わが友ホロゴン・わが夢タンバール

<   2018年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

723.05 ホロゴンデイ203「2018年11月25日ホロゴン15㎜F8U京都東山で」5 挨拶


私の住まいの周辺に散歩道がいくらでもあります。
カントリーサイドですから。
ときどきですが、散歩中の高齢男性に会います。
私は必ず自分から先に挨拶をします。
ところが、驚くなかれ!
5人中4人は返事しません。
5人中5人が猛烈に暗く不機嫌な表情に沈んでいます。
5人中1人から返ってくる挨拶も渋々で、暗い。

日本の男性の多くが、見知らぬ人間とは挨拶を交わしません。
まして自分から明るく挨拶する、なんて人にはほとんどいません。
日本の高年齢の男性のほとんどは、未だに「村社会」に生きています。
相手が自分の集団の中にいるか否かで、がらりと対応を変えます。

私の住宅地の場合、挨拶しない理由はかなり単純です。
かなり前にある省庁の役人たちが資金を出し合った造成地なのです。
省庁は完全なる身分制に生きています。
目上か目下か、内部か外部か?
これで対応をがらりを変えます。
私は造成後十数年経ってから中古住宅を購入して移り住んだので、
もちろん「よそもの」なのでしょう。

私の友人の一人、ある大学の学長だった時代、
当時の文部省の所轄の問題で上京しました。
文部省の係長クラスの若い官僚、
客は学長なのに、両足を自分の机に上げたまま応対したそうです。
自分が決定権を持つのだ、という明確な意思表示。
つまり、ヘゲモニー闘争、「お山の大将ごっこ」をやっているのです。

私の別の知人は官庁のいわゆる特急組で、
まだ新米の頃、直属の助手とコンビを組みました。
そのやや高齢の助手が過労のせいでしょう、
椅子を傾けて背後の壁にもたせかけた状態で居眠りしました。
新米上司、いきなり椅子の足を蹴りとばしました。
床に叩きつけられた助手が恐怖の表情で見上げると、
「仕事中に居眠りするとは何事だあ!」

まあ、こんな人たちばかりでないのでしょうけど、
いずれにせよ官僚組織で生きいた人たちは、
親しく朝の挨拶を交わすなんて、上司か、
それとも、同期の友人同士だけなのでしょう。
鶏のペッキングオーダー同様に、
挨拶の仕方が地位の上下を見せつける示威行動になっている。
上司は、自分から挨拶するなんてありえない!
部下から挨拶を受けても、返事をしない!

私はそういうのが大嫌い。
就職してから今まで終始、
どんな人にも自分から親しく挨拶をすることにしてきました。
おもしろいですね。
私に向かって、私より先に挨拶の言葉を出す人に、
ほとんど出会ったことがありません。
返事しない人、不機嫌に返す人には数知れず出会ってきました。
でも、平気です。
私は、その点に関する限り、誰にも引け目を感じなくて済んで、
気持ちよく過ごしてこられたからです。

そこで、目下の人には挨拶しない人が退職すると、
かなり面倒な生活を送ることになります。
終始不機嫌な気持ちで生きることになりかねません。
私の住宅地は同じ省庁のOBがかなり集まっているので、
彼らの内ではかつての上下関係が一生ついて回っているのでしょう。
一方、私のような部外者は十把一絡げに目下に位置づけられているらしい。
目下に挨拶など返してたまるか、ということになるようです。

でも、そんな風に生きて、人生が明るくなるのでしょうかねえ?
人を傷つけると、自分の魂も傷つけます。
人を突き放すと、自分も世界からすこし離れてしまいます。
老後の孤独の闇が深まるばかりではありませんか?
身分関係に生きる人は、身分にあぐらをかくことで、
次第に自分の周りに壁をこしらえ、これを高くしていき、
内側の狭い空間にひっそりとこもることになります。

こんな方の夫婦関係もかなり上下の隔てがありそうです。
よく、ぶすっと暗い表情の旦那さんが先に歩き、
1、2歩遅れて、つまらなさそうな奥さんが追尾する、
そんなご夫婦に出会います。
どんな夫婦関係なんだろう?
少なくとも二、三のことが確実です。
夫婦の間に温かい会話なんかあるんだろうか?
夫は家事なんてほとんどできず、手伝いもしないだろう。
暗い家庭なんじゃないかな?

このような「挨拶事情」を助長しているのが、
日本語の挨拶言葉、礼儀が複雑で、言いにくい。
返事の仕方もさまざまで、とっさに選択を迫られる、
こんなことが絡んでいるようです。
そのうえ、「おはようございます」って、とても発音しにくく、
しかも、言葉にへりくだった語感があり、
イントネーション次第で身分関係のニュアンスを暗示することができます。
「おはよう」というと、簡単だけど、
これも同格、目下への言葉ですから、いつも使うわけには行きません。

英語は簡単ですね。
「good morning」
「おはようございます」は、
「お」「は」と口をしっかり開く言葉が2つも最初に来ます。
「good morning」なら、「グ モー ング」、
一口で足ります。
なんて言いやすく、爽やかな語感なのでしょう。
友達同士なら、「hi」
さらに簡単。

さらにカナダやオーストラリアでは、
身分関係など容易に突破できる人間関係があるようです。
第二次世界大戦中のことです。
カナダ人の大佐が一兵卒のカナダ人歩兵に地面を指さして指令しました。
「煙草が落ちてるぞ」
すると、兵卒、さらりと、
「自分で拾いな」
こんな社会では、人間的な卓越が指揮関係の拠り所になります。

でも、たいていの国では、マーフィの法則が当てはまります、
「人間は無能の極致まで出世する」
日本がそうですね。
首相を見てください。
彼が自分から「おはよう」なんて爽やかに声をかける、
そんなシーンを想像できますか?

いつでも、どこでも、誰にでも、明るく声をかけましょうね、
「おはよう!」
「こんにちわ!」
「元気?」
「ご苦労様!」



c0168172_11042905.jpg
c0168172_11043503.jpg
c0168172_11044116.jpg
c0168172_11044831.jpg
c0168172_11045972.jpg
c0168172_11050601.jpg
c0168172_11051286.jpg
c0168172_11051866.jpg
c0168172_11052459.jpg
c0168172_11053045.jpg
c0168172_11053634.jpg
c0168172_11054263.jpg
c0168172_11055428.jpg
c0168172_11060253.jpg
c0168172_11060858.jpg
c0168172_11061460.jpg
c0168172_11062150.jpg
c0168172_11062838.jpg
c0168172_11063861.jpg
c0168172_11071634.jpg
c0168172_11072274.jpg
c0168172_11072876.jpg
c0168172_11073492.jpg
c0168172_11074018.jpg
c0168172_11074616.jpg
c0168172_11075484.jpg
c0168172_11080165.jpg
c0168172_11080993.jpg
c0168172_11081683.jpg
c0168172_11082496.jpg
c0168172_11083130.jpg

c0168172_11085567.jpg






by hologon158 | 2018-05-30 23:45 | ホロゴンデイ | Comments(0)

723.05 ホロゴンデイ203「2018年11月25日ホロゴン15㎜F8U京都東山で」5 挨拶


私の住まいの周辺に散歩道がいくらでもあります。
カントリーサイドですから。
ときどきですが、散歩中の高齢男性に会います。
私は必ず自分から先に挨拶をします。
ところが、驚くなかれ!
5人中4人は返事しません。
5人中5人が猛烈に暗く不機嫌な表情に沈んでいます。
5人中1人から返ってくる挨拶も渋々で、暗い。

日本の男性の多くが、見知らぬ人間とは挨拶を交わしません。
まして自分から明るく挨拶する、なんて人にはほとんどいません。
日本の高年齢の男性のほとんどは、未だに「村社会」に生きています。
相手が自分の集団の中にいるか否かで、がらりと対応を変えます。

私の住宅地の場合、挨拶しない理由はかなり単純です。
かなり前にある省庁の役人たちが資金を出し合った造成地なのです。
省庁は完全なる身分制に生きています。
目上か目下か、内部か外部か?
これで対応をがらりを変えます。
私は造成後十数年経ってから中古住宅を購入して移り住んだので、
もちろん「よそもの」なのでしょう。

私の友人の一人、ある大学の学長だった時代、
当時の文部省の所轄の問題で上京しました。
文部省の係長クラスの若い官僚、
客は学長なのに、両足を自分の机に上げたまま応対したそうです。
自分が決定権を持つのだ、という明確な意思表示。
つまり、ヘゲモニー闘争、「お山の大将ごっこ」をやっているのです。

私の別の知人は官庁のいわゆる特急組で、
まだ新米の頃、直属の助手とコンビを組みました。
そのやや高齢の助手が過労のせいでしょう、
椅子を傾けて背後の壁にもたせかけた状態で居眠りしました。
新米上司、いきなり椅子の足を蹴りとばしました。
床に叩きつけられた助手が恐怖の表情で見上げると、
「仕事中に居眠りするとは何事だあ!」

まあ、こんな人たちばかりでないのでしょうけど、
いずれにせよ官僚組織で生きいた人たちは、
親しく朝の挨拶を交わすなんて、上司か、
それとも、同期の友人同士だけなのでしょう。
鶏のペッキングオーダー同様に、
挨拶の仕方が地位の上下を見せつける示威行動になっている。
上司は、自分から挨拶するなんてありえない!
部下から挨拶を受けても、返事をしない!

