hologon158 | 2017-12-08 17:52 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

711.03 ホロゴン外傅216「2017年9月23日ビオゴン21㎜F4.5の飛鳥へ」3 朗読芸術


図書館では近頃朗読CDを主に借りています。
ネットのAudible com.で英語朗読ファイルを入手し、
図書館では日本語の朗読CDを借りるわけです。
日本語の方は、すでに100枚近く聴きました。
楽しい。
第1、目が疲れません。
第2、語りに心を集中できます。
だから、ストーリーに自然に没入できます。
お勧めします。

かなり以前から新潮社が朗読CDシリーズを出していました。
今でも販売していると思います。
でも、達者な朗読者もいましたが、
昔風のいかにも「朗読しています」風棒読みもありました。
それから一世代が経過して、
今はかなり若い世代の朗読者たちに変りました。
嬉しいことに、この若い人たち、
ほとんど例外なく、実に達者な朗読家なのです。
なんでこんなに変わったのだろう?

はっきり言えることが一つあります。
日本語の発声、イントネーションがかなり変わった!
日本語は、世界的にはかなり少数派の属する高低語です。
昔の朗読者たちの朗読は、基本通りに、正統派ですから、
どこかにアクセントを強めたりしたりせず、
坦々としているけど、どこか味のある、
語り口の妙味だけで聞かせるタイプでした。

その最高峰は、徳川夢声さんでした。
ラジオでの吉川英治作「宮本武蔵」の放送は一世を風靡しました。
新潮社から、その全編CDが刊行されています。
77枚、234,514円
ため息が出ますね。
そのうち、名場面集だけでも手に入れようかと思っています。
徳川夢声さんの朗読の醍醐味は、一にも二にも、間合い。
間をほんの5分の1秒も取りすぎると、退屈で下品になりかねません。
徳川夢声さんの間は終始どんぴしゃりで、絶妙の一言に尽きます。

現代の朗読者たちは、徳川夢声さんとは異なるテクニックを使います。
主な武器は、声色、感情表出、ダイナミクスでしょうか?
昔の朗読者たちが使わなかったテクニックがかなり華麗に駆使されます。
私は、かろうじて英語なら付いていける程度なのですが、
そんな私でも、英語朗読者たちの妙技にはいつも舌を巻かされてきました。
英米には朗読の伝統があります。
おそらくギリシア悲劇、シェークスピア劇等の演劇と、
独特の朗読文化の長い長い伝統に立つからでしょう。
そんな英米の朗読文化が長い間日本にも浸透してきました。
なんだか日本語そのものが変わろうとしているのでしょうか?
とにかく朗読が面白くなってきました。

と、ここまで書いて、閃きました!
間抜けだった!
なんでもござれのYouTubeに、朗読もあるはず!
YouTubeで、試しに「剣客商売 朗読」で検索してみました。
なんだ、なんだ、なんだ............!
これからは、図書館に一生懸命通う必要なんかなかった!
いくつも並んでいるじゃないか!
近頃、落語、それも古今亭志ん生師匠のそれにぞっこん。
図書館で見つけたのは5枚だけ。
ところが、YouTubeにはいくつも見つかりました。
古今亭志ん生 十八番 コレクションBOX ①
2時間以上もあります。
これが④まであるのですから!

図書館の朗読CDもあらかた聞いてしまいました。
でも、これからはYouTubeを渉猟すれば、
おそらく一生聞いても聞ききれないほど見つかりそうです。
私がそこで思いついたアイデアは、
iPhoneの予備バッテリーを手に入れること。
これさえあれば、どこに出かけても、聞き続けることができる!
早速、保護ケースとしても使えるものをアマゾンで購入しました。

最後に、これまで聞いた朗読CDの中でもベスト10に入る、
すぐれた朗読をひとつ紹介しておきましょう。

朗読・山本周五郎「雨あがる」 
(https://www.youtube.com/watch?v=ZkVwrmIc1x8&list=
PL-Qgse30YFyVqpYiXF7V6uLCMQL-DHsC9&index=37)

名優日下武史の名朗読です。
これをお聞きになったら、あなたも朗読芸術に目覚めるはず。
人生、退屈を感じることなど、なくなりますよ。




c0168172_21370184.jpg
c0168172_21370792.jpg
c0168172_21371315.jpg
c0168172_21372003.jpg
c0168172_21372970.jpg
c0168172_21373466.jpg
c0168172_21374791.jpg
c0168172_21375352.jpg
c0168172_21380001.jpg
c0168172_21380791.jpg
c0168172_21382796.jpg
c0168172_21383568.jpg
c0168172_21384077.jpg
c0168172_21385924.jpg
c0168172_21393417.jpg
c0168172_21395548.jpg
c0168172_21400463.jpg
c0168172_21402888.jpg
c0168172_21403554.jpg
c0168172_21405423.jpg
c0168172_21413731.jpg
c0168172_21414440.jpg
c0168172_21415141.jpg



# by hologon158 | 2017-12-01 22:00 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

711.02 ホロゴン外傅216「2017年9月23日ビオゴン21㎜F4.5の飛鳥へ」2 着陸したのだ!


(今回は、私の写真は掲載しません。
私よりももっとすぐれた写真家の傑作を掲載するだけに留めましょう。
私も同じ撮り方をしている、と思われたら、業腹なので。
この発言の意味は最後までお読み頂いたら、お分かりになります)

最後に一つ考えてみたいことがあります。
飛行士たちは月面着陸をしていないのに、
アポロ11が月に行った、そんな可能性はあるのだろうか?

ヴァン・アレン帯が通過不能である可能性を無視すれば、
可能性はある、そういうことができそうです。
アポロ11の出発の直前、アームストロング船長は、
地球上で着陸船を試験飛行しました。
試験は見事失敗。
地上近くでコントロールを失って地上に激突しました。
船長は脱出装置でかろうじて死を免れたのです。
そのような不安定性は開発当初から分かっていたことでしょう。

惨めに失敗しながら、よくぞ、本番を敢行できたものです。
でも、この難問を見事に解決したからなのです。
NASA中枢部はすでに用意していたセカンドプランを実行したのです。
月までは現実に行くのです。
でも、月面には着陸船を無人で降ろす。
そして、地球には、いかにも本番実行と見せかけつつ、
スティーブン・スピルバーグ監督が制作した実況中継ビデオを、
リアルタイムで送信することにした。
つまり、NASAには月面着陸プランを実行する表チームと、
着陸偽装工作の裏チームと、2班あったのです。
飛行士たちはまさにこの両チームを橋渡ししたわけです。

