わが友ホロゴン・わが夢タンバール

<   2015年 01月 ( 50 )   > この月の画像一覧

570.11 ホロゴン外傅142「2015年1月18日 梅田はスイター日よりだった」11 貞成は兄を殺したか?


 
妻はちょっと旅行に出ています。

残された家族はちょっと伸び伸びしています。

    今朝は子供たち(猫ですが)の朝食をまず用意して、
    それからパパ(私です)の朝食タイム。
    3種のシリアルにバナナを一本切り入れて、
    ミルクとヨーグルトをたっぷり入れる。
    その後、ハードトーストにバターとジャム。
    おいしいお紅茶。
    極楽です。

でも、グルメじゃありませんので、
食に集中専心することがありません。

    一人でいると、必ず本を読んだり、ポメラで文章打ったり。
    片手間でも、極楽は極楽ですね。

今朝は、テーブルの横に目をやって、本を一冊見つけました。

    妻が読み終えた一冊。

        桜井英治「室町人の精神」(講談社学術文庫)

    妻はかなり知的な人で、たえず難解な本を読んでいます。
    この本も、室町時代の政治経済文化の動きを、
    猛烈と言いたくなるほど詳細に記録し、読み解いています。
    妻は注目したい個所の頁を折って、心覚えにしています。
    その耳がびっしり何十も!

その耳のひとつをちょっと読んでみました。

    「貞成は兄を殺したか?」

    あなた、貞成なんて人、知っていますか?
    私、龍馬は知っていますが、貞成は知りませんでした。

この本の裏表紙の紹介文にこう書かれています、

    「無為と恐怖と酔狂に彩られた混沌に、
    中世的秩序は崩れゆく」
    なんだか、現代そっくりではありませんか?

著者は実に綿密に資料を読み解いたようです、
こんな小見出しが続々と続きます、

    「面々用ひ申さずば..........」
    「義教に帰れ」
    「先例は光源氏?」
    「新内侍懐妊事件」
    「菊亭上﨟の悲劇」
    「神国何事あらんや」

妻は真剣に読み、たいてい記憶してしまいます。

    孫のプリンスの記憶力の淵源はどうやらこのあたり。
    私はたいてい上の空で読み飛ばして、まるで覚えていない。
    これじゃ太刀打ちできませんね。

しかし、なんです、

    どこの家庭で、睡眠前の読書として、
    山路愛山や頼山陽、果ては「論語」まで読破する奥様がいますか?
    こわいですねえ。




c0168172_1235586.jpg
c0168172_1235021.jpg
c0168172_12345417.jpg
c0168172_12344916.jpg
c0168172_12344338.jpg
c0168172_12343783.jpg
c0168172_1234321.jpg
c0168172_12342697.jpg
c0168172_12341975.jpg
c0168172_12341390.jpg
c0168172_1234655.jpg
c0168172_12335926.jpg
c0168172_12335312.jpg

by hologon158 | 2015-01-23 12:38 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

570.10 ホロゴン外傅142「2015年1月18日 梅田はスイター日よりだった」10 三兎を追う



今日は、揚琴、二胡、クロマティックハーモニカをかなり練習しました。

3つも楽器を同時にするなんて、「二兎を追う者は一兎をも得ず」どころか、
「三兎を追う者はなおさら一兎をも得ず」となることは明らか。

それなのに、なぜ?

    簡単に言えば、成り行きから、ですね。
    やってみると、これが滅法楽しい。

以前は独学であれこれやってみましたが、当然ながら、ものにならず。
長続きもせず。

    ところが、揚琴はすでに7年を超えています。
    どうやら、二胡もクロマティックハーモニカも長続きしそうです。

なぜか?

    独学とまるで学び方が違うからです。
    独学はいきなり素人がプロ野球の試合に出て、ホームランを狙う、
    そんなところがあります。
    たとえば、ギターで言えば、
    いきなり「アルハンブラの思い出」を練習するようなものです。

    自分の実力を少しずつ蓄えるためのステップを踏むことができない。
    いきなり火事になった映画館の狭いドアに、
    満員の観衆が殺到するようなものです。

ところが、よい先生に教えていただくと、
基礎からステップバイステップじっくりと上っていくようなものです。

    ケニアのキリマンジャロ登山を楽しんだことがある親友が言いました、

    「ベテランらしいパフォーマンスを気取る人は必ず落伍するね。
    のろくてもいいから、一歩一歩踏みしめて、じっくりと、
    登っていく人が頂上までたどりつく確率が高いね」
    なんだかウサギとカメのお話そっくりですね。

    途中、なだらかな高原がいくつもあって、
    その登りは気の遠くなるほど退屈なのだそうで、
    パフォーマンスをする人は無駄に体力を消費してしまうのだそうです。

楽器も同じことが起こります。

    目に見えて上達することがなかなか起こらない。
    先生から与えられた課題だけを、なにも考えずに反復しています。

    二胡では、次回が8回目になりますが、
    まだ開放弦、それも外弦だけ、
    ただ弓を滑らせて、音を出す練習だけ。
    他の先生だと、もう数曲は演奏しているでしょうから、えらい違い。

