わが友ホロゴン・わが夢タンバール

603.04 ホロゴントラベル25「2016年3月5日ホロゴンは三重に故郷を見つけた」4 ショッピング



さて、先週のショッピングの顛末の続き。

③老眼鏡は入手しました。
と言っても、たった1600円のチープ眼鏡。
店員さんに相談して、ちょっとしたテンポラリーな必要だけに、
視力検査をして、時間をかけてしっかりと調整すると、
時間とお金がかかります。
そうまでして高価なレンズを新調する必要はないだろうと、
衆議一決したのです。
帰宅して使ってみて、使い心地はまずまず。
裸眼で書くよりも遥かに楽になりました。

④クロマチックハーモニカの受け取り
大阪心斎橋の三木楽器に、ebayで手に入れたビンテージ、
ホーナーのクロモニカ280Cのオーバーホールをお願いしていたのです。
先日電話がありました、
「あまりにも古すぎるので、修理、オーバーホールは無理」
店員さん、ハーモニカを出しながら、
「徳永先生が手紙を書いておられます」
私、ハーモニカからちょっと離れていますので、
気がつかず、「そうですか」
帰宅して、手紙を読んでびっくり。
クロマティックハーモニカの大御所、徳永延夫先生が、
ホーナーの補修を担当しておられて、
丁寧に説明の手紙を書いてくださったのです。

「おそらく昭和時代、
それもかなり古い貴重なハーモニカだと思われます。
色々チェックしてみましたが、
まずボディが現在のプラスチックではなく、
木製になっています。
この部分が年月とともに縮んで、
隙間ができてしまっています。
激しい息漏れはこれが原因です。
もはや交換用の木製ボディは製造しておらず、
修理は不可能です。
しかし、レトロなハーモニカとして
大事にされることを希望します。
一応ネジ等は取り付けました。
ありがとうございました。」

⑤最後に、画材店カワチ(心斎橋)で、
墨汁と萬年筆用ペーパーを物色しました。
女性店員の方が終始付き添って、私の説明を聞き、
ニーズに合ったペーパーを探してくださったのですが、
さまざまなアート紙の性質をとてもよく知っておられるようで、
おそらく専門教育を受けておられるのでしょう。
おかげで、テスト用に数種購入することができましたすることができました。
帰宅して、ウォーターマン52で書いてみて、ご満悦。




c0168172_2247432.jpg
c0168172_22465818.jpg
c0168172_22465148.jpg
c0168172_22464458.jpg
c0168172_22463727.jpg
c0168172_22463262.jpg
c0168172_22462688.jpg
c0168172_22462086.jpg
c0168172_22461453.jpg
c0168172_2246872.jpg
c0168172_2246211.jpg
c0168172_22455670.jpg
c0168172_2245509.jpg
c0168172_22454444.jpg
c0168172_22453773.jpg
c0168172_22453185.jpg
c0168172_22452455.jpg
c0168172_2245184.jpg
c0168172_22451187.jpg
c0168172_2245457.jpg
c0168172_22445542.jpg
c0168172_22444324.jpg
c0168172_22443687.jpg
c0168172_22442916.jpg
c0168172_22442322.jpg
c0168172_22441739.jpg
c0168172_22441096.jpg
c0168172_2244481.jpg
c0168172_22435314.jpg
c0168172_22434673.jpg

by hologon158 | 2015-06-22 22:48 | ホロゴントラベル | Comments(0)