わが友ホロゴン・わが夢タンバール

2010年 04月 01日 ( 4 )

145.24 ホロゴンデイ44「2010年2月7日清水あたりで京の雅を体験し」24 誰も読まず観ず

ときどきこんなことを思います、
こんな贅沢があっていいものか?
書店だけでなく、アマゾンで、あらゆる芸術の天才たちの本がごく簡単に手に入る。
You Tubeで、あらゆる芸術の天才たちの演奏、演技に日々接することができる。
はっきり言って、こんな時代はありませんでした。
昔は絶対に手に入らなかったような情報が天から慈雨のように降ってくる。
でも、これらの本質は情報ではありません。
もっと生き生きとした、いわば天啓!
僕は、天才シャワーを浴びて暮らしているのです。
たとえば、二胡の演奏、数知れずYou Tubeで観ることができます。
たいていれっきとした芸術家たちなので、見事な演奏です。
二胡は、たった2本の弦を、その間に入れた弓を前後させて弾く、難物中の難物。
とくに、かなり緩く張られた弦上で音程をただしくとるのは極めて難しい。
でも、演奏家たちはチューナーなんか使わないで、見事な音程で演奏します。
すると、二胡って、とても音程の正しい楽器だと誤解しかねません。
二胡教室の発表会などに参りますと、どうしてどうして、
二胡って、ほとんど音程が合わない楽器だと分かります。
でも、You Tubeで観ている限り、たいていの演奏家は見事に演奏するので、
二胡の学習者たちは、模範があるゆえに、理想を高くもってがんばります。
すべての芸術でも、似たようなことが起こります。
芸術かどうかはさておいて、写真でも同様です。
プロとして写真で生きていない人だって、すぐれた写真家たりうる、
それを立証してくれるブログが幾つも見つかります。
そんなお気に入りのブログで、溜息が出るような見事な写真のシャワーを浴びて、
自分のブログに戻って、ノーファインダーで撮りまくった駄写真を見て、
ふっと溜息をついたりする。
私のブログでは、文章も写真もますます個人的色彩の強いものとなり、
誰も読まず観ずの状態にますます近づきつつありますが、
そんな状態でも喜々として写真を撮り続けられるのは、
こうしてインターネットで天才たちに接して、世界はこんなにも広く、
芸術はこんなにも多彩で深いものであることを知り、
そのうえ、さまざまなブログに接することで、
みなさん、しっかりと楽しんでおられることがわかり、
ますます自分の意を強くすることができるからです、つまり、
誰も観なくてもいい、
自分が楽しけりゃ、それで十分じゃないか!

c0168172_2058176.jpg
c0168172_20583662.jpg
c0168172_20584647.jpg
c0168172_2058534.jpg
c0168172_2059042.jpg

by Hologon158 | 2010-04-01 21:00 | ホロゴンデイ | Comments(0)

145.23 ホロゴンデイ44「2010年2月7日清水あたりで京の雅を体験し」23 ブログはちょっと足踏み

今日は休業日です。
ブログをがんばりたいところですが、揚琴に集中しています。
新しい伴奏曲の練習を始めたのです。
実は昨日の夕食の席で、妻がこんなことを言い出したのです、
    「あなた、揚琴がんばっているようだけど、
     残念ながら、二胡の伴奏としては、揚琴は合わない、
     ピアノの方が良い、そう先生から言われたわよ」
たしかに、洋楽から委嘱された曲や、最近のオリジナル二胡曲には、
ピアノ伴奏もかなりあることはあります。
でも、二胡の従来のオリジナルの名曲という名曲には、すべて揚琴の伴奏譜が付けられています。
例外は、無伴奏だけ。
大演奏家たちのCDを聴いても、常に揚琴伴奏です。
ということで、私、猛烈に反発しました。
そこで考えたのは、
    よし、そろそろ伴奏レパートリーを増やそう!
選んだのは、
    名曲中の名曲「江河水」
私にとっては最高の二胡演奏家である閔惠芬さんのもっとも有名な持ち曲。
若い頃の名演がYou Tubeで観られます。
(http://www.youtube.com/watch?v=b6FRv_DdYY8&feature=
PlayList&p=63994810671EBECF&playnext_from=PL&index=0)
その演奏ぶりは神々しい位に美しい!
何十回観たことでしょうか?
この演奏に男性の揚琴奏者が伴奏を付けています。
陳小林先生から、次はこの曲をしましょうと提案を受けていました。
私は、まだ準備ができていないのでと遠慮してきたのですが、
その理由が、B♭という、私の試したことのない調性だったことにあります。
今朝、揚琴でB♭に調整してみますと、いくつか中間の音の位置が変わります。
難しいんじゃないかなと思っていますと、その音はぜんぜん使わないことが分かりました。
それなら、他の調性と同様で、ポジションが移動するだけ。
    なんだ、楽勝じゃないか!
私の伴奏レパートリーはたった4曲なのです。
3年でたった4曲!
    なんと不器用で、遅いのか!
あなたは、そう考えて、私を馬鹿にされることでしょう。
でも、伴奏って、なかなか大変なのですよ。
完全に暗譜して、完全に二胡に寄り添わなくてはなりません。
いつも一人我が道を往く人生を歩んできた私には、とてもよい人間修行になります。
というわけで、ブログはちょっと足踏み。