    揚琴でも、今の課題曲だけ。
    以前やった曲はすでに全部忘れました。

でも、7年もやってると、
習い始めの頃とは大違いだということだけは分かります。

    登攀の足を止めて、ふと振り返ると、
    出発地点の駐車場がかなり小さくなっている、そんな感じ。

そうなのです。
なにか曲を本格的に演奏できるようになるかどうか、
なんてことは二の次なのです、

    少しずつ少しずつ、自分が楽器に慣れていっている、
    そのことが確認できさえすれば。

写真もそうですね。

    私のように、コンテストに応募することもなく、
    人に写真を「作品です」と見せるつもりもなく、
    ただ日々の生活として撮っている人間には、
    写真が巧くなるとか、名声を博すということなど、無関係。

    忘れたくないけど、なにもしないと、確実に忘れてしまう、
    そんなロボグラフィたちを撮り続け、
    そんな写真たちに日々接することができなえすれば、
    それで十分なのです。

    しかも、ブログに出会って、
    それらの写真を常時参照可能な形で記録できるのですから、
    もう至福そのものですね。

成果ではなくて、プロセスを愛する、という点で、
楽器も写真も、私の人生の本質的な一部になっている、
そんな感じがしています。





c0168172_22344547.jpg
c0168172_22333276.jpg
c0168172_22331876.jpg
c0168172_2233854.jpg
c0168172_22325335.jpg
c0168172_22324711.jpg
c0168172_2232412.jpg
c0168172_22324738.jpg
c0168172_22322826.jpg
c0168172_22332321.jpg
c0168172_2233172.jpg

by hologon158 | 2015-01-22 22:37 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

570.09 ホロゴン外傅142「2015年1月18日 梅田はスイター日よりだった」9 大こけにこけ


午後3時46分JR新今宮駅発奈良行き快速で帰りました。

通天閣から南界隈は、昔で言う釜ヶ崎地区。

    十三も同じですが、庶民の町の楽しみの一つがお酒。
    真っ昼間から、というより、朝から、
    ホルモン屋さんや飲み屋さんのスタンドの席を埋めて、
    楽しくお酒を呑み、カラオケを歌っている姿を、
    あちこちの路地で見ることができます。
    昔はおっさんだけでしたが、今では若い男女の姿も見られます。

私はグルメでなければ、飲み助でもありません。
だから、この楽しみを想像することができません。

    朝から呑みはじめて、どれだけ長時間、どれだけ呑むのでしょう?
    酔っぱらってしまったら、後はなにもできないじゃない?
    世間があんまり面白くないので、なにもかも忘れたいのだろうか?
    それとも、そんなに忘れたい悩みがあるんだろうか?

これは、私は、要するに、
世間離れしているにすぎないのかも知れません。

    生まれてこの方、起きている間ずっと
    なにかをびっしりやり続けてきた私の方が異常なのかも知れません。

でも、面白いですね。

    なにをしても、どんな風に生きても、それが人生。
    どんな生き方が正しいとか、
    高尚であるとかなんて決めることはできませんね。
    呑み続け、女と遊び続けて、
    ついに悟りに至る人だっているでしょう。
    逆に、研鑽に研鑽を積んで、修練に修練を重ねて、
    なお、大こけにこける人もいます。
    
いつも思い出すのが、中国の晋代の政治家・武将であった殷浩。

    ろくに事績をあげなかったのに、大変に声望の高かった人です。
    失脚して田舎に蟄居していた殷浩に、
    最高指揮権を与えるべく、中央から呼び出しがかかります。
    今こそ真価を発揮して、名を青史に留めんと、気負い立って、
    謹んでお受けする旨の書簡をしたため、箱に収めます。

    ところが、ちゃんと入れたか、気になって、
    幾度も箱を開けて書簡を出したり入れたり。
    中央に書簡が届いたとき、箱の中は空っぽでした。
    結局、2度と召し出されることはありませんでした。

殷浩先生、箱から取りだした書簡をどうしたのでしょうねえ?

    すぐに失敗に気付いたら、大急ぎで人を派遣して、
    使者を途中でキャッチして、書簡を箱に納めることができたし、
    自分自身もとるものもとりあえず、都に急行した筈。

    どうやら書簡は、そんな確認の最中、
    なにかの突然の用に邪魔されて、
    卓上に溢れた書籍や紙の中に紛れこんでしまい、
    見つけたときは、後の祭りだったのでしょう。

皮肉なことに、この人はその名を青史に見事留めることとなりました。

    でも、史上最高にうかつな人間として。

    史家がこの出来事をわざわざ史書に書き記したのは、
    こんな馬鹿げた失敗をしないように、後世を戒めるためでした。

でも、思うに、これは無駄なおせっかい。

    うかつな行為をする人は、周囲からどんなに注意されても、
    まだ、自分でもどんなに細心の注意を払っていても、
    新手のポカをやってしまうのですから。

なぜそれが分かるのか?

