わが友ホロゴン・わが夢タンバール

201.29 ホロゴンデイ59「2011年1月2日新年は奈良町の出会いで始まった!」29 庶民の犠牲?


c0168172_1791556.jpg

c0168172_179837.jpg



吉村昭の「戦艦武蔵ノート」を読みはじめました。
    ちょっと気になる論理がありました。
    第二次大戦当時、反戦思想の著述家が1ヶ月間絶食して、
    徴兵を免れたという話を取り上げ、こんな風に書いています。

        その人の代わりに、誰かが一人召集され、戦地に行ったのではないか、
        もしかしたら、戦死したかもしれない。
        「その著述家は、一人の庶民の犠牲の上に立って、
        今生きていると言っても言いすぎではないだろう。
        こうした責任感の乏しい人間を、私は人間として信用することができない」

彼の論理に立てば、すべての反戦徴兵拒否者に同様のことが成り立ち、
    すべて責任感の乏しい人間だということになります。

彼は「著述家」と「庶民」と対比していますが、
    彼は2つの点でおかしい。
        1 ここで、著述家と庶民と対比する理由がありません。
         著述家は庶民じゃないのですか?
         吉村さん、ご自身、著述家じゃありませんか?
         そうすると、あなたは庶民じゃないのですか?
         庶民とそうでないとどう区別するのですか?
         それがこの問題にどう関係するのですか?
         はっきり言って、無関係です。
         代わりに言ったのは、大金持ちかも知れませんしね。
        2 それに、庶民が一人代わって戦地に行ったと、
         あたかも特定の因果関係があるように行ってよいのでしょうか?
         こんな論理なら、ありとあらゆる行動について、
         同様の因果関係をつねに予測しなければ、
         責任のある行動とは言えなくなります。

たとえば、
    私がある職につくと、他の人がその職に就けない。
    ある職を退くと、他の人がその職をひきうけなければならない。
    それがその人にとってよいことか悪いことか、誰にも言えません。
    でも、このせいで、運命が変わることは間違いありません。
    ひょっとしたら、あなたがやめた後、
    病弱な人がついたばかりに、激務で病気に倒れるかもしれません。
    そうすると、あなたは無責任ということになりますか?

吉村さんのこの文章を読んで感じるのは、
    これはある特定の著述家のことであり、
    事情通が読めば、誰のことを言っているのかがわかるのだ。
    吉村さんは、その人または反戦思想に反感を持っていて、
    ここで筆誅を加えているのだということです。

    一般に公刊する著作の中で、個人的筆誅はやめてほしいですね。
by Hologon158 | 2011-01-11 17:15 | ホロゴンデイ | Comments(0)