わが友ホロゴン・わが夢タンバール

2018年 05月 02日 ( 1 )

721.02 ホロゴン外傅224「2017年11月7日奈良町古色はペッツヴァール200㎜が得意」2 野郎ども


前回の続きです。
今は、若者はライブには集まっても、コンサートホールには来ない。
男の子たちは受験勉強に追われて、鉄道オタクしている暇はない。
それだけ余裕のない時代に移行しつつある、
そんな感じがします。
時代は変わるものです。

鉄道博物館ははじめて。
私は鉄道ファンではありません。
子供の頃SLによく乗りましたが、
だから、懐かしいという気持ちもありません。
おかしな思い出しかないからでしょう。
高校の卒業旅行は信州、佐渡夏の旅でした。
長野からSLで大阪に戻りました。
真夏の暑い午後でした。
幾度もトンネルを抜けました。
機関車の黒煙がトンネル内では車内に逆流します。
トンネルを出る度に窓を開け、
トンネルに入る度に窓を閉めるのですが、
いつも遅れます。
閉め遅れた窓、閉め忘れた窓もあります。
その度にもうもうと黒煙が吹き込みました。
つまり、トンネルを入る度に、車内は濃霧さながらの黒煙の渦。
3日ぶりに帰宅して、玄関に入った私を迎えた母、
仰天の目を大きく開いて、
「まあ、一体どうしたの?」
白いワイシャツも私の顔も完全に真っ黒だった!
なぜか帰宅するまで、私は気がつかなかったのです。
同行の友人たちを見て、なぜ気づかなかったのか?
今でも不可解。
徐々に変化すると、目も心も慣れるようですね。

そんな事情もあったせいでしょうか?
SLを懐かしむ気持ちは全然ありません。
まして、写真を撮りたいなんて、思ったことは一度もない。
そんな私が鉄道博物館をぐるぐる歩き回ったのです。
広大な扇形車庫に巨大な機関車が並んでいます。
その魁偉な姿、すさまじいばかりの量感には圧倒されました。
SLオタクでもないのに、かなり魅了されました。
とくに蒸気機関車の運転席のすさまじい雰囲気に納得させられました。
これこそ仕事野郎の戦場だった!

新幹線はコンピュータが運転しているのだそうです。
もちろん非常事態には手動をする運転手の出番なのでしょうけど、
平常運転の間、運転手はなにをしているのでしょうね?
実際の司令はすべて中央管理室のような施設で行われるでしょうから、
新幹線内にもうけられた計器のチェックと、非常事態における要員、
この程度が仕事なのでしょうか?
走行中の新幹線の運転席で、運転手が窓に脚をかけていた、
と、問題になったことがあるそうですね。

こんなことを考えると、現代でも鉄道オタクがいるとして、
その関心の方向は人間的なファクターから機械工学的なそれに
変わっているのではないでしょうか?

その内、カメラを持って鉄道博物館を再訪してみようか、
という気になっています。
私には珍しい被写体ですが、これもロボグラフィの一種。
あの黒い山のような機関車の壮大なものの迫力、
車体、運転席から溢れて出てくる人間たちのすさまじい営み、
生きざまの痕跡を写真に撮ってみたい、
そんな気がします。

先日、JR奈良駅の精算機の前で十人ばかりの男たちを見ました。
2、3人の男を囲むようにして、防弾チョッキでしょうか、
ちょっとものものしいグレーの装備の警察官たちが7、8人。
精算しながら眺めると、なにやら事情を聴取しているのですが、
驚きました。
一般人だけではありません、警察官たちまでも全員、
普通の体格、若者顔、静かな声音、おっとりとした物腰。
どう見ても、高校生風の子供。
かつては、警察官たちは、一般人よりも少し背が高く、
がっしりとして、いかにも柔道か何かで鍛えている物腰、
底力のある声色、マッチョの語り口、鋭い眼差しでした。

ああ、あの噴出するようなエネルギーに満ちた機関車野郎たち、
「この男危険につき」迫力満点の刑事たち、
あんな野郎どもはどこに行ったんだろう?




c0168172_12153348.jpg
c0168172_12154143.jpg
c0168172_12154848.jpg
c0168172_12155419.jpg
c0168172_12160998.jpg
c0168172_12161520.jpg
c0168172_12162180.jpg
c0168172_12162827.jpg
c0168172_12163552.jpg
c0168172_12164106.jpg
c0168172_12164762.jpg
c0168172_12165383.jpg
c0168172_12170094.jpg
c0168172_12170724.jpg
c0168172_12171748.jpg
c0168172_12172422.jpg
c0168172_12173159.jpg
c0168172_12173793.jpg
c0168172_12174543.jpg
c0168172_12175157.jpg
c0168172_12180101.jpg
c0168172_12181530.jpg
c0168172_12182353.jpg
c0168172_12183061.jpg
c0168172_12183609.jpg
c0168172_12184379.jpg
c0168172_12185139.jpg
c0168172_12185915.jpg
c0168172_12191094.jpg
c0168172_12191909.jpg
c0168172_12192749.jpg
c0168172_12193801.jpg
c0168172_12194850.jpg
c0168172_12195870.jpg
c0168172_12200705.jpg
c0168172_12201771.jpg
c0168172_12202624.jpg
c0168172_12203801.jpg
c0168172_12204751.jpg






by hologon158 | 2018-05-02 22:21 | ホロゴン外傳 | Comments(0)