すなわち、アームストロング船長、バズ・オズドリンたちは、
確かに人類最初の月旅行を成し遂げたのです。
でも、月には降りなかっただけ。

ただし、もう一つの可能性を考えることもできます。
確かに降りることは降りた、という可能性。
約21時間も不眠不休で活動したこととなっています。
でも、当時の宇宙服は月面の温度変化に耐えるものはなかった。
(赤道付近で、昼は110度C、夜-170度Cだそうです。)
そこで、比較的耐えられる時間帯に降下して、
最短時間で着陸の証拠となる工作をあれこれ行ったうえ、
さっさと飛び立ったのです。
命がけの超短時間作戦。
作業に全身全霊熱中したので、
ほかになにも覚えていないのは当然です。
そうしておいて、着陸時の悠然たる振る舞い等の一部始終は、
スピルバーグのビデオで間に合わせた、という、両面作戦。

ネットで真空中の温度変化を調べてみますと、
かなり、月面に近い設問での考察を見つけることができました。

  真空中での物体の温度変化についての質問です。
 (https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/
  q10172735055?query=月面の温度変化&status=solved)

 「初期条件は、時刻0で、温度が100℃とします。
  その結果は以下のグラフのようになりました。
  時間の単位は分です。
  温度100℃から約200分後に0℃になり、
  約600分後には、-60℃になりました。
  想像していたより遅い下がり方です。
  これは、比熱が高い水を充填した物質で計算したからだと思います。
  もっと、表面積が大きくて質量が小さい物質、
  例えばきわめて薄い球殻ですと、
  もっと温度の下がり方は極端だと考えます。」

そうすると、100℃とか-60℃といった極端な温度は耐えられないから、
21時間は無理としても、その半分位は、
当時の宇宙服でも耐えられる温度域で活動できたのかも知れません。
ただし、アームストロング船長たちがいみじくも言う通り、
自分たちの成すべき作業に文字通り没頭して、
星空、遠景に目をやることはついになかったのかも知れません。
極限状況下での生存のための戦いだったからです。

この作業には、だから、アポロ11でもっとも有名になった、
記念撮影は含まれていません。
(https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=
UTF-8&gdr=1&p=AS11-40-5869
#mode%3Ddetail%26index%3D8%26st%3D196)
バックの太陽が飛行士の全身の影を前に投げている写真。
反射面がないので、飛行士の前面は完全に黒つぶれのはずなのに、
なぜかむしろ純白に輝いている不思議な写真。

c0168172_17352616.jpg


月面では絶対にこの写真は撮れません。
反射面の沢山ある地球上でさえも、
この状況で、反射板も補助光もなければ、
シャドウのディテールを出そうと思えば、
露出設定をプラス側に大きく開けるしか方法はないことを、
すべてのカメラマンは知っています。
だから、ハッセルブラッド社の専門家がこの写真を見せられて、
当惑したように答えます、
「なぜこんな風に撮れたのか、私にはわかりません」

でも、私には分かります。
これは巨大な月面再現のスタジオで撮ったのです。
仕事に忠実なカメラマンは、飛行士の姿を浮き立たせるために、
真面目に作業しました。
ちゃんと、飛行士のシャドウにだけ補助光を与えたのです。
スターなのですから、しっかりと姿を浮き上がらせなきゃ!
着陸船もたいていシャドウが明るく浮き上がっていますね。
ご丁寧に星条旗がしっかり見える!
飛行士が露出補正をかけたからではないことは、
他のシャドウが全部つぶれていることから明らかですね。
しかも、シャドウ部は完全にブラックなのですから、
それを露出補正でこのように浮き上がらせようとしたら、
画面全体は飛行士の前面と同じ位に白く飛んでしまうでしょう。
第一、これが決定的なポイントですが、
飛行士の影もまた、飛行士の前面と同じく、白くなってしまう!

NASAの写真家も、プロジェクトの関係者たちも、
写真のイロハをまったく知らないで、
とくとくとして、こんな撮影不可能な写真をずらりと並べている!
これじゃNASAじゃなくてBAKA。

どなたか写真家がもし「いや、これは月面での実写だよ」とおっしゃるなら、
ぜひ、納得の行く説明をしていただきたいものですね。
きっと大変によい勉強になるでしょう。
コメントをお待ちしていますね。
よろしく!

こんな風に考えてきますと、
案外、第三のアイデアこそ、史上空前の快挙の真相かもしれない、
そんな感じがしてきました。
いかがですか?





# by hologon158 | 2017-11-29 17:38 | ホロゴン外傳 | Comments(2)

711.01 ホロゴン外傅216「2017年9月23日ビオゴン21㎜F4.5の飛鳥へ」1 星を見たの?②


(レンズはビオゴン21㎜F4.5の飛鳥シリーズに移行しましたが、
記事は前回に続きます)

アポロ11号の乗組員がビデオ通りに月に行っていない。
この事実をまず確信したのは、
乗組員3名が月面での星空をぜんぜん見ていない、
覚えていないと記者会見で答えたことからでした。

Youtubeにその記者会見の実況があります。
「Apollo 11 press conference sky star」なんて検索語で、
一杯出てきます。
ご覧になってください。
とても苦しそうな表情で、しぶしぶそう答えるシーンは見物です。
私は、人が嘘をついているか真実を語っているかを
見分ける仕事をしていましたから、かなり分かります。
彼らは嘘はついていない。
「星空を見ていない!」
「記憶にない」

飛行士たちが月面着陸後最初に見たかったのは何でしょう?
月面の空!
そうではありませんか?
月面は着陸船からすでに間近に見下ろしています。
でも、月の空は、月面に降り立たないと、見えない!
地球上の星好きの悩みは、さまざまの邪魔があって、
全天の星空を美しく一望できないことです。
でも、月面は違います。
地上に視野を遮るものも、明かりもなにもないのです。
しかも、空気の層がないのです。
そんな月から星空を観たら、どんな風に見えるのだろうか?
誰もが想像するのですが、絶対に想像できない。
だから、着陸直後はもとより、滞在中に、
二人とも空を観なかったとは「絶対に」信じられません。

第一、見ないでいることは物理的に不可能ですよ。
その理由はあなたにも明らかですね。
月面には空気がないのです。
周りに建物もないのです。
つまり、目を上げる必要もない。
アームストロング船長たちが梯子を降り立った途端、
空一面を明るく輝く無数の星たちが瞬きもせず、
びっしりと埋めていたはずです。

別のインタビューでは、アームストロング船長、
少し余裕ができた表情で、
「空は真っ黒だった」
本当に?
そんな筈がありません。
太陽も、月面を明るく照らしても、月面に空気はないので、
月面から目を離すと、視界を遮るものは、
空気も光も含めて、なにもないのです。

飛行士たちが作業していて空を見なかった、見えなかったなんて、
そんなことはあるはずがない。
着陸船の姿も周囲の地面もすべて星空をバックにしているのですから、
目を開けている限り、いやでも、
満天の星が目に飛び込んでいたはずなのです。
その一例が見つかります。

 「美しい・・・宇宙飛行士がISSから撮った
息をのむような素晴らしい宇宙写真」
(http://karapaia.com/archives/52221498.html)

私がナミブ砂漠でキャンプしたときの空も、
上記の写真のイメージにかなり近かった。
今でも忘れることができません、
満天を文字通り埋めて輝く星々、
純白のベールを全天に靡かせている天の川、
明快そのものに読み取れる星座..........