私はそういうのが大嫌い。
就職してから今まで終始、
どんな人にも自分から親しく挨拶をすることにしてきました。
おもしろいですね。
私に向かって、私より先に挨拶の言葉を出す人に、
ほとんど出会ったことがありません。
返事しない人、不機嫌に返す人には数知れず出会ってきました。
でも、平気です。
私は、その点に関する限り、誰にも引け目を感じなくて済んで、
気持ちよく過ごしてこられたからです。

そこで、目下の人には挨拶しない人が退職すると、
かなり面倒な生活を送ることになります。
終始不機嫌な気持ちで生きることになりかねません。
私の住宅地は同じ省庁のOBがかなり集まっているので、
彼らの内ではかつての上下関係が一生ついて回っているのでしょう。
一方、私のような部外者は十把一絡げに目下に位置づけられているらしい。
目下に挨拶など返してたまるか、ということになるようです。

でも、そんな風に生きて、人生が明るくなるのでしょうかねえ?
人を傷つけると、自分の魂も傷つけます。
人を突き放すと、自分も世界からすこし離れてしまいます。
老後の孤独の闇が深まるばかりではありませんか?
身分関係に生きる人は、身分にあぐらをかくことで、
次第に自分の周りに壁をこしらえ、これを高くしていき、
内側の狭い空間にひっそりとこもることになります。

こんな方の夫婦関係もかなり上下の隔てがありそうです。
よく、ぶすっと暗い表情の旦那さんが先に歩き、
1、2歩遅れて、つまらなさそうな奥さんが追尾する、
そんなご夫婦に出会います。
どんな夫婦関係なんだろう?
少なくとも二、三のことが確実です。
夫婦の間に温かい会話なんかあるんだろうか?
夫は家事なんてほとんどできず、手伝いもしないだろう。
暗い家庭なんじゃないかな?

このような「挨拶事情」を助長しているのが、
日本語の挨拶言葉、礼儀が複雑で、言いにくい。
返事の仕方もさまざまで、とっさに選択を迫られる、
こんなことが絡んでいるようです。
そのうえ、「おはようございます」って、とても発音しにくく、
しかも、言葉にへりくだった語感があり、
イントネーション次第で身分関係のニュアンスを暗示することができます。
「おはよう」というと、簡単だけど、
これも同格、目下への言葉ですから、いつも使うわけには行きません。

英語は簡単ですね。
「good morning」
「おはようございます」は、
「お」「は」と口をしっかり開く言葉が2つも最初に来ます。
「good morning」なら、「グ モー ング」、
一口で足ります。
なんて言いやすく、爽やかな語感なのでしょう。
友達同士なら、「hi」
さらに簡単。

さらにカナダやオーストラリアでは、
身分関係など容易に突破できる人間関係があるようです。
第二次世界大戦中のことです。
カナダ人の大佐が一兵卒のカナダ人歩兵に地面を指さして指令しました。
「煙草が落ちてるぞ」
すると、兵卒、さらりと、
「自分で拾いな」
こんな社会では、人間的な卓越が指揮関係の拠り所になります。

でも、たいていの国では、マーフィの法則が当てはまります、
「人間は無能の極致まで出世する」
日本がそうですね。
首相を見てください。
彼が自分から「おはよう」なんて爽やかに声をかける、
そんなシーンを想像できますか?

いつでも、どこでも、誰にでも、明るく声をかけましょうね、
「おはよう!」
「こんにちわ!」
「元気?」
「ご苦労様!」



c0168172_21195453.jpg
c0168172_21200449.jpg
c0168172_21201061.jpg
c0168172_21201655.jpg
c0168172_21202399.jpg
c0168172_21203939.jpg
c0168172_21204425.jpg
c0168172_21205199.jpg
c0168172_21205798.jpg
c0168172_21210361.jpg
c0168172_21211035.jpg
c0168172_21212090.jpg
c0168172_21212715.jpg
c0168172_21213382.jpg
c0168172_21213951.jpg
c0168172_21214639.jpg
c0168172_21215330.jpg
c0168172_21220052.jpg
c0168172_21220713.jpg
c0168172_21221585.jpg
c0168172_21222250.jpg
c0168172_21222848.jpg
c0168172_21223526.jpg
c0168172_21224289.jpg
c0168172_21225038.jpg
c0168172_21225799.jpg
c0168172_21230685.jpg
c0168172_21231354.jpg
c0168172_21231959.jpg
c0168172_21232935.jpg
c0168172_21233721.jpg
c0168172_21234460.jpg
c0168172_21235239.jpg
c0168172_21235827.jpg
c0168172_21240417.jpg
c0168172_21241291.jpg
c0168172_21242188.jpg
c0168172_21242941.jpg
c0168172_21243759.jpg
c0168172_21244579.jpg
c0168172_21245106.jpg
c0168172_21245992.jpg
c0168172_21251091.jpg
c0168172_21251771.jpg
c0168172_21252630.jpg
c0168172_21253302.jpg
c0168172_21254512.jpg
c0168172_21255856.jpg
c0168172_21260627.jpg
c0168172_21261498.jpg
c0168172_21262960.jpg
c0168172_21263713.jpg
c0168172_21264789.jpg
c0168172_21265588.jpg
c0168172_21270422.jpg






by hologon158 | 2018-05-30 21:29 | ホロゴンデイ | Comments(0)

723.04 ホロゴンデイ203「2018年11月25日ホロゴン15㎜F8U京都東山で」4 ゾンネタール75mmF1.5!


5月19日土曜日、20日日曜日、
親友のINさん、彼のお得意さんの女性お二人と、
大阪、奈良を歩きました。
お二人は姉妹で、お姉さんは心理学者、ハーブ研究家等、
妹さんはハーブ研究家だそうですが、
お二人とも写真、カメラも趣味。
お姉さんのメインはシュナイダーのクセナー75mm付きローライコード。
妹さんはズマール50mmF2付きライカバルナック。
ズマールにはレアものの四角フード。
私はそんなものがあることすら知りませんでした。
私よりもかなりの通です。

年に数回旅行を楽しんでおられて、幾度目かの来日、
今回は関西の旅を楽しむことにしたとのこと。
中国系ですが、カナダ国籍を持ち、英語と中国語が話せます。
私は日本語がなんとか話せる程度。
英語ときたら、ほんの少し英会話を学んだだけ。
長年英語の映画を楽しんできて、片言ですが、なんと意志疎通はできます。
不思議なことですが、冗談だけはしゃべれます。
よく「冗談が言えるようになったら、英会話も一人前」と言われますが、
あれは嘘です。
冗談に語彙、文法は不要。
単なる機転で十分。


まず、19日土曜日。
朝、地下鉄谷町線中崎町駅で待ち合わせました。
駅の側のビル3階にクラシックカメラの老舗があります。
「カメラのマツバラ光機」
ご主人とは幾十年ものおつきあいですが、凄い人です。
老舗ツカモトカメラから独立して30年ほどでしょうか?
日本でも有数のクラカメ店を築き上げられました。