    私も殷浩先生にかなり似ているからです。

彼の後、晋の輿望に押されて、いわばいやいや召し出されて、
次第に重責を担い、ついには救国の英雄となったのが謝安。

    この人、殷浩先生とは対照的なほどに深謀遠慮の傑物です。
    この人もとても人間的魅力に富んだ人なのですが、
    なぜか殷浩先生にも魅力を感じてしまうのが不思議です。

その理由が分かるような気がします。

    ああ、昔の人もぼくたちと同じように、先を読めないまま、
    あがきながら生きていたんだ、そう感じさせてくれる、
    数少ないエピソードの主人公だからでしょうか?




c0168172_18551054.jpg
c0168172_1855452.jpg
c0168172_18545860.jpg
c0168172_18545238.jpg
c0168172_1854464.jpg
c0168172_18544156.jpg
c0168172_1913539.jpg
c0168172_1854352.jpg
c0168172_18542367.jpg
c0168172_185417100.jpg
c0168172_18541267.jpg
c0168172_1854750.jpg

by hologon158 | 2015-01-22 18:59 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

570.08 ホロゴン外傅142「2015年1月18日 梅田はスイター日よりだった」8 メインレンズ選び



昨21日水曜日、通天閣界隈をぐるぐる回りました。

単独行です。

    以前は「お忍びで」と書いていたのですが、やめました。
    「お忍びで」なんて書くと、
    いかにも見つけてほしい下心が見え隠れするようで、
    私の本意ではありません。
    でも、「単独行」という気分になると、
    これもまた、誰からも見捨てられたようで、ちょっと寂しい。
    ああ、退職者って、孤独なのですねえ。

このあたりを縄張りと思っているカメラマンは多いでしょう。

    ライフワークにしている方も数十人?
    いや、もしかすると、数百人?
    でも、ここは私の縄張りではありません。
    私の縄張りは、自分が歩くところ全部。
    カメラマンじゃないので、ライフワークもなにもないし、
    撮影コンセプトもないから、撮影の適地、不適地もない。
    それに、カメラマンって、ちょっと猫に似ています。
    猫は、複数で同じルートを縄張りとして共有します。
    でも、周到に匂い付けをしながら廻るので、
    この匂いが新しいと、次の猫は遠慮するそうです。
    ようするに「時間差縄張り」
    
でも、私にもお気に入りの場所はあります。

    ハードディスクをチェックしたら、たちどころに分かります。
    お気に入りは、フォルダがずらりと並びます。
    通天閣もその一つ。

本日は装備1セット、これっきり。

    ソニーα7
    スーパーワイドヘリアー15mmF8

3月末にどうやら西遊旅行で中国の奥地に行けそうです。
そのときのメインにこれを選ぶことになりそうです。

    なぜホロゴンを選ばないか?
    高価なので、亡くしたり盗られたりを警戒してのことではありません。
    縦位置で右半分が闇に包まれるリスクが大きいこと、
    横位置でも、主に逆光時に、下半分が闇と化することがある。
    この計算外の画像異変は、
    ときには森山大道先生風の暗部の役割も果たしてくれますが、
    たいていの場合、昔のお笑いの大御所アチャコさんの口癖そっくり、

        「もう、むちゃくちゃでござりますがな.....」

    その点、コシナはレトロフォーカスなので、
    そのような暴れ方はいっさい姿を見せません。

そこで、サブが問題。

    余裕を持った遊びに徹するなら、
    オリンパスE-PL1と数本のCマウントレンズ。
    シビアに「もうこれっきりで、旅行は終わり」となる選択肢では、
    パンタッカー50mmF2.3かゾンネタール50mmF1.1Soft。
    後者の場合、ボディはライカM9となります。
    おそらく後者になりそうです。
    2度と海外旅行に行けるかどうか、分からないからです。

退職前に描いたのは、旅に生きる芭蕉のイメージだった!

    2ヶ月に1回位は国内撮影旅行を楽しみ、
    年1回は海外旅行をするんだ!
    退職後のプランをはっきりそう決断していたのに、
    昨年8月に退職してから、ついに旅行には無縁。

旅行好きの親友が食道ガンのため55歳で世を去ってしまったことで、
人生の計画の一部が崩れてしまいました。

    二人で幾度も旅行していたのですが、
    退職後はもっと長期の旅行を二人で楽しもうと話し合っていたのに!
    自分だけ天国旅行に出発するなんて、許せません。

おっと話が猛烈に逸れてしまいました。
通天閣の下に私は居たのでした。

    15mm超広角となると、もう撮りやすさは他の追随を許しませんね。
    ただ問題は1m以内に接近しないと、お話にならないこと。
    ソニーα7のシャッター音はちょっと甲高い。
    でも、これをキャッチするのは私だけのようです。
    それに撮るものはたいてい路傍。

ストリートフォト作家であるyoshiさんとかa1photoさんの場合、
人物の動きと周辺の雰囲気とが一つの調べを奏でるように、
オーケストラの指揮者よろしく、厳しくコントロールする必要があります。

    私のようなロボグラフィストは周辺などどうでもよろしい。    
    構図なんて、まるっきり無視。
    私と「やあやあ、こんにちわ」と挨拶を交わしたものたちを
    写真の中央にどんと納めることができたら、それで万事オーケー。

この調子ですから、今日も撮りましたね。

    収穫は616枚、銀塩換算約17本。

スーパーワイドヘリアー15mmF8はとにかく撮りやすい。
これならメインレンズとして使えそうです。

    楽しい一日でした。




c0168172_11172054.jpg
c0168172_11172086.jpg
c0168172_11171828.jpg
c0168172_1117428.jpg
c0168172_1116548.jpg
c0168172_11174488.jpg
c0168172_1116464.jpg
c0168172_111638100.jpg
c0168172_11164665.jpg
c0168172_11164068.jpg
c0168172_11162895.jpg
c0168172_11162686.jpg




        [後書き]
           ホースの周囲の白は雪だった!
           足で踏んでみて、分かりました。
           でも、いつの雪だったのでしょう?
           まさか、お正月の?
           