つまり、二人は月面が星空だらけ状態だと知らず、
想像もしなかったので、星を見なかった、覚えていない、
あるいは、地球以外は暗黒だった、と答えたのです。
アポロ飛行士たちの頭部の大きく透明な窓は、
おそらく地上の透明板の中でもすぐれて透明な作りのはず。
そんな窓越しに見たら、
星空は、私たちの想像を絶するほど豪壮に輝いたはず。
それなのに、地球しか見えず、星が見えなかったって、
あなた、信じられますか?

要するに、アームストロング船長たち、
ほんとは月面の空を見たことがないのです。
この状況をこれ以外に説明することができる人がいたら、
教えてほしいものです。

そして、もう1つ。
これまでに、月面から星空を写した写真を見たことがありますか?
あったら、教えてください。
ハッセルブラッド社と提携していたうえ、
写真を撮るものだったら、誰でも知っている基礎知識なのですから、
そんな写真を撮るのは簡単です。
胸に付けているハッセルを外して、
着陸船の水平面に置いて、長時間露出をするだけ。
高感度フィルムですから、
開放なら、そんなに時間は必要としないでしょう。
60mm広角レンズを付けて撮れば、
水平垂直各50度、対角線67度の画角で星空が撮れます。
水平に7、8回動かせば、
地平線から満天の空のパノラマを撮ることができるのです。
でも、誰もしていないようです。
不思議ですね。

しつこいようですが、念のために、書いておきましょう。
どんなに忙しくても、彼らは星空を観ないわけにはいかなかった!

理由は簡単です。
① あなたが宇宙飛行士だと思って、
月面が降り立った瞬間を想像してください。
もちろん、月面を見渡しますね。
でも、地面ばかり観るわけではありませんね。
普通に目を回せば、なにが見えます?
アポロ11号はかなり平坦な地域に降りたとされています。
すると、視線を水平にしますと、当然ながら、
それよりも下に月面の地平線が広がっています。
だから、視野のほとんどを占めるのは?
星空!

太陽が月面を照らしている昼でも、
太陽光を散乱させる大気がないので、
太陽も星空の中に、
地上から観る月とほぼ同じ大きさで浮かんでいるのでしょう。
その太陽の周囲も星で埋められています。
地球は太陽よりももっと大きく星空の中に神秘の姿を見せてくれます。
人類が観たことがない光景、スペクタクル!

いくらアームストロング船長たちが月面での仕事に忙しかったとしても、
一番心が走るのは、
故郷、地球はどこにいる?
母なる太陽はどこにいる?
どちらも人類最初に月面に降り立った人間の最重要の使命であり、
好奇心であり、最大の関心事だったはずです。
そして、地球、太陽に目をやるときに、
地球、太陽を包む満天の星空を観ないわけにはいかない!
なんで、太陽は星空を隠さないんだ!
なんで、太陽の側でも星たちがくっきりと輝いているんだ!

いかがですか?
納得されましたか?
いえいえ、納得されない方の方が多いでしょう。
だって、アポロ11は月に行ったんだから!

そんな方にお聞きしたいですね。
あなたは、月面着陸に立ち会ってもいないのに、
どうしてそう確信できるのですか?
この世の中に、真実とされてきたことが虚構だったと判明したケースが
溢れているではありませんか?

私はここで、アポロ11が月にはいかなかった、と、
そこまで主張しているのではありません。
アポロ11はビデオ通りに月に行っていない、
アームストロング船長とバズ・オルドリンは月面で空を観ていない、
そう主張しているのです。



c0168172_21565068.jpg
c0168172_21570080.jpg
c0168172_21570758.jpg
c0168172_21571497.jpg
c0168172_21572088.jpg
c0168172_21572694.jpg
c0168172_21573304.jpg
c0168172_21574089.jpg
c0168172_21574695.jpg
c0168172_21575435.jpg
c0168172_21580324.jpg
c0168172_21581157.jpg
c0168172_21581893.jpg
c0168172_21582550.jpg
c0168172_21583378.jpg
c0168172_21583959.jpg
c0168172_21585229.jpg
c0168172_21585957.jpg
c0168172_21590755.jpg
c0168172_21591451.jpg
c0168172_21592136.jpg
c0168172_21592740.jpg
c0168172_21593525.jpg
c0168172_21594802.jpg
c0168172_21595478.jpg
c0168172_22000287.jpg
c0168172_22012647.jpg
c0168172_22013325.jpg
c0168172_22014015.jpg
c0168172_22014687.jpg





# by hologon158 | 2017-11-28 22:04 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

710.05 ホロゴン外傅215「2017年9月19日奈良町でズマール全開」5 星を見たの?①


アポロ11号は月に行っていない。
そう確信している人が合衆国にもかなり居るそうです。
在米の高名な物理学者カク・ミチオさんですら、
Youtubeでのインタビューでは、
明快至極、言下に「アポロは月には行っていませんよ」

私は、行ったかどうかは分からないけど、
当時の放映画像が完全なフェイクであることは確信しています。
私は折から旅行中で、フェリーのテレビで見たときから。

ロビーを通りかかると、丁度、月面に降下中のシーンでした。
静寂の中、アームストロング船長が、
「あと50m」なんて静かにつぶやく状況を実況しています。

その最初の瞬間、私が感じたことは、
「おかしいぞ.....
なんでこんなに静かなの?」
エンジン音が一切聞こえない。

あとで知ったことですが、
当時の地球上でもっとも強力なジェットエンジンだそうです。
空港でジェット機のエンジン音をお聞きになった方はお分かりでしょう。
何十mと離れている空港ロビーで聞いても、凄まじい音響。
そんなジェットエンジンが軟着陸のためにフルに噴射しているのです。
そのエンジンの真上に乗っかったブースは、
まさに太鼓の筒そこのけに、その絶叫音で満たされ、
激しく振動していたはずです。

それなのに、エンジン音が皆無で、
静かなつぶやき声だけが聞こえている。
ありえない!