でも、午後にならないと開店しません。
クラシックカメラの修理、メンテの名人なので、
いつも夜中にその仕事をされるそうです。
ということで、お店訪問は午後にして、
中崎町商店街の西詰めから出発して、
撮影しつつ天神橋商店街まで歩きました。

私の装備は、
カメラはソニーα7。
レンズは2本。
ホロゴン15mmF8U(ウルトラワイドから抜き出した、ライカMマウント改造版)
ゾンネタール75mmF1.5

なんだ、そのレンズは?
本邦初登場!
宮崎貞安さんのニューレンズです。
75mmと言えば、ライカのズミルックス75mmF1.5が有名ですが、
こちらは大型、重量級、超高価です。
エルマー73mmF1.9という名レンズもあります。
1930年代のポートレートレンズ。
幾世代かあるようで、描写はさまざま。
私が使った最初のレンズは、すこしぼってりとしたコクのある画質で、
開放は夢のようなソフト描写でした。
2度目に使ったのは、かっちりとした硬派の描写で、満足できませんでした。

ゾンネタール50mmF1.1は猛烈にソフト。
とくに私のは10本ほど作られたソフトバージョン。
私は、いつも書きますように、現代的な超高画質レンズが大嫌い。
宮崎貞安さんには、機会あるごとに、
現代レンズには絶対に求め得ないような、
柔和な描写のレンズを作ってください、
とくに、開放描写は欠陥だらけ、収差だらけで結構です、
徹底的に遊んでください、とお願いしていました。
上記のゾンネタール50mmのソフトバージョンは、
そんなリクエストから生まれたものです。

ゾンネタール75mmF1.5は50mmF1.1の精神をかなり受け継いでいます。
別ブログ「レンズ千夜一夜」で、
これから75mmの写真群を続々掲載する予定ですが、
ここでまずはっきり言えることが2つ。
① 開放からソフトでありながら、
きわめて端然として清冽な描写を楽しめる長焦点レンズです。
女性ポートレートにはもってこいの戦力となりそう。
② 銀塩時代の標準レンズとほとんど同じ大きさ(わずかに長いけど、
大幅にスリム)で、たった200グラムと圧倒的に軽量。
おかげで、使い回しが実に軽快。
ニュークラシック、そんな位置づけができそうです。




c0168172_11433990.jpg
c0168172_11434632.jpg
c0168172_11435225.jpg
c0168172_11435981.jpg
c0168172_11440553.jpg
c0168172_11441262.jpg
c0168172_11441886.jpg
c0168172_11442501.jpg
c0168172_11443253.jpg
c0168172_11443843.jpg
c0168172_11445140.jpg
c0168172_11445709.jpg
c0168172_11450425.jpg
c0168172_11451098.jpg
c0168172_11453044.jpg
c0168172_11453753.jpg
c0168172_11454304.jpg
c0168172_11455702.jpg
c0168172_11460497.jpg
c0168172_11455039.jpg
c0168172_11461188.jpg

c0168172_11462342.jpg
c0168172_11463192.jpg
c0168172_11463974.jpg
c0168172_11464919.jpg
c0168172_11465762.jpg
c0168172_11470529.jpg
c0168172_11471214.jpg
c0168172_11471932.jpg
c0168172_11472708.jpg
c0168172_11473487.jpg
c0168172_11474229.jpg
c0168172_11474915.jpg
c0168172_11475757.jpg
c0168172_11480624.jpg
c0168172_11481570.jpg
c0168172_11482321.jpg
c0168172_11483067.jpg
c0168172_11483839.jpg
c0168172_11484525.jpg
c0168172_11485341.jpg
c0168172_11490168.jpg
c0168172_11491846.jpg
c0168172_11492864.jpg
c0168172_11493600.jpg
c0168172_11504647.jpg
c0168172_11510443.jpg
c0168172_11511216.jpg
c0168172_11512089.jpg
c0168172_11512728.jpg
c0168172_11513555.jpg
c0168172_11514492.jpg
c0168172_11515248.jpg
c0168172_11520259.jpg





by hologon158 | 2018-05-26 22:50 | ホロゴンデイ | Comments(0)

723.04 ホロゴンデイ203「2018年11月25日ホロゴン15㎜F8U京都東山で」4 瞑想の道具


この日、京都東山の斜面でホロゴンが楽しくさえずりました。
他のすべてのレンズとの違いが一つ。
私はホロゴンを持った途端に、写真の初歩、構図を忘れます。
ただ、そちらに向かって、一枚シャッターを切る、ただそれだけ。
楽しいのです。
その場を楽しみ、シャッター音を楽しむ、それに尽きます。
1032枚撮りました。

写真家の皆さん、眉をひそめるでしょう。
写真は数じゃない。
そんな撮り方で入魂の一枚が撮れるわけがない!
その通り!
私も異論はありません。

多くの写真家は狩人です。
私は哲学者カントでありたい。
カメラ、レンズは狩猟銃じゃない。
瞑想の道具であってほしい。

カントは、心を瞑想の森に遊ばせたのでしょう。
家に戻ると、早速机に向かい、
心に浮かんだモチーフを紙に書き記したでしょう。
私は、ホロゴン写真一枚ごとに、
そのとき、その場での私を思い出すことができます。
人には意味不明でも、私には鮮明です。

私はこれを「ロボグラフィ」と呼んでいるのですが、
この言葉は絶対に写真ジャンルにはなりません。
絶対的にプライベート。
私向けの情報だけしか含まれていないのですから。

先日も友人に、話の流れの都合上、ちょっと見せました。
友人は途方にくれた表情で、一言、大阪弁で、
「なんや、それ?」
この人、鑑識眼がありますね。




c0168172_22545885.jpg
c0168172_22550360.jpg
c0168172_22551068.jpg
c0168172_22551691.jpg
c0168172_22552184.jpg
c0168172_22552700.jpg
c0168172_22553372.jpg
c0168172_22554230.jpg
c0168172_22564754.jpg
c0168172_22565534.jpg
c0168172_22570162.jpg
c0168172_22572369.jpg
c0168172_22572864.jpg
c0168172_22574845.jpg
c0168172_22575530.jpg
c0168172_22580217.jpg
c0168172_22580823.jpg
c0168172_22581471.jpg
c0168172_22582125.jpg
c0168172_22582892.jpg
c0168172_22583501.jpg
c0168172_22584136.jpg
c0168172_22584763.jpg
c0168172_22585487.jpg
c0168172_22590087.jpg
c0168172_22590573.jpg
c0168172_22591220.jpg
c0168172_22592503.jpg
c0168172_22593270.jpg
c0168172_22594290.jpg
c0168172_22594822.jpg
c0168172_23000136.jpg
c0168172_23001211.jpg
c0168172_23001957.jpg
c0168172_23002669.jpg
c0168172_23011476.jpg
c0168172_23012267.jpg





by hologon158 | 2018-05-16 23:03 | ホロゴンデイ | Comments(0)

723.03 ホロゴンデイ203「2018年11月25日ホロゴン15㎜F8U京都東山で」3 リコーダー三重奏


アブニールコンサートでのリコーダー三重奏のことを幾度も反芻しています。
以前から分かっていたことですが、
私という人間、どうやら独奏タイプではありません。
揚琴でかなりの数の公開演奏に参加しました。
その中には正式なコンサートが2公演。
多数の観衆の前での各種ライブが数回。
二胡、揚琴の発表会が十数回。
小人数の聴衆を前にしての小演奏会も数回。
フェリーのロビーでの演奏も一回参加しました。
経験はかなりありますが、私のパフォーマンスは厳然と2分されます。
独奏だと、必ず上がる。
伴奏だと、二重奏でも、上がりません。

アブニールコンサートには最初から4回連続でリコーダー演奏で参加しました。
最初の三回は2本の重奏。
私が主奏、音楽家の浜崎さんが伴奏でサポート。
上がりに上がりました。

今回は三重奏でした。
お二人の音楽家が伴奏に回って支えてくれて、
私がリードパートを吹くという形式。
自信をつけるために、猛烈に練習しました。
練習を重ねた上に三人に増えたのだから、今回は上がらないだろう、
そう多寡をくくっていました。

