わが友ホロゴン・わが夢タンバール

359.14 ホロゴン外傳88「2012年4月7日天神橋商店街付近でキノプラズマートも負けず」14 一人ブログ天国



c0168172_2220665.jpg
c0168172_22195814.jpg
c0168172_22194766.jpg
c0168172_221938100.jpg
c0168172_22192816.jpg
c0168172_22191427.jpg
c0168172_22173559.jpg
c0168172_22172439.jpg





冷静に考えてみますと、
iPhoneの写真でさえも、私のこうした写真たちよりも鮮鋭で明晰。
まして、現代の最高級デジタルカメラをお使いの皆さんから見れば、
私のやっていることはとても理解しがたい愚行でしょう。
現代レンズと比較すれば、欠点、欠陥だらけのレンズで、
ぼけぼけの写真を撮って、どこが面白いんだ?
これで写真撮影の妙技を披露するのであれば、話は別でしょう。
そんな妙技とは無縁で、ただ撮っただけの写真が並ぶ。
まして、レンズを換えて、延々と同じ写真を二度も並べるなんて!
という風に、ご覧になるかたの立場に立てば、
いろいろとクレームの多いブログですが、
ご心配なく、私はご機嫌です。

この調子であと2、3年続けたら、
このブログ、アクセスはゼロになるでしょう。
もう今でも、きっとそれに近いでしょう。

こんな風に、自分だけで楽しむブログはかなり多いのではないでしょうか?
これが現代。
たとえば、個人出版しても、上げる相手がいない。
ならば、ブログ、という風に。

昔、田舎のある人が句集を出したそうです。

   友人が「知り合いに配るから」と10数冊持っていきました。
   数日後、その人は、お礼の品を持って、隣町に住む友人の家を訪ねました。
   宮崎がそうだったのですが、玄関叩いても出ないと、
   裏に回り、中庭から縁側をのぞき込むのです。
   お風呂場の焚き口をふっと見ますと、
   彼の句集が薪の横に積み重ねてありました。

足音を忍ばせて、そっと立ち去ったそうですが、
その心境はいかばかりだったでしょうか?

その点、コメント欄なし、アクセス数不確認のブログは便利です。
ほとんどのぞいたことのない友人から、
「ときどきのぞかせてもらっていますよ、楽しいですね」
なんて言われても、ハハハと笑って済ませられます。
by Hologon158 | 2012-07-27 00:04 | ホロゴン外傳 | Comments(0)