わが友ホロゴン・わが夢タンバール

530.10 ホロゴンデイ121「2011年7月23日 大阪九条でホロゴンが苦情も受けずに楽々と 」10 出たとこ勝負



c0168172_22231716.jpg
c0168172_22232662.jpg
c0168172_22231454.jpg
c0168172_222383.jpg
c0168172_2223345.jpg
c0168172_22225872.jpg
c0168172_2222538.jpg
c0168172_22234886.jpg
c0168172_22223746.jpg
c0168172_22223386.jpg
c0168172_22222497.jpg
c0168172_22223071.jpg





さて、いよいよ大阪、九州往復フェリー、
ディナーショーの前日になりました。

こうやって間近に迫りますと、ちょっと緊張します。

    他のメンバーは陳小林先生の下でもう数え切れないほど、
    経験を積んで来られた方たちです。
    私は指で数えるほど。
    場数を踏んだとはとても言えません。
    実力的にもはるかに後方を走っています。

こうなると、予定曲のどこかに狂いが生じてくるものです。

    「八月桂花遍地開」と「賽馬」の速いパッセージ。
    幾度か演奏会で弾きました。
    一応はなんとか弾けたのですが、それもかろうじてという程度。
    今度は小編成です。
    上手く行かないと、浮き上がってしまいます。

こんなときの常道で、わざと遅くして、幾度も繰り返して、
手に覚えてもらうというやり方。

    なんとか少しずつ改善されていますが、
    一番重要なファクター、つまり、その場で度胸を決められるか?
    これは出たとこ勝負です。

まあ、なんとかなるでしょう。
腹を決めました。

    (こうどっしり居直ると、ふっきれて、
    軽々と弾けるようになる、
    なんてことは起こりません。
    いつも予測不能。
    やれやれ..........)
by Hologon158 | 2014-07-18 22:26 | ホロゴンデイ | Comments(0)