           とても身につまされる光景でした。
           今時、ストリートをしょこしょこと撮って歩いている人間が?
           新潟に2人、東京に2、3人?
           まさかね。
           もっと居るでしょうねえ.......

           そして、ホースを包むようにして片隅にひっそり。
           ホースを見れば絶対に撮る私に、このあたりも似ている?

           でも、一番うれしいのは、
           管理者がこの雪をそっとしてあげていること。
           やさしい人なのですね。


                
by hologon158 | 2015-01-22 11:35 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

570.07 ホロゴン外傅142「2015年1月18日 梅田はスイター日よりだった」7 中藤毅彦さん

今朝、yoshiさんのブログで、
彼が大好きな写真家として中藤毅彦さんをあげて、
今日は彼とクラインの写真集を机に並べてご機嫌なんだ、
という記事を読みました。
(http://yoshipass.exblog.jp/)

    私は日本の写真家をほとんど知りませんので、
    中藤さんのことも知りませんでした。

彼を知らないような人間は写真界ではもぐりと言われてもしかたがない、
そんな写真家なのでしょう。

    でも、私はまさにその「もぐり」なのですから、
    知らないことを恥じたりはいたしませんね。

グーグル画像検索してみました。

    どっさり写真が現れました。
    21mmレンズを多用しておいでになるようです。
    1.5mあたりでの真っ正面写真に迫力があります。
    あるわ、あるわ、絶妙のストリートフォトのオンパレードです。
    思わず、にやりとしてしまいました。
    まさにyoshiさんが得意とされるスタンスでの写真家なのです。

こうして見てみると、yoshiさんがジャンルー・シーフ、クライン、
中藤毅彦の延長線上に堂々の位置を占める写真家であることが
さらに歴然とします。

    ここにはカルティエ=ブレッソン以来築かれてきた
    ストリートフォトの王道が通っているようです。

でも、ここからアンチクライマックスに展開して申し訳ありませんが、
自分の写真をまとめて一覧したらどう見えるか、ふっと思いついて、
以前にときどきやっていたことを久しぶりにやってみました。

    「チェ・ジウ ホロゴン」
    「マリア・カラス ホロゴン」

こんな風に、私以外には組み合わせないような検索語を選んで、
グーグル画像検索をしてみたのです。

    笑ってしまいますね。
    やっぱり一杯写真が出現しました。
    95パーセント、私の写真が陸続とスクロールできます。
    当たり前です。
    2つのブログあわせて6、7万枚並べているのですから。
    グーグルがどんな基準でその中からピックアップするのか、
    まるで検討がつきませんが、ランダムピックアップすると、
    なんだか写真家風に見えるのですから、笑ってしまいます。

そして、もう一つ面白いことは、グーグルはいたずらをします。

    最後あたりになると、ホロゴンブログからでは間に合わないと、
    pretty-bacchusさんの写真をずらりと並べて、澄ましています。

    これはいい迷惑ですね。
    なぜって、
    ほっ、こんないい写真撮ってたかな、と開いてみると、たいてい、
    pretty-bacchusさんの写真だった!




c0168172_22261100.jpg
c0168172_22255966.jpg
c0168172_22264026.jpg
c0168172_22313162.jpg
c0168172_2225484.jpg
c0168172_22262462.jpg
c0168172_22252720.jpg
c0168172_22252335.jpg
c0168172_22251395.jpg
c0168172_22252032.jpg
c0168172_22255658.jpg
c0168172_2225814.jpg

by hologon158 | 2015-01-21 22:32 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

570.06 ホロゴン外傅142「2015年1月18日 梅田はスイター日よりだった」6 ルーペ現象


近頃オークションサイト訪問が再燃しています。

    退職者らしくつつましい廉価版を見つける楽しみ。

その一つebayを開くと、私の場合、
オープン画面をざっと古代レンズたちがを埋めます。

    下にスクロールしていっても果てしがない位、
    これでもかこれでもかというクラシックレンズの洪水。

そこで、とても不思議なことが起こっていることが確認できます。

    何百万円という価格がごろごろ転がっているのです。
    キノプラズマート50mmF1.5がサザビーだったかどこかで、
    130万円ほどで落札されたというニュースが流れて、
    古代レンズファンを絶望に落としこんだ事件から、
    何年も経っていないのに.....

    そんな超高価レンズの多くが、
    私のような半部外者には未知の映画用レンズたちのようです。
    もちろん多くの名レンズたちがあおりを食ってでしょうか、
    軒並み高騰しています。

いったい誰が500万円も出して買うのでしょう?
買ってどうするのでしょう?
こんなバブルレンズで撮ると、写真もまた超高級画像なのでしょうか?

