わが友ホロゴン・わが夢タンバール

147.26 ホロゴントラベル1「2010年3月13日清正築城の熊本城の膝元で」26 器量よしが見つからない

今朝の日経の付録にとても美しい女性を見ました。
    黒木メイサさん。
今活躍中のタレントだそうです。
まさに八頭身美人で、切れの良い容貌、容姿に驚きました。
そこで、さっそくYou Tubeで検索してみました。
    印象がかなり違います。
まず、日経付録の写真はコンピューター処理で縦に伸ばされていました。
まっすぐ伸びた上腕部が猛烈に長いのですが、実際に普通の長さの方です。
インタビューを2つ見ました。
    ファンの方には申し訳ないですが、普通の女性でした。
そこで、リンカーンの言葉を思い出しました。

    ホワイトハウスに職を得たいという人と面接をした後、
    こんな風に言ったそうですね、
    「あの人は駄目だよ。
    人間、40を過ぎたら、自分の顔に責任をもたなくては」

彼が言ったことは、単に顔つきの問題ではなかったのです。
よそ行きの表情を作った外貌は、日経付録のようなものです。
でも、口を開いてなにかを語り始めると、よそ行きの表情は全部崩れます。
その人の生き方、人間性、能力、心映え、個性がぼろぼろと転げ出てくる。
「器量よし」という言葉があります。
    ほんとうの美人は、たんなる外貌の美しさではなく、
    心映えと性格のよさ、つまり、人間の器量を感じさせる美人なのです。
日本のかつての大女優たちには、
言葉を出すとさらに美しさを感じさせる器量よしがいました。
現代の女優さんたちにそのような器量よしがなかなか見つからない。
外貌はとても美しいのですが、互いに区別がつかないのです。
私が歳をとったせいで、ただ単に共感できるものがないからでしょうか?
男性ももちろん同様。
政治家たちの顔を思い出してください。
いい面構えをしている人、いますか?

    ちょっと寂しいですね。

c0168172_10462540.jpg
c0168172_10463389.jpg
c0168172_10464063.jpg
c0168172_10464816.jpg

by Hologon158 | 2010-04-19 10:49 | ホロゴントラベル | Comments(0)