飛行士の靴が着陸船の梯子側の月面の塵にぐっと深い跡をつけている、
アポロエンタープライズでも最も有名な写真も、
見た瞬間に不思議に思いました。
「おかしいなあ。
エンジンの噴射エネルギーが何分も着陸船直下の地面に吹き付けて、
地面の軽い土砂を周囲に全部吹き散らしてしまったでしょう。
足跡写真は違いますね。
着陸船の脚の側の地面にぐっと深くめり込んでいます。
これは一体どうしたことでしょうね?
この塵たち、地上最強のジェットエンジンの噴射にも耐えて、
健気に着陸位置に残っていた、というわけです。

でも、私がアポロ11号の乗組員が月に行っていないと確信したのは、
全然別の理由からでした。
以下続く。




c0168172_21473769.jpg
c0168172_21474755.jpg
c0168172_21475415.jpg
c0168172_21480408.jpg
c0168172_21481277.jpg
c0168172_21492567.jpg
c0168172_21493348.jpg
c0168172_21494186.jpg
c0168172_21494857.jpg
c0168172_21495693.jpg
c0168172_21500459.jpg
c0168172_21501107.jpg
c0168172_21501833.jpg
c0168172_21503298.jpg
c0168172_21504778.jpg
c0168172_21523442.jpg
c0168172_21522236.jpg
c0168172_21524305.jpg
c0168172_21525066.jpg
c0168172_21525648.jpg
c0168172_21530390.jpg
c0168172_21531167.jpg
c0168172_21531916.jpg
c0168172_21543300.jpg
c0168172_21544357.jpg





# by hologon158 | 2017-11-27 21:59 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

710.04 ホロゴン外傅215「2017年9月19日奈良町でズマール全開」4 チェストベルト


銀行に行く予定ができて、久しぶりに外出しました。
ついでに図書館にも寄ります。
本1冊とCD4枚。
もちろんカメラ一式もバックパックに収めました。
スピードパンクロ50㎜F2を付けたソニーα7。
かなり重い。

前にも書きましたが、右肩をかなり痛めて、
右肩だけにかけるショルダーバックを捨てて、
ペラペラの超軽量バックパックに換えました。
でも、中身が重いと、やっぱり重く、両肩に負担。
そこで、モンベルで、チェストベルトなるものを購入。
両ベルトをぐっと真ん中に寄せる道具です。

これでなにが起こるか?
ベルトを両手でぐっと握って、
ベルトを身体からちょっと離すと、
バックパックを支える重心がちょっと身体より前に移動します。
それと似た作用で、ベルトをぐっと中央に寄せることで、
肩への負担がかなり軽減されます。
この二つを組み合わせると、肩への負担がさらに軽減されます。
つまり、チェストベルトを装着しても、
歩行時はベルトを両手で押し出すのです。
そして、カメラを使うときも、チェストベルトのお陰で、
バックパックによる負担がかなり軽減されます。
ありがたい。
鬼に金棒、ホロゴン158にチェストベルト!

近鉄奈良駅でバスを降り、帰途につくまで、2時間半。
所要に1時間半使ったので、たった1時間ちょっとの撮影時間。
でも、手にしていたのは、名代の名レンズなのですから、
撮影がはかどること、はかどること。
1時間で218枚ですから、
私の銀塩時代の平均スピードを遥かに上回りました。

当時は、36枚撮りパトローネ(38枚)×4本=152枚。
(なんで、38枚か?
長尺のフィルムを購入して、自分でパトローネに仕込む。
その際、カメラが許容するぎりぎりの枚数に増量していました。
それだけ沢山撮れるし、現像費用も節約できます)
平均6時間撮影していましたから、一日24本。
これを4本用ドラム6本に仕込んで、同時並行現像。
つまり、自分で作成したタイムテーブルに従って、
現像液等を平行で注入、撹拌、排出する方法で、
1時間ちょっとで現像を完了していました。
今はデジタルなので、ミニSDカードをパソコンに挿入、
これで作業完了。
便利になったものです。

明日、京都に撮影に出かけるので、
その予行演習と風邪から回復度チェックも目的。
この撮影量から見ても、もうほとんど直ったようです。





c0168172_22264067.jpg
c0168172_22264528.jpg
c0168172_22265152.jpg
c0168172_22265969.jpg
c0168172_22270562.jpg
c0168172_22271362.jpg
c0168172_22272051.jpg
c0168172_22272765.jpg
c0168172_22274199.jpg
c0168172_22274981.jpg
c0168172_22273434.jpg
c0168172_22275600.jpg
c0168172_22280320.jpg
c0168172_22281061.jpg
c0168172_22281646.jpg
c0168172_22282260.jpg
c0168172_22282817.jpg
c0168172_22283557.jpg
c0168172_22284240.jpg
c0168172_22284892.jpg
c0168172_22285855.jpg
c0168172_22290748.jpg
c0168172_22291389.jpg
c0168172_22292038.jpg
c0168172_22292865.jpg
c0168172_22293521.jpg
c0168172_22294153.jpg
c0168172_22294984.jpg
c0168172_22295711.jpg
c0168172_22300425.jpg
c0168172_22302250.jpg
c0168172_22303003.jpg
c0168172_22303883.jpg






# by hologon158 | 2017-11-24 22:32 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

710.03 ホロゴン外傅215「2017年9月19日奈良町でズマール全開」3 これは写真なの?


奈良県立美術館開催のパンフレットを見つけました。
「ニッポンの写実 そっくりの魔力」展
パンフレットの表裏には、
超々リアリズムと言いたい位に、
精密な絵が表裏に幾枚かプリントされています。
半世紀を超える日本でのリアリズム美術の集大成かも?

パンフレットだけでも、猛烈にリアルな種々の絵が並んでいます。
とくに、表看板となっているスプーンで救った卵黄。
これまでにここまで精緻に描かれた卵の黄身はないでしょう。
実物の感触さえも感じられるほど。
実は、私はこの絵を見ても、なんにも印象を抱けないのですが、
ちょっと考えてみました。
どうしてこんな絵を描くようになったのでしょう?
そして、どうしてこんな絵が描けるようになったのでしょう?

