わが友ホロゴン・わが夢タンバール

2018年 01月 05日 ( 1 )

713.01 ホロゴン外傅218「2017年9月5日エクター50㎜F1.9で高畑町一巡」1 エクトラ


エクトラ

なかなか魅力的な名前ですね。
ギリシア悲劇のヒロイン、エレクトラとも似た語感で、
女性の名を感じさせるところがあります。
コダックの製作したレンジファインダーカメラの雄。

触ったことがおありですか?
私は一度だけ触りました。
レンズ共々メカニカルな、ロボットを連想させる、
メカニズムの塊という感触と重さ。
魅力的なカメラです。

でも、不思議に、使いたいという気持ちを起こさせませんでした。
存在感がありすぎたのです。
欧米人の巨大な手の平になら、ふんわりとフィットしそう。
でも、手の小さな私にはあまりにもゴツ過ぎて、
手の中で駆使できる限界を遙かに超えていました。
コンタレックススーパーもそれなりに量感みなぎるカメラでした。
でも、どこか機能的な使い勝手のよい形でした。
ところが、エクトラは金属塊という感じだったのです。

でも、そのレンズたちはコダックレンズの頂点という、
雰囲気が備わっていて、エクトラがごめんだけど、
エクターレンズたちは使いたいと、食指が動きました。
幸運にも35㎜と50㎜の2本ともeBayで格安で手に入りました。
35㎜を先に手に入れ、その雄渾な描写にしびれました。

50㎜F1.9はエクトラの標準レンズです。
レンズ遍歴の掉尾に近い時期に私のもとにやってきました。
宮崎さんにライカMマウントに改造していただいたのに、
その後、私はすっかり忘れてしまったようです。
ほとんど使いもせず、ブログにも掲載しませんでした。
つまり、本ブログでは初登場のレンズです。
どうしてもっと使って来なかったか、と、
かなり悔やんでいます。



c0168172_21420202.jpg
c0168172_21420845.jpg
c0168172_21421431.jpg
c0168172_21422044.jpg
c0168172_21422503.jpg
c0168172_21423142.jpg
c0168172_21423667.jpg
c0168172_21424362.jpg
c0168172_21424801.jpg
c0168172_21425490.jpg
c0168172_21425936.jpg
c0168172_21430426.jpg
c0168172_21430992.jpg
c0168172_21431500.jpg
c0168172_21432107.jpg
c0168172_21433885.jpg
c0168172_21434370.jpg
c0168172_21434910.jpg
c0168172_21435461.jpg
c0168172_21440092.jpg
c0168172_21440659.jpg
c0168172_21441390.jpg
c0168172_21441993.jpg
c0168172_21442583.jpg
c0168172_21443647.jpg
c0168172_21444357.jpg
c0168172_21444961.jpg
c0168172_21445481.jpg
c0168172_21450012.jpg
c0168172_21450778.jpg




by hologon158 | 2018-01-05 21:46 | ホロゴン外傳 | Comments(0)