わが友ホロゴン・わが夢タンバール

37.1 ホロゴンデイ15「2008年8月2日の伏見稲荷」1 この世に実存が確認されている唯一の女神


昨年の宇治から1年半後、今年8月の京都伏見稲荷に飛びましょう。
およそ70枚で構成することになりますので、
宇治よりは息の長いシリーズになりそうです。
なにしろお稲荷さんです、
ふんだんに赤が登場します。
赤の好きな方はお楽しみください。
ここは、関西のロボーグラフィ十選を作れば入選必至という、
私にとっては大切な場所。
なんと言っても、霊場にふさわしい霊気が籠もっている結界なのですから。
最初の写真はまだ霊場ではありません。
いわば、下界。
でも、中央の写真は、この世に実存が確認されている唯一の女神。
ご存知、「冬のソナタ」のヒロイン。
以前も書きましたが、
千を超える映画を観た私をして、現存の最高の女優と確信させるのですから、
並大抵ではありません。
まさに「鶏群の一鶴」
そして、勝手口。
これが不思議ですね。
どうして、こんなところにコマーシャルポスターを貼る気になったのか?
これじゃまるで、「掃き溜めの鶴」ではありませんか?
むしろ喫茶店の玄関ガラス戸の猫の方がましな扱いを受けています。
なにしろ月を下に見下ろす位置に誇らしく座っているのですから。

c0168172_21555589.jpg
c0168172_21574669.jpg
c0168172_21581550.jpg

by Hologon158 | 2008-10-27 21:58 | ホロゴンデイ | Comments(0)