わが友ホロゴン・わが夢タンバール

212.21 ホロゴンデイ63「2010年1月23日 秀吉の故地、滋賀長浜は雨だった」21 醍醐味!


        [Rara Avis展大阪展開催中。2月16日ホロゴンデイ212.19をご覧ください]


c0168172_0574964.jpg



写真の喜びって、人と縁を結ぶことですね。

Rara Avis写真展の仲間とも、まさに数奇な出会いを経て、
心を結びあい、こうして幾度か写真展を開催してきました。
出会いがなければ、今日の写真展はなかった。
そして、その写真展もまた、人と知り合える絶好のチャンス。
そのうえ、大好きな写真のことを語りあえるのですから、
もうたまりません。

今日は、初日。
名古屋の姉も来てくれました。
私は、ほんとうは近眼なので、少し離れると、見えないのです。
姉も、最初は気づきませんでした。
近づいて、姉なので、びっくり。
孔子様もおっしゃったように、
姉あり、また遠方より来たる、また楽しからずや!

NKさんもお出で頂きました。
NKさん、正月のときよりもさらになめらかに歩行をなさっていました。
自分の運命は自分で開くのだ!
不死身、不撓不屈を絵に描いたような、一廉の人物。
写真にもそれが表れています。
写真にごまかしはききません。
それなのに、こうして8ないし13枚もあなたの前に提示するのです。
NKさんのよう方がご覧になりますと、
どこまで深く見通されてしまうことでしょうか?
怖いですね。

NKさんの友人で、ブログ「Gallery Lotus」の主、
Dameo-cameraさんもお出で頂きました。
言葉の端々に写真への愛が溢れる、疾風怒濤のような方でした。

私の職場の女性も一人来てくれましたし、
以前所属していた写真クラブ「修羅」の仲間お二人も来てくれました。
クラシックカメラが縁で知り合った友人も二人来てくれました。
夭折した仲間のご主人もお出で頂きました。
彼女が居たら、写真展の核となるような作品群を出してもらえたのに、
そう考えると、悔しいですね。

こんな風に旧交をあたため、
新しい交わりを結ぶことができる。
これこそ、写真展の醍醐味ですね。
by Hologon158 | 2011-02-18 01:00 | ホロゴンデイ | Comments(0)