    そんなはずはありませんね。

ここで起こっているのは、
近頃とみに横行しはじめているネットバッシングと
かなり平行する現象なのではないでしょうか?

    要するに、ルーペ現象(なんて言葉は、私の造語ですが)。

    バランスがとれて、ただしいパースペクティブの視野の下では、
    あきれてものがいえないほどの煽り効果。

そんな現象のお陰で、真に重要な問題が隠蔽されているのが現代です。

    恐ろしいのは、重要問題(たとえば、原発処理不能)を覆い隠すために、
    誰かがエキセントリックな話題をわざと強調する操作をしている可能性。

    たとえば、マクドナルドの不純物混入事件。
    そんなことは各種食品企業すべてで起こっている事件。
    それなのに、いきなりマクドナルドだけにあたかも同時発生のように起こる。
    おかしいと思いませんか?

ここでも、ルーペ現象が起こっているのです。

    国民はそのようなニュースにさらされると、そのことだけに注目して、
        「マクドは食品管理がずさんなんだ、
        もう行くのはよそう」
    こういうのを大衆のボウフラ現象と言います(もちろん造語)。
    大衆が水分子と同じ行動をとりはじめているのです。

あなた、そんな水分子になるのはやめましょうね。

    まず、つまらないニュースは見ない。
    ニュースになったものがこの世で今一番重要な問題なのだ、
    なんて誤解をするのがよしましょう。

    先日、喫茶店でおばちゃんたちのグループと隣り合わせました。
    スターたちのうわさ話が延々と続いていました。
    ご苦労さまです。

あなた、1週間前のニュースを覚えていますか?

    明日のニュースだって覚えていませんね。
    そんなニュースを追ってテレビに釘付けになって、
    気がついたら人生が終わっている、なんて、惨めじゃないですか?

英語学の権威ジョンソン博士の逸話を思い出しましょう。

    弟子のボズウェルが博士を自分の下宿に招待します。
    ところが、直前になって下宿の女主人がボズウェルのところに来て、
    人をよぶのはやめてくれと申し入れてきたのです。
    せっかくの招待がおじゃんになって、
    失望落胆のボズウェルが博士にお詫びに参上しました。
    すると、博士笑って、こう言ったのです、

    「君、そんなこと気にすることありませんよ。
    10年経ったら、そんなこと、君だって覚えていないだろう?」

これがものごと、出来事を正しく受け止める態度ではありませんか?

    私は生涯テレビをほとんど見ず、新聞のニュースも、
    私の人生とはほとんど無関係と突き放して生きてきました。
    それでも、我慢ができないであれこれと考え、
    文章にも書いてきましたが、
    ますます世界を突き放して生きたいという気持ちが高まっています。

クラシックレンズに話を戻しますと、

    このようなかさ上げ効果、ワッショイ効果は無視して、
    まだ低廉に見捨てられている三流レンズたちに
    珠玉の名品を見つける楽しみに徹することにしましょう。




c0168172_22261874.jpg
c0168172_22261316.jpg
c0168172_2226764.jpg
c0168172_2226297.jpg
c0168172_22255521.jpg
c0168172_22255061.jpg
c0168172_22254377.jpg
c0168172_22253798.jpg
c0168172_22253064.jpg
c0168172_22252591.jpg
c0168172_22251835.jpg
c0168172_22251270.jpg

by hologon158 | 2015-01-20 22:31 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

570.05 ホロゴン外傅142「2015年1月18日 梅田はスイター日よりだった」5 爪楊枝占い

喫茶店の卓上でのこと。
瓶の蓋の小さな孔から一本ずつ取りだす、爪楊枝を見て、
おかしなことを考えました。

    あの爪楊枝瓶で即席占いを作ればいいのになあ。
    とても細い軸ですが、この爪楊枝に吉凶を記しておくのです。

    そして、テーブルに表示、
    「レジに爪楊枝を見せて下さい。
    占いペーパーを差し上げます。
    ただし、料金の1パーセントを頂きます。
    たった1パーセントで、あなたの運命が分かる!」

「大吉」を当てた人の占い。

    「なんでもない一日ですね。
    それなのに、大吉。
    なぜか、分かる?
    あなたが平穏無事に生きることができる、
    そのことが大吉なんだ。
    今日一日ご機嫌で暮らそう!」

「大凶」を当てた人の占い。

    「えっ、大凶だったんだって?
    おめでとう!
    なんでもないただの一日、
    それがあなたの運命の最悪の日なのだ!
    つまり、あなたのこれからの人生、
    もっともっと素敵な日が待っているということ!」

こういう考え方を「人生の相対性理論」と言います。

    なに、たった今作った造語なんだですが、
    本当のところ、こんな風に考えるのが私の流儀。

正直なところ、このような考え方は、
シビアに生きて、どこまでも成功したい方には向きません。

    私の親友は学生時代、下宿の壁に張り紙をしていました。
        「あの悔しさを忘れるな!」
        「負けるものか!」
    それも人生です。

私は、どんな禍いにも、その反面に幸せが隠されている、
そう信じて、そんな考え方を前提に生きてきました。

    このことは真実なので、容易に信じることができます。
    こうすると、落ち込むことがありません。
    最高のパフォーマンスこと期待できませんが、
    ゆとりのある人生を送ることができました。

