わが友ホロゴン・わが夢タンバール

2010年 03月 27日 ( 3 )

145.09 ホロゴンデイ44「2010年2月7日清水あたりで京の雅を体験し」9 共白髪と行きたいもので

今日は、ちょっと荷物がありましたので、カメラは一つにしました。
ホロゴン15mmF8M付きライカM4-P
ホロゴンウルトラワイドとどちらが使い勝手がよいか?
そう尋ねられますと、どうもライカM4-Pと答えざるを得ないですね。
シャッターも巻き上げも巻き戻しも、やっぱりライカの方が一段上ですね。
ユーザーフレンドリーなのです。
力が不必要で、とてもなめらかに作動します。
ライカM4-Pはいわば不幸の星の下に生まれた日陰者なのです。
「P」という余計な1字が付いただけで、
いわばライカの王統を継ぐ者とは認められない立場に立ってしまったのです。
造りがかなり安っぽい感じがないわけではありません。
とくにライカM3と比べてしまいますと、格下を隠せない感じ。
でも、とてもスムーズで、過不足のないボディなのです。
黒づくめなので、ホロゴン15mmF8Mとよく似合います。
喫茶店に入って、ホロゴンを惚れ惚れと見つめて、あっと声を出してしまいました。
レンズの枠の一部がなにかに当たって、ちょっと白くなっているのです。
「ほとんど未使用」「新同品」という、
ホロゴン15mmF8としては実に稀有のレンズだったのですが、
この瞬間、中古価格はガタンと下落したわけです。
で、私、落胆して、「やっぱり使うのやめよ!」と思ったか?
別に思いませんね。
折角手に入れた夢のレンズを使わないで、どうするのですか?
使ったら、疵がつくのはあたりまえの現象です。
ホロゴンをレアものクラシックレンズとして売ってどうするのですか?
あなただったら、どちらを選びますか?
売ってなにがしかの差益を手に入れて喜びますか?
それとも、ホロゴン15mmF8Mの稀有のレンズ描写を日々楽しみますか?
答えは一つしかありませんね。
金儲けを喜ぶような人が私のブログに来るとは思えませんね。
ホロゴンウルトラワイドもほとんど疵のないカメラでした。
約15年経って、もう今では疵だらけ。
でも、その疵は、ホロゴンから与えられた計り知れない喜びの代価なのです。
ホロゴン15mmF8Mからも、同じ位に大きな喜びを得たいものです。
幸せに今から15年間使い続けることができたら、
このピッカピカのホロゴンもきっとボロボロになってしまうことでしょう。
そして、私もよぼよぼになってしまうことでしょう。
ちょうど、お似合いじゃないですか?
これも共白髪の一種ですね。

c0168172_2285319.jpg
c0168172_2285960.jpg
c0168172_229646.jpg
c0168172_2291337.jpg
c0168172_2291915.jpg
c0168172_2292695.jpg

by Hologon158 | 2010-03-27 22:10 | ホロゴンデイ | Comments(0)

145.08 ホロゴンデイ44「2010年2月7日清水あたりで京の雅を体験し」8 疲れました

今日は、写真の友人4人と大阪の本町から四つ橋筋を歩いてきました。
かんかん照りなのに、寒い、奇妙な一日でした。
でも、この寒さが心身に張りを与えてくれて、とても過ごしやすく、
実に快適な一日でした。
午前中は、友人たちの持ち寄った写真を楽しみました。
私の友人には、お一人年配の女性が居られます。
この方が最後にお出しになったのですが、いつものことながら、
この方の写真に対する反応がとても面白いのです。
常にご自分の写真との優劣を算定評価されるのです。
でも、どんな優れた写真家でさえもそうですが、
他人の撮る写真は、自分では撮れないものです。
ですから、他人の優れた写真を見ると、自分は駄目だ、そう感じられるのです。
ですから、いつものことながら、写真を見せる気になってもらうのが一苦労。
なんとかなだめすかして、今回お持ちになった写真を出していただきました。
この写真たちを見て、一度、あっとのけぞりました。
強烈に強い!
圧倒的な力感で迫ってくるのです。
もちろん一同讃辞を並べました。
ところが、これを絶対にまともに受け取られないのです。
    「まあ、お世辞ばっかり」
    「お上手ばっかり」
    「ほんとは駄目なのに、私を元気づけようとおもって、無理して!」
こうなると、手のうちようがないですね。
でも、思うのですが、この方、凄い写真をお撮りになるのですが、
ご自分の写真も他人の写真も、客観的評価がおできにならないのです。
ですから、自分の写真がいいと思い、大好きなのに、
人が褒めると、本気なのかどうか疑わしくなってしまうのです。
写真を撮る能力と、写真を鑑賞する能力は別ものなのでしょうね。
つまらない写真を、どうだ、凄いだろって見せられるのもつらいですが、
凄い写真を見せられて、褒めたら、お世辞ばっかり言ってと激しく抵抗されるのって、
一層つらいですね。
疲れました。

c0168172_21341067.jpg
c0168172_21341677.jpg
c0168172_21342216.jpg

by Hologon158 | 2010-03-27 21:35 | ホロゴンデイ | Comments(0)

145.07 ホロゴンデイ44「2010年2月7日清水あたりで京の雅を体験し」7 ホロゴンでまっすぐに!

私が武蔵の言葉「身なりも心も直(すぐ)にして」にぐっと来た理由は、
私の写真をごらんになっているあなたなら、すぐお分かりですね。
     超接近水平垂直撮影法
私のホロゴンはこの方法しか受け付けない。
そして、私という人間の性格もまた、この方法しか受け付けないのです。
私の文章をお読みになったら、すぐにお分かりになるように、
私はとてもスケールの小さな、まさに小市民を絵に描いたような人間です。
ですから、生き方も一つしか知りません。
     まっすぐ前に前進!
     これしかない。
ですから、まっすぐに立つというコンセプトにはぐっと来てしまいます。
好きになると、心から好きになってしまいます。
あんまり嫌いになることはありませんが、
嫌いになったら、私の世界からは出て行ってもらうことにしています。
清濁合わせ呑むなんて、私には絶対にできない。
     いばった奴は大嫌い。
     曲がったのは嫌い。
     にごったのはもっと嫌い。
     金に汚いやつらは大嫌い。
     ですから、今の権力者たちが大嫌い。
でも、私の世界から出て行ってもらえないので、困ります。
一介の小市民なので、私生活をエンジョイすることでごまかしているわけです。
世の中をまっすぐに直せないので、
その代わりに、ホロゴンで撮る世界はまっすぐに。
でも、私の撮る写真って、私の大好きなブロガーの皆さんと違い、
とてもとてもスケールが小さい。
それで満足しているのですから、まことにちいせえ人間ですね。

c0168172_22504433.jpg
c0168172_22505184.jpg
c0168172_22505989.jpg
c0168172_225194.jpg
c0168172_22511689.jpg
c0168172_22512333.jpg
c0168172_22513078.jpg

by Hologon158 | 2010-03-27 00:37 | ホロゴンデイ | Comments(0)