わが友ホロゴン・わが夢タンバール

182.02 ホロゴンデイ54「2010年7月17日天下の祇園祭なのに裏道伝い」2 明るいのに暗い?


c0168172_14263215.jpg


この日、この写真を撮ったとき、京都は快晴でした。
    このシーンの明るさはEV値13はありました。
    ホロゴンの場合、絞りはf8固定ですから、
    ASA感度400では、シャッター速度は1000分の1秒。
    この女性はフィルム面から40㎝程度ですが、
    それでもかなりドンピシャリに止まっていなければなりません。
ところが、こんなに流れています。
    シャッター速度は15分の1秒程度でしょうか?
このスキャン画像が出現したとき、私は気づきました、
    ホロゴンヘキサワイドをはじめてAEで使ったのです。
    ところが、ホロゴンはフィルム面から1㎜程度しか離れていません。
    ヘキサーの受光素子はシャッター幕からの反射光を読み取ります。
    その反射のほとんどがレンズ後部によって遮られていたのです。
    そのために、受光素子は、とても暗い場所だと感じてしまうのです。

途中から、どうもシャッター音が低速気味だと気づいて、
    完全マニュアルに戻しました。

    というわけで、本シリーズはそんな失敗作が並ぶことになりそうです。
by Hologon158 | 2010-10-21 14:28 | ホロゴンデイ | Comments(0)