わが友ホロゴン・わが夢タンバール

184.00 ホロゴン画帖52「十冥帖 いにしえの歴史をひそめて沈む古都」


雨の古都奈良シリーズは36回で終わりました。
    
どこが古都奈良なんだ?
    奈良の雰囲気なんか、ほとんど出ていないじゃないの?
そのとおりですね。
    奈良に限らず、私が撮る街という街、全部同じ。
    ロボグラフィ、ただそれだけ。
画帖にまとめてみましたが、その印象はぜんぜん変わりませんね。

それよりも、昨日、今日とかなり写真のことを書きました。
    かなり反感をかったのではないでしょうか?
    でも、私は一段上から批判しているのではありません。
    私も、いろいろと同種のことをやってきたに違いありません。
    書いていると、いろいろと気づくところがないわけではありません。

写真を始めて3年で気づきました。
    コンテストに向かう努力と、自分の写真に向かう気持ちとは、
    とても共存しがたい。
    人に気に入ってもらう写真を撮ろうとすると、
    自分の気に入らない。
    これでは、写真を始めた初心を裏切ることになります。
    そこで、人の喜ぶ写真とはおさらば。
    以後、ずっと自分だけが気に入る写真を撮り続けてきました。

そんな私ですから、中立の部外者として、
    プロ、アマの写真家たちの世界を下から、外から見て、
    傑作を撮れれば、なにをしてもいいのだという風潮に
    素朴な疑問を呈しているだけ、
    そうお考えいただきたいですね。


c0168172_053539.jpg
c0168172_052846.jpg
c0168172_05194.jpg
c0168172_051197.jpg
c0168172_05261.jpg
c0168172_043628.jpg
c0168172_042998.jpg
c0168172_042187.jpg
c0168172_041483.jpg
c0168172_04675.jpg
c0168172_03577.jpg
c0168172_035081.jpg
c0168172_034329.jpg
c0168172_03367.jpg
c0168172_032988.jpg
c0168172_032255.jpg

by Hologon158 | 2010-11-03 00:09 | ホロゴンデイ | Comments(0)