過信でした。
演奏する内にじわじわと震えが下から湧き上がってくるのです。
音が震えそうになります。
そこで、それを押さえようと、必死で音を吹きます。
リコーダーは息の強さでピッチが変わる楽器です。
安定したピッチで演奏しないと、音楽になりません。
上づったら、ピッチが上がり、音楽が必死の様相を呈します。
これを防ぐために、音を押さえ、震えを抑えようと必死になります。
もうこうなると、泳げないのに、浮き輪の空気が漏れてしまって、
岸にもう少しというあたりで、無我夢中でもがくカナヅチ状態。

妻がわざわざ奈良から神戸まで足を運んで、
私に内緒で、私の演奏を観ていました。
これを知っていたら、私はもう完全にひもの切れた風船、
上がりに上がってしまったでしょう。
その妻は、私の震えには気づかなかったようですが、
「音がうわずって、強すぎたわよ。
真ん中か、右の人が第一パートを吹いたら良かったのに」

今回のアブニールコンサート、一般参加者としては私が一番多数回出演。
リコーダー以外に、揚琴、二胡の合奏に合計2回参加したのですから。
後者はすべて揚琴伴奏です。
10年以上付虹先生に鍛えていただいたせいもあるでしょう、
たった3年のリコーダーとは比較にならない位基礎を固めてもらっています。
幾度も間違いました。
でも、まるで上がりませんでした。
そんなときは音を出さないようにして、すぐに「正道に戻り」、
かなりしっかりとラストを締めました。

でも、妻の感想は厳しいものでした。
「先生の音だけがしっかりと聞こえて、
他の人はばらばらだった。
それに、あの顔、なに?
付虹先生以外の人はみんな仏頂面だった。
もっとにこやかにしなきゃ!」

私は、自然に笑顔がこぼれるほど音楽を自分のものにしていないし、
まして作り笑いなど生涯やったことがありません。
付虹先生はプロですから別として、
誰でも、笑顔を自然に作るのは難しいようです。
別グループの二胡奏者の女性は、ライブによく出ておられるそうです。
さすがに、演奏が終わると、実に美しい笑顔になりました。
私のように、必死でなんとか間違わずに弾ければ幸い、
というレベルの人間にはとても無理ですね。

リコーダー合奏の私以外のメンバーお二人は、
次回以降も続けるお気持ちです。
折りよく、と言うか、折り悪しく、と言うか、
コンサートの観客にバスリコーダーをお持ちの方がいて、
参加したいというご希望だそうです。

リコーダーアンサンブルは基本的に四重奏です。
ソプラノ、アルト、テナー、バスの4声部がそろったとき、
ハーモニーが揃います。
4声部のリコーダーアンサンブルを楽しんでみたい、
そう希望してきましたが、
まさか練習だけ参加して、コンサートには出ない、
というわけには行きませんね。

私が抜けても、浜崎さんはもちろんソプラノリコーダーも吹けますから、
浜崎さんを第一パートにして、
もっと聞き応えのあるリコーダーアンサンブルができます。
そのうち、もう一人、リコーダー奏者が見つかるでしょう。

ちょっと寂しくなりそうな私のリコーダー人生ですが、
リコーダー固有の名曲たちに戻ることにしたいという気持ちが強い。
折りよく、ヘンデルのリコーダーソナタ2曲のチェンバロ伴奏が、
なんと幸運なことに、Youtubeで見つかりました。
本当にチェンバロ奏者が我が家に来たような気分で、
アルトリコーダーを楽しめることができます。

RJPというサイトで、伴奏CDと楽譜セットがたくさん見つかります。
これまでこの伴奏を愛用してきました。
コンピュータソフトによる製作です。
サンプリングされたチェンバロサウンドを伴奏に仕上げたものです。
これでも、楽しめますが、
本物の演奏となると、別格です。
自分の下手なリコーダーが本物らしく聞こえるのですからうれしいですね。
こんな風に、相棒にも聴衆にも迷惑をかけない楽しみ方こそ、
下手の横好きにはふさわしい。

こんな風に方向を決めると、心がすずやかになりました。
浜崎さんたちはがっかりされるでしょうけど、
いざ私抜きでやってみたら、もっとのびのびと音楽が歌うでしょう。
アブニールコンサートのデッドスポットにライトがさっと当たることになるでしょう。
アンサンブルは下手な奏者のお守りじゃないのですから。



c0168172_22054955.jpg
c0168172_22060234.jpg
c0168172_22081740.jpg
c0168172_22082483.jpg
c0168172_22083046.jpg
c0168172_22083745.jpg
c0168172_22084727.jpg
c0168172_22085330.jpg
c0168172_22090032.jpg
c0168172_22090647.jpg
c0168172_22091283.jpg
c0168172_22092720.jpg
c0168172_22093446.jpg
c0168172_22094198.jpg
c0168172_22094939.jpg
c0168172_22095548.jpg
c0168172_22100208.jpg
c0168172_22100905.jpg
c0168172_22101611.jpg
c0168172_22102518.jpg
c0168172_22103202.jpg
c0168172_22104024.jpg
c0168172_22104690.jpg
c0168172_22105355.jpg
c0168172_22110156.jpg
c0168172_22111001.jpg
c0168172_22112010.jpg
c0168172_22112865.jpg
c0168172_22113668.jpg
c0168172_22114913.jpg
c0168172_22120199.jpg
c0168172_22121022.jpg
c0168172_22121853.jpg
c0168172_22122853.jpg
c0168172_22123697.jpg
c0168172_22124642.jpg
c0168172_22125409.jpg
c0168172_22130359.jpg
c0168172_22131202.jpg
c0168172_22131904.jpg
c0168172_22132821.jpg
c0168172_22134032.jpg
c0168172_22134887.jpg
c0168172_22140182.jpg
c0168172_22141036.jpg
c0168172_22141913.jpg
c0168172_22142927.jpg
c0168172_22143820.jpg
c0168172_22144811.jpg
c0168172_22145747.jpg
c0168172_22150785.jpg
c0168172_22151682.jpg
c0168172_22152604.jpg
c0168172_22153722.jpg
c0168172_22154626.jpg
c0168172_22155556.jpg
c0168172_22160803.jpg
c0168172_22161835.jpg
c0168172_22162957.jpg
c0168172_22172009.jpg
c0168172_22173182.jpg
c0168172_22174117.jpg
c0168172_22175255.jpg





by hologon158 | 2018-05-13 22:20 | ホロゴンデイ | Comments(0)

723.02 ホロゴンデイ203「2018年11月25日ホロゴン15㎜F8U京都東山で」2 鈴木春信展


5月8日水曜日、
大阪天王寺のアベノハルカスの鈴木春信浮世絵展に参りました。
江戸時代の木版多色刷りの錦絵の描法を確立した、
いわば始祖のような画家なのだそうです。

ほとんどすべてA4ほどの小さな摺絵です。
色彩も極度に限定され、総体に淡い色調。
女性の顔がとても繊細で薄い描線ですっと一線、
あえかにはかなげ、あでやかに艶麗に描かれて、
筆舌に尽くしがたいほどにデリケート。

女性の全身像は、中国の仇英の影響だそうで、
まさにモジリアニの顔の曲線で全身を描き出したようで、
それでいて、仇英同様に、バランスが絶妙で、あえかで艶やか。

水曜の午前中は穴場なのかも知れません。
最初から最後まで1人で1枚ずつしっかりと鑑賞できる客数。
絵のカルチャー組らしい男女数人の一人が、
ちょっと声高に、
「...さん、これ位やったら、俺でも描けるって思ってるやろ!」
写真と同じで、絵でも、圧倒的に慢心できる人が居ますから、
これはおそらく図星なのでしょう。
係員の女性がすっとんで行って、ひそやかに、
「あの、ほかの方のご迷惑にならない程度に小さくお願いします」

鑑賞に時間がかかる理由の一つが、
掲示文を全部律儀に読む人がいるからです。
そのうえ、春信は衣の模様のなかに隠し文字を忍ばせたそうで、
その図解まで掲示されています。
すると、二人連れのおばちゃんたち、
「あ、これが「十」の字やあ、
そう言われないと、分からんわなあ....」
絵は知識じゃないのです。
説明で分かるような種類のデータの判読ではありません。
未知の美との対面、超越的な感動の衝撃、
ショック、インスピレーション、啓示なのです。
文字、説明、題名など放り出してしまいましょう。
ただ、絵と素で向かい合う、これしかつきあい方はありません。
愛する人、愛するものとの出会い、交わりと同じではありませんか?

