わが友ホロゴン・わが夢タンバール

34.2ホロゴンデイ13「2007年5月12日の西の京」2 バレリーナが見事に踊り終わって


以前、メタモルフォーゼの作例として、今回の縦位置を出したことがあります。
たしかにどんより曇った日でしたが、
ここまで、この木が輝いて見えたわけではありません。
私がやったことは、もちろん脳内露出計のあてずっぽうの目分量ですが、
八重桜がちょうど白くなるような露出値に設定することだけ。
あとはホロゴンがやってくれました。
すべてがホロゴンの摩訶不思議な周辺減光のおかげ。
この写真を見ていますと、ちょっとおかしな気分になってきます。
バレリーナが見事に踊り終わって、ポーズ!
でも、誰も観ていない。
そんな感じ。
でも、おそらく木はそんなこと気にしていないでしょうね。
この水の豊富な場所をたった独り占領して、
のびのびと暮らすことができるのです。
ぐっと張り出した枝はまるで背伸びをしている姿。
満足感があふれ出てくるようです。
おのれの場所に満足し、
おのれの地位に不満を抱かない、
おのれの人生に心から満ち足りた思いができる、
そんな人がこの世に幾人いるでしょうか?
きっといるはず。
0.5パーセントかもしれません。
0.05パーセントかもしれません。
もっと少ないかも知れません。
それでもかなりいるはずなのです。
一度会って、どんな人生なのか教えてほしいですね。

c0168172_13192043.jpg
c0168172_13193640.jpg
c0168172_13194860.jpg

by Hologon158 | 2008-10-20 13:20 | ホロゴンデイ | Comments(0)