c0168172_14473155.jpg
c0168172_14473824.jpg
c0168172_14474546.jpg
c0168172_14475564.jpg
c0168172_1448196.jpg
c0168172_14481094.jpg

by Hologon158 | 2010-04-01 14:49 | ホロゴンデイ | Comments(0)

145.22 ホロゴンデイ44「2010年2月7日清水あたりで京の雅を体験し」22 この自信!

鳩山首相は、自民党谷垣総裁等との党首討論で、5月末決着を改めて約束したようです。
その骨子は3点。

   1 沖縄県の米軍普天間飛行場の移設は、地元の受け入れ合意を前提とする
    2 腹案を持ち合わせている。
     現行案と少なくとも同等か、それ以上に効果のある案だと自信を持っている
    3 命がけで体当たりで行動して参る。必ず成果を上げるので政府を信頼いただきたい

これが分からない。
この3点、互いに衝突し合って、とても実現可能とは思えない。
今頃「腹案」「秘策」?
遅すぎます。
それに、考えられる案はすべて出尽くしているはず。
今頃、どんな名案が誰に浮かび、実行可能かどうかの検証を経ているのでしょうか?

米政府の骨子は3点。

    1 地元の受け入れ合意を前提とする
    2 現行案か普天間基地継続
    3 現在の米軍を分散しない(当たり前です、分散すればするほど戦力は低下します)

とすると、1はどちらも共通としても、これが実に不可能。
沖縄県と各地元は全部真っ向から反対している。
それなのに、地元対策にまだ入っていません。
米政府は、今回の鳩山の答弁におそらく強烈なる反発、怒りを覚えているはずです。
    すでに、日本政府案で協議に入っているのに、別の腹案があるって?
    いったい、それは何なのだ?
    現在の日本政府案だって、ただの骨子で、細目がまったく煮詰められておらず、
    実現可能性の検証さえされていないのに、別の案を持ちだすって?
    いつその腹案を米政府に提案するつもりなのか?
    本気で5月末に決着を付けるつもりがあるのか?
米政府は本気でこれを疑い、おそらくすでに普天間基地を継続使用する方向で、
対策を講じつつあるのではないでしょうか?

それなのに、この自信。
まともに考えますと、鳩山首相のこの宣言には、2つの可能性が考えられます。
    1 ほんとうに絶対的に実現可能な秘策がすでに用意されている。
    2 いつもどおりに、その場の一時しのぎの放言で、あとでさらりと撤回の予定

あなた、どちらだと思いますか?

c0168172_10483762.jpg
c0168172_10484484.jpg
c0168172_10485186.jpg
c0168172_1048596.jpg
c0168172_1049659.jpg
c0168172_10491360.jpg

by Hologon158 | 2010-04-01 10:52 | ホロゴンデイ | Comments(0)

145.21 ホロゴンデイ44「2010年2月7日清水あたりで京の雅を体験し」21 まさに宝庫

京都の街を撮るのは楽しいですね。
どこに言っても、どうカメラを向けても、
いかにも京らしい雅やかな風物詩。
私のように、手当たり次第、腰だめで撮りまくる人間には、
まさに宝庫。

c0168172_22523859.jpg
c0168172_2253094.jpg
c0168172_22552513.jpg
c0168172_2253996.jpg
c0168172_2253229.jpg

by Hologon158 | 2010-04-01 00:17 | ホロゴンデイ | Comments(0)