まず、どうして可能になったか?
これはかなり容易に回答できそうです。
20世紀後半の写真、映画の映像表現そのものが、
人間の視覚を超えるほどになったために、
画家が考える細密描写の可能性が拡大したこと。
そして、そうした精密な質感、細密感を出せる画材や道具が開発されたこと。

そこで、本当の問題は、
どうしてこんな絵を描くようになったか?
可能になったから、描くというものでもないでしょう。
描きたいと思うから、描く。
じゃ、なぜ描きたいと思うのか?
競走心、記録への願望、名誉欲がバネになっているのではないでしょうか?
誰よりも精密な絵を描きたい。
これまで誰も描いたことのない超リアルな絵を描きたい。
誰も可能と思わなかった表現を実現したい。

そして、さらに重要なファクターとしては、
従来の画材、手法での表現の可能性が次第に尽き始めていること、
鑑賞者が、現代の顕著な傾向として、
意外性、超絶性を求める傾向が高まっていること、
これらの諸点が考えられます。
20世紀後半以降、世界の人口は飛躍的に増大の傾向になり、
それに伴って、美術家の人口が飛躍的に増大したために、
人と同じことをしていたのでは、
とても生き残れないこともあるでしょう。
スポーツの記録と一緒ですね。
人間は不可能と思えることはできません。
可能と思うから、できる。
誰かが記録を出せば、自分でも出来るはずと考える。
そして、そのための道具、トレーニング法が開発される、
そんな社会一体となった後押ししてくれる時代。 

ちょっと考えただけでも、超リアリズムの傾向は、
現代における記録重視の傾向に沿った現象であることが分かります。
結果がすべて。

でも、アートでこのような傾向が蔓延するのはどうでしょうか?
あなたはアートになにを求めますか?
驚き?
でも、どんな種類の驚きですか?
他の人は知りません。
私の求める驚きは、その果てに、
「ああ、人間って素晴らしいなあ!
生きていてよかったなあ!
この世界は生きるに値する!
よし、ぼくもぼくなりに心を豊かにするようがんばって、
人生を謳歌しよう!」

そこで、問い。
超リアリズムアートはそんな私の心にかなうか?
ぜんぜん!
まったく心が動きません。
目は驚いても、心は驚かない。
こんな素晴らしいものに出会えるなんて、
生きててよかった!
なんて、ちらっとも思わない。
驚きだけが空回り。

妻に、ちょっとこの展覧会のことを話しました。
言下にこう言いました、
「自分の時代の人に迎合しようとして作品を作ってるんじゃない?
超リアリズムは、科学技術の記録方法と同じ線に乗っているから、
全然人を驚かせない。
現代の人たちが、こんな表現もあったのか、と、
あっと驚くような新しい表現、深い表現を追求して、
現代に受け入れられなくてもよいから、そう表現したい、
そう考えるのが本当の芸術家じゃないの」

私もそう思います。
作品だけを見て、誰が描いたか、どんな手法を使ったか、
分からなくても、はっと心を打たれるのが本当の芸術です。
「ふーん、これが絵なの?
てっきり写真と思ったよ。
スゴイねえ。
どうしてこんな風に描けるんだろうねえ?」
これはアートを前にしての純粋な美的感動ではありませんね。
せいぜい図鑑です。



c0168172_00544051.jpg
c0168172_00544643.jpg
c0168172_00545245.jpg


c0168172_00550346.jpg
c0168172_00550846.jpg
c0168172_00551347.jpg
c0168172_00551841.jpg
c0168172_00552399.jpg
c0168172_00552891.jpg
c0168172_00553558.jpg
c0168172_00554005.jpg
c0168172_00555177.jpg
c0168172_00555618.jpg
c0168172_00560642.jpg
c0168172_00561955.jpg
c0168172_00562529.jpg
c0168172_00563942.jpg
c0168172_00564822.jpg
c0168172_00565433.jpg
c0168172_00570041.jpg
c0168172_00570567.jpg
c0168172_00571104.jpg
c0168172_00571736.jpg
c0168172_00572399.jpg
c0168172_00573044.jpg
c0168172_00573642.jpg
c0168172_00574255.jpg
c0168172_00575571.jpg
c0168172_00580030.jpg
c0168172_00574815.jpg
c0168172_00580748.jpg
c0168172_00581412.jpg
c0168172_00582887.jpg





# by hologon158 | 2017-11-23 01:01 | ホロゴン外傳 | Comments(2)

710.02 ホロゴン外傅215「2017年9月19日奈良町でズマール全開」2 ハンナ・チャン


韓国の弦楽器の演奏家は、
チョン・キョンファさん以来、
世界的な名手がかなり輩出していますが、
その中でもとくに有望株だと私には思えていたのが、
チェリストのハンナ・チャン。

1994年、ロストロポーヴィチ国際チェロコンクールに11歳で優勝して以来、
順調に成長して、世界の若手ナンバーワンとさえ評される存在でした。
確かに音楽の品位、音の確かさ、演奏技術の高さに加えて、
飾らない人柄が魅力的で、聞きあきない音楽の魅力にますます魅せられて、
いずれは偉大なチェリストの系譜に連なる存在となりそう、
そう考えてきました。

ところが、一転、指揮者としてのキャリアを切り開こうとしています。
カタール・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任して以来、
今ではどうやらチェリストとしての活動は休止。

「ニュースフォーカス」記載の彼女の言葉を引用させていただきましょう。
(http://japanese.korea.net/NewsFocus/Culture/view?articleId=110825)

「今後は指揮者に重点を置く。
指揮者が演奏できる曲は多い。
心残りはない。
私が指揮者の道を行きたいから歩むのだ。
私は一人娘として生まれ、母は作曲家、
父は音楽家ではなかったが音楽がとても好きだった。
11歳のときにロストロポーヴィッチ国際コンクールで優勝した後、
毎日演奏をしていたある日、指揮者になりたいと思うようになり、
それ以来一度も気持ちが変わることはなかった。
指揮者の人生は宇宙に出て新しい惑星を発見するようなものだ。
指揮できる曲はとても多い。
常に新しい曲が私を待っていてくれるのはとても幸せなことだ。」

ピアノ、ヴァイオリン、フルートに比較しますと、
チェロのレパートリーはかなり限定されます。
あらゆるジャンルの音楽を自分で創造的に楽しみたい、
そんな気持ちが彼女を指揮者への道に導いたのでしょう。

ブリュッヘン、アシュケナージ、バレンボイム、ドミンゴ等、
大演奏家が指揮者への道に深く足を踏み入れる例はかなりあります。
どんな演奏家でも音楽が指揮できるというものでもないでしょう。
コンダクターにはコンダクターの才能を必要とするはず。

