わが友ホロゴン・わが夢タンバール

37.15ホロゴンデイ15「2008年8月2日の伏見稲荷」15 千本鳥居を通れば、必ず願いはかなう?


伏見稲荷の名物は鳥居です。
なぜこんなに鳥居が重なるように設置されているのでしょうか?
鳥居を一つ一つくぐることによって、
心身が次第に浄化されてゆくのでしょうか?
むかし、こんな交通事故があったそうです。
並木がどこまでもまっすぐ続く道で、車同士、正面衝突したのです。
対向車線に入り込んで正面衝突を引き起こした運転者は、
なぜかふっと気を失ったと供述したそうです。
損害賠償訴訟が続く中、とうとう鑑定することになりました。
どんな専門家が鑑定したのか知りませんが、
鑑定結果は、均等に並木が並ぶ直線道路では、
並木が太陽光線を断続させることによって、運転者に催眠効果を及ぼす!
その結果、道路設置に瑕疵があるということで、
運転者の責任は大幅に軽減される判決が出たのです。
鳥居もまた太陽光線は断続的に遮断され、
明暗が断続的に連続する効果があります。
だから、千本鳥居にも催眠効果があるのだろうと言うつもりはありません。
並木道の場合、自動車のスピードも催眠効果の要因だったのですから。
でも、やはり真紅の鳥居が数知れず連続する中を歩いてゆくうちに、
醸し出される雰囲気は独特です。
これもまた一つの異界なのかも知れません。
とりわけ願いを胸に秘めながら、石段を一歩上るごとに、
「願いはかなう」
「かなわない」
「かなう」
「かなわない」
などとくり返してゆく人には、
明と暗とが交互に視野の中で交替することによって、
願いが次第にクレッシェンドし増幅し、ついには確信に高まるかも知れません、
「よし、願いはかなう!」

c0168172_23155513.jpg
c0168172_23161268.jpg
c0168172_23211073.jpg
c0168172_2317446.jpg
c0168172_23185632.jpg
c0168172_23191326.jpg

by Hologon158 | 2008-11-01 00:11 | ホロゴンデイ | Comments(0)