わが友ホロゴン・わが夢タンバール

106.07 ホロゴンドラマ12 「2000年8月 ハノイ路地裏でホロゴンが躍った」7 くやしい!

106.07 ホロゴンドラマ12 「2000年8月 ハノイ路地裏でホロゴンが躍った」7 くやしい!_c0168172_21231392.jpg

旅をすると、いつも帰りの飛行機の中で、「旅の十大ニュース」を書き出す、
これが私の習慣です。
今回は、飛行機がたった1時間だったので、今から書き出してみましょう。

yoshiさんとyoshiさんの写真作品に出会えたこと
yoshiさんとyoshiさんの写真とがぴったり重なっていることを確認できたこと
yoshiさんのとてもよい、そしてとても凄いお仲間と出会えたこと
ホロゴンウルトラワイドが壊れたこと
初日、yoshiさん、のんたんさん、ara_umiさん、マリキチさんと新潟駅の北の路地を歩いたこと、
初日、GRさん、M谷さんもお見えになって、7人で、遅くまで呑んで、語り合えたこと、
2日目、yoshiさん、のんたんさん、マリキチさん、GRさんと古町を歩いたこと、
3日目、沼垂から天明町、万代町の路地裏を一人で歩いたこと、
スーパーアンギュロン21mmf3.4付きライカM3を使えたこと、
新潟には色白の美人たちがどっさり居ることがわかったこと

写真を始めて、なにが一番価値があることか?
そう考えるとき、いつも躊躇なく、私の心に浮かぶのは、
写真を通じて友だちができたこと!
今回もそのことを痛感いたしました。
やっぱり友だちって、よいものです。
そのうえ、その友だちが趣味を同じくすると来たら、もう言うことありませんね。
新潟の旅の収穫は、これに尽きると言いたいのですが、
そのうえ、贅沢なことに、写真をどっさり撮ることができました。
1日目、16本
2日目、20本
3日目、7本
合計、43本!
絶好調であることは、この旅では、終始きっかり15分に1本の割合だったことで分かります。
新潟は、私の言う、「第一級路傍」をどっさり残しているのですが、
実のところ、良い写真家と歩くとき、私はきまって沢山撮れるのです。
つまり、良い写真家たちの良い影響は素直に受け入れるのが、私。
それが、変なプライドのない、素人の強みなのであります。

十大ニュースの最後は、ちょっと説明が必要ですね。
文字どおり、色白美人たちがぞろぞろ!
とても脚が長く、すらりと姿勢良く歩きます。
自然美人で、子どもたちもみんな溌溂としている!
エアポートリムジンを近鉄奈良駅で降りて、タクシーに乗り換えました。
運転手さんに、「新潟から帰ってきたんだけど、色白の美人に一杯会えましたよ」
すると、運転手さん、「昨日テレビで言ってましたよ、
日本で一番色白の美人が多い町なんですって、新潟は!」
このとき、くやしい思いがこみ上げてきたのは、なぜなんでしょうねえ?
by Hologon158 | 2009-09-07 21:26 | ホロゴンドラマ | Comments(0)