でも、これは実は考え方の問題ではありません。
もって生まれた気質で決まるようです。

    何でもものごとを悲観的に考える人も居れば、
    何ごとも楽観一筋に受けることができる人も居る。
    まあ、それぞれ好き勝手に生きることにしましょうね。
    どうせ、なんとも手の施しようがないのですから。
    
でも、私の考案した爪楊枝占いは、
ものごとを悲観的に考える人の気持ちだって明るくする、
そんな感じがするのですが..........?





c0168172_2159279.jpg
c0168172_21592120.jpg
c0168172_21591438.jpg
c0168172_2159833.jpg
c0168172_2159347.jpg
c0168172_229466.jpg
c0168172_2158517.jpg
c0168172_2158455.jpg
c0168172_21583950.jpg
c0168172_21583414.jpg
c0168172_21582969.jpg
c0168172_21582311.jpg

by hologon158 | 2015-01-20 22:08 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

570.04 ホロゴン外傅142「2015年1月18日 梅田はスイター日よりだった」4 吉田正箴言集

[前回の続き]
吉田正さんの写真教室での講義の後半は、写真論に移りました。

    このあたりが実は講義の醍醐味なのですが、
    これを詳しく書くと、
    先生のノウハウにも踏み込んでしまうおそれがあります。
    そこまでは書けません。
    
私の印象に残った言葉を断簡の形でピックアップしておきます。
    そうすれば、私は先生の講義を思い出すことができますが、
    講義に参加しなかった方にはただの箴言集でしょう。

こんな具合です。

    「モノクロームは紙で決まります」

    「感じる白、感じる黒を大切に」

    「ネガの一こま一こま、プリント全体が重要」

    「ネガは楽譜、プリントは演奏(アンセル・アダムズの言葉)」

    「プリントまでのプロセスが、写真を仕上げるという作業です。
    人の手を借りることをできるだけ少なく、
    自分の作品を、自分の子を育てるように、自分で作っていく、
    これが一番楽しい」

    「迷ったときは遠慮なく聞いてください。
    でも、最後は自分で決めてください」

    「写真は印象を表現したもの。
    自分の中に美がなければ、
    どうして美を見極めることができるだろうか?」

    「小津安二郎は言いました、
    世間のことは世間に従うけど、
    芸術のことは自分に従う(うろ覚えの引用)」

そして、とても謙虚な言葉もありました、

    「人の写真は一目でわかります。
    でも、自分の写真は分からない。
    最後は、妻に聞きます。
    意外な作品をよしとします。
    それが意外に当たっている。」

(このお言葉には、私、内心爆笑してしまいました。

    我が夫婦とは大違いですね。
    私の写真は作品ではなく、ただの私の雑感、記録なので、
    全部いい!
    そして、妻に尋ねると、どうなるかも知っています。
    妻は、まっしぐら、真っ当そのものの人間です、
    だから、いつも真剣にこう言います、
        「あなた、写真やめなさい!」

    妻もかなり前写真を数年やったことがあります。
    各種賞を次々と取って、幾人かの写真家が言ったそうです、
        「あそこどうなってるんだ?
        ご主人、がんばらなくちゃ!」
    私は笑って済ませました。
    当時からすでに、写真作品など作らなくなっていたし、
    コンテストに応募するなんてしたことがないのですが、
    こんなこと、理解してもらえるはずがありません。
    まだ、理解してもらってもいない。

    その妻は突然写真をやめました。
    その理由が振るっています、

        「つまらない」

    彼女の気持ち、分かる感じがします。)

さて、吉田正さんの箴言集に戻りましょう。

    「写真展の作品選択には最後まで迷います。
    最後に、まあこれも入れておこうかと付け加えたものが
    意外にも評判になることがよくあります。
    これは見る人がすごいのです。
    だから、写真とは謙虚につきあうのがいい」

    「風景を美しく撮ってやろうとは思ってはならない。
    美しさは風景に備わっているのだから」

最後に、すばらしい言葉、

    「光を感じたい。
    光を形にしてつかみ取りたい。
    写真とは光を描くことに尽きます」

    私が日頃ロボグラフィでいつも感じている願いを
    ずばりと言葉にしていただきました。
    
    「フォトグラフィーとは光の絵という意味です。
    これが正しい。
    写真なんかじゃありません。
    真実を記録することが写真ではじゃありません」

昔は「光画」という名称も使われていたのに、
いつ、どんな理由で「写真」と定着したのでしょうね?

