わが友ホロゴン・わが夢タンバール

35.4ホロゴンデイ14「2007年3月7日の宇治」4 もし、この世に花が存在しなければ?


ちょっと男性的な視点から書かせていただきますが、
もし、この世に女性というものが存在しなかったら、
世界はもう少し平和になったかもしれませんが、
歴史はもっともっと退屈なものになっていたでしょうし、
人生はもっともっと暗いものになっていたことでしょう。
もし、この世に色彩がなければ、
芸術そのものが生まれてこなかったかも知れませんね。
そして、もし、この世に花が存在しなければ?
この世は闇ですね。
人の心はもっともっと殺伐なものとなり、
心を和ませることもなく、
なにかと言えば、切ったはったの出入り三昧になっていたいかも知れません。
アイスランドのサガを読まれたことがありますか?
殺伐として、たえず剣と剣とがガツンガツンとぶつかり合う世界。
大地が不毛で、緑が少なく、春が短かったせいかもしれませんね。
路地裏って、どの町に行っても、花がいつも咲き誇っています。
路地裏に住むひとたちって、
狭く暗い通りを明るく広く見せる工夫をいつも忘れないようです。
そんな工夫を確かめるのも、路地裏探索の一つの楽しみ。
そうだ、ひとつわすれていました、
もし、この世に猫がいなければ?
おっと、やめましょう。
あまりにも個人的な視点なので。

c0168172_15291743.jpg
c0168172_15292818.jpg
c0168172_15294158.jpg

by Hologon158 | 2008-10-25 15:38 | ホロゴンデイ | Comments(0)