YouTubeにハンナ・チャンの指揮が掲載されています。
プロムスでのデビューコンサート。
Han-Na Chang - Denis Matsuev - Qatar Philharmonic Orchestra
(https://www.youtube.com/watch?v=vvBiBvxAgKg)
いかがでしょうか?
私には、水際だった指揮ぶり、とても明快な演奏、
そう思えるのですが。




c0168172_17371364.jpg
c0168172_17372249.jpg
c0168172_17431771.jpg
c0168172_17432461.jpg
c0168172_17433071.jpg
c0168172_17433643.jpg
c0168172_17434214.jpg
c0168172_17434832.jpg
c0168172_17435676.jpg
c0168172_17440349.jpg
c0168172_17441085.jpg
c0168172_17441611.jpg
c0168172_17442357.jpg
c0168172_17443246.jpg
c0168172_17443994.jpg
c0168172_17444716.jpg
c0168172_17445546.jpg
c0168172_17450137.jpg
c0168172_17450885.jpg
c0168172_17451622.jpg
c0168172_17452346.jpg
c0168172_21365653.jpg
c0168172_21370893.jpg
c0168172_21371507.jpg
c0168172_21372214.jpg
c0168172_21372927.jpg
c0168172_21384013.jpg
c0168172_21385804.jpg
c0168172_21392524.jpg
c0168172_21393469.jpg
c0168172_21394384.jpg





# by hologon158 | 2017-11-21 22:21 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

710.01 ホロゴン外傅215「2017年9月19日奈良町でズマール全開」1 頭を使う



前回の続き。
織田信長は子供の頃から散々苦労して、
自分の道を切り開いていった人だからでしょうか、
細部をおろそかにしない部下を求めました。
こんな話があります。

ある日、小姓たちを次々と入れ替わりに謁見したのです。
小姓たち、殿の御前にすり寄って、「ハハーっ」と平伏。
殿は、言葉を発しないまま、しばし、沈黙。
途方に暮れる小姓に声がかかります、
「下がってよい!」
面々、漏れ聴こえてくる一部始終に途方にくれるばかり。
ある小姓、「下がってよい!」の一声に、
後ずさりしながら、小さなゴミに目に留めると、
さっとゴミを取って、退出しました。
殿の一声!
「よし!」

どんな細部も見逃さない、そんな部下を、
信長は見つけようとしていたわけです。

エピソードついでに、もう一つ思い出しました。
家康のお話。
どの戦いだったか、忘れました。
家康、小高い丘の上に馬を立てて、
眼下に広がる戦場を見渡していました。
でも、朝方だったのでしょう、うろ覚えですが、
もやが立ちこめてなにも見えません。
すると、馬の轡とりの足軽が下から声を出しました、
「殿、あそこで戦いが始まりました」
「どうして分かる?」
「先ほどまで鉄砲の火花が見えていましたが、
今は見えず、音も聞こえません。
先鋒がぶつかり合って居ると見受けられます」

信長だったら、「差し出口を!」と腹をたてたことでしょう。
2世紀半もの長年月にわたった江戸時代を開いた武将は、
懐が深かったのでしょう。

ただ細部を見逃さないだけでは、足りませんね。
その細部から、隠された全体をつかみ取らなければ。
それが「頭を使う」という言葉の意味ですね。
実のところ、直観にすべてを託す私としては、
まるで得意とするところではないのですが。




c0168172_22211628.jpg
c0168172_22212297.jpg
c0168172_22213073.jpg
c0168172_22213608.jpg
c0168172_22214288.jpg
c0168172_22214966.jpg
c0168172_22215444.jpg
c0168172_22220037.jpg
c0168172_22221497.jpg
c0168172_22222805.jpg
c0168172_22223403.jpg
c0168172_22224069.jpg
c0168172_22224765.jpg
c0168172_22225379.jpg
c0168172_22230095.jpg
c0168172_22230641.jpg
c0168172_22231217.jpg
c0168172_22231849.jpg
c0168172_22232589.jpg
c0168172_22233261.jpg
c0168172_22233971.jpg
c0168172_22234529.jpg
c0168172_22235198.jpg
c0168172_22235743.jpg
c0168172_22240380.jpg
c0168172_22245953.jpg
c0168172_22250562.jpg
c0168172_22251177.jpg
c0168172_22253260.jpg







# by hologon158 | 2017-11-17 22:29 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

709.07 ホロゴンデイ200「2017年9月18日ホロゴン飛鳥を巡り」7-完-阿呆化ツール



昨日のことです。
iPhoneを開くと、勝手にAmazonがオープンして
アレクサという商品が画面に勝手に登場。
ちょっと暇だったので、製品説明を読んでみました。
iPhoneなのでしょうけど、音声で操作できて、
内蔵スピーカーでその音声、音楽を聴ける。
便利な世の中ですね。

でも、このような便利ツールを私は阿呆化ツールと呼んでいます。
面倒なことはツールに任せて、自分は大切な仕事をすればよい、
いかにもそれらしいコンセプトです。
ところが、人間は、生きるための細々とした基本作業を
絶えず行うことによって、頭脳と体を調整し、
リセットしているのです。

おバカ大名を思い出してください。
生まれてからずっと、
着替えもおトイレも全部家臣、女中が手伝ってくれます。
あなたもそんなおバカ大名状態に向かいたいですか?
早い話、あなたが、多くの男性の羨望の的、つまり、
しっかり者の奥さんにかしづかれてきた旦那様だとしましょう。
あなた、掃除、洗濯、食事の用意、買い物、寝室のセット、
トイレのお掃除、これらの細々とした日常家事をどれだけできますか?
「ぼかあねえ、靴磨きだけは女房に任せないんだよ」
なんてうそぶいているあなた、
奥様が入院でもしたら、家事をどれだけこなせますか?
そんなことで威張るんじゃありませんよ。
羨望の的どころか、憐憫の的であることに、ご本人気づいていない。

生涯サラリーマンの男性がぼけやすいのは、
仕事しかできない人間になってしまう危険があるからです。
もしかすると、会社の組織にどっぷり浸かりすぎて、
阿呆化ツールの餌食にされてしまっているかも?
会社にすべてを捧げた理想的サラリーマンであればあるほど、
退職したら、成人後培ってきた技能、知識の大半は、
実生活になんの役にも立たないくずデータと化してしまう。
ほかになんにもないなんてことになりかねない!

「問題ない。
全部女房にやらせますから」

問題は、その女房がいなくなったときのことなのですよ。
退職したとたんに、なんにも仕事のできない亭主が一日中家に居て、
のさばるなんて許せない、という奥様方が、
夫の退職後まもなくさっさと離婚というケースも増えています。
そうでなくても、奥様が病気になったり、
最悪、急逝したりしたら、あなたはたちまち立ち往で、
途方に暮れる羽目に陥る危険はありませんか?