春信の美人たちの頬の繊細な描線は、単なる巧みさ故ではありません。
剛直なほど力強い描線をどのような形であれ一線で描き出せる筆力、
これは精神力の賜物です。
小さな絵に小さなスペースで、たとえば、
水の流れ、雨足、川、簾、格子等、
狭い間隔の線を超絶的に反復する箇所が随所に出現します。
その描線の繊細な重なりの正確性、そこから生まれる表現の強靱さ、
そのすごみ、その極致から生まれる音楽性は圧倒的です。
春信はものすごい修練、鍛錬の果てに作品を生みだしたのです。

春信という人は、江戸美術の巨人の一人なのかも知れない、
そんな強烈な印象でした。
まったくいかなる知識もないので、
私の勝手な途方もないでたらめな印象かもしれませんが、
私は学識の高さ、深さを誇るつもりなどありませんので、
思ったまま書きなぐるだけ。

でも、展示の最終スペースで、
春信が凡百に遙かに勝ることが証明されていました。
同時代、あるいはその後の浮世絵画家たちの作品が並んでいました。
春信の絵がはるかな高みにあることは一目瞭然でした。
描線がほんのわずかですが、頼りないのです。
天才と凡才の違い。

でも、たった2枚だけ、
「ああ、この人だけは違う!」
春信とはまったく作風が違います。
ふくよかで、あでやかで、のびのびとしています。
名板を見て、納得!
「喜多川歌麿」!

歌麿の線の方が強い。
でも、春信のように、消え入らんばかりにあえかに、
それなのに確かな線をすっと伸ばして、
その線がいつも生きている、これは天才の技。

それにしても、春信の線をこれほどまでに活かし切る、
彫り師の技の凄さ!
小さな作品に天才たちの入魂の仕事がぎっしりと詰まっています。
ただの庶民の手仕事が偉大な芸術として人類の遺産になる、なんて、
彼らの心にちらりとも浮かんだでしょうか?




c0168172_22065633.jpg
c0168172_22070680.jpg
c0168172_22071306.jpg
c0168172_22071849.jpg
c0168172_22072440.jpg
c0168172_22073529.jpg
c0168172_22074199.jpg
c0168172_22085120.jpg
c0168172_22085735.jpg
c0168172_22091094.jpg
c0168172_22091734.jpg
c0168172_22092339.jpg
c0168172_22092973.jpg
c0168172_22093587.jpg
c0168172_22094428.jpg
c0168172_22095081.jpg
c0168172_22095628.jpg
c0168172_22104310.jpg
c0168172_22105426.jpg
c0168172_22110072.jpg
c0168172_22110883.jpg
c0168172_22112328.jpg
c0168172_22121121.jpg
c0168172_22121865.jpg
c0168172_22122454.jpg
c0168172_22123234.jpg
c0168172_22124161.jpg
c0168172_22125656.jpg
c0168172_22130552.jpg
c0168172_22131343.jpg
c0168172_22132073.jpg
c0168172_22132974.jpg
c0168172_22133707.jpg
c0168172_22134526.jpg
c0168172_22135186.jpg
c0168172_22135807.jpg
c0168172_22140592.jpg
c0168172_22141250.jpg
c0168172_22142081.jpg
c0168172_22144141.jpg
c0168172_22144994.jpg
c0168172_22145893.jpg
c0168172_22150535.jpg
c0168172_22151461.jpg
c0168172_22152236.jpg
c0168172_22153128.jpg
c0168172_22153961.jpg
c0168172_22154732.jpg
c0168172_22155465.jpg
c0168172_22160107.jpg
c0168172_22161067.jpg
c0168172_22161823.jpg
c0168172_22162571.jpg
c0168172_22164249.jpg
c0168172_22165350.jpg
c0168172_22170194.jpg
c0168172_22171260.jpg





by hologon158 | 2018-05-10 22:19 | ホロゴンデイ | Comments(0)

723.01 ホロゴンデイ203「2018年11月25日ホロゴン15㎜F8U京都東山で」1 生き甲斐


近頃、老夫婦にあちこちで出会います。
たいてい、男性が先に歩き、女性が1メートルほど後方。
その男性の95%に共通点があります。
苦虫をかみつぶしたように不機嫌で、とても暗い表情。
とくに目がどんよりと曇っています。
実のところ、そんな表情は老人に限ったことではありませんが。

私の経験では、心の中が歓びに沸き立っている人は、
どんなに暗い表情を装っても、隠しきれない部分があります。
目。
目は心の光、輝きをじかに映し出します。
だから、目が暗然と淀んでいるのに、心の中は歓喜に沸き立っている、
そんな人に出会ったことはありません。
詐欺師とは、さまざまな特殊な職業の人間は別ですが。
大抵の人の目は心を隠せないのです。

家の外、ストリートで、公衆の面前でこんなに暗然とした風情だと、
家の内ではどうなのでしょう?
どちらも同じ表情なのだとすると、その方、
パブリックな対人関係を大切にする気持ちを失っているのでは?
そんな気持ちはまだ持っていて、
これでも精一杯明るく振る舞っているのだとすると、
その心の内の暗さはただならぬ程度になっているのでは?

どんなものでもよい、達成したい目標を持っていたら、
こんな暗い表情など浮かべるはずがないのでは?
この方、人生でもうなにか達成したい目標などないのでは?
そんな感じがします。

子供の目をしっかり見て下さい。
輝いているではありませんか?
内から光が発しているではありませんか?
心の内にも外にも心底関心があり、
目標、希望、歓喜がほとばしり出ているようです。

思うのですが、
老齢になったからと言って、
当然に人生の目標、希望、歓喜を失うわけではないはず。
自分から目をつぶり、扉を閉ざし、窓を閉め、
道を歩き出そうとしていないのです。
人生の生き甲斐だった仕事にすべて燃焼し切ってしまった、
そう考えているのであれば、人生を自分で狭めているのです。
人生の最初から最後まで、心は生き甲斐で満たされ、
ああ、生きていてよかった、
こんなことができたのだから、
こんなものに出会えたのだから、
そう心の底から歓びがほとばしり出るように生きる、
これこそ人生の目標ではありませんか?
名声も地位も富も、人生の目標ではありません。
生き甲斐のある人生がたまたま名声、地位、富をもたらすかもしれません。
でも、それはいわば余光のようなものです。
自分の心の内に光と歓喜で満たす、これが本当の目標。
そう考えて生きたいものです。

私は、名声も地位も富もすべて無縁の人生ですが、
いつも心に自問します、「ぼくは生きているか?」
鏡を見る度に確認します、「ぼくの目は輝いているか?」

一つ、人生を生き甲斐のあるものにする秘訣をお教えしましょう。
実に簡単です。
どんな瞬間にも、四の五の言わず、こう信じるのです、
今やっていること、それがなんであっても、
そう、これこそ今やるべきことなんだ!
これこそ今したいことなんだ!

やってみて下さい。
なかなか難しいですよ。
でも、やってみれば、案外、簡単にできるものですよ。
どんな年齢の人間でも実は一緒、
私は、あなたは、次の瞬間には死ぬかも知れないのです。
だとすると、明日のこと、来年のことはひとまず置いて、
今、この瞬間に心を集中しましょう。
すべてを人生の目標にすれば、
達成感、生き甲斐、喜びがすべての瞬間を満たすでしょう。
騙されたと思って、お試しください。




c0168172_22421535.jpg
c0168172_22422383.jpg
c0168172_22423075.jpg
c0168172_22423639.jpg
c0168172_22424243.jpg
c0168172_22424877.jpg
c0168172_22425422.jpg
c0168172_22425970.jpg
c0168172_22430574.jpg
c0168172_22431108.jpg
c0168172_22431732.jpg
c0168172_22432365.jpg
c0168172_22433021.jpg
c0168172_22434207.jpg
c0168172_22434978.jpg
c0168172_22435549.jpg
c0168172_22440294.jpg
c0168172_22440894.jpg
c0168172_22441527.jpg
c0168172_22442218.jpg
c0168172_22442820.jpg
c0168172_22443543.jpg
c0168172_22444210.jpg
c0168172_22450486.jpg
c0168172_22451202.jpg
c0168172_22451941.jpg
c0168172_22452683.jpg
c0168172_22453372.jpg
c0168172_22454064.jpg
c0168172_22454684.jpg
c0168172_22455348.jpg
c0168172_22460212.jpg
c0168172_22460913.jpg
c0168172_22461506.jpg
c0168172_22462257.jpg
c0168172_22462977.jpg





by hologon158 | 2018-05-07 22:50 | ホロゴンデイ | Comments(0)

