わが友ホロゴン・わが夢タンバール

453.08 ホロゴンデイ106「2018年8月28日 ホロゴンが大阪中津の夏を吹き飛ばした」8 レミング?



月曜日、孫の家のテレビで天気予報を見ました。

    アナウンサーがいつもの能天気な明るい声でしゃべります。
         「近頃、経験を超えた集中豪雨がどうして各地で発生しているのか、
          気象台の※※さんに尋ねてみました」
    ※※さん、登場。
    気象地図が映し出されました。
         「このような豪雨は、日本列島の南側に大きな高気圧があるときに、
         その高気圧の北側に西側から湿った冷たい空気が流れ込んだときに起こります」
    そして、にっこり。

えっ、これだけ?

    そんな気象の説明を尋ねているのではありませんね。

    なぜ、近頃集中豪雨が頻発しているのか?
    なぜ、これまでそんなに頻発しなかったのか?
    なぜ、今、誰も経験したことのないほどの集中豪雨が襲ってきたのか?
    そのことを知りたいのです。

専門家が質問の趣旨を理解していないはずがありません。
気象地図を用意する時間があったのですから、
もちろん事前に質問することが伝えられている。
それなのに、答えをはぐらかしている。
理由は次のどちらかではないでしょうか?

    1 なぜか分からない。
    2 分かっているけど、理由があって、言いたくない。

近頃の地殻変動に起因する大地震、
大津波、
これまでほとんど発生しなかった大竜巻、
そして、ゲリラ豪雨の域を超えた広い地域での度はずれた集中豪雨、
この数年にこれらが日替わり定食のように相次いで発生しているのです。

基本的に知りたい疑問は、

    1 これは日本に限定された現象なのか?
    2 なぜ発生しているのか?
    3 これからも発生するリスクは高いのか?

地球の温暖化のせいだろうと言う人がいます。
温暖化現象は非常に緩慢な変化なので、
温暖化が気象変動にどんなメカニズムで影響を与えるか、
これが分からない限り、説明にはなりません。

地球は地殻変動期に入ったと言われています。
この地殻変動と気象変動とは相関関係にあって、
互いに変動を強化すると言われています。

    たとえば、地殻変動期に火山の噴火が誘発されると言われています。
    富士山には最近、微細地震、鳴動、亀裂、湖の水位の突然の低下等、
    噴火の予兆現象とおぼしき奇怪な現象が頻発しています。

政府は近ごろの異常気象について真剣に研究しているのでしょうか?
とくに東北大地震はプレート移動に起因すること、
先頃の淡路島付近を震源とする地震も未知の活断層に起因することが、
あいついで明らかになっているのですから、
日本列島下の地殻変動について真剣に研究すべきです。

でも、そんな形跡はありません。

    原発についても、再稼働を認める前に、断層調査をすべきなのに、
    今は、そのような安全確認調査は停止されたまま、
    安全基準を勝手にいじくった程度で、再稼働に踏み切る方針。

    慰安婦とかナチス、ヒトラーとかは、歴史の汚辱に満ちた暗部なのに、
    政策に関わる発言の中で言及して平然としている政治家たち。
    以前なら、失脚して当然の大失言なのに、本人はしれっと平然、
    国民も、少したつともう「許してあげましょ」で済んでしまう。
    これじゃ政治家たちが国民をなめてもしかたがありません。

    政治家たちばかりじゃありません、
    あらゆる階層、地位で、信じられないような不祥事の続発。
    残忍、極悪非道の犯罪の続発。

これらを合わせて考えてみますと、
文明の末期現象としか言いようがありません。

    名づけて「レミング現象」

一体、日本列島のレミングたち、
どこに向かって疾走しているのでしょうか?




c0168172_13521392.jpg
c0168172_1352815.jpg
c0168172_1352135.jpg
c0168172_1351577.jpg
c0168172_13521367.jpg
c0168172_13514388.jpg
c0168172_13521080.jpg
c0168172_1352222.jpg

by Hologon158 | 2013-08-01 14:06 | ホロゴンデイ | Comments(0)