そんなことにならないように、
まず自分の日常を自分自身の手作業で済ませましょう。

もっとも妻は別の解決策を知っていました。
「心配ないの、そんな人たち。
さっそく若い奥さんをもらうから」

でも、あなた、喜ぶのは速過ぎます。
第一、あなたの奥さんが都合よくあの世に行ってくれるとは限らない。
かなり不便な身体になっても、毒舌は健在ということになるかも?
第二、あなたのところに、若い奥さん、来る気になれますかねえ?
よーく、自分の人間的魅力の程度を再検討して見ましょうね。
無理と分かれば、奥様をもっと大事にしましょう。



c0168172_21083648.jpg
c0168172_21084286.jpg
c0168172_21084849.jpg
c0168172_21085317.jpg
c0168172_21085978.jpg
c0168172_21090695.jpg
c0168172_21091329.jpg
c0168172_21092097.jpg
c0168172_21092789.jpg
c0168172_21093426.jpg
c0168172_21094005.jpg
c0168172_21094612.jpg
c0168172_21095392.jpg
c0168172_21100055.jpg
c0168172_21100816.jpg
c0168172_21101462.jpg
c0168172_21102047.jpg
c0168172_21102745.jpg
c0168172_21103358.jpg
c0168172_21103983.jpg
c0168172_21104656.jpg
c0168172_21105589.jpg
c0168172_21111145.jpg
c0168172_21111990.jpg
c0168172_21110486.jpg
c0168172_21112798.jpg
c0168172_21113132.jpg
c0168172_21113700.jpg
c0168172_21114629.jpg
c0168172_21115256.jpg





# by hologon158 | 2017-11-14 21:37 | ホロゴンデイ | Comments(3)

709.06 ホロゴンデイ200「2017年9月18日ホロゴン飛鳥を巡り」6 格好よさ



先日、歯科医でのこと。
治療が終わって会計のとき、
親友の奥さんが作ったレザーの小銭入れを出して、
会計の女性を喜ばせました。
4つの色違いの小ケースが連結されているのです。
  ①500円玉と100円玉、
  ②50円玉と10円玉、
  ③5円玉と1円玉、
  ④雑ケース

「わあ、格好いいですねえ」
「いえいえ、別にかっこつけてるわけじゃないんですよ。
たまたまもらって、使い勝手がよいので、
気に入って使っているだけ」と言いつつ、満更でもない。

「そんなことありません。
なんか全部格好いいですよ」
私、苦笑して、
「私はカッコ良くありませんよ。
身なり、外観、持ち物に気を使ったことがありませんよ。
いつもありあわせ、手当たり次第」
そうすると、その女性、なんと言ったか?
(この記事長々書いたのは、これを書きたかったから!)

「もともとカッコいい方は、
身なりに気を使う必要がありませんからねえ?」

生涯、このようなことを言われたことがない。
自分でも思ったこともない。
でも、これはやっぱり特筆に値する!
ということで、わざわざブログ記事にしてみました。

というわけで、この日はとても気分がよい日でした。
こうなると、ますます妻にかしづかなくては!
(この辺りの論理はちょっと混濁気味ですが....)

それにしても、なにをやっても、かっこいい人、
なにをやっても、かっこよくない人、
なにをやっても、目立つ人、
なにをやっても、目立たない人、
人さまざまですね。

私はどうも、先ほどの言葉とは裏腹に、
なにをやってもかっこいいとは言えない感じ。
そして、間違いなく、なにをやっても目立たない。
これは私のような人間には願ってもないあり方です。
まず、精神的にダメージを受ける危険がありませんね。
どこに言っても、誰と向かい合っても、
まったく気兼ねなく自分でいることができます。

神様の前に立っても、そうでありたい、
そんな風に思うのですが、
一生無神論者で通して来た人間です。
思わず、「ほんとに神様ですか?
私は神様だと言う人に限って、偽物なのですが...」
なんて口走ってしまうかも知れませんね。




c0168172_17290737.jpg
c0168172_17291309.jpg
c0168172_17292165.jpg
c0168172_17292755.jpg
c0168172_17294177.jpg
c0168172_17294840.jpg
c0168172_17295574.jpg
c0168172_17300380.jpg
c0168172_17301096.jpg
c0168172_17301675.jpg
c0168172_17302241.jpg
c0168172_17302813.jpg
c0168172_17304807.jpg
c0168172_17305522.jpg
c0168172_17310220.jpg
c0168172_17310930.jpg
c0168172_17311655.jpg
c0168172_17312367.jpg
c0168172_17313014.jpg
c0168172_17313716.jpg
c0168172_17314427.jpg
c0168172_17315264.jpg
c0168172_17315838.jpg
c0168172_17320487.jpg
c0168172_17321185.jpg
c0168172_17321876.jpg
c0168172_17322541.jpg
c0168172_17323262.jpg
c0168172_17324377.jpg
c0168172_17325032.jpg





# by hologon158 | 2017-11-12 17:34 | ホロゴンデイ | Comments(0)

709.05 ホロゴンデイ200「2017年9月18日ホロゴン飛鳥を巡り」5 妻の王国2


前回のように人生を考える人は少ないかも知れません。
これは私の現状肯定主義のせいかも知れない、
そう気づきました。

私の下の姉は刻苦勉励型で、
一浪して、医者になりました。
私は春風駘蕩型なので、やっぱり一浪して、
国家試験も大卒後一浪して、どちらもかろうじて通りました。

姉と同じ予備校に通ったのですが、
先生との懇談で、私の成績表を眺めながら、
やれやれ、嘆かわしいという表情で、
「君が姉さんと代われば、
なんにも問題なかったんだけどなあ.....」
私を反発させ発奮させようとする努力もまるで分からずに、
「そうですか? 
別に代わらなくてもいいんですけど.....」
人生、ずっとこの調子でしたね。
怖ろしいものですね、
三つ子の魂百まで。
とうとう、生涯、発奮して限界を突破、なんてこともなく、
こうしてのうのうと暮らしてきたようです。
あなたも、じたばたせずに、今の自分に満足しましょう。
どうせ変われっこないのですから。




c0168172_11100721.jpg
c0168172_11101457.jpg
c0168172_11102140.jpg
c0168172_11102711.jpg
c0168172_11103368.jpg
c0168172_11103866.jpg

c0168172_11105362.jpg
c0168172_11110745.jpg
c0168172_11111597.jpg
c0168172_11180517.jpg
c0168172_11181233.jpg
c0168172_11181926.jpg
c0168172_11182587.jpg
c0168172_11183117.jpg
c0168172_11183790.jpg
c0168172_11184375.jpg
c0168172_11184871.jpg
c0168172_11185478.jpg
c0168172_11190076.jpg
c0168172_11190623.jpg
c0168172_11191305.jpg
c0168172_11191858.jpg
c0168172_11192490.jpg
c0168172_11193048.jpg
c0168172_11193781.jpg
c0168172_11194302.jpg
c0168172_11194911.jpg
c0168172_11195518.jpg
c0168172_11200233.jpg
c0168172_11201290.jpg
c0168172_11201796.jpg
c0168172_11202426.jpg





