わが友ホロゴン・わが夢タンバール

311.30 ホロゴンデイ82「2012年3月10日友あり、東より来たる(2)」30 うれしい悲鳴



c0168172_19242636.jpg




今日はデートです。

と言っても美女ではなく、レンズたちと。

    メインはライカM9。

レンズはまず、
ペンタック1.5inchF2.9
おそらく7,80年前のダルメイヤーのオールドレンズ。
37.5mmですから、広角仕様。

ライカM9の設定はいつもどおり、

    シャープネス オフ
    彩度 標準
    コントラスト 中低
    そのうえ、露出補正もマイナス2。

もともとコントラストの低いレンズを
さらに暗くおっとりと使おうというわけです。
暗く穏やかな性格の私にぴったりというわけです。

その設定のまま、次に使うレンズが今日の本命。
というより、今日も本命。

    アストロ・ベルリンのパンタッカー50mmF2.3

父も夢見た、母も見た、なんてことはありませんが、
私はたしかに夢見てきた待望のレンズが我が家に来てから、
写真を撮ることは、夢を見ることとなりました。

タンバールをF4あたりに絞ったときに、かなり似た画像。
なんだか今では、ホロゴン15mmF8に次ぐNo.2に躍り出ようとしている感じ。

韓流ドラマで、不動の女王チェ・ジウの次に位置していたのは、
知性溢れるク・ヘソンでしたが、
ソン・ユリが私の人生に出現して、
私の心の中ではげしくセカンドポストを競り合っています。
これにとても似た事情。
うれしい悲鳴。
などと、まるでレンズを恋人と間違っている感じですが、
今日は、サブに大物を選びました。

    オリンパスE-PL1につけたレンズが、
    ダルメイヤーのトリプルアナスティグマート15mmF2.9。

レンズとしては、私がもっているレンズの中で最小、最軽量。
でも、その写りは、夢。
マイクロフォーサーズで、銀塩30mm相当の広角レンズなので、
すべて目分量、かつノーファインダーで撮れます。
つまるところ、

    ミニホロゴン
by Hologon158 | 2012-03-24 20:27 | ホロゴンデイ | Comments(0)