722.03 ホロゴン外傅225「2017年11月24日奈良町はパンタッカー50㎜F2.3の里で」3-完-アブニールコンサート


4月28日土曜日、第四回アブニールコンサート。
大成功だったようです。
私は3つの演目に出演して、くたくたに疲れきりました。
コンサート皮切りに、揚琴合奏。
第2部冒頭に、リコーダーアンサンブル。
最後から2番目に、揚琴、二個合奏団。
全コンサートにまたがって出演するのですから、
演奏のための待機、後始末で、公演の3分の1は舞台裏。
なんとか大きなミスはなく、3演奏とも終わりましたが、
実力不相応に欲張った報いで、どれも不消化に終わりました。

帰路、JR神戸線の大阪行き快速で疲れを休めていますと、
妻からメール、「今、どこ?」
私、「大阪行き快速の中」
妻、「私も」
私、「えっ、どこに行ってたの?」
妻、「コンサート」
見てほしくなかった!
それを知っている妻、私に内緒で来ていて、
さんざんの酷評でした。
リコーダーは、強く吹きすぎ、リコーダーらしくない。
真ん中の人か右の人が主旋律を吹いたら、もっと違ったはず。
揚琴も、付虹先生の音だけが聞こえて、伴奏が邪魔をしていた。

私がリコーダーを強く吹き過ぎたのには理由があります。
私は、揚琴は上がらず、リコーダーは上がりました。
リコーダー合奏は一応はそのままに演奏できたのですが、
ともすると、音が震えそうになることに気づきました。
それじゃ、そうならないように強く吹く、
なんとか凌ぐ、
でも、また震えそうになる、強く吹く、
という悪循環でした。

リコーダー合奏は続けたいけど、
大きなホールでの演奏はもうこりごりです。
間の悪いことに、コンサートに来ていた男性から、
グループ参加の希望があったことを知りました。
バスリコーダーをお持ちの男性が、
「私もバスリコーダーで四重奏に加わりたい」
私も、ダウランドなどのルネサンスの四重奏曲をしたい。
でも、コンサートはもうこりごり。

ところが、おかしなことに気づきました。
私の揚琴とリコーダーのサウンドが、
コンサート後ガラリと変ったのです。
朗々と歌い出しただけでありません。
揚琴は絶えずチューニングしていますが、
付虹先生の揚琴たちや、先生が調律した生徒の揚琴、
これまでは私の揚琴とは違う音でした。
カラッとして、よく弾みます。
もちろん音程も文句なし。
一方、私の揚琴はどうしてもきちんと調律できず、
音の方がなんだか湿っぽい。

150本以上の各種のピアノ弦が4オクターブを超える音階を作ります。
低音は螺旋1本、最高音は細い弦が5本並んで、1つの音になります。
低音の調律は簡単ですが、4本弦、5本弦の高音部は難しい。
一番下の弦をピタリと合わせて、5本まで順次調律して、
一番下の弦に戻ると、僅かに高音にずれています。
理由は知りません。
一番上から始めても、同様にずれます。
わずかでも不揃いだと、当然ながら、音がずれます。
私のように、音痴に近い人間でも、音の濁りが分かります。
ところが、コンサート後はとても弾んで澄んだ音に一変。

揚琴のスティック(琴竹)は、本体が竹で、
先端部の象牙、プラスチックの打弦部分を
しなやかなゴムチューブで覆います。
細いチューブに切れ込みを入れ、両端だけを輪にします。
このチューブの両端の輪にスティック先端から押しこみます。
一番先頭の輪が打弦部分の根に収まり、反対の輪は、
スティック先端にひっかかった状態になります。
こうして、背中を全部むき出しにした水着を着た美女、
そんな感じになります。
でも、無理矢理押しこむと、ゴムの先頭の輪が破れます。
コツが必要です。
でも、慣れると、なんとか出来るようになります。

ツィンバロン一族の中で、こんな風にゴムと竹と象牙という、
精巧で繊細なスティックを使う楽器は他にありません。
クラシック楽器と同じ音階になっている唯一の楽器なので、
このスティックを使って出した音は繊細で躍動的です。
要するに、素晴らしい楽器なのです。
それだけに習得は難しい。

たとえば、ピアノは指先が直接打鍵します。
ところが、揚琴はグリップから22、3㎝先に打鍵部があり、
空中でしなやかに振り下ろして音を作ります。
スティックを操る支点は遠いのに、
スティックの打鍵ポイントも、揚琴の弦の正しい打鍵位置も、
とても狭い。
だから、どちらかが簡単にずれます。
ずれますと、音が濁ります。
手首のしなやかな運動が鍵なのですが、
その際、指全部がそれぞれ独特に動いて、
手首の運動を支えたり、助けたりします。
この動かし方を習得するのが大変に難しいのです。
付虹先生の生徒中、今のところ、正しく習得しているのは、
付虹先生のお子さんと一番古い弟子の女性一人だけのようです。
ところが、コンサートが刺激になったようです。
私も突然、「ああ、こうだったんだ!」と分かったようです。
コンサート前とはまるで違うサウンドにしびれています。

そして、リコーダー。
私は、今回のコンサートで知りました、
私にはコンサートで合奏する能力はない。
揚琴は12年ほどでようやく少しブレイクできたようです。
それをリコーダーでたった2年半で同じことをやろう、なんて!
もう背伸びをするのはやめました。
でも、このとき試用したリコーダー2本、
ソプラノのフォン・ヒューネ、竹山リコーダーのアルト、
この2本がとても安定して、のびのびと歌うようになりました。
折しも、YouTubeで素敵な録音を発見しました。

Handel Sonata No 1 in G minor for Alto Recorder (Modern Pitch) 
https://www.youtube.com/watch?v=f-trjaMtQS0

Handel Sonata No 2 in a minor Accompaniment for Alto Recorder  
https://www.youtube.com/watch?v=CmKq7CQUP-A&t=2s

リコーダーの楽しさの一つは、
偉大な作曲家の古典作品を素人が弾ける!
その最大の作曲家がヘンデルでしょう。
彼には素敵なリコーダー作品がいくつもあります。
その最高峰がアルトリコーダーのためのソナタ。
もっともオリジナルがリコーダー用だったかどうかは知りません。
でも、私のような素人初心者でも吹けるのです。
上記の2つの録音は伴奏CD。
私はすでにヘンデルのリコーダーソナタ7、8曲の伴奏録音を持っています。
でも、チェンバロ伴奏です。
でも、上記の2作はコンピュータでの製作らしい上記よりも素敵な音楽。
どうやらかなりの名手の実演の録音らしい。
そんなプロの伴奏でリコーダーを楽しめるのです。
これからは、こちらの楽しみに専念します。
ただ、しっかりとした技術を身につけるために、
できるだけ早く優れた先生に教えを乞うことにします。

近頃、楽器趣味は写真趣味に匹敵する重みを持ちつつありますが、
こちらの方も、写真に劣らず、背伸びをすることなく、
素人芸を楽しむ境地を固めつつあるようです。




c0168172_22521788.jpg
c0168172_22522431.jpg
c0168172_22524113.jpg
c0168172_22524859.jpg
c0168172_22525310.jpg
c0168172_22525909.jpg
c0168172_22530967.jpg
c0168172_22531538.jpg
c0168172_22532131.jpg
c0168172_22533280.jpg
c0168172_22533866.jpg
c0168172_22534452.jpg
c0168172_22535164.jpg
c0168172_22535742.jpg
c0168172_22540747.jpg
c0168172_22541305.jpg
c0168172_22542059.jpg
c0168172_22542748.jpg
c0168172_22543357.jpg
c0168172_22544733.jpg
c0168172_22545407.jpg
c0168172_22550027.jpg
c0168172_22550899.jpg
c0168172_22551486.jpg
c0168172_22552122.jpg
c0168172_22552874.jpg
c0168172_22553464.jpg
c0168172_22555579.jpg
c0168172_22571830.jpg
c0168172_22560487.jpg
c0168172_22564604.jpg
c0168172_22572669.jpg
c0168172_22573338.jpg
c0168172_22575023.jpg
c0168172_22575756.jpg
c0168172_22580667.jpg
c0168172_22581223.jpg
c0168172_22581916.jpg
c0168172_22582714.jpg
c0168172_22583435.jpg
c0168172_22584375.jpg
c0168172_22585119.jpg
c0168172_22585955.jpg
c0168172_22590740.jpg
c0168172_22591793.jpg
c0168172_22592461.jpg
c0168172_22593245.jpg
c0168172_22594102.jpg
c0168172_22594949.jpg
c0168172_22595801.jpg
c0168172_23000648.jpg
c0168172_23001518.jpg
c0168172_23002276.jpg
c0168172_23003002.jpg





by hologon158 | 2018-05-06 23:05 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

