わが友ホロゴン・わが夢タンバール

297.05 ホロゴンデイ80「2008年3月29日春の京都をあてどなくホロゴンと」5 カメラが凍えて



今冬一番の寒さですね。

現在の家に転居してから12年ばかりになりますが、
はじめて給湯器の配管が凍結しました。
歩いていても、肌も鼻も痛くなるほど。

今日は、ツァイスの名玉ビオゴン21mmf4.5を
リコーGXR+A12に付けました。

朝と昼、少し撮りましたが、メカがとても敏感になってしまい、
右肩のアップダウンのボタンにすっとさわっただけで、
露出はマイナス4に。
撮影後の画像が真っ暗になっていることで、それに気づき、
標準のマイナス1に戻すのですが、
次に撮ろうとすると、もうまっくら。

露出の変更のためには、アップダウンボタンをいったん押して、
それから、マイナスまたはプラスに幾段か押す必要があります。
それなのに、ごく簡単に変わってしまう。
こちらの指が寒さで無感覚になっているか、
それともカメラが凍えているようです。
乾燥も尋常じゃありませんね。

江戸では、空っ風とともに、絶え間なく半鐘が鳴り響き、
火消しの男伊達が東西に走り回ったそうですが、
近ごろ、火事はとても少なくなって、ありがたいことです。

その代わり、私は電磁気人間に変身。
職場で、ロッカー、パソコン、果ては、衝立まで、
私の指先、肩がかすかに触れるだけで、
ビリビリビリッ!
もうまるで「歩く死刑台」
これも乾燥のおかげでしょうか?



c0168172_21525838.jpg

c0168172_21531284.jpg

c0168172_21532140.jpg

c0168172_2153592.jpg

c0168172_21525219.jpg

by Hologon158 | 2012-02-03 21:57 | ホロゴンデイ | Comments(0)