わが友ホロゴン・わが夢タンバール

2018年 01月 21日 ( 1 )

714.03 ホロゴン外傅219「2017年9月25日バルター50mmf2.3の奈良町は?」3 後門の狐 


1月20日土曜日、
新大阪ココプラザで、劉継紅先生の二胡レッスンでした。

先生、私を見て開口一番、
「やせましたね、
ちょっとほっそりしてる!」
ここ3ヶ月の苦労が身にしみています。
レッスンでさらにやせました。

二胡という楽器、誰かが、世界で一番難しい、と言いました。
小手先でちょいちょい、とは行きません。
全身が協同動作となるように、
各部位をさまざまに動かさなければならない。
ヴァイオリン奏者だと、なまじヴァイオリンに似ているために、
ヴァイオリン奏法が邪魔して、二胡の音にならない。

右手は弓を左右に水平に動かしますが、
これもさまざまに螺旋を描いたり、回転したり。
その間、左手は弦を押さえつつ、その肩は背後にふんわりと旋回し、
肩胛骨は肩胛骨で、さまざまに回転させなければなりません。
そして、腰もお尻も旋回させなければなりません。
しかも、これら全身が適切に連動しなければ、
美しい音など出ません。

でも、日本人は体を柔軟に動かすことなど経験したことがない民族。
日本人は、江戸時代など、背筋を伸ばして正座し、
小揺るぎもしない、なんて、姿勢の正しさを身上としてきました。
二胡演奏家に一番向かない生活だったかも知れません。
私なども、江戸時代さながらに硬直した姿勢で生きて来ました。
とてもおいそれと二胡にふさわしい動きなどできません。

二胡演奏家の陳少林先生がしみじみと曰く、
「二胡を教えはじめて何年かは、
生徒さんはほんとに二胡がうまくなりたいと考えて受講している、
そう思ってました。
でも、何年か経つと、そうではないことに気づきました。
曲がりなりにも、そこそこに弾けるようになって、
自分の弾きたい曲を楽しく弾ければよい、というだけ」

私も、揚琴は本気できちんと弾けるようになりたい、
そう志して、本格的な修行というつもりで勉強してきました。
でも、二胡は、いわば妻のお相伴で始めたものですし、
常々、猛烈に難しいことは知っていたので、
まさしくどんなに下手でもなんとか好きな曲を弾ければ、という程度。

でも、劉継紅先生は違います。
そもそも日本に二胡を教えたいとお考えになって来日された方で、
類まれなる心身エネルギーの持ち主。
丸々2年間、まるで見込みのない私に向かって、
精力的に正式の二胡演奏のための訓練を行ってこられました。
徒労なんですけどねえ。

私が今受けているのは、もう一人の生徒さんと共同レッスン。
その女性がおっしゃってました。
「太極拳を習っています。
劉継紅先生のおっしゃることはほとんど太極拳と一緒なんですよ」
道理で、私より遙かに柔軟にこなして行かれるわけだ!

妻からは、以前に宣告されています。
「あなたはもうじき個人授業に戻ることになるよ。
二人の生徒のレベルが違いすぎ。
もうすぐあなたがついていけなくなる。
でも、あなたと組み合わせて共同レッスンを受ける初心者なんて、
当分現れないだろうから」
やれやれ。
風前の灯火、というところですね。

ちなみに、多くの人気の高い指導者の教育法はかなり違います。
いわば、欠陥には目をつぶり、良いところを伸ばそうと努める。
自己責任の原則で、やりたい曲をどんどん教えてあげる。
そして、褒め殺し!
みすみす「井の中の蛙」を製産する方法です。
ああ、そんな先生に付くのもバカらしい。
「前門の狼、後門の狐」状態。

やれやれ。



c0168172_21574346.jpg
c0168172_21575002.jpg
c0168172_21575624.jpg
c0168172_21580346.jpg
c0168172_21581034.jpg
c0168172_21584627.jpg
c0168172_21585233.jpg
c0168172_21585840.jpg
c0168172_21590503.jpg
c0168172_21591395.jpg
c0168172_21592018.jpg
c0168172_21592657.jpg
c0168172_21593203.jpg
c0168172_21593855.jpg
c0168172_21595151.jpg
c0168172_21595797.jpg
c0168172_22000423.jpg
c0168172_22004310.jpg
c0168172_22005762.jpg
c0168172_22010522.jpg
c0168172_22011214.jpg
c0168172_22011920.jpg
c0168172_22012566.jpg
c0168172_22013279.jpg
c0168172_22014012.jpg
c0168172_22014995.jpg
c0168172_22015648.jpg
c0168172_22020191.jpg
c0168172_22020859.jpg
c0168172_22021476.jpg
c0168172_22022083.jpg
c0168172_22022842.jpg
c0168172_22023565.jpg
c0168172_22024334.jpg
c0168172_22025507.jpg
c0168172_22030241.jpg
c0168172_22030840.jpg
c0168172_22031631.jpg
c0168172_22033128.jpg
c0168172_22034083.jpg
c0168172_22034716.jpg
c0168172_22035365.jpg
c0168172_22040070.jpg
c0168172_22040702.jpg






by hologon158 | 2018-01-21 23:56 | ホロゴン画帖 | Comments(0)