わが友ホロゴン・わが夢タンバール

56.07タンバールアワー5「2008年12月28日心斎橋」7 どれ位若いときから始めるかで決まるのです

c0168172_065781.jpg

前々からそうじゃないかと怪しんでいたのですが、
私の揚琴の師匠、付虹先生、教育者としてかなり優秀ですね。
まず、弟子になにができて、なにができないか、よく分かっている。
そして、どの順番に教えたら、弟子がちゃんと呑み込んでいけるか、分かっている。
さらに、どの程度教えたら、弟子がついていけるかも分かっている。
私以外の若いお弟子さんたちはすいすい成長していることでしょう。
先生が今日意味深なことをおっしゃいました、
「楽器というものは、どれ位若いときから始めるかで決まるのです」
がーん!
ということは、遅いとどうなるのだ?
そこで、私のような弟子のために、先生が考えた名案、それは、
1日1善じゃなかった、1回1メニュー限定!
毎回、一つずつ改善してゆくことで、着実に積み重ねができるように。
世の先生がたがみんな付虹先生のようであれば、
もっともっと子どもたちの才能も芽生えることでしょうにねえ。
えっ? なんですって?
「それで、あんたは着実に上達してるのかい?」ですって?
ホロゴン使うのだって13年かかっている私、
もっと難しい揚琴を、はじめてまだ1年4か月、
それも習い始めるのに致命的に遅すぎた私なのですよ、
聞くだけ野暮っていうものじゃございませんか?
by Hologon158 | 2009-03-20 00:09 | タンバールアワー | Comments(2)
Commented by kirico at 2009-03-20 11:14 x
ホロゴンさんご安心下さい。私の場合この言葉が正しいとすれば、がーん、がーん、がーん!!!・・・ですから。何より大切なことは瞬間、瞬間を心を込めて生きることです。お互いがんばって好きなことを続けて行きましょう。
Commented by Hologon158 at 2009-03-20 23:27
re)kiricoさん
そうでした!
kiricoさんも、私はただのお遊び、kiricoさんはプロへの道と立場は違いますが、
名人を師匠に持つ身のつらさは共通していますね。
おっしゃる通り、瞬間、瞬間、心を込めて生きることしかありませんね。
とにかく、ごまかしがきかない!
がんばりましょう!