722.02 ホロゴン外傅225「2017年11月24日奈良町はパンタッカー50㎜F2.3の里で」2 診療所


4月18日水曜日、
30数年行きつけの高畑診療所に受診しました。
先月の血液検査の結果を聴きに行ったのです。
診察待ちの間に血圧を測定します。
70−125
いつも通りです。

名医として知られる先生、
「どうですか?」
「いつも通りです。
好調です。」

限界値の10倍以上に跳ね上がっていた血清アミラーゼのことなど、
先生、気にも止めないご様子です。
私の方から尋ねました、
「血清アミラーゼの方はどうでしたか?」
「ああ、あれ、ね」
と、検査表を繰って、
「1225あったのが、2ヶ月後の検査では125に下がっていますから、
まだ限界値より少し越えていますが、
問題ないでしょう」
「やっぱり。
どうなっているんでしょうね?」
「もしかすると、唾液腺に小さな結石があるのかもしれません。」
「でも、すぐに下がるので、大したことはないでしょうね」
「そうでしょう」
というような具合で、自分で診断して、終わり。

とんでもない数値が出た第一回血液検査のときは、妻の入院騒動の最中。
過労状態で心身とも疲れていた時期だったのでした。
第二回血液検査は、そんな妻も大したことなく無事退院したことで、
次女の第二子出産騒動が始まっていましたが、
とにかく難局を乗り切った気分のときでしたから、
そんな私の心の動きが如実に反映したようです。

先生には、
「唾液腺になにか小さな異常がある可能性はあると考えて、
ストレッチのときなどに、口を激しく開閉したり、
口の筋肉を鍛えるような動きをしたりして、
顔面を丈夫にすることで、
間接的に唾液腺に良い影響を与えるようにしています」
先生、
「それはいいことです。
顔はとても大切な部位で、神経もいっぱい集まっていますから」

先生、
「なにか運動していらっしゃるんですか?」
私、
「いえ、していません。
生涯、スポーツをしたことがない人間です。
でも、よく歩いています。
10年以上前から、中国楽器の揚琴を習うようになり、
手が極端に敏捷に動いたり、反応したりするようになりました。
楽器をするうえ、よく歩いていますので、
現在は快調そのものです。
なにしろ105歳まではピンピン生きたいと思っていますので、
今頃から衰えるわけには行きませんよ」
先生、なにか珍しいものを見るような顔で、
終始笑っておられました。

以上のような経過で、
問診は最初の一言だけ、あとはおしゃべり、という状態で、
診察は終了しました。
要するに、目下、絶好調。

診療が終わると、さっそくカメラを取り出しました。

ソニーα7
スーパーアンギュロン21mmF4

私の21mmレンズの伝統の名レンズの中では、かなり小型。
でも、形に似合わず、重さは半端ではありません。
おそらくレンズが分厚いのでしょう。
描写は後継のF3.4やビオゴン21mmF4.5よりも素直ですが、
さすがにスーパーアンギュロン、重厚で立体感があります。
でも、F3.4の豪快なやんちゃぶりと違い、落ち着いた雰囲気。
このあたりのファクターがあるから、
他の2本にしっかり対抗できているようです。

診療所の周辺ロボグラフィを撮影した後、
バス停高畑町から近鉄奈良駅に移動。
銀行で送金を終えると、まだ午前11時10分。
昼食前に一仕事とカメラを取り出して歩きだそうとした、
その瞬間、餃子の「王将」の正面。
足はさっさと王将に入っていってしまいました。
よく焼いた餃子とチャーハンで早めの昼食。
奈良町を周遊しつつ、ロボグラフィを撮り続けました。

いつもの被写体、いつもの撮り方です。
レンズが違うので、少しずつ印象はずれます。
でも、ちょっと見る目のある人が見たら、
いつも同じ撮り方なのにあきれることでしょう。
さらに、目のある人が見たら、
なんだ、いつも同じようなものばっかり撮ってる。
私は別に自分の創造性の枯渇、と言うより、もとからないのですから、
創造性の欠如を隠すつもりはありません。
楽器と一緒。
写真を一枚見て、音を一音聴いただけで、
ああ、なんだ、この人行き詰まっている、
そう気づいてしまうでしょう。

でも、生きるって、そんなものでしょう。
いつもなにかしらに出会う。
出会うことで、なにかが生まれる。
人間に出会うことが一番刺激的かも知れません。
でも、ときに、人間は邪魔になります。
えり好みができにくい。
もの、場所、光景となると、そんな不便はなくなります。
自分の好きなもの、場所、光景を選り好みすることができます。

人間には、それぞれ独自に、ものを見る眼が備わっています。
人によって、その眼はぜんぜん違います。
なにかを見ると、気持ちが良くなり、
なにかを見ると、不快を感じる。
趣味、センスの違いもありますが、経験の違いも大きいかも知れません。
いずれにしても、自分でも説明できません。

一つ分かることがあります。
私は本格的に写真趣味にのめり込んでから、すでに45年経ちました。
最初から、風景よりもストリートフォトでしたが、
その主体はロボグラフィでした。
最初から乱写していました。
でも、正直なところ、なにを撮ってよいのか、分かりませんでした。
撮ることで、自分の気持ちを確かめるプロセスだったようです。
実際、撮りたいものが常に分かるようになれば、一人前かも知れません。
私が一人前になったのは、ホロゴンウルトラワイドを手に入れてからだった、
私はそう考えています。

私がホロゴンウルトラワイドを使い始めた当時、
日本に15mm超広角を使う人間はほとんど皆無でした。
作例など見たことがありません。
京都の写真家がホロゴンウルトラワイドを愛用していると、
コンタックスサロンの責任者から私家版写真集を見せてもらいましたが、
歪んだパースペクティヴのただの超広角写真でした。
スーパーアンギュロン21mmの写真家たちにかなり共通する、
超広角特有のパースペクティブを活用するやり方の真似事でした。

ホロゴンを自分の目の延長にするには、
当時の36枚撮りフィルム千本ほども撮らなければなるまい、
そう心に決め、最初の10年でその目標を軽くクリアーしました。
そのホロゴンウルトラワイドからレンズだけ取り出し、Mマウントに改造してもらって、
ソニーα7に付けるようになって以来、
さらに愛用するようになり、結ばれてから20年近く経過した今、
36枚撮りフィルムに換算して、3千本は越えたでしょう。
それでも、まだ自分の手の先、自分の目、という感じにはなっていません。
この10年、クラシックレンズをあれこれと楽しむようになったせいもありますが、
レンズの描写性を味わう方向に心が変容してしまったせいでしょう、
ホロゴンの描写を最愛としながらも、
他の名レンズたちも本気で愛するようになったようです。
「ホロゴン、命!」とこだわる気持ちが薄らいだわけです。
代わりに、すべてのレンズが私の体験の記録者になる、
そんなスタンスで写真人生を楽しんでいます。
これはこれで無上の楽しみ。




c0168172_22141107.jpg
c0168172_22141952.jpg
c0168172_22142682.jpg
c0168172_22143837.jpg
c0168172_22144593.jpg
c0168172_22145372.jpg
c0168172_22150778.jpg