    おかげで、ほとんどの人は信じています、
    写真はドキュメント、真実の記録である、と。
    だから、よく言われる言葉があります、
        「写真は嘘をつかない」
    とんでもない嘘ですね。

    こんな誤った常識があるので、
    写真ほど嘘をうまくつける道具はありませんね。

ソ連共産党大会の昔の記録がおもしろいですね。

    幹部が一人失脚しました。
    すると、その幹部も並んで撮られていた写真は修正されて、
    その幹部の姿は消えてしまっていた。

デジタル時代になると、写真整形時代。

    もう修正のない写真はないほど、
    フォトショップ加工が写真を美化する時代になってしまいました。
    つまりませんね。

今回のClub Sei-G写真展には、
東京からわざわざ朗読家の方が来られました。

    その方から吉田正さんの写真と朗読の
    コラボレーションの提案があったそうです。
    写真家吉田正の世界はさらに革新されていきそうです。

さらに文化リーダーとしての活動を広げるお気持ちのようです。
音楽を通じて、人々の心の交流を深める「縁奏の会」を創設されました。
さらに、個展制作を手伝う、たしか年4会の教室も新設されるようです。

    Club Sei-Gのホームページを時々のぞいてみてください。
    (http://club-sei-g.blog.so-net.ne.jp/)

    あなたも参加できます。
    吉田正さんをはじめとして、すてきな人たちと知り合うこともできます。
    人生が広がりますよ。




c0168172_17225945.jpg
c0168172_17223919.jpg
c0168172_17224465.jpg
c0168172_17223035.jpg
c0168172_172365.jpg
c0168172_17231697.jpg
c0168172_17222021.jpg
c0168172_1722425.jpg
c0168172_1722040.jpg
c0168172_17223582.jpg
c0168172_17215827.jpg
c0168172_17214860.jpg





    [後書き]
       面白いことがありました。
       教室のメンバーの方が私のブログを教えてほしいとおっしゃったのです。
       2つのブログ名をメモしてあげました。

       横から、吉田正さんがこうおっしゃったのです、

              「びっくりするよ、沢山写真が並んでいるから」

       私、思わず笑ってしまいました。
       実は、私のブログが話題になったときに、
       写真家の方がおっしゃる決まり文句がこのセリフなのですから。

              ああ、幾度、この言葉を聞いたことか!
              みなさん、示し合わせているとしか思えない。

       私としては、もっと別のいい方が好みですね。
       たとえば、

              「すごい写真が一杯見つかるよ」とか、
              「かなり深みのあるブログだよ」とか.........

       無理でしょうねえ。
by hologon158 | 2015-01-20 17:38 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

570.03 ホロゴン外傅142「2015年1月18日 梅田はスイター日よりだった」3 美しい言葉


c0168172_1611242.jpg
c0168172_16111925.jpg
c0168172_1611131.jpg
c0168172_161179.jpg
c0168172_1611096.jpg
c0168172_16105588.jpg
c0168172_16104989.jpg
c0168172_16104455.jpg
c0168172_16103831.jpg
c0168172_16103215.jpg
c0168172_16102552.jpg
c0168172_16101654.jpg





1月18日日曜日は2015年最初の吉田正写真教室でした。

    そのせいか、吉田正さん、とても気合いのこもった講義でした。
    昨年のパリフォト月間での個展の大成功で、
    本年に期するところがおありなのではないでしょうか?

20年前、フリーとなって独立されたときに遡って、
写真の道を巡る奥深いなお話をどっさりうかがうことができました。

    速記でもできればよかったのですが、
    私が速記を習ったら、
    伝説の超高速速記者と同様のことが起こったことでしょう。

    その速記者、あまりも超高速であったせいか、
    自分の記録した速記符号が自分でも読めず、
    ついにオリジナルの文章を復元できなかったそうです。
    だから、とくに気に入った言葉だけメモするにとどめました。

吉田正さん、独立をするにあたり、
奥様の了解を求められたそうです。

    奥様は釘を刺されたそうです、
    それは構わないけど、今の生活の質を落とさないように、と
    これ以上のプレッシャーがないのではないでしょうか?

でも、先生、果敢に独立を実行されたようです。

    「独立してみると、これまでのように会社相手に注文が来るのではなく、
    仕事は全部自分一人に来る、」
    そう考えて奮い立ってがんばられたのですが、
    反面、こうも反省されたそうです、
    「今やっていることに満足できるか?
    明日死ぬかもしれないのに?」

そこで、出された結論はこうです、

    「原点に戻ろう。
    最低限の仕事はこなしながら、
    自分の写真を撮り、作品を作ろう」

    「でも、どこかでそう決断したからと言って、
    簡単に作品ができるものでもない。
    流れに逆らいながら、抵抗しながら、
    もがいている内に、そうなっていくものです。
    そんなとき、基本精神として考えたのは、
        遊びが基本。
        だけど、遊びなんだけど、それを精一杯やらないと、
    なんにもならないじゃないか?」

こんな風に自分の写真を撮り始めて感じたことは、

    「自分の写真を撮るためには、人と同じことをしてもしかたがない。
    自分は人と違うんだということを忘れないことが大切。
    人との違いが分かるためには、
    人との違いをしっかり理解しなければならない。
    だから、あくまでも自由に、
    自分らしい写真を撮ること」

    「みなさんの写真を見るときも、
    こんな風に撮ったらとアドバイスすることはないでしょ?
    そんなことができるとも思いません。
    それぞれに自分の生活の中で写真を撮ってほしい。
    美しい写真を撮ろうなんて言っても、意味がない。
    大切なことは、美しい光景を撮ることではなくて、
    美しい心で撮ることです」

このような美しい言葉を語る写真家が
日本中にそんなにたくさん居るとは思いません。

    写真はうまいけど、心を割って語り合える心も言葉も持たない、
    そんな写真家ならざらに居ます。
    でも、うまい写真なんか、見飽きました。
    心にぐっと深く染み込んでくる、そんな写真を見たいし、
    そんな写真家の言葉を聞きたい。
    
