わが友ホロゴン・わが夢タンバール

190.14 ホロゴンデイ57「2010年10月9日葛城古道はやまぬ雨に暗く沈み」14 五分は励みを生じ


武田信玄という人は大変な人物だったようです。
    「名将言行録」の次のくだりなど、あっと驚かされます。

    晴信つねに語りて曰く、
    凡そ軍勝五分を以て上と為し、
    七分を中と為し、十分を以て下と為する。
    人其の故を尋ねければ、

        五分は励みを生じ、
        七分は怠りを生じ、
        十分は驕りを生ず、
    
    と言はれけり。
    故に、晴信、つねに六七分の勝ちを越さず、
    上杉輝虎常に信玄に及ばざる所は、ここなりと言はれけり。

天下をとれる器量がありながら、ついにとらずに終わったのは、
    このあたりの慎ましさからかも知れません。
でも、三方原の大勝に乗じて、信長と雌雄を決しようとしていたら、
    どうだったでしょう?
    甲斐、信濃2国の力で、信長の縄張りの近畿に攻め込んで、
    その数倍する力を蓄えていた信長と信長の本拠地で正面衝突しても、
    はかばかしい成果を上げることはできなかったはず。
    信長は、きっと、正面対決をさけながら、
    信玄の背後に回り、周辺を崩していったでしょう。
自己を知り、己を知るものは百戦百勝あやうからず、と言います。
    信玄はそのような人だったのでしょう。

私の身近な写真でこれを考えても、
    賞を取ったりすると、もう自分は一流の写真家だと、
    実に簡単におごり高ぶる向きがあります。
    でも、素養、才能、経験、努力、すべてに欠けるので、
    後は鳴かず飛ばず、そんな方が多いようです。

私の方は、おかげさまで、ずっと素人のままですが、
    こうなると、考えますね。

    ああ、一度、おごり高ぶってみたい!

    ばからし...

さて、今回の写真は、
    そんな私の自画像3枚と参りましょう。


c0168172_19191312.jpg

c0168172_1918575.jpg

c0168172_1919621.jpg

by Hologon158 | 2010-11-25 19:20 | ホロゴンデイ | Comments(0)