# by hologon158 | 2017-11-10 11:32 | ホロゴンデイ | Comments(0)

709.05 ホロゴンデイ200「2017年9月18日ホロゴン飛鳥を巡り」5 妻の王国2


前回のように人生を考える人は少ないかも知れません。
これは私の現状肯定主義のせいかも知れない、
そう気づきました。

私の下の姉は刻苦勉励型で、
一浪して、医者になりました。
私は春風駘蕩型なので、やっぱり一浪して、
国家試験も大卒後一浪して、どちらもかろうじて通りました。

姉と同じ予備校に通ったのですが、
先生との懇談で、私の成績表を眺めながら、
やれやれ、嘆かわしいという表情で、
「君が姉さんと代われば、
なんにも問題なかったんだけどなあ.....」
私を反発させ発奮させようとする努力もまるで分からずに、
「そうですか? 
別に代わらなくてもいいんですけど.....」
人生、ずっとこの調子でしたね。
怖ろしいものですね、
三つ子の魂百まで。
とうとう、生涯、発奮して限界を突破、なんてこともなく、
こうしてのうのうと暮らしてきたようです。
あなたも、じたばたせずに、今の自分に満足しましょう。
どうせ変われっこないのですから。




c0168172_22324790.jpg
c0168172_22325313.jpg
c0168172_22330090.jpg
c0168172_22330656.jpg
c0168172_22331295.jpg
c0168172_22331964.jpg
c0168172_22332697.jpg
c0168172_22333271.jpg
c0168172_22333994.jpg
c0168172_22334537.jpg
c0168172_22335100.jpg
c0168172_22335679.jpg
c0168172_22340145.jpg
c0168172_22340762.jpg
c0168172_22341290.jpg
c0168172_22341871.jpg
c0168172_22342457.jpg
c0168172_22342933.jpg
c0168172_22344323.jpg
c0168172_22345186.jpg
c0168172_22345947.jpg
c0168172_22350545.jpg
c0168172_22351281.jpg
c0168172_22351769.jpg
c0168172_22352370.jpg
c0168172_22352953.jpg
c0168172_22353722.jpg
c0168172_22354201.jpg
c0168172_22354942.jpg
c0168172_22355893.jpg






# by hologon158 | 2017-11-09 22:37 | ホロゴンデイ | Comments(0)

709.04 ホロゴンデイ200「2017年9月18日ホロゴン飛鳥を巡り」4 妻の王国


3年前退職した後、私は静かに王国を奪取してきました。
妻が握ってきた我が家の王国。

人はこういうかも知れません、
それは違うよ、
あんたの一家の主人として君臨する王国を、
奥さんに静かに奪い取られる過程だよ。
でも、これは大間違いですね。
遙か昔に乗っ取られてしまっていましたので。

妻は最初の妊娠の際、食事の世話、洗濯、掃除等、
通常妻が握る特権を静かに私に委譲し、
その出来映えを静かに賞賛することで、
多忙な私の心に、主婦の特権を侵す喜びを植え付けたわけです。
こうなると、退職すると、私はますます笠に乗って、
妻の特権を奪い続けてきたわけです。

ある男性、長期退院してきた妻を家に迎えて、
こう言ったそうです、
「今日の晩ご飯はなにを作ってくれる?」

かわいそうに!
この旦那さん、家事の喜びなどぜんぜん味わったことがない。
妻の入院中はずっと外食かレトルトで通し、
ベッドはシーツも代えず、
掃除、洗濯も最小限だったでしょう。
奥様、家を見渡すと、
入院したときのままの状態がまことに丁寧に保存されたまま、
ただし、しろくホコリが詰まった状態で。

私はこの男性とはかなり違うわけです。

退職すると、家庭が職場になったようなものですが、
私は一種の悟りを得ています。
人間、なにをするかが問題ではない。
どうするかが問題。
ホワイトヘッドが書いています、
人生のあらゆる瞬間を生き甲斐にしなさい。

私はホワイトヘッドを信じます。
私の場合、写真を撮るときも、楽器を演奏するときも、
食器を洗うときも、トイレを掃除するときも、
すべてイクイバレント等価です。
時間が惜しい、という感覚がなくなってしまいました。
どの瞬間も楽しまない限り、生きている甲斐がないじゃありませんか?

退職したら、2本のブログの記事をどんどんアップしよう、
そう考えていました。
写真が溜まりに溜まっているからです。

ところが、ブログであれ、楽器練習であれ、文章作成であれ、
トイレの掃除であれ、お米研ぎであれ、食事の準備であれ、
子供たち(猫ですが)の食事の準備等の世話であれ、
おっと、違いました、
子供たちの世話は最優先ですから、
これを除く他のなんであれ、等価値なので、
なにかを一つだけ、たっぷりやろうという気分は一切なくなりました。
そのうえ、ブログは、どうせ見に来る人がいないと思うと、
自己満足の世界なので、日々やるべき家事よりぐっと優先順位が落ち、
近頃、怠けることも増えています。




c0168172_11474926.jpg
c0168172_11475535.jpg
c0168172_11480007.jpg
c0168172_11480665.jpg
c0168172_11481117.jpg
c0168172_11481813.jpg
c0168172_11483498.jpg
c0168172_11483970.jpg
c0168172_11485071.jpg
c0168172_11485592.jpg
c0168172_11490059.jpg
c0168172_11490711.jpg
c0168172_11491388.jpg
c0168172_11491897.jpg
c0168172_11492461.jpg
c0168172_11493077.jpg
c0168172_11494345.jpg
c0168172_11495914.jpg
c0168172_11500667.jpg
c0168172_11501652.jpg
c0168172_11502488.jpg
c0168172_11503102.jpg
c0168172_11503730.jpg
c0168172_11545753.jpg
c0168172_11550300.jpg
c0168172_11551069.jpg
c0168172_11551624.jpg
c0168172_11552231.jpg
c0168172_11553011.jpg
c0168172_11553888.jpg
c0168172_11555069.jpg
c0168172_11555676.jpg





# by hologon158 | 2017-11-08 12:01 | ホロゴンデイ | Comments(0)