わが友ホロゴン・わが夢タンバール

55.16ホロゴンドラマ4「2008年11月11、12日長崎四日と楽日」16 自分を全部さらけだしてしまう、そんな世界


4日目の終わりです。
食事を終えてホテルに帰る途中。
私は飲み屋に通う癖がないので、そのまま素通り。
考えてみますと、ゆったりと飲み屋で杯を傾け、
女将さんとちょっとした戯れ言を交わすなんて人生とは、
まったく無縁の人生!
ちょっと心を休めたいときには、酒ではなく、
音楽とか絵とかで、心を満たすことにしています。
後になにも残らないようなことは、人生の無駄と思ってしまうのです。
(呑む行為が後になにも残さないと思っていること自体、狭い人間ですねえ)
だからでしょうか?
ちっとも人間に幅とか余裕とかいうものが出てこない。
人生の年輪にもまったくほど遠い。
ひたすらやりたいことをぶっ飛ばす人生。
おそらく写真にもそんな余裕のなさが隠しようもなく顕れているのでしょうね。
怖いですね。
自分を全部さらけだしてしまう、そんな世界ですね、ブログは。
でも、ちっとも怖くない。
わたしゃHologon158なのだから。
それとも、私が打ち明けなければ、気がつかなかった?
そんなら、言わなきゃ良かった!

c0168172_15434642.jpg
c0168172_1544926.jpg
c0168172_15442222.jpg
c0168172_15431928.jpg

by Hologon158 | 2009-03-15 15:45 | ホロゴンドラマ | Comments(0)