わが友ホロゴン・わが夢タンバール

726.01 ホロゴン外傅228「2018年2月2日スピードパンクロ35㎜F2が平野に出没」1 変化ヘンゲ


かなり前のことになりますが、
2月2日第一金曜日は、大阪平野区の孫二人のピアノレッスン当番でした。
共稼ぎの娘と私と妻とが輪番で月4回のピアノレッスンに付き添い。
これはこれで楽しい仕事です。

普段はマンションに一番近いJR久宝寺駅で下車して、
あれこれと孫たちの家庭のために食料品等を運びます。
2月2日はそれがなかったので、別ルートをとることにしました。
久宝寺で各駅停車の普通電車に乗り換え、平野駅で下車し、
杭全神社、平野商店街を経由して、南下してマンションに。

装備は軽量セット、
ソニーα7
スピードパンクロ35㎜F2

本ブログの表題はホロゴンとタンバールを双頭態勢。
私にとっては、この2本こそはクラシックレンズのカリスマ。
でも、タンバールは別格です。
広角使いの私には自家薬籠中のものにしたとはとても言えません。

一方、ホロゴンも、そこまで豪語するつもりはありませんが、
それでもフィルム時代から36枚撮りフィルムに換算して、
何千本も撮ってきた最愛のレンズです。
このホロゴンの最大のチャームポイントは、
それがメタモルフォーゼレンズ中のレンズであること。
ホロゴンにかかると、平凡な路地裏野郎たちが主役に躍り出ます。
完全に化けるのです。

第二次世界大戦後の最高の名優の一人に数えられるのが、
宇野重吉さんです。
昔、彼の創設した劇団の俳優の回顧談を読んだことがあります。
宇野さんが劇団の俳優たちと食事をしたとき、
食堂のメニューを読み上げたのです。
俳優たちはみんな泣いたそうです。
ただ、食事のメニューの羅列なのです、
「カレーライス、オムライス、チキンライス、ビーフカツレツ...」
でも、経験豊かな俳優たちでさえも、なぜか泣くほど哀しくなった!
これぞ、俳優のセリフが生み出した言葉のメタモルフォーゼ!

ホロゴンも、宇野さんの離れ業に近い変化(ヘンゲ)の達人なのです。
ホロゴンほどの鮮やかなメタモルフォーゼの達人レンズは、
私の知る限りでは、たった2本です。

   アストロ・ベルリンのパンタッカー50㎜F2.3、
   クックのスピードパンクロ35㎜F2。

そんな私の評価は多方面から異論を呼ぶでしょうし、
第1、レンズによるメタモルフォーゼなんて、認めない、
そう主張する向きもかなり多いだろうと思います。
私は全然気にしません。
料理と写真、どちらの味も完全にプライベートな感覚なのです。
互いに感受性の程度、質の比較、算定などできっこないのです。
だから、私は堂々と標榜できるわけです。
私にとって、最上のメタモルレンズは上記の3本だ!

大阪平野では、その一本の妙技をかなり堪能できました。
4回に分けて、ご覧頂きましょう。




c0168172_10522172.jpg
c0168172_10523117.jpg
c0168172_10523979.jpg
c0168172_10524793.jpg
c0168172_10525722.jpg
c0168172_10530430.jpg
c0168172_10531296.jpg
c0168172_10531933.jpg
c0168172_10532771.jpg
c0168172_10544734.jpg
c0168172_10545594.jpg
c0168172_10550327.jpg
c0168172_10551031.jpg
c0168172_10551877.jpg
c0168172_10555546.jpg
c0168172_10561190.jpg
c0168172_10562242.jpg
c0168172_10571089.jpg
c0168172_10572219.jpg
c0168172_10573159.jpg
c0168172_10573831.jpg
c0168172_10574524.jpg
c0168172_10575329.jpg
c0168172_10580457.jpg
c0168172_10581122.jpg
c0168172_10581949.jpg
c0168172_10582749.jpg
c0168172_10583422.jpg
c0168172_10584351.jpg
c0168172_10585104.jpg
c0168172_10590057.jpg
c0168172_10591242.jpg
c0168172_10593172.jpg
c0168172_10593931.jpg
c0168172_10594820.jpg
c0168172_10595597.jpg
c0168172_11000326.jpg
c0168172_11001835.jpg
c0168172_11002878.jpg
c0168172_11003947.jpg






by hologon158 | 2018-06-12 11:03 | ホロゴン外傳 | Comments(0)