私のそんな夢をかなえてもらっているのですから、
今日も至福の境地でした。
                            [次回に続く]
by hologon158 | 2015-01-20 16:16 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

570.02 ホロゴン外傅142「2015年1月18日 梅田はスイター日よりだった」2 文学ロボグラフィ


別ブログの「レンズ千夜一夜」で、ロボグラフィについて、
petzvalさんが面白いコメントを寄せてくれました。


 「文学に見られるロボグラフィについて:

    「しばらく行くと橋がある。
    その上に立って溪の上流の方を眺めると、
    黒ぐろとした山が空の正面に立塞がっていた。
    その中腹に一箇の電燈ががついていて、
    その光がなんとなしに恐怖を呼び起こした。
    バアーンとシンバルを叩いたような感じである。」
                    (梶井基次郎『闇の絵巻』)

    「小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈です。。。」
                    (宮沢賢治『やまなし』)

    「風がどうと吹いてぶなの葉がチラチラ光るときなどは
    虔十はもううれしくてうれしくてひとりでに笑へて仕方ないのを、
    無理やり大きく口をあき、はあはあ息だけついてごまかしながら
    いつまでもいつまでもそのぶなの木を見上げて立ってゐるのでした。」
                    (宮沢賢治『虔十公園林』)

    "A violet by a mossy stone
    Half hidden from the eye!
    Fair as a star, when only one
    Is shining in the sky"
                (Wordsworth "Lucy")
        (苔むす石かげのすみれ草
        視界からは半分隠れてる
        でも、星の様に麗しい
        空に一つだけ輝いている星の様に)

    面白いじゃないですか!」

これは特別にうれしいコメントでした。

    私の目を大きく開いてくれたからです。
    私はロボグラフィを写真に限定して考えていました。
    でも、petzvalさんは、人生全般、宇宙全体に、
    ロボグラフィが散らばっていることを教えてくれました。

以前からこう考えてきました。

    ロボグラフィって、宇宙に一杯開いている孔なのです。
    その孔を覘いてみると、別世界、別宇宙、別人生が見える。
    ロボグラフィって、
        ボルヘスの「エル・アレフ」
        ドラえもんの「どこでもドア」
        孫悟空の「觔斗雲」
    こんなものたちの同類だ!

そこで、petzvalさんのコメントが結びつきました。

    子供の頃から、
    私がともすると想像の世界に遊ぶのが好きだったこと。
    現在の自分にだけ満足することができないせいでしょうか?
    心の中ではどんなことだって想像で生み出せる、
    そんな思いが強かったからでしょう。

    学校の机の模様が別世界の地図に化け、
    ただのちびた鉛筆が伊号潜水艦、ノーチラス号に化けました。

    同じことをレンズを使ってやっているのかも知れません。
    路地裏のロボグラフィたちに接するのも同じスタンス。

どうやら「ロボグラフィ認識ソフト」が脳に備わっているようです。

    出会うものすべてが、そのものではない、別の何かを見せてくれます。
    そのソフトの基本設定には、「切り捨て機能」が入っています。
    そのものの機能、外観、質感、そしてもちろん名前など、
    健全なる市民が認識して、行動の前提すべきデータは全部、
    瞬時に切り捨ててしまい、
    そこにあるはずがない何かが浮かびあがります。

    どんなものにも、人間や動物や宇宙人の顔を見てしまう機能なんて、
    初歩の初歩。

    私とはまったく異質な、でも、私に気付いている、異界の存在、
    私が存在する現宇宙とは別の宇宙の景観を開く窓、
    そんな異形の姿、光景が私の視覚を支配するのです。

「捨象する」という言葉があります。

    「抽象」の逆、裏面を表す言葉ですが、
    私がやっているのはどうやらこの「捨象」、
    それも本来の意味とちょっと違って、
    「そのものの存在以外のすべての現象を切り捨てる」行為。

これは意識してできる行為ではありません。

    そうなってしまうだけ。
    生存のためにそんなことをする必要があるとは思えません。
    むしろ邪魔になるでしょう。
    現実社会で優れた業績を上げる実務家にはとてもなれない人間。

petzvalさんが選び出した文学上のロボグラフィたちも、
作家、詩人たちが道すがら、あるいは生活の場面で、
私のそれに近い精神構造が働いたのかも知れません。

    詩のことなどちっとも分からない私が若い頃から、
    ワーズワースと宮沢賢治の詩にだけは心を動かされたのは、
    そんなロボグラフィ感覚ゆえだったのかも知れません。

    こんなことに気付かせてくれたpetzvalさんという人物、
    私の同類らしい。




c0168172_11532195.jpg
c0168172_11531596.jpg
c0168172_11531069.jpg
c0168172_115349.jpg
c0168172_11525816.jpg
c0168172_11525225.jpg
c0168172_11524530.jpg
c0168172_11523993.jpg
c0168172_11521755.jpg
c0168172_11593430.jpg
c0168172_11521058.jpg
c0168172_1152322.jpg

by hologon158 | 2015-01-20 12:03 | ホロゴン外傳 | Comments(0)