c0168172_22151472.jpg
c0168172_22151924.jpg
c0168172_22152639.jpg
c0168172_22153292.jpg
c0168172_22153897.jpg
c0168172_22154686.jpg
c0168172_22155235.jpg
c0168172_22155737.jpg
c0168172_22160413.jpg
c0168172_22161322.jpg
c0168172_22162034.jpg
c0168172_22163287.jpg
c0168172_22163944.jpg
c0168172_22164664.jpg
c0168172_22165498.jpg
c0168172_22170249.jpg
c0168172_22171281.jpg
c0168172_22172008.jpg
c0168172_22173421.jpg
c0168172_22174299.jpg
c0168172_22174919.jpg
c0168172_22175712.jpg
c0168172_22180652.jpg







c0168172_22194918.jpg

c0168172_22203352.jpg
c0168172_22204155.jpg
c0168172_22205156.jpg
c0168172_22210208.jpg
c0168172_22211385.jpg
c0168172_22233745.jpg
c0168172_22242770.jpg
c0168172_22243662.jpg
c0168172_22244574.jpg
c0168172_22245403.jpg
c0168172_22250438.jpg
c0168172_22251233.jpg
c0168172_22252141.jpg
c0168172_22253037.jpg
c0168172_22254174.jpg
c0168172_22255008.jpg
c0168172_22255917.jpg
c0168172_22261273.jpg
c0168172_22262191.jpg
c0168172_22263907.jpg
c0168172_22264989.jpg
c0168172_22265702.jpg
c0168172_22270676.jpg
c0168172_22271674.jpg
c0168172_22272647.jpg





by hologon158 | 2018-05-05 22:38 | ホロゴン外傳 | Comments(0)

722.01 ホロゴン外傅225「2017年11月24日奈良町はパンタッカー50㎜F2.3の里で」1 池波正太郎


近頃、池波正太郎の剣客商売シリーズを読んでいます。
それも古書で。
奈良町に古書店が2軒あります。
その一つがお気に入り。
ほとんどの古書に白紙を掛けて、題名をしっかり大書してくれる、
そんなサービスが好ましいお店です。
連続して2回、剣客商売と鬼平犯科帳の2シリーズの単行本を、
8冊ばかり手に入れました。
記載してある価格より大幅にディスカウントしてくれます。
これじゃ、このお店、ますますお気に入りになりますね。

実はどちらのシリーズも、文庫本で全編持って、読了しています。
その後、朗読CDでどちらのシリーズもかなり沢山手に入れて、
iPodやウォークマンに入れて、愛聴してきました。
不思議に飽きないのです。

なぜだろう?
ときどき考えます。
山本周五郎や藤沢周平の短編群も読みごたえがあります。
文学性においても、展開するドラマが浮かび上がらせる人間たちの姿も、
ほのかに残る余韻も、池波正太郎よりもかなり上質です。
でも、ハッピーエンドに終わるとは限らない。
私は、時代小説で人生を学びたいとは思いません。
ひたすら心をのどかに休ませたい。
そこで、池波正太郎の方をかなり偏愛しています。

お話はかなり単純です。
主人公の秋山小兵衛、その子、大五郎が悪党たちを颯爽と切り捨てて、
ほとんど必ずハッピーエンドで幕。
かなり展開は単調です。
ドラマ性がかなり稀薄で、底が浅いのに、
愛読者はぜんぜん飽きない!
ある種の人間にとって大切な心の深さを感じさせてくれるうえ、
読後感がとても爽やかだからでしょう。

でも、文庫本は活字が小さい。
愛読していた当時はまったくそんな風には感じなかった。
いえいえ、私の目が老化したのではなく、
物語にふさわしい開放感が字面にも欲しいのでしょう。
解決作として、最近、老眼鏡を手に入れました。
黄色いケースに入ったNEO CLASSICS。
眼鏡店の店主が勧めてくれて、
私の目によく合っているらしいのを選んだのですが、
裸眼の像よりも1.5倍ほども拡大してくれて、
視界がとてもクリアーに開ける感じで、気に入りました。
文庫本でも自在に読めますが、
古書店で手に入れた単行本はもっと読みやすい。

後期の1冊「二十番斬り」
昭和60年代初期の刊行。
本シリーズは1973年(昭和48年)が出発点ですから、
古書店のはかなり新しい出版ものです。
でも、ちょっと古びています。
小振りの読みやすい薄表紙の軽い本で、
さすがに文庫本よりも気持ちよく読めます。

この短編の中で、
66歳の小兵衛が目眩のために動けなくなり、
友人の医師小川宗哲に宣告を受けるのです。
「小兵衛さんの躰に、今日のような徴候があらわれたのは
少しもふしぎではない。
あらわれるのが遅すぎたと申してもよろしい」
「小兵衛さんの躰の仕組みが変わってきたのであろうよ。
つまり、ようやくに老人の躰になった、とでも申したらよいかのう」
「六十六歳で、ようやくに
老人の躰に向かいつつあるしるしを見たと申すは、
いや、お若い、お若い」

私は少し体力が落ちたかな、という程度。
でも、筋肉は以前より一番しっかりして、運動性は今が絶好調。
老いを感じさせるような低下はまだ経験していません。
睡眠と毎朝15分のストレッチを健康のバロメーターにしています。
若いときから睡眠は終始快調です。
電気を消して目をつぶったら、ストンと深い睡眠に落ち、
2度か3度、小用に立ちますが、かならず一緒に目を覚ました娘、
静の夜食(乾燥)を少量上げて寝室に戻り、即時入眠し、
朝すっと目が覚めると即座に、意識は清明になります。
睡眠時間は通常5時間半で、多くて6時間弱。
でも、起きている限りは、たいてい、眠気を催さず、
夜も朝もあくびをしません。
このあたりのメリハリの良さは誰にも負けません。
ずっとこの調子が何年も続いています。
若さの証明ではなく、ただ私の心身状態が良好なだけかも?
でも、毎日の活動を支えてくれていることは確か。

ストレッチはかなり激しいメニューです。
すべて全力を挙げて、数を数えながら、休みなくこなします。
たとえば、腹筋体操などをやると、体調が分かります。
よく考えてみると、丸20年休みなく続けてきましたが、
どんどん力感が増してきました。
今が絶頂という感じ。
友人たちにも勧め、このブログでもかなり頻繁に勧めています。
さて、どれだけの人が私の勧誘に乗ってくれているか?

もう一つの健康バロメータは歩行。
歩きながら、体にどこか重さを感じたり、と、
歩行そのものを意識すると、体の疲れが分かります。
快調のときは、歩いていることを忘れるものです。
絶好調のときは、帰宅するまで、足のことを忘れています。
翌日に一切残りません。
このあたりのピークもまた近頃になってのことです。
105歳まで元気で生きるためには、まだ何十年もあるのですから、
秋山小兵衛のように、目眩を感じたり、
なんて横道逸れるわけには参りませんねえ。




c0168172_11081988.jpg
c0168172_11083110.jpg
c0168172_11083735.jpg
c0168172_11084479.jpg
c0168172_11084951.jpg
c0168172_11085624.jpg
c0168172_11090251.jpg
c0168172_11091064.jpg
c0168172_11091542.jpg
c0168172_11092126.jpg
c0168172_11092647.jpg
c0168172_11093294.jpg
c0168172_11093767.jpg
c0168172_11094322.jpg
c0168172_11094829.jpg
c0168172_11095419.jpg
c0168172_11100145.jpg
c0168172_11100652.jpg
c0168172_11101281.jpg
c0168172_11101748.jpg
c0168172_11102320.jpg
c0168172_11102974.jpg
c0168172_11103595.jpg
c0168172_11104031.jpg
c0168172_11104537.jpg
c0168172_11105697.jpg
c0168172_11110205.jpg
c0168172_11110811.jpg
c0168172_11111546.jpg
c0168172_11112277.jpg
c0168172_11112848.jpg
c0168172_11113568.jpg
c0168172_11114513.jpg
c0168172_11115188.jpg
c0168172_11115946.jpg
c0168172_11120601.jpg
c0168172_11121345.jpg
c0168172_11122130.jpg
c0168172_11122744.jpg
c0168172_11123441.jpg
c0168172_11124095.jpg
c0168172_11124866.jpg
c0168172_11125404.jpg
c0168172_11130540.jpg
c0168172_11131286.jpg
c0168172_11131807.jpg
c0168172_11132436.jpg
c0168172_11133193.jpg



by hologon158 | 2018-05-04 11:15 | ホロゴン外傳 | Comments(0)